スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

疫学 スポーツ医学

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

ガバペン(gabapentin)という抗てんかん薬 を CRPS (複合性局所疼痛症候群) への治療 良い効果が得られる

CRPSはやはり 一般の方だけでなく、アスリートの術後 や怪我をしたあとにも 注意しなければなりません。

私たちは術後に極力 痛みを起こさせないように工夫をして 術後に痛みが出る前から痛み止めを使っています。

それでも100人に一人くらい CRPSのような症状に悩まされます。

これに対して 抗てんかん薬である ガバペン (gabapentin) ファイザーから発売されている薬


http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2006/2006_09_22.html


この薬は 私も臨床  遭遇する 疼痛で困っている患者さんに 処方しています。

このような構造式と 薬理作用が有ると考えられています。

スライド1


抗痙攣薬ガバペンチンの
基礎と臨床
Basic and Clinical Aspects of
Anticonvulsants“Gabapentin”
広島大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔蘇生学 准教授
濱田 宏  先生
の記事
雑誌 Anesthesia 21 Century Vol.9 No.3-29 2007 (1759)
から抜粋
複合性局所疼痛症候群CRPS―complex regional pain syndrome複合性局所疼痛症候群CRPS―complex regional pain syndrome
販売元:真興交易医書出版部
発売日:2009-09
クチコミを見る


一番信憑性の高い論文は

BMC Neurol. 2004 Sep 29;4:13. という雑誌に報告されています。

CRPS1型と診断された 患者さんに
58例に
年齢18=75歳
ガバペン群と プラセボ群  29例に 封筒でわけて
  一日 朝昼夕がバペンを内服された  29例にわけた

3週 5週 8週で フォローして VASで評価した。

最初の3週間で 著明な改善は認められるが、それ以外は 5週 8週までではあまり有意差はなかった。

しかし図のように

スライド2





改善したという患者が ガバペンのほうが有意に多いと報告されています。



私たちはこのガバペンという薬を、

術後の疼痛で困っている患者様にも処方しています。
副作用が出る人もいらっしゃいますが、
劇的に良くなる人もいらっしゃいます。


 

Randomised controlled trial of gabapentin in Complex Regional Pain Syndrome type 1 [ISRCTN84121379].

van de Vusse AC, Stomp-van den Berg SG, Kessels AH, Weber WE.

Pain Management and Research Centre, Dept. of Anesthesiology, University Hospital Maastricht, Maastricht, The Netherlands. vandevusse@doctor.com

BACKGROUND: Complex Regional Pain Syndrome type one (CRPS I) or formerly Reflex Sympathetic Dystrophy (RSD) is a disabling syndrome, in which a painful limb is accompanied by varying symptoms. Neuropathic pain is a prominent feature of CRPS I, and is often refractory to treatment. Since gabapentin is an anticonvulsant with a proven analgesic effect in various neuropathic pain syndromes, we sought to study the efficacy of the anticonvulsant gabapentin as treatment for pain in patients with CRPS I. METHODS: We did a randomized double blind placebo controlled crossover study with two three-weeks treatment periods with gabapentin and placebo separated by a two-weeks washout period. Patients started at random with gabapentin or placebo, which was administered in identical capsules three times daily. We included 58 patients with CRPS type 1. RESULTS: Patients reported significant pain relief in favor of gabapentin in the first period. Therapy effect in the second period was less; finally resulting in no significant effect combining results of both periods. The CRPS patients had sensory deficits at baseline. We found that this sensory deficit was significantly reversed in gabapentin users in comparison to placebo users. CONCLUSIONS: Gabapentin had a mild effect on pain in CRPS I. It significantly reduced the sensory deficit in the affected limb. A subpopulation of CRPS patients may benefit from gabapentin.
スライド2


産業医科大学 スポーツ関節鏡グループでは
若手医師の 年単位での後期研修 手術見学 クリニカルフェロー 専門修練コースを設けています。キャダバートレーニングも開催し、学会発表も国際学会などでの機会を多く与えています。
医学生の 見学も同時に受け付けています。
世界トップレベルの 関節鏡視下手術と 臨床能力を一緒に身につける為に勉強しませんか?

