スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

FAI 大腿骨寛骨臼インピンジメント

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

第354回福岡臨床整形外科医会教育研修会のご案内

第354回福岡臨床整形外科医会教育研修会のご案内
謹啓、時下、先生方におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申しあげます。
さてこの度、下記の要領にて第354回教育研修を開催する運びとなりました。

ご多忙中のこととは存じますが、万障お操り合わせの上何卒ご臨席賜りますようお願い申しあげます。
                                    謹白
                            福岡臨床整形外科医会



【日時】平成30年2月8日(木) 18:45〜20:30
【会場】GRANADA SUITE 11階 THE FOREST

       福岡市博多区中洲5丁目3-8アクア博多 Tel(092)283-5270

製品紹介「骨粗鬆症治療剤 ベネット錠75mg について 」
                武田薬品工業(株)福岡営業所 梶 真吾
講演機 垪堕后娑緡屠/佑がクリニック 院長 久賀 養一郎 先生
『NSAID使用時の胃腸障害予防について(仮)』
  福岡大学筑紫病院 炎症性腸疾患センター  
            部長・診療教授 平井 郁仁 先生

講演供 垪堕后佞泙┐誓扱然芦福’鄲燭劼・スポーツクリニック 
                      院長 前田 朗 先生
『大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)の診断と治療
            〜鏡視下手術最前線2018〜』
  産業医科大学若松病院 整形外科
               診療教授 内田 宗志



FAIの最新のネタを発表します。 乞うご期待を


スライド3














日本整形外科学会教育研修会 N or S 1単位 認定番号17-2790
認定専門医資格継続単位受講必須分野
<2.外傷性疾患(スポーツ障害を含む)> <11.骨盤・股関節疾患>または<スポーツ単位>
*参加費:1000円 日整会受講証明書取得者は別途1000円徴収します。
*参加費:福岡臨床整形外科医会会員は無料
*受講証明は、日整会ICカードを用いて行いますので必ずご持参下さい。
日本医師会生涯教育講座1単位 
          講演:50吐血・下血  講演:61関節痛 72成長・発達の障害
尚、当日は軽食をご用意しております。

    共催: 福岡臨床整形外科医会 武田薬品工業株式会社

AJR: 論文掲載 Radiologic Correlation Between the Ischiofemoral Space and Morphologic Characteristics of the Hip in Hips With Symptoms of Dysplasia



Our manuscript entitled Radiologic Correlation Between the Ischiofemoral Space and Morphologic Characteristics of the Hip in Hips With Symptoms of Dysplasia has been published in @American Journal of Roentgenology

You have requested the following article:
American Journal of Roentgenology, Ahead of Print : pp. 1-7

Radiologic Correlation Between the Ischiofemoral Space and Morphologic Characteristics of the Hip in Hips With Symptoms of Dysplasia
大西 康央 (Yasuo Onishi) 鈴木 仁士 (Hitoshi Suzuki) 中島 裕貴 (Hirotaka Nakashima) 村田 洋一 (Youichi Murata) Dean K. Matsuda Akinori Sakai Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志

Radiologic Correlation Between the Ischiofemoral Space and Morphologic Characteristics of the Hip in Hips With Symptoms of Dysplasia




ABSTRACT :
OBJECTIVE. The purpose of this study was to investigate radiologic correlation between the ischiofemoral space and morphologic findings in the hip in patients with symptomatic developmental dysplasia of the hip (DDH), borderline DDH, and femoroacetabular impingement (FAI).

MATERIALS AND METHODS. In 84 patients undergoing hip arthroscopic surgery, 108 hips were divided into three groups according to lateral center-edge angle (LCEA): DDH group (LCEA < 20°; 18 hips), borderline DDH group (20° ≤ LCEA < 25°; 26 hips), and FAI group (LCEA ≥ 25°; 64 hips). Ischiofemoral distance was evaluated by radiography and ischiofemoral space and quadratus femoris space by MRI. Software was used to measure the radiographic parameters LCEA, femoral neck-shaft angle, and femoral neck anteversion on preoperative CT scans.

RESULTS. Ischiofemoral distance, ischiofemoral space, and quadratus femoris space were significantly smaller in the DDH and borderline DDH groups than in the FAI group. The prevalence of hips with ischiofemoral space < 17 mm was significantly higher in the DDH (10 of 18 patients [56%]) and borderline DDH (8 of 26 patients [31%]) groups than in the FAI group (4 of 64 patients [6%]). In addition, the prevalence of hips with a quadratus femoris space < 8 mm was significantly higher in the DDH (2 of 18 patients [11%]) and borderline DDH (3 of 26 patients [12%]) groups than in the FAI (0 of 64 patients [0%]) group. Femoral neck-shaft angle and femoral neck anteversion were significantly greater in the DDH group than in the FAI group.

