スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

後十字靭帯 PCL

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

後十字靭帯損傷および後外側不安定の診断テスト  Physical examination

今日は全国的に天気がよかったですね。

股関節鏡の手術を東京で施行した後、帰りの飛行機で 東京から帰るときに、久しぶりに窓側に座りました。
私は通常通路側ですが 飛行機に乗っている人が少なくて、 窓側にすわれました。

東京から 富士山、 アルプス、  琵琶湖などが次々ときれいに見えて、久しぶりに日本全国が雲がなく 観察することができました。


IMG_5055





東京上空からみた富士山





膝の診察方法で 動画が載せてほしいというリクエストがありましたので、 後十字靭帯損傷と後外側構成体損傷の診察の方法です。


















スポーツ 股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。
治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボードなどのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志
Fantasista of Arthroscopy













後十字靭帯損傷に対する治療 PCL 手術療法1 骨膜からはがれた靭帯を鏡視下に修復する

週末はすこし寒さが緩んだ感じがしました。

今日は阪神淡路大震災 追悼15年でした。
あれからもう15年も経ったと思うとなんともいえません。

なくなった方のご冥福をお祈りいたします。

さて後十字靭帯損傷の コラムが 治療にきました。
今日は 手術のなかでも 修復術をご説明いたします。


スライド01





後十字靭帯損傷が 完全に断裂している 3度だと
手術しない治療をすると 膝蓋大腿関節および大腿骨顆部の変形性関節症がすすむと報告されています。











スライド02






バイオメカニカルな実験では、PCLを切断すると
PCLが正常膝、PCL再建膝と比べると 膝蓋大腿関節にかかる圧力が 60°から70°で有意にかかると報告されています。









スライド03




ドイツのStrobelらは181人のPCL損傷患者を調べて
1年後 40%が 大腿骨内顆の軟骨
5年後 77%が 大腿骨内かの軟骨
    47%が 膝蓋大腿関節の 変形性関節症変化を認めたと報告しています。


スライド04

PCL損傷の 手術適応は

完全断裂
不安感がある
保存療法がうまくいかなかった
完全断裂なおかつ  複合靭帯損傷




スライド05







手術の方法は

文献的には 再建術がほとんどです。これは次回述べることにします。
再建術は Inlay graft
あとは前十字靭帯と同じように  Single bundle とDouble bundleがあります。


靭帯が骨から剥離している場合は靭帯成分がほとんど温存されているので、 修復するとうまく行く場合が有ります。

症例を提示します。
野球選手で
前十字靭帯および後十字靭帯が 損傷されています。
後十字靭帯は 大腿骨からはがれています。



スライド08








スライド10






大腿骨の 前外側および後内側の 付着部に二つアンカーをうち、縫合します。





スポーツ関節鏡グループは
後十字靭帯損傷に対しても、正確な診断を行い、保存療法
それでも不安定性が残存する場合は 関節鏡視下に 靭帯再建もしくは骨から外れている場合は、鏡視下に縫合をする治療を行っています
後十字靭帯再建術は 解剖学的二重束再建を行っています。



スポーツ 股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。
治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボードなどのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志




【即納】送料無料!トレーニングガイド・ハンドポンプ付バランスボール65cmが→,980(税込)!
【即納】送料無料!トレーニングガイド・ハンドポンプ付バランスボール65cmが→,980(税込)!

後十字靭帯損傷 Posterior Cruciate Ligament Injury  保存療法 手術でない治療の限界

後十字靭帯の解剖 診断 検査などについて お話してきました。

一般的に後十字靭帯損傷は、保存療法で十分であり、ほとんど手術されないできました。


理由としては、
ほとんどの患者が 復帰する。
ほとんどの患者さんが満足する。
後十字靭帯の手術が 完全に満足のいく結果がえられてこなかった

というのがあげられます。

当院でも PCL損傷は
Grade I IIにかんしては下記のプロトコールにしたがってリハビリを行っています。




PCL保存のリハビリテーションプロトコール
受傷2週以内(パーシャル)
 靭帯を守るように
受傷2週
 ROM0〜90   エアロバイク(浅い角度:0〜110)
受傷3〜4週
 ROM0~120   軽くjogging
 レッグカール開始    CKC(角度は可動域に応じて)
受傷8週
jogging
受傷2ヶ月
 練習復帰


