スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

FAI 大腿骨寛骨臼インピンジメント

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

AANA 北米関節鏡学会の 股関節鏡コースの インストラクターへ

今年も Arthroscopy Association of North America
の主催する  股関節鏡のマスターコースに、 講師として参加いたしました。



北米の若手整形外科医が対象で、Master Instructorが主に講義を行い、あとは北米から選りすぐれた、インストラクターが集まっておいて 一対一で指導されます。




IMG_8395

















Master Instructorの  Dr Hal D Martin




















IMG_8375

英語で寛骨臼形成不全について 講演をさせていただきました。



IMG_8440















Master Instructorは アメリカでも10本の指に入る  優れた整形外科医です。
その方達と名前をつられて course chair の最後に謝辞をおしゃっていただきました。
ISHA (国際股関節鏡学会)の Board memberに10月に選ばれたため、多くの 北米の整形外科の先生から  COngratulationとか言われました。



この栄誉も、多くの患者さんから学ばせていただいているおかげです。
心から感謝しています。

これに満足せず、より良い医療を目指して精進します。




FAIを有する患者間における対側股関節の前向き解析: 疾患進行に対して何が危険因子であるのか?

セントルイスにある 大学病院の   Dr Neppleの研究グループの論文を読んでみました。

FAIの骨形態は、ほとんどが両側に同じような骨形態を有している患者さんが多く。
その多くの方が 片側が痛がるのですが、手術をするときに、反対側が痛くなるんじゃないかと心配されて来られます。

その方達に、有用な論文を見つけてみましたので読んでみますね。





FAIを有する患者間における対側股関節の前向き解析: 疾患進行に対して何が危険因子であるのか?

A Prospective Analysis of the Contralateral Hip Among Patients With Femoroacetabular Impingement What Are the Risk Factors for Disease Progression?



A Prospective Analysis of the
Contralateral Hip Among Patients
With Femoroacetabular Impingement
What Are the Risk Factors for Disease Progression?
FAIを有する患者間における対側股関節の前向き解析
疾患進行に対して何が危険因子であるのか?

Craig R. Louer,* MD, Gail Pashos,* BS, John C. Clohisy,* MD, and Jeffrey J. Nepple,*y MD
Investigation performed at the School of Medicine, Washington University,
St Louis, Missouri, USA
The American Journal of Sports Medicine 2018


Background: The pathophysiology of femoroacetabular impingement (FAI) remains to be better
understood, including factors affecting symptom development and disease progression.
背景:FAIの病態生理は、症状の発展及び疾患進行に影響を及ぼす因子を含め
て、まだ十分には理解されていない。


Purpose: (1) To determine rates of initial and subsequent symptom development in the contralateral hip of
patients with symptomatic FAI and (2) to identify predictors of the development of symptomatic
contralateral FAI.
目的:(1)症候性FAIを有する患者らの対側股関節における初回及びその後の
症状発症の比率を決定する事、及び(2)症候性対側FAI発症の予測因子を同定
する事。


Study Design: Case-control study; Level of evidence, 3.
研究デザイン:症例-対照研究;エビデンスレベル3.
Methods: This prospective study cohort included the contralateral hip of 179 consecutive patients
undergoing primary surgical treatment of FAI. At presentation and follow-up time points, patients recorded
the presence of symptoms in the contralateral hip. Patients with a minimum 1-year follow-up were included
in the final cohort. Univariate analysis compared the patient characteristics and FAI imaging characteristics
(cam and pincer) of initially asymptomatic patients who developed symptoms and those who remained
asymptomatic. Kaplan-Meier survival curves were calculated to demonstrate symptom development over
time.
方法:前向き研究コホートには、FAIの初回外科的治療を受けた179人の連続患者の
対側股関節が含まれた。初診時と経過観察時点において、患者らは、対側股関
節における症状の存在の記録を有した。最短1年の経過観察を有する患者らが
、最終コホートに包含された。単変量解析は、最初無症状で、その後に症状を発症
した患者と、無症候性のままの患者の特徴とFAI画像的特徴(Cam及びPincer)
を比較した。Kaplan-Meier生存曲線が、経過にわたった症状の発症を実証する
ために算出された。


Results: A total of 148 patients (83%) were followed for at least 1 year (mean, 2.9 years). Thirty-four (23%)
patients had symptoms in the contralateral hip at the time of the initial presentation. An additional 27 hips
(24% of the initially asymptomatic) developed symptoms during the follow-up period at a mean 2.0 years
from presentation. Head-neck offset ratio on the anteroposterior pelvis radiograph was significantly lower

among hips that developed symptoms (0.153 vs 0.163 asymptomatic group, P = .027).

