スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

cartilage delamination 軟骨解離 hip

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

股関節へのPRP (多血小板血漿療法)の効果 システマティックレビュー^では

先日の テレビで PRP ( Platelet rich plasmaの略)が 膝や肉離れに有効であるという
番組が放送されました。
ご覧になられたかたも多いと思います。


通常のPRPの関節内注射に関する文献も紹介したいと思います。

無作為化対照試験;エビデンスレベル1の文献です。

股関節OAに対する超音波エコーガイド下のPRPとヒアルロン酸の単体及び組合せ注射

Ultrasound-Guided Injection of Platelet-Rich Plasma and Hyaluronic Acid, Separately and in Combination, for Hip Osteoarthritis

Dante Dallari,*y MD, Cesare Stagni,y MD, and Gianluca Giavaresi,§ MD

2016  Am J Sports Med

●背景

『関節内PRP注射の効果は、膝chondroplasty及びOA(変形性関節症)において評価されている;しかしながら、股関節 変形性関節症におけるその有効性についてのエビデンスはほとんど存在しない。』

BACKGROUND:
The effectiveness of intra-articular platelet-rich plasma (PRP) injections has been evaluated in knee chondroplasty and osteoarthritis (OA); however, little evidence of its efficacy in hip OA exists.



●目的 

『股関節OAにおいて、自家PRP、ヒアルロン酸(HA)、または両方の組み合わせ(PRP+HA)の治療効果を比較すること。』

PURPOSE:
To compare the therapeutic efficacy of autologous PRP, hyaluronic acid (HA), or a combination of both (PRP+HA) in hip OA.



方法
18歳から65歳までの 変形性股関節症を有する 外来手術を行なった患者さんを VAS scoreが20以上の患者を集めた
WOMAC score HHS score VAS scoreで臨床成績を評価した。


METHODS:
Patients aged between 18 and 65 years who were treated with outpatient surgery and who had hip OA and pain intensity at baseline of >20 on a 100-mm visual analog scale (VAS) were recruited for this study. Exclusion criteria were extensive surgery; presence of excessive deformities; or rheumatic, infective, cardiovascular, or immune system disorders. The primary outcome measure was a change in pain intensity as assessed by the VAS at 2, 6, and 12 months after treatment. Secondary outcome measures were the Harris Hip Score, Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC), and concentration of growth factors in PRP and their correlation with clinical outcomes. Clinical outcomes were evaluated by assessors and collectors blinded to the type of treatment administered.



結果

百十一人の患者さんをランダムに 3群に分けた 3回週の  PRP単独  PRPとヒアルロン酸  ヒアルロン酸のみ  を注射した
PRP単独群のが  VAS スコア が最も低かった。(すなわち 疼痛緩和が最も効果的であった)

WOMAC スコアは 2ヶ月と6ヶ月で 他の群よりも良好であった/

疼痛緩和と 生活の質の改善において、有意な改善が達成された。

RESULTS:
A total of 111 patients were randomly assigned to 3 groups and received 3 weekly injections of either PRP (44 patients), PRP+HA (31 patients), or HA (36 patients). At all follow-ups, the PRP group had the lowest VAS scores. In particular, at 6-month follow-up, the mean VAS score was 21 (95% CI, 15-28) in the PRP group, 35 (95% CI, 26-45) in the PRP+HA group, and 44 (95% CI, 36-52) in the HA group (P < .0005 [PRP vs HA] and P = .007 [PRP vs PRP+HA]; F = 0.663). The WOMAC score of the PRP group was significantly better at 2-month follow-up (mean, 73; 95% CI, 68-78) and 6-month follow-up (mean, 72; 95% CI, 67-76) but not at 12-month follow-up. A significant, "moderate" correlation was found between interleukin-10 and variations of the VAS score (r = 0.392; P = .040). Significant improvements were achieved in reducing pain and ameliorating quality of life and functional recovery.





