スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

基礎医学 Basic Science

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Active Recovery Active Rest Low intensity exercise may be better than complete rest after competition

手術日は、一日6〜8例の関節鏡視下手術を行っています。夜手術が終わると、足がぱんぱん。
疲れをとることは、スポーツと同じく、手術のハイレベルパフォーマンスを維持するために必要不可欠です。
軽い負荷の運動を アクティブリカバリーもしくはレストといいます。私は、夜はストレッチポールを用いてストレッチ。体幹トレーニング
翌朝軽いジョギングをやく30分すると、なぜか疲れがとれます。動いて疲れをとることをアクティブレストといいます。皆さんやってみてください。

We usually perform approximately 6 arthroscopic surgeries per day at surgery day. After surgeries, my leg are so tired.
I know that getting enough rest is essential after high-level performance of surgery.
After athletic competition or a hard workout, it would seem that complete rest would be the best way to encourage recovery. However, research is beginning to find some advantages in active recovery. Active recovery refers to engaging in low-intensity exercise after workouts
Low intensity exercise such as stretching and jogging is much better than complete rest after surgeries.
Please try Active Recovery.

BMAC 骨髄穿刺濃縮細胞の治療の 基礎的エビデンス


前回の記事で、骨髄細胞を穿刺して 遠心した 濃縮細胞を 欠損した軟骨に投与するという治療方法について、バックグランドをお話しました。

今日は馬の膝の軟骨欠損モデルにBMACがどのように 効果があるかを記載いたします。

引用論文は
J Bone Joint Surg Am. 2010;92:1927-37 d doi:10.2106/JBJS.I.01284

論文タイトルは
Concentrated Bone Marrow Aspirate Improves Full-Thickness Cartilage Repair Compared with Microfracture in the Equine Model

著者は
By Lisa A. Fortier, DVM, PhD, Hollis G. Potter, MD, Ellen J. Rickey, DVM, Lauren V. Schnabel, DVM, Li Foong Foo, MD, Leroy R. Chong, MD, Tracy Stokol, BVSc, PhD, Jon Cheetham, VetMB, PhD, and Alan J. Nixon, BVSc, MS

Investigation performed at Cornell University College of Veterinary Medicine, Ithaca, and the Hospital for Special Surgery, New York, NY



この研究の目的は、
馬の膝の軟骨欠損モデルに対して、 BMAC をシンプルで、関節鏡で 投与する方法と、 マイクロフラクチャー(骨髄刺激) とを比較することです。

The purpose of this study was to compare the outcomes of treatment with bone marrow aspirate con- centrate, a simple, one-step, autogenous, and arthroscopically applicable method, with the outcomes of microfracture with regard to the repair of full-thickness cartilage defects in an equine model.




方法  12頭の馬に、15ミリ径の 全層の軟骨欠損を 膝蓋骨滑車の外側部に作成して、
BMACは胸骨から穿刺して、 BMACを調整し、関節鏡視下に マイクロフラクチャーをしてBMACを投与した群と マイクロフラクチャーのみ の群と比較した

スライド04






写真の左は  BMAC 右は マイクロフラクチャーのみ

調整したBMACは調整前と後で
Cytological and Flow Cytometry Analysisで比較したところ
スライド06








術後3ヶ月で 関節鏡検査を行い、術後8ヶ月で 馬を屠殺し、組織標本とマクロの所見、MRを定量的に比較した。

Methods: Extensive (15-mm-diameter) full-thickness cartilage defects were created on the lateral trochlear ridge of the femur in twelve horses. Bone marrow was aspirated from the sternum and centrifuged to generate the bone marrow concentrate. The defects were treated with bone marrow concentrate and microfracture or with microfracture alone. Second-look arthroscopy was performed at three months, and the horses were killed at eight months. Repair was assessed with use of macroscopic and histological scoring systems as well as with quantitative magnetic resonance imaging.