今年は7月にキャダバートレーニングの予定をしています。




スポーツ 股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。
治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。



soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志







ストレスと筋疼痛障害 -慢性作業関連性筋痛症-ストレスと筋疼痛障害 -慢性作業関連性筋痛症-
販売元:名古屋大学出版会
発売日:2010-02-22
クチコミを見る
ペインクリニック診断・治療ガイド 第4版ペインクリニック診断・治療ガイド 第4版
販売元:日本醫事新報社
発売日:2008-12
クチコミを見る
末梢神経ブロックカラーアトラス―整形外科手術、ペインクリニックのために末梢神経ブロックカラーアトラス―整形外科手術、ペインクリニックのために
著者:Andr´e P. Boezaart
販売元:エルゼビアジャパン
発売日:2009-09
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
ペイン:臨床痛み学テキストペイン:臨床痛み学テキスト
販売元:エンタプライズ
発売日:2007-12-07
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
ペインクリニックの第一人者・宮崎東洋の 腰の痛みをなくす本ペインクリニックの第一人者・宮崎東洋の 腰の痛みをなくす本
著者:宮崎 東洋
販売元:中経出版
発売日:2009-07-01
クチコミを見る

子供の柔道の怪我 疫学  フランスの柔道からのレポート

柔道の怪我についての疫学報告が2009年 11月にフランスからほうこくされていましたので掲載いたします。


2006年から2008年まえでの間に 15歳以下の 小児外傷センターを訪れた 患者 173人のうち 男女比は 2.46と弾性が多い。
ほとんどがウィークエンドに怪我して来院した。

怪我の部位別頻度は

打撲  44%
骨折  31%
捻挫  19%
脱臼   3%
傷    3%

上肢の怪我  46%  下肢の怪我25%であり 有意に上肢が多かった。


鎖骨骨折がそのうち72%
男の子の方が  骨折が圧倒的に多かった



Arch Pediatr. 2009 Nov 26. [Epub ahead of print]
[Judo injuries in children.]

[Article in French]

Salanne S, Zelmat B, Rekhroukh H, Claudet I.

TSA 70034, urgences pédiatriques, hôpital des Enfants, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse cedex 9, France.

AIMS: Analyze the epidemiology and the distribution of judo injuries in a pediatric population. PATIENTS AND METHODS: A retrospective study was conducted from May 2006 to May 2008, including all patients aged less than 15 years admitted to a tertiary-level pediatric emergency unit. The data collected were age, sex, geographic origin, time and day of admission, duration in the pediatric emergency department, body weight, type and location of injuries, and progression. For statistical analysis, data were entered in Microsoft Excel tables. In the descriptive analysis, data are presented as mean values with SD. To compare qualitative variables, a chi(2) test was used and the two-tailed Fisher exact test if the expected value was lesser or equal to 5. Statistical significance was considered at P<0.05. RESULTS: During the study period, 173 patients were included, with a male:female ratio of 2.46. The mean age was 10.6+/-2.4 years. Most children were admitted during the weekend (59 %). The distribution of lesions was contusions (44 %), fractures (31 %), sprains (19 %), dislocations (3 %), and wounds (3 %). The upper extremities were more frequently affected than the lower extremities (46 % vs. 25 %), with a significant male prevalence (78 %) (P<0.0001), dominated by fractures (54 %), especially clavicle fractures (72 %). Compared to the other injuries, the male population had a significantly higher risk of fractures (P=0.04). Thirteen children required hospitalization for surgical repair of fractures. CONCLUSION: Frequent and often benign, judo accidents in children are different from adult injuries in their mechanisms and injury distribution. There is also an additional risk of growth plate damage. Risk factors have been attributed to an increased injury incidence: body weight loss over 5 % or overweight, age and judo experience, and male gender. During competition and training sessions, the evaluation and prevention of these factors could decrease the occurrence of such injuries.

柔道の股関節痛



産業医科大学整形外科 スポーツ関節鏡グループは 若手医師 後期研修医 専門修練医 クリニカルフェローを 広く募集しています。
様々な関節鏡視下手術を 世界でもトップレベルの技術を身につけることができます。一緒に勉強しませんか?