●結語を抜粋します。

『結果は、関節内PRP注射が、股関節OAを有する患者らにおいて、関連される副作用を伴わず、有意な臨床改善を提供することを示唆した。他のテストされた治療と比較したときの利点は、最大12ヶ月まで有意に安定していた。HAにPRPの追加は、疼痛症状において有意な改善を導かなかった。』


Abstract
BACKGROUND:
The effectiveness of intra-articular platelet-rich plasma (PRP) injections has been evaluated in knee chondroplasty and osteoarthritis (OA); however, little evidence of its efficacy in hip OA exists.



STUDY DESIGN:
Randomized controlled trial; Level of evidence, 1.




CONCLUSION:
Results indicated that intra-articular PRP injections offer a significant clinical improvement in patients with hip OA without relevant side effects. The benefit was significantly more stable up to 12 months as compared with the other tested treatments. The addition of PRP+HA did not lead to a significant improvement in pain symptoms.

姫路整形外科リハビリテーション&スポーツ研究会で 講演します。


特別研修会
「股関節痛の診方と股関節鏡視下手術の実際」
第1回特別研修会を開催にあたり、小野志操先生 と柴原先生と一緒に講演することになりました。

よろしく御願いします。

また違う話をしますよ〜〜


テーマ:「股関節痛の診かたと股関節鏡視下手術の実際」

講 師:内田宗志 先生(産業医科大学若松病院整形外科臨床教授)
    柴原 基 先生(ツカザキ病院整形外科部長)
    小野志操 先生(京都下鴨病院主任理学療法士)

日 程:平成27年4月4日土曜日、17時30分開場、18時開演予定。

会 場:県立姫路労働会館

申 込:要事前申込、当日参加も可能
(受付を円滑に行うために、なるべく事前申込をお願いします。当日参加の場合、会場定員を超過すると入場をお断りする可能性があります。 ご了承下さい。)    

申し込み開始期間:平成26年12月1日より開始

参加費:事前申し込み  医師      5000円
           セラピスト・他 3000円

*事前申し込みの期間は3月28日が締め切り日です。
 
    当日参加    医師        6000円
           セラピスト・他   4000円

事前申し込み方法: 「特別研修会 参加申し込み」ページからお申し込みください。

懇親会:研修会終了後姫路駅周辺で懇親会を開催する予定です。
    人数上限あり、定員になり次第参加受付終了となります。
    内田先生も参加予定です!
    懇親会の参加費は3500円となります。


参加申し込みは
こちらから

姫路整形外科リハビリテーション&スポーツ研究会

 
*日本理学療法士協会 
 専門理学療法士制度の認定講習会として認定されました。
 運動器理学療法専門分野:5ポイント
 
 
*日本整形外科学会
 専門医単位認定研修会として認定されました。
 「骨盤・股関節疾患」分野:1単位

特発性大腿骨頭壊死と間違いやすい  大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折に対する関節鏡視下手術  画像診断編 Hip arthroscopic management for Subchondral insufficiency fracture

Subchondral stress fracture is categorised as two types:


Fatigue type
Chronic, repetitive strenous activity that is common to runners and military recruits predisposes these populations to femoral head stress fractures. These injuries must be differentiated from insufficiency fractures, which, although similar in appearance and presentation, result from an entirely different pathophysiology and occur in a different population


Insufficiency type
Subchondral insufficiency fracture of the femoral head (SIFFH) is caused by physioogical stress without previous major trauma and usually occurs in elderly patient with poor bone quality.
大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折 (SIFFH)は大きな外傷もなく ストレスが加わることによって おこる
通常骨密度の低い 高齢者におこるといわれています。



Patients with SIFFH usually sustain acute hip pain.

Radiographically, a subchondral fracture is observed primarily in the supeorlateral portion of the femoral head.
レントゲン写真では だいたい骨頭の上外側に認められることが多いが、 初期にはレントゲン写真ではわからないことが多いです。。特発性大腿骨頭壊死と間違いやすい


MRI is invaulable to diagnose SIFFH.