結果:合計148患者(83%)が、少なくとも1年間(平均、2.9年)、経過観察
された。34患者(23%)が、初診時に対側股関節の症状を有した。27股(初回
無症候性の24%)が、平均2.0年の経過観察期間中に症状を発症した
。AP骨盤レ
ントゲン上のHead-neck offset ratioは、症状発症した股関節において有意に低かっ
た(0.153 vs 0.163無症候性群、p=0.027)。


Maximum alpha angle (P = .503), lateral center edge angle (P = .975), and crossover sign (P = .865) were
not predictive of the development of symptoms. Patients developing contralateral hip symptoms were less
likely to have a UCLA (University of California, Los Angeles) activity score of 9 or 10 at presentation
(18.2% vs 43.8%, P = .032). The total arc of rotation in flexion (internal rotation in 90_ of flexion 1 external
rotation in flexion) was significantly decreased in hips developing symptoms (39.4o vs 50.4o, P =.012).
Kaplan-Meier survival analysis demonstrated that 72%, 67%, 56%, and 48% of all patients remained
asymptomatic at 1, 2, 3, and 4 years, respectively.

最大αアングル(p=0.503)、LCEA(p=0.975)、及びクロスオーバーサイン(p=0.865)は、
症状発症の予測因子ではなかった。対側股関節症状を発症した患者らは、初診
時に9点または10点のUCLA activityスコアを有する可能性が低かった(18.2% vs
43.8%, p=0.032)。屈曲(90度屈曲における内旋+屈曲における外旋)におけ
る合計アークが、症状を発症した股関節において、有意に低かった(39.4度 vs
50.4度、p=0.012)。Kaplan-Meier生存解析は、1、2、3、及び4年、それぞれ
において、全患者の72%、67%、56%、及び48%が無症候性のままであること
を示した。

Conclusion: Approximately 1 in 4 patients with FAI presents with symptoms in the contralateral hip, and
an additional 1 in 4 patients develops significant symptoms in the following 4 years. Several factors,
including low activity level, less hip rotational motion, and decreased head-neck offset ratio, were
significantly associated with the development of symptoms, while the alpha angle and crossover sign were not.
結語:FAIを有する患者の約4分の1が対側股関節の症状を呈し、さらに4分の1
の患者が、その後4年以内に有意な症状を発症する。低い活動性、より少ない
股関節回旋可動域、及び低いhead-neck offset ratioを含めたいくつかの因子が
、有意に、症状の発症に関連があったが、αアングルとクロスオーバーサインは関連がなかった。



約23%の患者が、初診時に、中等度の対側症状を報告した。4年の経過観察にわたって、追加的に29%(合計52%)が中等度の対側症状を発症した。より高い活動レベル、より大きな屈曲のモーションアーク、そして、AP骨盤レントゲン上で計測されたときのより増加したoffset(HNOR)が、研究期間中に症状を発症する可能性がより少なかった。これらの結果は、短期から中期の進行情報を伴い、医師と患者の両方の支援を可能とし、対側無症候性股関節に対する治療意思決定を容易にする可能性がある。関連される危険因子の更なる調査が、症状発症の病態生理に洞察を提供するだけでなく、予防戦略の情報提供を可能とするものと考える。』



※もう片方も手術を実施するかどうかは別にして、4年で約50%が中等度の疼痛を発症するというのは、非常に参考になリマス。

今年2本目の AJSM論文 accepted

Our manuscript entitled Hip arthroscopic management can improve osteitis pubis and bone marrow
edema in competitive soccer players with femoroacetabular impingement has been accepted for the publication of American Journal of Sports Medicine.


私たちの 論文   FAIの股関節鏡視下手術は、競技レベルのサッカー選手の恥骨結合炎と骨髄浮腫を改善冴えて 復帰させることができる という論文が
アメリカンジャーナルスポーツ医学に アクセプトされました。






AMJSPORTS/2018/247270
MS Title: Hip arthroscopic management can improve osteitis pubis and bone marrow
edema in competitive soccer players with femoroacetabular impingement

Dear Dr. Uchida,

Congratulations. Your above-referenced manuscript has been accepted for
publication in an upcoming issue of The American Journal of Sports Medicine.

One or more minor changes are still needed, which Donna Tilton will share with
you. After these are made and once we have all the required files, the paper will
be sent to the publisher. You should receive a proof of your article once
production is complete. Please read your proof carefully to correct any remaining
errors. The paper will be published in the next available issue, depending on how
many accepted papers are waiting. Prior to print publication, your paper will be
published electronically on our website in the AJSM PreView section.


We look forward to working with you in the future.

Sincerely,

Bruce Reider, MD
Editor in Chief




Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志

Soshi Uchida MD website



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH



Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第2と4木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。

第14回日本股関節鏡研究会 のご案内

この度、日本股関節鏡研究会は今年で14回目となり、人間で言えば思春期、江戸時代前は元服を迎える年となりました。これまでの会員の皆様のおかげで、毎年開催されてまいりました。この度産業医科大学若松病院の内田宗志が、2018年9月1日土曜日に、北九州市小倉北区にある北九州国際会議場で開催させていただくこととなりました。