CONCLUSION. Ischiofemoral impingement syndromes can be considered more likely in patients with DDH than in those with FAI.

Vail Hip Symposium 2018の講演に招待されました。

股関節の 温存手術 の中でも股関節鏡は、アメリカで進んできました。

Hip arthroscopic procedure which has been recognized as one of the most common hip preservation surgery has been evolving in USA.

技術習得を目指す ドクターが参加する中でもっとも格調の高いシンポジウムの一つに
Vail Hip Symposiumというのがあります。

この講師として 内田宗志が招待されました。

今回の講師は  アメリカからほとんどで
外国からは
カナダ人 一人  イギリス 一人 南アメリカ 一人 チリ 一人 日本から私の一人です。

トレーニングを受ける参加者も  股関節鏡手術を50令以上行ったことがあるという 手練れの方ばかりです。今回3回目となります。頑張ってきます。


Summary
This course is focused on hip preservation. The majority of the day will be spent on hands-on cadaveric training, preceded by case discussions about the hottest topics in hip arthroscopy, including controversies and difficult cases.


Overall Course Objective
A practical wet lab training suited to experienced surgeons looking to enhance their knowledge of reconstructive hip arthroscopy and preservation techniques.

Predominantly hands-on meeting
High faculty-to-delegate ratio
Cases focused on controversial topics and difficult cases
Surgical Solutions in hands-on cadaveric lab
Attire: Casual

Faculty
Course Directors
Marc Philippon, MD
Srino Bharam, MD

Faculty
Robert Boykin, MD - US
JW Thomas Byrd, MD - US
Josip Cakic, MD - So. Africa
Brett Cascio, MD - US
Dan Drawbaugh, CEO SPRI
Guillaume Dumont, MD - US
Michael Ellman, MD - US
Scott Faucett, MD - US
Robert LaPrade, MD, PhD - US
Jovan Laskovski, MD - US
T. Sean Lynch, MD - US
Rodrigo Mardones, MD - Chile
Hal David Martin, DO - US
Jeff Nepple, MD - US
T. Sean Lynch, MD - US
Hal David Martin, DO - US
Jeff Nepple, MD - US
Matthew Price, MD - US
Michelle Rodriguez, MPT, OCS, CMPT - US
Soshi Uchida, MD - Japan
Richard Villar, FRCS - UK
Brian White, MD - US
Cliff Willimon, MD - US
Ivan Wong, MD - Canada
Tom Wuerz, MD - US



IMG_1026









上の写真は  2016年の   Vail Hip Symposiumの時の写真です。

左から友人の Dr Allston Stubb   
Steadman Philippon Research Institute (SPRI)の CEOである Dr Dan Drawbaugh
SPRIの   私の師匠であり友人である  Dr Marc J Philippon
一番右が  私  トロント大学のラグビージャージを着ています。





股関節痛、臀部痛、下肢への放散する痛みの原因を探る Vol 解剖1

股関節痛、臀部痛、下肢への放散する痛みの原因を探る というタイトルで、これから特集をしていきたいと思います。


私は今まで股関節や臀部の痛みは、ひとくくりで、股関節中から起こってくる痛み もしくは 股関節の外の筋肉や神経からくる痛みであることと認識していました。


診察時に、詳細な問診と、身体所見と、画像所見から、
股関節の中からくる痛みだと診断をして、手術をさせていただいて来ましたが、 

術後に疼痛が改善しない患者さんもいらっしゃいます。

その中に、神経の絞扼性障害による疼痛の残存の患者さんがいらっしゃることがわかるようになって来ましたので、どのような神経があり、どのような問題が起こり、それに対してどのような治療が有効であるかということを、このブログを通して 紐解いていきたいと思います。


最近 英語論文を執筆することに時間がかかってしまい、久々の投稿ですので緊張していますが、頑張って書きますのでよろしくお願いします。


股関節の前面と後面がありますが、まずは前面といきたいところですが、後ろ側の方が神経が多いので お尻 臀部からいきます。




臀部の解剖です。



骨盤内から骨盤の外側に神経が出てくる大きなトンネルを 大坐骨孔と呼びます。

大坐骨孔は、梨状筋 (Piriformis) によってさらに梨状筋上孔と下孔に分類され、 臀部から大腿、下肢に向かって走行する神経が走っています。





スライド4














下記のような神経があります。




1) 上殿神経( L4~S1) Superior Gluteal Nerve
上殿動脈と静脈と共に、大坐骨孔の梨状筋上孔を通過して、梨状筋の近位に出て来ます。中臀筋と小臀筋の間を走行して、大腿筋膜張筋に至ります。  中臀筋、小臀筋、大腿筋膜張筋を支配します。

Superior gluteal originated from sacral nerve plexus and leaves the pelvis through the greater sciatic foramen above the piriformis and runs horizontally and forwards beneath the posterior border of gluteus medius. It is mortonr nerve and supplies gluteus medius, minimus and tensor fascia lata.