そこで MRIが診断に非常に重要となります。



STIR MRI shows diffuse pattern of bone marrow edema.
T1 weighted imaging shows low signal band parallel to articular surface,



MRI SIFFH






しかし この患者さん  股関節唇損傷も同時に認められました。

T2 MRA also showed acetabular labral tearing.





MRを詳細にとると 高齢者という理由からなのか それとも 股関節唇損傷によって不安定になるからなのか 股関節唇損傷を合併していることが多いということがわかりました。

特発性大腿骨頭壊死と間違いやすい



 SIFFH algolithm1










内田宗志は  

Dr. Soshi Uchida is taking care of the patient in Fukuoka, Tokyo and Kyoto.


産業医科大学若松病院

 火曜日と水曜日の午後外来をしています。


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

東京都世田谷区でも木曜日午前中と土曜日隔週で診察をしています。詳しくは御問い合わせください。






年間股関節鏡の手術件数が200件を超え、アジアでナンバーワンの手術件数を誇り、海外からも患者さんも来られる 経験豊富で 患者さんに向き合った治療を行う  Dr Soshi Uchidaにお問い合わせください。




股関節唇損傷は 出血をおこして 水がたまることがあります。
通常はあまり水がたまることはありませんが、股関節唇損傷が長引き、炎症が強く 関節炎がひどくなれば、出血や血管の透過性が亢進して 水がたまります。

特発性大腿骨頭壊死と間違いやすい SIFFHは股関節唇損傷と合併していることがあります。
股関節専門医もしくはスポーツ整形外科医で股関節鏡の手練れのドクターにご相談ください。











.

BMAC(骨髄穿刺濃縮)の効果 股関節に期待。 Hope effectiveness of BMAC for hip arthritis.



皆様 以前 2012年5月にアップしたブログの記事で
BMAC

AC 骨髄穿刺濃縮細胞の治療の 基礎的エビデンス カテゴリ:基礎医学 Basic ScienceBMAC

というタイトルの内容を記載いたしました(上をクリックしてください)。



I described the article entitled " BMAC therapy basice science" on May 2012.

Please click the URL.


手術中に骨髄を採取して、遠心分離をして濃縮し、その濃縮液を注入するという方法です。
単純な操作に思えますが、一回のかかるコストはほとんどなく、腱の損傷や、変形性関節症 特に膝関節の治療に効果が期待されています。
我々の施設では、股関節の軟骨損傷に対して、 BMACを投与しています。

Bone Marrow Concentrate (BMC) is a promising regenerative therapy to help accelerate healing in moderate to severe osteoarthritis or tendon injuries. Similar to Platelet Rich Plasma (PRP), BMC harnesses the body’s natural ability to heal itself by using regenerative cells found in a patient’s own bone marrow. - See more at: http://www.orthohealing.com/bone-marrow-concentrate-therapy/#sthash.bjLvBePv.dpuf

The process of obtaining and preparing these powerful regenerative cells is relatively simple. The physician removes a small amount of the patient’s bone marrow under X-Ray guidance. Local anesthesia is used, providing minimal discomfort. The bone marrow is then placed in a centrifuge, which separates the regenerative cells and platelets from the rest of the blood products. The result is a concentrate that is 5-11 times richer in regenerative cells and growth factors. - See more at: http://www.orthohealing.com/bone-marrow-concentrate-therapy/#sthash.bjLvBePv.dpuf


BMAC (bone marrow aspiration concentration) seems to be simple and easy method.
It is cost-effective and the article showed the effectiveness on knee cartilarge injury.
Aspirate bone marrow autogenuously from your own bone. centrifuge and isolate stem cells from whole bone marrow.




