スライド1














スライド3











Parolie and Bergfeld, AJSM 1986
らは25人の PCL損傷の患者さんを 6.5年フォローしました。
80%は満足の結果がえられて
84%が元のスポーツに復帰。
100%は 大腿四頭筋力が回復し、不安定性は回復はしなかった。


と発表しています。


しかし Shelbourne et al. Arthroscopy 2005
は、Prospectiveに前向き研究を行い、271人の患者
100人が Grade I 43人がGrade 1.5 128人がgrade II

スライド4




そのなかで 56%の患者しか 満足のいく結果はえられなかった。


スライド5












50%しか 同じスポーツの元のレベルに復帰
30% は レベルを下げて復帰。


スライド6













思ったより PCL損傷の保存療法の成績は高くないことが解ります。




スポーツ関節鏡グループは
後十字靭帯損傷に対しても、正確な診断を行い、保存療法
それでも不安定性が残存する場合は 関節鏡視下に 靭帯再建もしくは骨から外れている場合は、鏡視下に縫合をする治療を行っています
後十字靭帯再建術は 解剖学的二重束再建を行っています。



スポーツ 股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。
治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボードなどのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
関節鏡のファンタジスタ 内田宗志


【即日発送】仏チュアンヌ膝サポーターチュアンヌ・ジェヌプロ 膝サポーター【あす楽対応_関東】【あす楽対応_東北】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】
【即日発送】仏チュアンヌ膝サポーターチュアンヌ・ジェヌプロ 膝サポーター【あす楽対応_関東】【あす楽対応_東北】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】

後十字靭帯損傷 Posterior Cruciate Ligament Injury の診断 検査

今日は後十字靭帯損傷の診断の仕方です。
それほど難しくありませんが、私のところに来る選手は よく前医で診断が確定されずに(すなわち 誤診) 来られます。

しっかりとした問診と理学所見をとれば大丈夫でしょう。

まず病歴聴取

これはPCLの原因別頻度を知っておくと非常に役立ちます。


スライド01













スライド02












交通事故が多く 膝を曲げての着地、ダッシュボードでの激突など
脛骨前面が 大腿骨に対して後ろに落ち込む方向に働く機序でおこります。



急性期は 腫脹があります
ACLのようにポップ音はあまり認められません。


あとはスペシャルテストを行います。

後方引き出しテスト



スライド04









QUadriceps Active Test

スライド06










これは大腿四頭筋を収縮させて、脛骨が前面にでてくるかどうかを調べるテストです。脛骨が落ち込んでいる状態から正常にもどるので
あたかも自分で前方引き出しができるようにみえます

















スライド08スライド09









後十字靭帯が断裂していると 下のスライドのように 脛骨が落ち込みます。










レントゲン写真は

Gravity Sagging Viewといって重力でストレスをかけるとりかたです。
仰臥位で膝を90°屈曲
側面を撮影します。


スライド12











MRI

スライド13












後十字靭帯損傷の急性期での  MRIの正確性は他の靭帯や半月板より 高いです。
Accuracy of MRI for PCL tears
Fischer, et al. JBJS 1991
RCT of 1014 patients
99% for PCL
93% for ACL
89% for medial meniscus
88% for lateral meniscus


スライド18












これが慢性期になると診断効率が低下します。








スライド19


スポーツ関節鏡グループは
後十字靭帯損傷に対しても、正確な診断を行い、保存療法
それでも不安定性が残存する場合は 関節鏡視下に 靭帯再建もしくは骨から外れている場合は、鏡視下に縫合をする治療を行っています



スポーツ 股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。
治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボードなどのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志
livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