2)下殿神経c (L5 ~S2) Inferior Gluteal Nerve
下殿動静脈と共に、大坐骨孔の梨状筋下孔を通過します。大臀筋とし中臀筋の愛大を走行して、大臀筋を支配します。


3) 後大腿皮神経 (S1~ S3) Posterior
下殿神経と共に 梨状筋下孔を通ります。大腿中央で大腿筋膜を貫き皮下に広がります。純粋な知覚神経であると考えられており。大腿後面と膝窩内側を支配しています。  お尻の溝の高さくらいで、下殿披針形とその近位で後大腿皮神経会陰枝が枝分かれします。


4)坐骨神経 (L4 ~S3) Sciatic Nerve

下殿神経と後大腿皮神経と共に大坐骨あなの梨状筋下孔を通過します。梨状筋の下を通過して出て来た後、小坐骨切痕の外側で 上双子きんと内閉鎖筋、下双子筋、坐骨の外側で大腿方形筋の表面を走行します。
大腿後面にありまっすぐに遠位へと下降して、膝窩で脛骨神経と総腓骨神経に分かれます。



これらの神経が筋肉と位置関係にあるかを 次の章で解説しますね。

臀部の神経絞扼性障害は、 股関節疾患や腰痛疾患との区別がつきにくく、診断が見逃されることが多いです。  原因がわからなかったため、 複合局所疼痛症候群 (CRPS)や精神的な問題と診断されることもあります。

私もそれらの患者さんから多くのことを学んできました。この場を借りて心から感謝申し上げます。


Orthopaedic Sports Surgeon SUより



スライド5










AOSSM & ISAKOS Hip Arthroscopy Course The Hip in the Athlete – An International Perspective

Soshi Uchida Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志 is invited as a faculty of AOSSM & ISAKOS Hip Arthroscopy Course The Hip in the Athlete – An International Perspective.
アメリカスポーツ整形外科AOSSM と ISAKOSとの共催による Hip Arthroscopy Courseの International facultyとして3人のうちの1人として招待されました。

http://www.sportsmed.org/…/Members/E…/Upcoming_Meetings.aspx


Preliminary Program
AOSSM & ISAKOS Hip Arthroscopy Course
The Hip in the Athlete – An International Perspective
Friday, April 13, 2018
3:00 – 3:10PM Welcome & Course Overview
Brian D. Busconi, MD & Marc R. Safran, MD
SESSION I
3:10 – 3:20PM Evolution of Groin Pain in Athletes – From Adductor to Sports Hernia to FAI
Brian D. Busconi, MD
3:20 – 3:30PM Evaluation of the Patient – H & P
Allston Stubbs, MD, MBA
3:30 – 3:40PM Essentials of Imaging – XR, MRI, CT Include collision software
Anil S. Ranawat, MD
3:40 – 3:50PM Ultrasound
J. W. Thomas Byrd, MD
3:50 – 4:00PM Indications for Hip Arthroscopy
Shane J. Nho, MD, MS
4:00 – 4:10PM Panel Discussion
SESSION II (Not surgical -describe what to do about it)
4:10 - 4:20PM Hip in the Athlete – Patterns of Damage in Differing Sports
Marc R. Safran, MD
4:20 – 4:30PM FAI – Anatomy and Pathophysiology and Pattern Damage CAM, Pincer, AIIS and Ilioischial
Michael Dienst, MD
4:30 – 4:40PM The Dancer and Gymnast Hip – Microinstability
Marc R. Safran, MD
4:40 – 4:50PM The Contact Athlete – Hip Dislocation / Macro Instability (Football, Ice Hockey, Wrestling)
J. W. Thomas Byrd, MD
4:50 – 5:00PM European Perspective the Hip in Soccer
Nicolas Bonin, MD
5:00 – 5:20PM BREAK