結果



副作用がおこった馬はなかった

スライド07



関節鏡の所見と 肉眼所見のスコアーは 
BMACのほうがマイクロフラクチャーより 明らかに 軟骨の修復が良好であった。




スライド08




 図の左はBMAC 右はマイクロフラクチャー
あきらかに 左の法が軟骨の被覆は良い。


No adverse reactions due to the micro fracture or the bone marrow concentrate were observed. At eight months, macroscopic scores (mean and standard error of the mean, 9.4 ± 1.2 compared with 4.4 ± 1.2; p = 0.009) and histological scores (11.1 ± 1.6 compared with 6.4 ± 1.2; p = 0.02) indicated improvement in the repair tissue in the bone marrow concentrate group compared with that in the microfracture group.





スライド09







軟骨の欠損部は治療後八ヶ月 で BMACのほうが, マイクロフラクチャーよりも軟骨の欠損の治り具合、MRの軟骨の被覆度ともに 明らかによかった



Cartilage defects eight months after treatment with bone marrow concentrate (BMC; left column) or microfracture (right column). Gross photographs (A and B) and axial plane osteochondral sections (C and D) were used to generate an ICRS macroscopic assessment score. Quantitative evaluation of the repair tissue was accomplished through analysis of fast-spin-echo magnetic resonance images (FSE MRI) obtained in the axial (E and F) and sagittal (G and H) planes.




スライド10







組織学的にみても、左のBMACは 硝子軟骨細胞の  右の マイクロフラクチャーよりも多かった。






スライド11










組織標本であるが   SOFGはSarfanin O and Fast green staining で 赤い部分が 軟骨を示しています。  BMCのほうが明らかに 軟骨の再生がよいことがわかります。

COL IIは 軟骨細胞が分泌するII型コラーゲン を示したものですが、BMACのほうが あきらかにちゃいその部分が広いことがわかります。

明らかに BMACの効果が得られていることがよくわかります。



Abstractです。

Concentrated Bone Marrow Aspirate Improves Full-Thickness Cartilage Repair Compared with Microfracture in the Equine Model
By Lisa A. Fortier, DVM, PhD, Hollis G. Potter, MD, Ellen J. Rickey, DVM, Lauren V. Schnabel, DVM, Li Foong Foo, MD, Leroy R. Chong, MD, Tracy Stokol, BVSc, PhD, Jon Cheetham, VetMB, PhD, and Alan J. Nixon, BVSc, MS
Investigation performed at Cornell University College of Veterinary Medicine, Ithaca, and the Hospital for Special Surgery, New York, NY
Background: The purpose of this study was to compare the outcomes of treatment with bone marrow aspirate con- centrate, a simple, one-step, autogenous, and arthroscopically applicable method, with the outcomes of microfracture with regard to the repair of full-thickness cartilage defects in an equine model.
Methods: Extensive (15-mm-diameter) full-thickness cartilage defects were created on the lateral trochlear ridge of the femur in twelve horses. Bone marrow was aspirated from the sternum and centrifuged to generate the bone marrow concentrate. The defects were treated with bone marrow concentrate and microfracture or with microfracture alone. Second-look arthroscopy was performed at three months, and the horses were killed at eight months. Repair was assessed with use of macroscopic and histological scoring systems as well as with quantitative magnetic resonance imaging.
Results: Noadversereactionsduetothemicrofractureorthebonemarrowconcentratewereobserved.Ateightmonths, macroscopic scores (mean and standard error of the mean, 9.4 ± 1.2 compared with 4.4 ± 1.2; p = 0.009) and histological scores (11.1 ± 1.6 compared with 6.4 ± 1.2; p = 0.02) indicated improvement in the repair tissue in the bone marrow concentrate group compared with that in the microfracture group. All scoring systems and magnetic resonance imaging data indicated that delivery of the bone marrow concentrate resulted in increased fill of the defects and improved integration of repair tissue into surrounding normal cartilage. In addition, there was greater type-II collagen content and improved orientation of the collagen as well as significantly more glycosaminoglycan in the bone marrow concentrate- treated defects than in the microfracture-treated defects.
Conclusions: Delivery of bone marrow concentrate can result in healing of acute full-thickness cartilage defects that is superior to that after microfracture alone in an equine model.
Clinical Relevance: Delivery of bone marrow concentrate to cartilage defects has the clinical potential to improve cartilage healing, providing a simple, cost-effective, arthroscopically applicable, and clinically effective approach for cartilage repair.

