スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

評価方法 スコアー score

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

日本整形外科学会 股関節疾患評価質問票

日本整形外科学会から 新しくできた 股関節疾患評価質問表です。



日頃の臨床に御役立てください。

↓を クリックすると PDFダウンロード可能です。





JHEQ質問票






↓をクリックすると 論文



JHEQ 論文






国際学会で使用している

modified Harris HIp Score

Non Arthritis Hip Scoreなどがありますが、


日本人の生活様式に則した、和式トイレなどの質問項目が盛り込まれています。



産業医科大学若松病院は、謙虚で献身的で 大胆な医療を展開します。


福岡県、福岡市、北九州市、山口県 下関市、大分、中津、大阪 兵庫、広島、長崎、佐賀、東京、四国、などから患者様が来られて、当院で質の高い、手厚い医療を心がけています。


股関節鏡、
肩関節の腱板断裂 特に他院で手術ができないといわれたもののうち 当院では大腿筋膜張筋を用いた関節包再建術を行っています。
肘関節は 鏡視下手術で 骨軟骨移植、 骨軟骨を内固定することも



Soshi Uchida が他院で診察しています。

尾山台整形外科 東京関節鏡センター




アレックス尾山台整形外科クリニック




京都下鴨病院

国際股関節鏡学会 ハイライト  新しい股関節鏡視下手術術後評価スコアー iHOT12

International Hip Outcome Scoreという
スコアーがでました。

これはご自分の股関節の状態の評価を、患者さんが自分でマークをつけてお答えいただけるようになっています。

下記からEvernoteへアクセスでき、ダウンロードできます。日本語版はこちら



http://www.evernote.com/shard/s38/sh/5e12702f-2322-4b45-a014-5c8a335fb1f2/38ab5731c6617849e92c6828f3daac75









英語版は こちら

http://www.evernote.com/shard/s38/sh/a6f2d4e4-48c1-4fe5-bb2c-216088e3c58d/740f7617f4ef87a3b0d4da6422733fb9








International Hip Outcome Tool - iHOT
Damian Griffin (Warwick, UK) and MAHORN damian.griffin@warwick.ac.uk
Summary: A new outcome measure, the International Hip Outcome Tool (iHOT), has been
designed and rigorously validated for use in young, active patients with hip pathology. This
health-related quality of life questionnaire is reliable, valid and responsive. It has two
versions: iHOT 33, which is most likely to be used in a research setting; and a twelve
question version, iHOT 12, which is ideal for use in routine clinical practice, for service
evaluation studies, and in large scale pragmatic randomized controlled trials.
There have been rapid developments in the diagnosis and management of young patients with hip
pathology. Measurement of effectiveness of new operative and non-operative interventions
requires well-developed and validated outcome instruments. An international collaboration through
MAHORN (Multicentre Arthroscopy of the Hip Outcomes Research Network, including surgeons
from USA, Canada, UK, Germany and Switzerland) has developed a self-administered, evaluative
tool to measure health-related quality of life in young, active patients with hip disorders.
iHOT was developed for active patients (18-60 years; ≥Tegner 4) presenting with a variety of hip
conditions. We recruited patients from an international set of hip arthroscopy and arthroplasty
surgeon practices. The tool was created using a process of item generation (51 patients), item
reduction (150 patients) and pre-testing (31 patients). The questionnaire was tested for test-retest
reliability (123 patients), face, content and construct validity (51 patients), and responsiveness over
a 6-month period in post-arthroscopy patients (27 patients).
146 items were initially identified by patients. An item reduction process resulted in 60 items in four
domains: Symptoms and functional limitations; sport and recreation; job-related concerns; and
social, emotional and lifestyle concerns. Questions were formatted using a Visual Analogue Scale.
Pre-testing confirmed appropriate wording, content and formatting.
Test-retest reliability showed Pearson correlations greater than 0.80 for 33 of the 60 questions. We
used these to formulate a long version of the questionnaire, which we called iHOT-33.
The intra-class correlation statistic for iHOT-33 was 0.78 and Cronbach’s alpha was 0.99. Face
and content validity were ensured during development and construct validity was demonstrated
with a correlation of 0.81 to the Non-Arthritic Hip Score. Responsiveness was demonstrated with a
paired t-test (p ≤ 0.01), effect size (1.98), standardized response mean (1.7) and responsiveness
ratio (6.7).
We then developed a short version of iHOT. A development data set (104 patients) was explored
with forward selection linear regression analysis to choose a reduced item set for the new scale.
This was tested in a validation data set (1833 patients) and responsiveness subset (80 patients) to
measure agreement between the shorter and longer versions and to test the sensitivity of the
shorter instrument to change after treatment.
Twelve items were chosen for a short version of the questionnaire, which we called iHOT-12.
iHOT-12 demonstrated excellent agreement with the long version, iHOT-33; captured 95.9% (95%
CI: 95.0-96.8%) of the variation of iHOT-33, and showed equivalent sensitivity to change with a
standardized effect size of 0.98 (0.67 to 1.28).
iHOT is one of the most carefully designed and comprehensively validated outcome measures
available in orthopaedic surgery. It has been created through a four year collaboration of twenty
surgeons from four countries involving 2390 patients. We propose that iHOT 33 be used where
feasible for research, and that iHOT 12 be used to monitor outcome in routine clinical practice.
Both versions of iHOT are available through the ISHA website, and iHOT 12 is reproduced below.