5:20 – 5:30PM DDH – How Image, How Repair, Limitations
Anil S. Ranawat, MD
5:30 – 5:40PM Adolescent Hip Disorders –LCP, SCFE
Victor M. Ilizaliturri, MD
5:40 – 5:50PM Hip OA – Is There a Role
Allston Stubbs, MD, MBA
5:50 – 6:00PM Greater Trochanteric Pain Syndrome / Gluteal Tears
Benjamin G. Domb, MD
6:00 – 6:10PM Deep Gluteal Space Syndrome
Hal D. Martin, DO
6:10 – 6:20PM Proximal Hamstring Injuries
Brian D. Busconi, MD
6:20 – 6:30PM Extra-articular Impingement: Trochanteric Ischiofemoral Impingement
Soshi Uchida, MD, PhD
6:30 – 6:45PM Core Muscle Injuries - Dx & Rx
Brian D. Busconi, MD
6:45 – 7:30PM DINNER BREAK (Pizza & Beer)
SESSION III
7:30 – 7:40PM Rehabilitation – Pre-Surgery – Tips, Tricks, Pearls
Stephen K. Aoki, MD
7:40 – 7:50PM Hip Practice Management
John J. Christoforetti, MD
7:50 – 8:00PM Economics of Hip Arthroscopy
Richard Chad Mather III, MD
8:00 – 8:10PM Outcomes in the Athlete – What Outcomes Should I Use Nicholas Mohtadi, MD, MSc, FRCSC
8:10 – 8:25PM Results / Outcomes of Hip Arthroscopy in Athletes
Marc J. Philippon, MD
8:25 – 9:00PM Panel Discussion, Cases
Saturday, April 14, 2018
SESSION I - A/S Basic, Cartilage and Labrum
7:00 – 7:10AM Overview
Brian D. Busconi, MD & Marc R. Safran, MD
7:10 – 7:25AM Hip Access – Tips & Tricks & Portal Anatomy
Stephen K. Aoki, MD
7:25 – 7:35AM Acetabular Sided Lesions – Pincer
Hal D. Martin, DO
7:35 – 7:45AM PeriAcetabular Issues: AIIS, Rim Stress Fx
Richard Chad Mather III, MD

7:45 - 7:55AM Chondral Injury Resection / MFx Repair / Biocartilage
John J. Christoforetti, MD

7:55 – 8:10AM Labral Repair / Fixation / Resection
Nicholas Mohtadi, MD, MSc, FRCSC
8:10 – 8:20AM Labral Reconstruction
Marc J. Philippon, MD
8:20 – 8:30AM Capsular Treatment – Interportal, Capsular, Repair
Shane J. Nho, MD, MS
8:30 – 11:30AM Morning Lab – Central Compartment
Portal Placement, Capsulotomy, Rim Trimming, Labral
Refixation / Reconstruction
11:30AM – 12:30PM LUNCH
SESSION II - Cam and Capsule
12:30 – 12:45PM Femoral Sided Pathology & Treatment Cam and LCP and SCFE Michael Dienst, MD
12:45 – 1:00PM How Manage Capsule in DDH Can mention Cam
Benjamin G. Domb, MD

1:00 – 1:10PM How to Arthroscopically Manage the Bone DDH
Sochi Uchida, MD, PhD

1:10 – 1:20PM Iliopsoas Tendon
Victor M. Ilizaliturri, MD
1:20 – 1:40PM Rehabilitation – Post Op
FAI & Labral Repair
OCD of Cartilage
Capsular Injury
Repair Gluteus
Nicolas Bonin, MD
1:45 – 5:00PM Afternoon Lab – Cam and IP and Capsule
Femoral Osteochondroplasty, Capsular Repair, Psoas Tendon
SPEAKERS
Brian D. Busconi, MD (Chair)
Marc R. Safran , MD (Chair)
Stephen K. Aoki, MD
J. W. Thomas Byrd, MD
John J. Christoforetti, MD
Benjamin G. Domb, MD
Victor M. Ilizaliturri, MD
Hal D. Martin, DO
Richard Chad Mather III, MD
Nicholas Mohtadi, MD, MSc, FRCSC
Shane J. Nho, MD, MS
Marc J. Philippon, MD
Anil S. Ranawat, MD
Allston Stubbs, MD, MBA

ISAKOS FACULTY
Sochi Uchida, MD, PhD
Nicolas Bonin, MD
Michael Dienst, MD

ADDITIONAL LAB FACULTY
Sherwin S. W. Ho, MD, BA
Leandro Ejinisman, MD
Patrick Birmingham, MD
Jason L. Koh, MD
James T. Rosneck, MD
Jonathan D. Packer, MD
Thomas Sean Lynch, MD
Aaron J. Krych, MD

Upcoming Meetings
This is a page listing the latest course offerings from the AOSSM.
SPORTSMED.ORG

Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH





Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第四木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。









livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
&#8226; 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
&#8226; 2002年 トロント大学医学部 博士研究員&#8226;幹細胞研究
&#8226; 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
&#8226;   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