野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート ホッケー などの
スポーツで股関節が痛む方

プロスポーツ選手で、 股関節が痛む方で診察を希望される方。
 プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

新体操 体操 スケート など股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 股関節が痛むかた 
私たちの御任せ下さい。


股関節痛

股関節唇が悪い 股関節唇損傷と診断されて、関節鏡視下に股関節唇縫合を希望されるかた

福岡県北九州だけでなく 山口、大分、佐賀、広島、関西 大阪 兵庫 や関東 東京 千葉 神奈川からも患者さんが来られるスポーツ股関節外来に御問い合わせ下さい。


福岡 北九州 行橋 中間 直方 飯塚 京都郡 築城地区 大分 山口 宗像 
で肩関節の疼痛がとれない患者様  レントゲン写真では腱板断裂は診断できません。
適切な診察と 精密な検査を早めに行い、腱板断裂があれば 適切な治療を行う必要があります。
当院では 最小侵襲で 肩の内視鏡 (肩関節鏡)を用いた腱板修復を行っています。観血的 オープンになることはこの3年間1例もありません。
肩関節痛のことでしたら 御任せ下さい。


産業医科大学整形外科  毎週火曜日 水曜日午後
福岡和仁会病院   第1、3、5木曜日  第2、4土曜日
都立大整形外科スポーツ関節鏡センター  月1回
http://ar-ex.jp/toritsudai/index.shtml
福岡スポーツクリニック
http://www.med-sakai.jp/clinic/sports_clinic/index.php
桜クリニック  第二四木曜日


Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decades. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home


詳しくは御問い合わせ下さい。
soushi@med.uoeh-u.ac.jp


柔道における外傷とその治療について

柔道における外傷とその治療について

柔道における外傷
【概説】
柔道はコンタクトスポーツであり、その性質上、身体のあらゆる部位に損傷・障害が発生しうる。

大学生以上を対象とした柔道による外傷・障害の部位別発生頻度では下肢が最も多く(42%)、
肩・上肢(35%)、
腰部(22%)となっている。

さらに肩・上肢では肩鎖関節脱臼(20%)、不明の肩痛(18%)、肘痛(17%)、肘脱臼など関節の脱臼や関節部の疼痛が多く、


下肢では足関節の捻挫(59%)や膝靭帯損傷(7%)、脱臼(4%)が多い。骨折では上下肢を通して鎖骨骨折が最も多く、次いで足趾骨折、足関節骨折と続く。


肩関節の損傷では受身が十分にとれずに肩から落下することによる鎖骨骨折、肩甲上腕関節脱臼、肩鎖関節脱臼がおこり、足関節・足部の損傷では踏み込んだ際の靭帯損傷(前距腓靭帯、前脛腓靭帯、リスフラン関節、足趾)、骨折(足関節、第5中足骨、足趾)、アキレス腱断裂などが、膝関節では技を掛けにいってつぶされた際や掛けられた足を捻られた際の外反強制によるMCL損傷、knee-inの状態や過進展によるACL損傷、これらと同様の受傷機転による半月板損傷が、肘関節では投げられた際に手をつく動作や関節技による肘関節の過進展、背負い投げ時の肘関節の過屈曲で肘関節脱臼・脱臼骨折がおこります。

【肩関節の損傷とその治療】
鎖骨骨折:コンタクトスポーツではなく 転位の少ない鎖骨骨折は、ギプス固定やクラビクルバンド固定による保存療法で行われてきました。しかし第3骨片が鋭く、皮膚を圧迫している場合と、腕神経叢圧迫症状があれば手術適応となり、整復した後プレートで内固定します。最近の文献では、保存療法よりプレート固定の手術療法の方が偽関節の割合が少なく、復帰も早いと報告されている。
コンタクトスポーツの場合は早期復帰を目的として手術適応となることが多い。

肩関節脱臼:背負い投げ、関節技、払い巻き込みなどで 肩が外旋位強制されたときに、受傷することが多い。Kocher法またはHippocrates法にて整復した後、患肢を胸郭につけるか外旋位で固定し、3週間包帯で固定する。

肩鎖関節脱臼:受け身ができず 肩から落ちて受傷することで生じる。靭帯断裂の程度が軽ければ患肢を三角巾で吊り、鎖骨端を絆創膏で固定しておくだけで機能障害なく治ることが多い。完全脱臼では高齢者には保存療法で早くから肩関節を動かせたほうがよく、若年者では手術療法が積極的に行われてきたが、最近では手術をしない保存療法を行っても 成績は良好であり、スポーツ復帰も早い。



