スポーツ整形外科医S. Uのブログ Sports Physician S.U Blog

Dr. Soshi Uchida of Wakamatsu hospital for sports injury is an orthopedic surgeon dedicated to research and treatment of hip, shoulder, knee and elbow sports injuries We will do our best for the treatment for the patients with smile and special skills. 関節鏡視下手術のテクニックを駆使して、最小侵襲で患者さんを治療しているドクターが綴るスポーツ医学の小ネタです。 22 年間のJリーグ のチームドクター(柏→川崎(富士通時代)→大分 2010年からJリーグ入りしたギラヴァンツ北九州)の経験と、自身の柔道(3段)とラグビーをしてきており、幅広いスポーツ選手を診療しています。私の持ち味は、笑顔で診察します。 怪我をした選手に勇気、元気、根気を与えることをモットーとしています。カナダ トロント大学へ医学留学を2年間しており、英語を話せる外国人の診察もしています。nSports Physician SU Sports Medicine Blog

肩関節 スポーツ外傷と障害について

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home. He is a well-known figure in hip arthroscopic surgery, lecturing, travelling and teaching widely. In addition he has contributed extensively to the design and development of special instruments for arthroscopic surgery of the hip joint. Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

第7回 北九州スポーツ整形外科研究会 7th Kitakyushu Orthopaedic Sports Meeting

第7回
北九州スポーツ整形外科研究会のご案内
 7th Kitakyushu Orthopaedic Sports Meeting


日程:平成26年 6月 17日(火) 19:00〜20:50
会場:KMMビル4階 第3第4会議室
福岡県北九州小倉北区浅野2丁目14番1号
TEL:093‐511-6450



新緑の候、先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、下記の要領にて「第7回北九州スポーツ整形外科研究会」を開催致します。
今回は、早稲田大学ラグビー蹴球部 チームドクターであり、肩関節の分野で著名な
鈴木一秀 先生をお招きし 御講演を頂きます。ご多忙の折とは存じますが、
万障お繰り合わせの上ご出席賜りますよう どうぞ宜しくお願い申し上げます。
北九州スポーツ整形外科研究会 代表世話人 内田 宗志
日本医師会 生涯教育講座 単位 2単位 (No.57 外傷 No.61 関節痛)




【一般講演 Podium Session 】 19:00〜19:45
座 長: 産業医科大学若松病院 整形外科 竹田智則 先生
Moderator Tomonori Taketa from Wakamatsu hospital for UOEH

1.肩関節脱臼の治療 歴史的変遷 History of management of shoulder dislocation
済生会八幡総合病院 整形外科 部長 松浦恒明 先生 Dr Komei Matsuura from Saiseikai Yahata Hospital

2.肩関節の機能解剖とバイオメカニクス Functional Anatomy and Biomechanics of Shoulder joint
産業医科大学若松病院 整形外科 錦野匠一 先生 Dr Shoichi Nishikino from Wakamatu hospital for UOEH

3.肩関節脱臼の自然経過 Natural History of Shoulder Dislocation
産業医科大学若松病院 整形外科 熊谷達仁 先生 Dr. Hiroto Kumagae from Wakamatsu hospital for UOEH

4.肩関節脱臼骨欠損に対する Remplisage Arthroscopic Remplisage for Large bone defect.
産業医科大学若松病院 整形外科 迫田真輔 先生 Dr. Shinsuke Sakoda from Wakamatsu Hospital for UOEH




【特別講演】 19:45〜20:50
座 長:産業医科大学若松病院 整形外科 診療教授 内田宗志 先生
Moderator: Dr Soshi Uchida


「スポーツ選手の肩関節脱臼に対する治療戦略と鏡視下 Bristow&Bankart法」
Management Stragtegy for the athletes with shoulder dislocation and Arthroscopic Bristow and Bankart method

演者:麻生総合病院 スポーツ整形外科 部長 鈴木 一秀 先生
Presenter: Dr. Kazuhide Suzuki Aso General Hospital



参加費として1000円徴収させて頂きます。
当日は軽食をご用意しております。
※ 駐車場は裏面に記載がございます。
NPC24H 小倉駅北口パーキングを御利用下さい。



Access


<JR小倉駅>北口(新幹線口)のペ ディストリアンデッキを直進して左手にあります。
<お車>都市高速小倉駅北口出口より門 司方面へ向かい4つ目の信号のすぐ右手にあります。 ※KMMビルには駐車場がございませんので、近隣の駐車場をご利用下さい。
























肩関節 肩甲骨関節窩骨折に対する肩関節鏡視下骨接合術 arthroscopic glenoid fragment fixation

皆様 こんばんは よい週末を御過ごしになられましたか?