今回 軟骨損傷が高度な症例に BMACを行い、術後4ヶ月で再度関節鏡検査を行う機会がありました。
We have chance to look at arthroscopic finding at 4 months after surgery.







BMAC effect
















40 yo female underwent BMAC therapy during arthroscopy.
Repaired labrum and BMAC.
severe cartilage damage was observed at both femoral head and acetabular cartilage.

In general, normal cartilage shows white and smooth.


40歳台の女性で、初回の手術(関節唇を同時に縫合して BMAC)のときには、左の写真のように臼蓋側と大腿骨頭側に高度の軟骨損傷が認められました。正常な軟骨は白くつるつるとしたものです。


それがBMACを投与して、4ヶ月後ですが、臼蓋側の軟骨もなおろうとしており、なんと大腿骨頭側はほとんどの範囲で治癒していました。

At 4 months after surgery, Cartilage damage at femoral head almost healed. That at acetabular lesion is more likely healing.


大腿骨頭側の軟骨損傷があれば、股関節鏡手術後もなかなかなおらないといわれていますが、[McCarthy 2011 JBJS]
この症例のセカンドルックの所見は、非常に私たちに希望を与えるものとなりました。

Another study show patients with femoral head cartilage damage were not doing well after arthroscopic surgery.  This second look arthroscopic finding encourage us to develop future treatment for severe cartilage damage.


これからも軟骨損傷が合併している患者さんによりよい治療が提供できるように努力していきたいと思います。

We will do our best for the pateints with severe and moderate cartilage damage .














Dr. Soshi Uchida have experienced more than 600 cases with hip arthroscopies.
He experienced more than 900 cases with anterior cruciate ligament reconstruction.

Dr Soshi Uchida is a clinical professor at Wakamatsu hopsital for the University of occupational and enviromental health.
Hes specializes in both arthroscopic and minimum open surgery with painless therapy for athletic injuries of the shoulder, elbow, hip and knee.


Office Location
  産業医科大学若松病院 Wakamatsu hospital for the UOEH.

   1-17-1 Hamamachi Yahatanishi Kitakyushu 808-0024 Japan
tel; +81-93-761-0090
e-mail; soushi@med.uoeh-u.ac.jp




大きな地図で見る














尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター Oyamadai Orthopaeic clinic in Tokyo Office.
4-13-1 Todoroki Setagaya-ku, Tokyo, 158-0082
TEL:03-5758-3007 FAX:03-5758-3008
尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター


大きな地図で見る




 大久保病院 Okubo Hospital
大久保病院
  2095-1 Ohkubo Ohkubomachi Akashi Hyogo 674-0051 Japan
 TEL 078(935)2563  FAX 078(935)2566


4) 福岡和仁会病院  Fukuoka Wajinkai Hospital
福岡和仁会病院




Dr Soshi Uchida is working at three different locations (Tokyo office, Kansai Office, Fukuoka Office).

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.




院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 福岡市 山口県 大分県 佐賀県 広島県 宮崎 熊本 鹿児島 長崎 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。

福岡和仁会病院
福岡和仁会病院




毎週木曜日 


尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター

Oyamadai Orthopaeic clinic in Tokyo Office.
4-13-1 Todoroki Setagaya-ku, Tokyo, 158-0082
TEL:03-5758-3007 FAX:03-5758-3008
尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター


大きな地図で見る







月二回土曜日




野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

足距骨骨軟骨損傷  Osteochondral Lesion of Talus (OLT) 背景 疫学 分類

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日のシリーズでは足関節離断性骨軟骨炎(OCD)のお話をしたいと思います。

足関節の特に距骨の骨軟骨病変は、慢性の足関節痛(足首の痛み)の原因として知られています。
1856 年にMonro1)というひとが はじめて関節軟骨の遊離体の存在をはじめて 報告しました。