股関節鏡視下股関節唇修復術後 スポーツ復帰の目安となるスポーツテスト 

おはようございます。
GW明けで仕事再開。少しお疲れのかたもいらっしゃるかと思います。

股関節鏡視下に股関節唇を縫合して 140例に達しました。

スポーツ選手が復帰するための スポーツテストをご紹介いたします。

4つの項目から成ります。

  1. 1/3膝屈曲  One Third Knee Bent
    side to side lateral agility
    Diagonal side-to-side agility
    Forward Lunge



この下の写真をご覧ください。クリックすると大きくなります。















これで20点満点中の  17点以上であれば 全体練習に合流していただけます。

リハビリ中の皆様が、安心してスポーツに復帰できる為に行っています。
落第した人は、リハビリをがんばりましょうね〜





この図を作成してくれた  
アレックスグループの PT 竹内大樹先生
ありがとうございました。
http://ar-ex.jp/skill_up/0_pt_t_takeuchi-hiroki.htm









当院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口県 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。

野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp


















見逃されやすい 子供の坐骨結節骨端線離開損傷 FAIや股関節唇損傷との鑑別が必要です。

皆さん おはようございます。
スポーツの秋
Jリーグ終盤戦を迎え、 CS最終戦 ロッテ VS 中日
大学ラグビー  大学野球 アイススケート 体操選手権 など
チャンネルをちょこちょこと変えなければならない人もいらっしゃると思います。

今週は外来で 比較的診断が困難な症例
坐骨結節骨端線離開を経験しましたので
ご紹介します。



坐骨結節骨折のSLRで非常に強い疼痛が誘発されますが
症例によっては Anterior impingement sign やFABERなどが陽性と出て、Femoroacetabular impingement と鑑別が困難な場合が有ります。
下記の文献にこのことが掲載されています。













症例報告です 17歳のサッカー選手で
この症例も 股関節痛 と臀部痛で病院に来られたそうです。
レントゲン写真とMRとCTで
坐骨結節の骨端線が剥離されています。



















6年後の経過で かなりの仮骨が形成されて、 腫瘍と間違えられることもあります。





腫瘍と鑑別する為には MRや造影MRを撮影する必要が有ります。























これは診断が困難である坐骨結節骨端線離開の 画像です (Coutesy from Dr Sadao Niga)
Monthly Book Orthopaedics
整形外科スポーツ外傷・障害診療マニュアル
仁賀定雄先生著

仁賀Drらの報告によると 



【坐骨結節剥離骨折:診断のピットフォール】

症状の軽いものでは数日で日常生活に支障がなくなるため、医療機関を訪れることなく放置されることがある。また、骨癒合が遷延化したり、過剰の仮骨形成を生ずることがあるために、受傷後時間が経過してから初診してX線検査を受けると骨腫瘍と誤認される場合があるので注意を要する。X線では不明確な剥離も少なくない。

見逃さないためのポイントは年齢、受傷機転、理学所見から本損傷を疑い、明らかな受傷機転がなくても、あるいはX線で明らかな所見がなくても、CT、MRIで検査することである。



【診断しにくい坐骨結節剥離骨折の症例】

図は、15才男子。前医でX線、MRI撮影を行ったが、異常なしと診断された例である。50m走の40m付近で右坐骨部に突然強い痛みが走った。日常生活に支障なかったので、数日後に体育祭のリレーに出場したが、痛みのためにスピードを出せず、その後ジョギングはできるが野球の部活動に参加できない状態だった。受傷後1ヶ月で当院初診時、右SLR60度(左90度)で可動域制限と坐骨に痛みが生じ、徒手抵抗下の膝屈曲運動で坐骨に痛みを生じ、MMT4だった。坐骨結節に圧痛を認めた。単純X線では、両側坐骨結節に成長期の不整像があるが左右差は認められなかった。本疾患を疑いCT,MRIを施行した。CTでは、坐骨結節の成長軟骨部分での離開が左に比べて右の方がやや大きい所見があった。MRIでは、STIR(脂肪抑制画像)で右坐骨結節部にhigh signalの所見があった。もし病歴、理学所見から本損傷を疑って検査、読影しなければ、CT、MRIの画像を見ても本損傷と診断できない可能性があると思われる。


レントゲン写真と理学所見だけでは 診断がつかない事が多く、MR CTが必要ということが
ポイントになります。



治療は保存療法が中心になります。
2ヶ月はスポーツ活動を禁止し、上肢や体幹を中心とした 患部外トレーニングになります



According to this program he was not permitted to participate sports activities for 2 months. In the first phase (0-7 days) the patient received non-steroid anti-inflammatory medication and physical therapy including hip range of motion exercises, ultrasound, and electrotherapy. Athletic activity was not permitted. In the second stage (7-20 days), isometric, stretching and theraband exercises for hip joint muscles, and light endurance exercises (jogging) were used. In the third phase a guided resistance exercise program was added to the treatment. Approximately 1 month later limited athletic activity was allowed and muscle- strengthening exercises were continued. After 2months he had no complaints and the physical examination revealed the absence of local tenderness by palpation. Hip ranges of motion were normal and painless. The sagittal bony window CT scan demonstrated a fragment displaced inferiorly and laterally, and heterotrophic bone formation areas in surrounding muscle tissue.


12〜17歳の 成長期 小児 思春期の 股関節痛 Groin Painを訴える症例には、
同部を注意深く観察して 診断を薦めていく必要が有ります。


さあ 今日は 福岡県高校サッカー決勝大会をみにいくぞ〜^

皆さんよい週末を御過ごし下さい。


ご指導 スライド出展にご協力いただきました
仁賀定雄先生 ありがとうございました。


産業医科大学若松病院
産業医大若松病院
連絡先
〒808−0024
北九州市若松区浜町1丁目17−1
電話 093−761−0090

http://www.uoeh-u.ac.jp/wakamatsu.html

整形外科へのお問い合わせメール
uoehsports@yahoo.co.jp

soushi@med.uoeh-u.ac.jp
私のメールでも大丈夫です。



当院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。


livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