この論文はあくまでも馬の実験ですが、私たち人間にも効果がある可能性が高いことを強く示した論文です。



患者さんと相談のうえ、このBMACを試していきたいと思っています。


軟骨欠損で 他に治療方法がないかた  
その方達は、人工関節の治療が必要になるまで、なすすべがありません。
効果が期待される治療になる可能性があると考えています。




産業医科大学若松病院

soshisports@gmail.comまでご相談ください。










軟骨損傷や変形性関節症への未来に治療 骨髄由来幹細胞 BMAC Bone Marrow Aspiration Concentration


皆様連休中はいかがお過ごしでしょうか?

今日は 高度な軟骨損傷や、変形性関節症でお困りな患者様たちへの朗報となる 話題をご紹介いたします。

当院では、現在、手術室や外来で、末梢血管から採血をして、それを遠心分離をして血小板が多い濃度の血漿成分を注射する  PRP (Platelet rich plasma)という治療をしています。
変形性股関節症、軟骨損傷、 肉離れ、捻挫、靭帯損傷などは良い適応です。

In Wakamatsu hospital, we are doing PRP therapy (Platelet rich plasma) for the patient in orthopaedic field.
Chondral damage, osteoarthritis, muscle strain injury, ligament injury are good candidate for this treatment.

私たちは、それからさらに発展させた 骨髄由来幹細胞をトライしていきます。

骨髄は、造血幹細胞と間葉系幹細胞の二つに大きく分かれます。

遠心分離をすると脂肪成分が分離され、下に沈殿したものが 骨髄幹細胞です。
BMAC – 骨髄由来幹細胞
には以下のような細胞がたくさん含まれています。


スライド10]





今現在軟骨損傷に対して、様々な研究がなされています。

広島大学で行われている 越智光夫先生
培養軟骨細胞移植

東京医科歯科大学 関矢一郎先生
滑膜由来細胞移植 


大阪市立大学 信州大学 脇谷先生が行ってきた
培養骨髄細胞移植



など生体から一度採取して、2週間ほど培養をした後、また患部に戻すという画期的な位方法でした。

しかし、施設やランニングコストに膨大費用がかかるため、日本全国に広く広まっているとは言い難い状況です。

BMAC (びーまっく)は、
現在心臓血管外科では実際に臨床に使用されており、

例えば
虚血性心疾患や  下肢の動脈閉塞症などの患部に注射を打つと
血管が再生されて、著名に回復することが知られています。


スライド20









スライド22








スライド25









このような血管が欠乏した病態に対して、BMAC を用いると 組織や血管が再生されるという
シンプルでかつ 他の治療方法がない場合には、画期的な治療方法として注目されています。






この治療方法が、軟骨損傷に対して どのような効果があるかは、また明日にでもご紹介いたします。


変形性股関節症や軟骨損傷があり、他に手だてがない場合には、希望が少しでももてる治療なるかもしれません。





股関節唇の解剖 形態と役割  Anatomy and Role of acetabular labrum

まずは
「なでしこジャパン」 優勝おめでとうございます。

私も午前4時半におきて、後半から観戦しました。
本当に本当に最後まであきらめない、踏まれても踏まれても 強く立ち上がる  なでしこと言う名前にふさわしい、人たちが集まったチームでしたね。


今日は股関節唇損傷の治療を行う上で、 正しい解剖とその役割について御説明いたします。
スライドは、大阪市大の山崎真哉先生が作成していただいたのを、改変して供覧しています。
山崎先生ありがとうございます。