【足関節・足部の損傷とその治療】
外側靭帯損傷(内反捻挫):初期にはRICE療法を行い、固定のためのテーピングないしギプス固定を行う。

足関節骨折:ほぼ全例に脱臼を伴う。外方脱臼が最も多く、内方脱臼がこれに次ぐ。外方脱臼では尖足位で牽引と側方からの圧迫を加えて整復した後、外果の内固定を行う。内方脱臼では足部を牽引しながら回外させることで整復する。

アキレス腱断裂:早期の回復を望む場合は腱縫合術が行われる。保存療法より再断裂は少ない。

【膝関節の損傷とその治療】
柔道による前十字靭帯損傷 (ACL損傷):投げ技のときに膝が外反もしくは内反強制されて受傷されることが多い。体落とし、浦投げなどで技がくずれたときに受傷する。。元のレベルへ復帰を望むものに対しては手術侵襲の少ない関節鏡下での再建手術が適応となる。再建靭帯はハムストリングスや膝外腱が用いられるが、体重や運動強度の問題や早期復帰を目的として膝外腱が用いられることが多い。術後は再建靭帯に負担のかからない程度の可動域改善と筋力増強訓練を行う。
MCL損傷:外反不安定性の小さいものに対しては装具装着などでの保存療法を行う。十字靭帯損傷を合併した複合靭帯損傷例には手術療法を考慮する。

半月板損傷:膝を捻り、ひっかかり症状や水腫を繰り返した場合に、半月板損傷を疑う。MRにより画像半月板辺縁部の縦断裂が多く、原則として関節鏡視下の半月板縫合を行う。水平断裂や横断裂に対しては部分切除を行う。

【肘関節の損傷とその治療】
肘関節脱臼:後方脱臼では全身麻酔下に整復を行い、3週間ギプス固定を行う。前方脱臼の場合は通常肘頭の骨折を伴っており、整復した後、肘頭骨折に対して骨接合術を行う。

柔道による股関節痛

柔道で大きく股関節を曲げる動作や、内股 払い越しなど 股関節を回旋しながら強い負荷が加わる動作により、股関節唇損傷がおこります。
欧米人では柔道家が少なく 股関節痛の原因となる
femoroacetabular impingementはあまりないとPhilippon先生もいわれていました。


柔道王国の九州においては 股関節痛を呈する柔道選手が私の外来に訪れます。柔道で股関節痛があり 困っていらっしゃる方は どうぞご相談ください。




医学部5年生の 幾島栄悟さんが調べてくれました。
勉強家の彼に拍手。



産業医科大学整形外科 スポーツ関節鏡グループは 若手医師 後期研修医 専門修練医 クリニカルフェローを 広く募集しています。
様々な関節鏡視下手術を 世界でもトップレベルの技術を身につけることができます。一緒に勉強しませんか?



野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート ホッケー などの
スポーツで股関節が痛む方

プロスポーツ選手で、 股関節が痛む方で診察を希望される方。
 プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

新体操 体操 スケート など股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 股関節が痛むかた 
私たちの御任せ下さい。


股関節痛

股関節唇が悪い 股関節唇損傷と診断されて、関節鏡視下に股関節唇縫合を希望されるかた

福岡県北九州だけでなく 山口、大分、佐賀、広島、関西 大阪 兵庫 や関東 東京 千葉 神奈川からも患者さんが来られるスポーツ股関節外来に御問い合わせ下さい。


福岡 北九州 行橋 中間 直方 飯塚 京都郡 築城地区 大分 山口 宗像 
で肩関節の疼痛がとれない患者様  レントゲン写真では腱板断裂は診断できません。
適切な診察と 精密な検査を早めに行い、腱板断裂があれば 適切な治療を行う必要があります。
当院では 最小侵襲で 肩の内視鏡 (肩関節鏡)を用いた腱板修復を行っています。観血的 オープンになることはこの3年間1例もありません。
肩関節痛のことでしたら 御任せ下さい。