私たちの病院では、股関節鏡だけでなく、膝関節、肩関節、肘関節など数多くの症例が集まります。


以前肩関節鏡視下バンカート修復術の手術動画をご紹介いたしましたが、 肩関節脱臼の際に 大きな骨折を合併している症例に対して、
肩関節鏡視下に骨片を接合する手術を動画にしましたのでご覧ください。




















にアクセスしてみてください。

スポーツ整形外科 関節鏡グループへの 専門修練コースを希望の場合は、

最初3ヶ月で 膝の一通りの関節鏡視下手術をマスターして、ACL再建術 などをマスターします。
6ヶ月で 肩関節鏡視下手術を

もしこれから股関節鏡視下手術を始めたい 習得したい方は、
膝や肩で関節鏡を練習して、 股関節鏡のキャダバートレーニングをおこなったのち、股関節鏡視下手術をマスターしていただきます。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。

治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 下関 山口県 大分県 佐賀県 宮崎県 広島県 愛媛県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい



尾山台整形外科クリニック 東京関節鏡センター
アレックス 尾山台整形外科クリニック



兵庫県明石 大久保病院大久保病院 明石



でも行っています。



野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 (股関節唇) の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 関節包不安定症 が疑われます。
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。

成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。

産業医科大学整形外科は 
他大学出身の先生の 後期研修医 専門修練医
 関節鏡のトレーニングするフェローを広く 募集しています。興味の有る方は是非ご一報を
1年以上のかたは、給料も保証されます。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

関節鏡のファンタジスタ 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp


産業医科大学若松病院
産業医大若松病院
連絡先
〒808−0024
北九州市若松区浜町1丁目17−1
電話 093−761−0090

http://www.uoeh-u.ac.jp/wakamatsu.html

整形外科へのお問い合わせメール
uoehsports@yahoo.co.jp



当院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

ラグビーや柔道で受傷した慢性的な肩関節前方不安定症 肩関節脱臼 骨欠損を伴った症例  その2 Latarjet法 (ラタジェット法) がっちり治して炎のタックル


次は 肩関節鏡のバンカート修復術では、治りが不十分な場合について もう一つの選択肢として
肩関節制動術 Latarjet法について説明します


鏡視下手術で 関節唇+靭帯複合体を修復する治療をご紹介しましたが、
頻回に脱臼した症例や、脱臼しすぎて骨がこすれてしまって 欠損している場合。

このような症例は、靭帯も弱くなっており、また骨の支えがないので、鏡視下バンカートでは再脱臼を予防するには十分と言えない場合があります。


001











このCTを示した論文では、
一番左は 正常な肩甲骨関節窩  真ん中は脱臼しすぎて骨が欠損している症例 一番右のCTは骨欠損ぶに Latarjet法を行って骨を植え 脱臼しないようにした症例



002














Latarjet法は、上腕二頭筋腱の起始部である烏口突起を 骨きりして、
その骨のブロックを 脱臼を防止するAIGHLが付着しているバンカート部分に骨を固定します。
そうすると骨の防波堤ができるだけでなく、上腕二頭筋腱が、肩を外旋位にすることで 骨頭の前方にきて、骨の制御+ 上腕二頭筋腱による制御がかかり、
通常のバンカート修復術より、脱臼を制御する防波堤の役割にものが 骨と腱が加わるため、より強くなります。






003














手術後の創さえ気にならなければ非常に有用な方法です。






この動画をご覧ください。手術術式がアニメーションで描かれています。
















フランス人のLatarjet先生が開発したこの手術
今でも世界中の多くの困った患者さんに役立っています。

















この手術の良い点は、なんといっても骨が癒合すれば、復帰できる点です、
関節鏡でなくても、傷は5〜7cmです。
ラグビーでは最短3ヶ月で試合に出場させたこともあります。