下記にクリック

第14回日本股関節鏡研究会
















main-1
















 本学会のテーマは、Think Globally Act Locallyといたしました。「グローバルに物事を考え、地域で活動する」という意味です。股関節鏡は古くは1930年代に Bermanが膀胱鏡ではじめて屍体の股関節を観察したのが最初であり、同じ頃に東京大学の高木教授が股関節鏡の臨床応用をされておられます。1980年代にも小倉にいらっしゃった鈴木先生や山梨大学の井手先生らがたくさん海外の英語論文を報告され、海外の雑誌でも数多く引用されています。私は海外の学会で講演をする機会や北米関節鏡学会(AANA) やアメリカスポーツ整形外科学会 (AOSSM)手術トレーニングコースのインストラクターをしていますが、わが国の整形外科医と理学療法士とトレーナーの股関節の病態に対する知識力や股関節鏡の技術力は、欧米と比して、世界と同じ水準にあるとはいえません。常に世界水準で、患者さんのためにより良い診療をする必要があると考えています。Think globallyの考え方から海外から講師を招聘し、講演やシンポジウムを企画する予定にしています。

 私たちは股関節痛を訴える患者さんのために、日夜診療しています。患者さんからみて、股関節の診療が求められるものは何でしょうか?それは質の高い、信頼の置ける精度の高い診断と治療が日本のどこでも受けられることではないでしょうか。それには目の前の患者さんが痛みを訴えているのを、真摯にきき、診察をして、機能回復を得るためには質の高いリハビリやトレーニンングをさせること。またリハビリで効果がない患者さんに対しては、器質的疾患を技術の高い低侵襲である股関節鏡視下手術が必要です。また日頃の臨床経験から、患者さんから学ぶことがたくさんあります。成績の良い患者さんだけでなく、成績の良くない患者さんから学ぶことを、臨床研究をして、学会や論文で発表することが肝要です。学会発表は、特に若手医師、技師の研究を持ち寄り、その場で活発な議論が交わせることが利点です。さらに研究は、国際学会の発表は、英語論文にしなければならないと考えています。皆様が発見したこと、考察したことを広く共有することが、地域で患者さんを診療している皆様の義務と考えています。これが Think Globally, Act Locallyへ繋がります。今回は抄録と発表スライドは英語で作成していただくことといたしました。 Think Globally, Act Locallyを念頭に、本学会が国内外で存在感を発揮でき、参加者の皆様には親しみ深く、日頃の診療に役立つ、広く優しい学会となるように、全力を尽くして準備してまいりたいと思います。

 北九州は、海の幸(関門たこ、玄海マグロ、ふぐ)と山の幸(小倉牛、合馬の筍)が美味しく堪能することができます。森鴎外が暮らした町でもあり、武蔵と小次郎が戦った巌流島もすぐそばです。ユネスコ世界遺産である官営八幡製鉄所や宗像大社なども近くにあります。このように学会以外にもたくさん楽しめます。数多くの皆様に参加していただき楽しんでいただきたいと思います。


第14回日本股関節鏡研究会
内田 宗志
産業医科大学若松病院






Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志

Soshi Uchida MD website



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH



Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第2と4木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。


城南運動器疼痛を考える会

8月3日金曜日 東京で講演させていただきます。



謹啓 
  時下、先生におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。この度
下記の通り「城南運動器疼痛を考える会」を開催させていただきます。
ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席賜りたくご案内申し上げます


日時】 2018年 8月 3日(金)19:20〜21:00
【会場】 シェラトン都ホテル 「醍醐」
          東京都港区白金台1-1-50 TEL:03-3447-3111

製品紹介】19:10~ 経皮吸収型鎮痛消炎剤 「ロコアテープ」   

総合座長】 東邦大学 医学部 整形外科 教授 高橋 寛 先生 

「変形性膝関節の治療戦略(仮)」



演者:東邦大学 医学部 整形外科 講師 青木 秀之 先生   



鼡径部痛臀部痛に対する包括的アプローチ
 〜超音波ガイド下ブロックから鏡視下手術



演者:産業医科大学若松病院整形外科・スポーツ関節鏡 
・診療科長 内田 宗志 

※本研究会の参加費として1000円を徴収させて頂きます。
日整会 :専門医資格継続単位:1単位 
必須分野:[8]神経・筋疾患(末梢神経麻痺、疼痛関連を含む)
[11]骨盤・股関節疾患

※会終了後情報交換会を開催させて頂きます



共催 城南運動器疼痛を考える会 大正富山医薬品

 

Soshi Uchida MD, Orthopaedic Surgeon 内田宗志



Soshi Uchida work at  内田宗志 (DR SU)は下記の病院で診察をしています。

Wakamatsu Hospital for University of Occupational and Environmental Health (産業医科大学若松病院)

Wakamatsu hospital for UOEH



Arex Oyamadai Orthopaedic CLinic 右をクリック 
アレックス尾山台整形外科

Arex- Oyamadai English site

 第一 第3木曜日



Kyoto Shimogamo Hospital 右をクリック  京都下鴨病院


第2と4木曜日


学会などで 予定が変更になりますので 詳しくはお問い合わせください。


プロスポーツ選手や芸能人などの診察は、医師の守秘義務の元 漏洩しないように 格別の注意を払って、診察をしています。詳しくはお問い合わせください。







  
livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