産業医科大学整形外科  毎週火曜日 水曜日午後
福岡和仁会病院   第1、3、5木曜日  第2、4土曜日
都立大整形外科スポーツ関節鏡センター  月1回
http://ar-ex.jp/toritsudai/index.shtml
福岡スポーツクリニック
http://www.med-sakai.jp/clinic/sports_clinic/index.php
桜クリニック  第二四木曜日


Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decades. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home


詳しくは御問い合わせ下さい。
soushi@med.uoeh-u.ac.jp

サッカー選手の外傷 (怪我) 障害予防 プログラム  The 11+

サッカーを愛する方

夏が終わり 中学生は高円宮
高校生はいよいよ選手権予選

Jリーグはいよいよ大詰め  昇格降格争いがしのぎを削ります。

この時期から怪我が多くなり、調子を落とすチームもあります。


身体能力が高いのに、怪我のため力を発揮できない
優勝候補といわれたチームが、怪我が多く 他のチームの後塵を拝むことになるなど  多々あります。


以前ブログでも  MandelBaum先生の 障害予防 PEP programを紹介してきました。FIFAも2008年にThe 11という障害予防プログラムをだしましたが、   
2009年  PEPとThe 11がミックスした内容になって

The 11+がでましたのでご紹介いたします。


図をみてチームのウォーミングアップに取り入れてください。

中学高校生世代はと〜〜っても有効です。

poster_e



私たちは九州、福岡県 北九州市、山口県、大分県、佐賀県 熊本県 関東 、のアスリートを応援しています。

ニューウェーブ北九州
大分トリニータ
コカコーラウェストジャパン
ライジング福岡(BJリーグ)
応援御願いします。

スポーツ外傷、関節痛でお悩みの方、関節鏡下手術(関節の内視鏡手術)のことならお任せください。詳しくは下記まで御問い合わせください。

スポーツ整形外科 関節鏡視下手術 (関節の内視鏡手術)
専門修練医 後期研修 研修生 クリニカルフェローも募集しています。
学閥は全く関係ありません。他大学卒の方、 大歓迎。待遇など詳細はご連絡ください。
最先端の医療(スポーツ整形外科 関節鏡視下手術)を一緒に勉強しませんか?
新しい 分野 スポーツ股関節クリニックと股関節鏡を行っています。
今までわからない股関節痛があり レントゲン写真で大丈夫といわれ続けた方々、詳細な問診と検査で診断と治療ができます。
スポーツ 股関節痛 は サッカー、ラグビー、野球、ゴルフ、器械体操、スケート、バレエなどでおこります。
担当 産業医科大学 整形外科  森俊陽  内田宗志

福岡和仁会病院 
http://fukuoka-wajinkai-hp.or.jp/

福岡スポーツクリニック
http://www.med-sakai.jp/clinic/sports_clinic/index.php

桜クリニック
http://www.sakuracl.jp/109/index.html?*session*id*key*=*session*id*val*

都立大整形クリニック スポーツ関節鏡センター
http://ar-ex.jp/toritsudai/index.shtml

スポーツ股関節クリニックを行っています。
股関節唇損傷、遊離体、股関節のひっかかりや股関節痛でお悩みのスポーツ選手のかた 詳しくはお問い合わせください

「関節鏡視下手術(関節用の内視鏡手術)の限界に挑戦する関節鏡のファンタジスタ」
産業医科大学 整形外科 スポーツ関節鏡グループ
内田宗志
           soushi@med.uoeh-u.ac.jp


An orthopaedic surgeon speaking English is working at Hospital of University of Occupational and Environmental Health, Kitakyushu, Fukuoka , Japan.
My speciality is arthroscopic surgery and orthopaedic sports medicine field.
I used to work as a postdoctoral fellow at University of Toronto.
I've experienced more than three thousands arthroscopic surgeries and worked as team physician of professional football team.
If you have any questions, please feel free to contact me at soushi@med.uoeh-u.ac.jp







テニスで起きる上肢の障害の診断と治療  

テニスで起きる上肢の障害の診断と治療  


*肩腱板炎(インピンジメント症候群)
病態:サーブなどにより腕を大きくスイングさせることにより、上腕骨に付着している棘上筋腱と上腕二頭筋長頭腱が肩甲骨と何度も衝突する。この結果、これらの腱が炎症・変性を起こす。