早期に復帰したいひと
激しく身体をぶつけ合うスポーツ コリジョンスポーツ
には最適な方法だと考えています。

これだけ骨がとまり、肩が脱臼しないように堤防をつくってあげれば、タックルは怖くなくなります。
がっちり治して、ラグビーやアメフトに復帰し、身をていした 炎のタックルをしましょう


産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


都立大整形外科クリニック   月二回土曜日



福岡和仁会病院




で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。

福岡和仁会病院
http://fukuoka-wajinkai-hp.or.jp/




毎週木曜日 



都立大整形外科http://ar-ex.jp/toritsudai/index.shtml







月二回土曜日




野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp



























慢性的な肩関節前方不安定症に対する治療方法  鏡視下バンカート がっちり治してスポーツ復帰 その1

肩関節脱臼や亜脱臼による肩関節の前方への不安定症に対する 
基礎的な知識を説明しました。

おさらいしますと

001









肩関節の前方の安定を司る 関節包靭帯が 関節唇という 土俵の俵の役目をする組織についています。





002













肩関節が脱臼、亜脱臼をすることにより、この前方の安定を維持している靭帯および関節唇が破綻することにより、不安定となります。
特にAIGHL とMGHLの関節唇靭帯複合体の部分を  Bankart(バンカート)といいます。


この症例をご覧ください。

バスケットボールで左肩脱臼 を繰り返し。

CTという検査をすると、肩甲骨関節窩という 上腕骨骨頭(腕の骨の頭の部分)の受け皿部分の前方に骨片が認められます。
これはバンカート病変があることが示唆されます。つまり肩を脱臼させないようにする靭帯が骨ごと断裂していることがわかります。

005












006











MRをとると 関節唇の前方部分が骨から剥がれていることが示唆されます。

007














バスケットなど コンタクトスポーツですので、脱臼をくりかえすようでは、自分の競技能力がおちるだけでなく、チームに迷惑をかけてしまうため、治療が必要です。


断裂している靭帯が、ある程度しっかりしている(縫合すれば靭帯として効力を発揮する)
骨があまり欠損していない

そのような場合には、関節鏡視下(内視鏡視下)にバンカート病変を修復する方法が治療方法の選択肢の一つとして勧められます。





関節鏡をいれると、バンカート病変 関節唇+靭帯複合体が 関節窩から剥がれている所見があります。
時計のはりでいえば、左肩の  10時から19時まで





009











脱臼した関節唇靭帯複合体は、自分で治ろうとしますが、緩い状態で癒合するため、靭帯が効いていない状態となります。故に、緩くくっついてしまった靭帯を一度骨からはがして、正常な緊張をだすためにひっぱりあげるようにして 関節窩にアンカーをうって縫合していきます。





012












013













術後縫合した状態です。骨片と一緒に靭帯関節唇複合体が関節窩へうまく縫合しているのがわかります。





014
















当院では、関節鏡視下バンカート修復術は、年間40例ほど行っております。ラグビーやアメフトなど激しいコンタクトスポーツは、適応が限られていますが、
女性や、マイルドなコンタクトスポーツ(バスケット、バレーボール、ハンドボール、サッカー)などには適した治療方法です。


何度も脱臼して、スポーツ活動に支障をきたすひと。日常生活でも脱臼する人はご相談ください。

産業医科大学若松病院整形外科 火曜日外来


都立大整形外科クリニック   月二回土曜日



福岡和仁会病院




で外来を行っています。



産業医科大学若松病院への予約について

* 紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方で、ご予約を希望される方は、受診希望日の前日までに外来予約係へご連絡下さい。
TEL:093-285-3203
* 月〜金 9時〜18時
までご連絡下さい。





股関節鏡外来では、 アスリートの股関節痛の原因となる、 大腿骨寛骨臼インピンジメント (股関節インピンジメント)、 股関節唇損傷、 臼蓋形成不全、 股関節離断性骨軟骨炎(OCD)などを、最新鋭の精密検査で、迅速に診断します。