1888年には Kong2)が骨軟骨病変の軟骨下骨の骨壊死ではないかということを膝で報告しました。

1911年Kappis3)が、足関節にも似た様な病変があることを報告しました。

しかしながら、炎症性疾患による経過ということを意味することは 混乱をまねきました。

1959年 BerndtとHartyら4)は距骨の経軟骨骨折と言葉遣いをしました。他にも骨軟骨骨折やkヒョコツのドーム骨折というような語句も用いられてきました。 しかし最近では 距骨の骨軟骨病変という言い方が最も包括的な言い方として定着されています。

この距骨の骨軟骨病変osteochondral lesionの発症の平均年齢は 20〜30歳くらいです。
両側例は約10%です。やや男性に有意です。
足関節捻挫の約6.5%に認められます5)。
これらのデーターは、見積もりであり、多くのものが潜在性にわり レントゲン写真だけではわからないことを前置きしています6)。


疫学

距骨の骨軟骨骨折の正確な原因は未だ明らかではありません。非外傷性の宝庫kはほとんどないものの、ほとんどの研究が、骨軟骨病変( Talar osteochondral lesion)の病態の原因として、外傷の病歴を報告しています7)。


FlickとGouldら8)は500人以上所の患者のレポートをレビューしました。それによると外側ドーム病変、の98% 内側ドーム病変の70%が、外傷の病歴と関連していたと報告しました。

2つの一般的な病変部位が報告されています。


スライド2




前外側の骨軟骨病変は、内反と背屈により 腓骨と衝突することによって発生します。

後内側の骨軟骨病変は、底屈と内反そして 外旋によって発生します。

これにより距骨が脛骨天井にインパクトすることによって発生します。4)9)





1. Monro A. Part of the Cartilage of the Joint, Separated and Ossified.
Edinburgh: Ruddimans, 1856.
2. Konig F. Uber freie korper in den gelenken. Dtsch Z Chir 1888;27:90-
109.
3. Kappis M. Weitere beitrage zur traumatisch-mechanischen Entstehung
der ‘‘spontanen’’ Knorpela biosungen. Dtsch Z Chir 1922;171:13-29.
4. Berndt AL, Harty M. Transchondral fractures (osteochondritis dissecans)
of the talus. J Bone Joint Surg Am 1959;41:988-1020.
5. Van Buecken K, Barrack RL, Alexander AH, Ertl JP. Arthroscopic
treatment of transchondral talar dome fractures. Am J Sports Med
1989;17:350-6.
6. Verhagen RA, Maas M, Dijkgraaf MG, Tol JL, Krips R, van Dijk CN.
Prospective study on diagnostic strategies in osteochondral lesions of the
talus: Is MRI superior to helical CT? J Bone Joint Surg Br 2005;87:
41-6.
7. Barnes CJ, Ferkel RD. Arthroscopic debridement and drilling of
osteochondral lesions of the talus. Foot Ankle Clin 2003;8:243-57.
8. Flick AB, Gould N. Osteochondritis dissecans of the talus (transchondral
fractures of the talus): review of the literature and new surgical approach
for medial dome lesions. Foot Ankle 1985;5:165-85.
9. Bruns J, Rosenbach B, Kahrs J. Etiopathogenetic aspects of medial
osteochondrosis dissecans tali [German]. Sportverletz Sportschaden
1992;6:43-9



当院では、足関節痛で困っていらっしゃる患者さんを、あらゆる原因を考えて、診察します。
そして、迅速に診断を下すため、MRIやCTなどを駆使して、正確かつ早期に診断し、
小さな傷を用いて、できるだけ関節鏡を使用して治療を行っています。

福岡県、北九州市 福岡市 行橋、下関市、大分、熊本、佐賀、長崎、宮崎の患者様も数多く来院され治療されていらっしゃいます。

足関節痛でお困りのかたは是非ご相談ください。

livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
&#8226; 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
&#8226; 2002年 トロント大学医学部 博士研究員&#8226;幹細胞研究
&#8226; 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
&#8226;   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