診断:肩関節腱板炎診断にはMRI検査が非常に有用である。腕を肩よりも高く上げた状態で肩峰を抑えると痛みが走り,肩腱板炎と診断される。

治療:最初の治療ステップは安静、冷却、抗炎症薬で炎症を低下させ、痛みを軽減させることである。筋力強化や柔軟は段階的に行っていく。
筋力強化は腱板と肩甲骨周囲筋を重点的に行う。
十分な理学療法を行っても痛みが軽減しない場合は、関節鏡か直視下で腱板への圧迫を軽減させ、炎症を起こしている滑液包を除去する必要がある。

腱板断裂が原因の場合は精査を行い、関節鏡視下に腱板縫合を行います。


*肩甲上神経障害
病態:肩甲上神経が肩甲上切痕で障害を受けると棘上筋と棘下筋の両者に麻痺が生じ、肩甲棘基底部で障害されると棘下筋単独の麻痺となる。症状としては棘上筋や棘下筋の筋委縮や肩の易疲労感、脱力感、疼痛がある。

診断:本症では外施筋力の低下がみられ、また棘下筋や肩甲上切痕、肩甲棘基部に圧痛が見られ、確定診断は電気生理学的に委縮筋の神経原生変化としてfibrilation,polyphasic pattern,giant spikeなどや、μ波潜時遅延を証明する。ガングリオンとの鑑別にはMRIを用いる。

治療:筋委縮の軽度な症例では、肩の使い過ぎやフォームの改善、外施筋力の強化訓練を指導する。筋委縮の進行した症例には神経除圧術の適応がある。本手術は術直後より術前の痛みやだるさは改善し、長期的には筋委縮の改善もみられる。

最近は我々は 関節鏡視下肩甲上神経解放術を行っています。

*上腕骨外側上顆炎(バックハンドテニス肘)
病態:手関節伸展、特に短橈側手根伸展腱の付着部炎、または腱付着部の微少断裂と考えられる。主症状は肘外側の疼痛である。一般にテニス肘と言われているものの約8割がこの上腕骨外側上顆炎である。
診断:各種誘発テスト(手関節背屈抵抗テスト、中指伸展テスト、Chair test)が有用であり、診断は比較的容易である。

治療:一般的な治療法としてはRICE療法(rest,icing,compression,elevation)が重要である。疼痛が落ち着けばストレッチングから開始し、アイソメトリックでの筋力増強訓練(手関節伸筋群の筋力強化と握力強化)を順次行う。競技に復帰する時にはテニス肘用のバンドを肘外側のやや遠位に装着し、患部に負担の少ないラケット(面が大きく、ガットの張りが低いラケット)を使用する。NSAIDなどを用いても治療効果の上がらない症例では、1〜2回のステロイドと局所麻酔薬を用い、圧痛部位に注射する。

しかし、最近の研究ではステロイドの注射は疼痛が消失することはあるが、損傷腱の修復に重要な働きはなく、むしろ腱組織にダメージを与えることが分かっているので局所投与は年間3回までとされています
4回以上注射をされても治療しない場合には、医療機関をかえましょう。

これらの上記治療でも改善しない症例では腱付着部を新鮮化し再縫着する(Nirschl法)。また、難治性のテニス肘の中には橈骨神経深枝の圧迫が含まれている場合があり、神経剥離が必要な場合があります。

我々は関節鏡視下にテニス肘を治療しています。
Arthroscopic ECRB release


*上腕骨内側上顆炎(フォアハンドテニス肘)
病態:内側上顆には手関節を屈曲し、前腕を回内する筋群が付着しており、この部位に炎症や疼痛をきたすものである。

診断:手関節屈曲時に抵抗を加えると疼痛が誘発される。また、軽微な尺骨神経麻痺を合併していることが非常に多い。

治療: 安静を主体とした保存療法を原則とする。保存療法のうちの筋力強化では前腕の屈筋群に対して行う。石灰沈着例にはステロイド注射を行う。競技に復帰する際はラケットは患部に負担の少ないものを使用し、テニス肘用のバンドを肘内側のやや遠位に装着する。手術的治療を行うことは非常に稀であり、手術が推奨されるのは、保存的治療に反応しない場合や、日常生活上またはテニス時に常に症状がある場合であり、損傷をきたしている組織の切除を行う。