002












1)骨と関節
股関節は 骨盤および大腿骨骨頭から構成されています。
寛骨臼(acetabular)は、腸骨、坐骨、恥骨の三つの骨から構成される。
寛骨の外側面に存在し、小児期に癒合します。寛骨臼は、深い寛骨臼切痕によって下方を遮られた馬蹄形の月状軟骨(Lunate)関節軟骨があり、寛骨臼の凹部の中心は 寛骨臼より深くなっており、関節面とはなっておらず滑膜組織で覆われています

寛骨臼は、大腿骨骨頭をうけるソケットしての役割を担い、大腿骨頭は、関節窩に合わさっています。





005













関節唇は、寛骨臼関節窩の辺縁に付着している線維軟骨の環であり。
関節唇は十分な深さを持つようになり、寛骨臼縁の大腿骨頭に対する適合性の悪さを修正しています。

関節唇は三角形を呈し、3つの面を有します。
内側面は寛骨臼縁および横靭帯に強固に付着しています。
中心面は寛骨臼に連なる関節軟骨にそって並び大腿骨頭と関節を形成しています。
外側面は、関節唇の縁が関節内に遊離し、その基部が関節包とつながっています。







015













016
















関節唇の役割は、大腿骨が関節窩ソケット内への吸引し、安定化させる効果、
そして、骨頭の周りをシーリングしており、股関節の安定および衝撃吸収に貢献しています。





この股関節唇が損傷をうけると、大腿骨頭が不安定となり、
臼蓋と骨頭の間に挟まったり、骨頭が安定せずに、臼蓋のなかで脳振盪をおこすように中で軟骨同士がぶつかって、軟骨が損傷され、次第に軟骨が破壊されて、変形性股関節症へと進行する場合が有ります。



この股関節唇が傷んでいるか否かは、通常のレントゲン写真ではわからないので、
股関節痛が続く場合には、専門医を受診して、必要が有れば MRという骨以外を描出する検査をおこなうことをお勧めします。


股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。

治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

福岡和仁会病院
桜クリニック
福岡スポーツクリニック
でも行っています。



野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。

産業医科大学整形外科は 
他大学出身の先生の 後期研修医 専門修練医
 関節鏡のトレーニングするフェローを広く 募集しています。興味の有る方は是非ご一報を
1年以上のかたは、給料も保証されます。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp








第242回北九州整形外科医会のご案内

皆様最近ブログ更新できなくて 申し訳有りません。
クリスマスシーズンなのに、、、、、、患者様の為に奔走しています。


来年の話になりますが、研究会のご案内です。
私の大学時代と スポーツ整形外科の大先輩にあたる 平沼憲治先生が来られて講演してくださいます。



日時:平成23年1月21日金曜日 19:00〜

会場:ステーションホテル小倉 4回 吉祥の間



一般演題: 最近の非ステロイド性消炎鎮痛剤の位置づけ
          大正富山医薬品 学術研修センター  縄田美穂様

特別講演:

「スポーツ選手における椎間板変性の危険因子について
         ー身体特性および遺伝的な影響ー」



 日本体育大学大学院 健康科学 スポーツ医科学系

           教授 平沼憲治先生


  参加費:1000円   単位受講料:1000円


講演終了後意見交換会をご用意しています。




ふるってご参加ください。





関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。

治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 下関 山口県 大分県 佐賀県 宮崎県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

福岡和仁会病院
桜クリニック
福岡スポーツクリニック
都立大整形外科クリニック

でも行っています。



野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
バレーボール、ビーチバレーボール

などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 (股関節唇) の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 関節包不安定症 が疑われます。
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは死守します。詳しくはご相談ください。

成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。
遊離した関節面を できるだけ修復する方法があります。

肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー バレーボール ビーチバレーボールで肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡視下手術の限界に挑戦する 関節鏡のファンタジスタ  soushi@med.uoeh-u.ac.jp

















livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