*有鉤骨鉤骨折
病態:有鉤骨鉤部への直接外力や手関節背屈位での起始する筋の牽引力により鉤部に捻転力が働くことによって起きる。症状としては小指球部の圧痛がある。

診断:X線撮影は手根管撮影、斜位撮影、Papilonの第?指間から入射する特殊撮影が有用である。CT撮影を行えば診断率は高くなる。

治療:転移のない骨折は、前腕からMP間接近位までギプス固定を行うことで治療する。ただし、鉤の基底部骨折の場合は6〜8週間の固定期間が必要となることがある。陳旧性の有痛性偽関節では早期の復帰を検討する場合は骨片摘出を考える。保存療法を考える場合には安静指導、スポーツ選手などでは、プレイ中のテーピング指導で競技を継続させる。中央部と基底部骨折では、治療期間が得られるならばギプス固定を行い、早期復帰を望む場合には骨接合や骨片摘出を考える。


*テニスで起こる上肢の障害の割合
男子高校テニス選手249名中、
上肢痛ありは129名(51%)
に見られた。
手関節痛ありが55名(22%)、
肘痛ありが62名(25%)、
肩痛ありが58名(23%)
であった。

疼痛の罹患側は、どの部位においても利き手側が多かった。疼痛の発症機転は、どの部位においても障害が外傷より多かった。


私たちは九州、福岡県 北九州市、山口県、大分県、佐賀県 熊本県 関東 、のアスリートを応援しています。

ニューウェーブ北九州
大分トリニータ
コカコーラウェストジャパン
ライジング福岡(BJリーグ)
応援御願いします。

スポーツ外傷、関節痛でお悩みの方、関節鏡下手術(関節の内視鏡手術)のことならお任せください。詳しくは下記まで御問い合わせください。

スポーツ整形外科 関節鏡視下手術 (関節の内視鏡手術)
専門修練医 後期研修 研修生 クリニカルフェローも募集しています。
学閥は全く関係ありません。他大学卒の方、 大歓迎。待遇など詳細はご連絡ください。
最先端の医療(スポーツ整形外科 関節鏡視下手術)を一緒に勉強しませんか?
新しい 分野 スポーツ股関節クリニックと股関節鏡を行っています。
今までわからない股関節痛があり レントゲン写真で大丈夫といわれ続けた方々、詳細な問診と検査で診断と治療ができます。
スポーツ 股関節痛 は サッカー、ラグビー、野球、ゴルフ、器械体操、スケート、バレエなどでおこります。


担当 産業医科大学 整形外科  森俊陽  内田宗志

福岡和仁会病院 
http://fukuoka-wajinkai-hp.or.jp/

福岡スポーツクリニック
http://www.med-sakai.jp/clinic/sports_clinic/index.php

桜クリニック
http://www.sakuracl.jp/109/index.html?*session*id*key*=*session*id*val*

都立大整形クリニック スポーツ関節鏡センター
http://ar-ex.jp/toritsudai/index.shtml

スポーツ股関節クリニックを行っています。
股関節唇損傷、遊離体、股関節のひっかかりや股関節痛でお悩みのスポーツ選手のかた 詳しくはお問い合わせください

「関節鏡視下手術(関節用の内視鏡手術)の限界に挑戦する関節鏡のファンタジスタ」
産業医科大学 整形外科 スポーツ関節鏡グループ
内田宗志
           soushi@med.uoeh-u.ac.jp


An orthopaedic surgeon speaking English is working at Hospital of University of Occupational and Environmental Health, Kitakyushu, Fukuoka , Japan.
My speciality is arthroscopic surgery and orthopaedic sports medicine field.
I used to work as a postdoctoral fellow at University of Toronto.
I've experienced more than three thousands arthroscopic surgeries and worked as team physician of professional football team.
If you have any questions, please feel free to contact me at soushi@med.uoeh-u.ac.jp





livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
&#8226; 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
&#8226; 2002年 トロント大学医学部 博士研究員&#8226;幹細胞研究
&#8226; 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
&#8226;   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