股関節 痛み 原因がわからない  
股関節脱臼後 痛み が続く方、 リハビリの仕方や治療に困る方は是非ご相談下さい。
ペルテス病 や大腿骨頭辷り症 の変形で股関節痛が残存するかた。


治療は、リハビリや消炎鎮痛剤で治療できるものは保存治療し、それでも難治性の症例は股関節鏡視下(股関節の内視鏡)に治療します。
大きな傷で行う手術より、1cmくらいの小さな傷で、筋肉を傷つけること無く 損傷された組織だけを修復しますので、早期リハビリ、早期スポーツ復帰が可能となります。

福岡県 北九州 山口 下関 大分県 佐賀県 広島県 大阪府 関西 神戸 兵庫県 関東 東京 神奈川 横浜 千葉 栃木 などから股関節痛 患者さんが来られるスポーツ股関節外来にお問い合わせ下さい
名古屋 静岡からも スポーツ股関節外来に来られます。


他院でもスポーツ股関節外来を行っております。

福岡和仁会病院
http://fukuoka-wajinkai-hp.or.jp/




毎週木曜日 



都立大整形外科http://ar-ex.jp/toritsudai/index.shtml







月二回土曜日




野球 サッカー 柔道 ラグビー ゴルフ アメリカンフットボール チアリーディング スケート アイスホッケー ホッケー 水泳 陸上競技 バレエ スキー スノーボード テニスTennis
クチコミを見る
などのスポーツで股関節が痛む方 股関節唇損傷 の方
新体操 体操 アイスホッケー スケート バレエ ダンス ヒップポップなど股関節が緩くて 関節唇損傷があり股関節痛があるかたは 
思春期から 中年くらいまでで 初期の変形性股関節症で 股関節が痛むかた 
交通事故で 骨盤骨折後に骨折は治癒したが 未だに股関節が痛む方 関節唇が損傷されている可能性があります。

プロスポーツ選手 トップアスリート、 エリート アスリートで股関節が痛む方で診察を希望される方。隠密診察可能です。
プライバシーは守秘します。詳しくはご相談ください。


成長期の股関節痛
成長期の スポーツ障害


肘関節 野球肘、関節内遊離体 離断性骨軟骨炎(OCD) などで保存療法で治らない方。



肩関節痛でお悩みの方
腱板断裂 肩関節脱臼  スポーツで肩痛のかた 肩関節後方 亜脱臼 脱臼
野球 ソフトボール テニス ラグビー  で肩を痛めた選手
関節鏡で肩のなかを最小侵襲で治療しています。
山口 熊本 大分 福岡 で肩関節鏡視下手術を希望される方
当院では様々な肩関節痛の原因を詳細に検査し、関節鏡視下に小さな侵襲で 治療しています。


難治性のスポーツ障害(ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎)、
内側側幅靭帯損傷や股関節唇損傷の保存療法、などに多血小板血漿療法(PRP platelet rich plasma)が有効です。
PRP外来を産業医科大学および産業医科大学若松病院で展開しています。是非一度試してください。

soushi@med.uoeh-u.ac.jp

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques, especially hip arthroscopy, emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery. These principles, initially developed for the competitive athlete, apply to all injuries whether they occur in the recreational environment, work place, or at home
Many patients living in Fukuoka, Nagasaki, Oita, Osaka, Kobe, Kyoto, Tokyo, Yokohama present to our hospital for their hip problem.

Soshi内田博士博士一直奉行在过去十年中,骨科手术,他的激情。运动医学的原则,强调全面的团队在帮助病人恢复到健康状态的目标受伤保守治疗方法,并侧重于预防新发或复发受伤。当手术是必要的,内田的博士,尤其是髋关节镜,关节镜技术的专业强调少一个潜在的更容易,恢复快的微创手术。这些原则,最初是为竞技运动员,应用在娱乐环境是否发生的所有伤害,工作场所,还是在家
许多病人住在北九州市,福冈,长崎,大分,大阪,神户,京都,东京,横滨,目前我们医院的臀部问题。

産業医科大学若松病院 スポーツ関節鏡センター
 内田宗志 soushi@med.uoeh-u.ac.jp









慢性的な肩関節の不安定症の解剖学的知識と診察 誰でもわかる基礎知識

肩関節は人間の身体のなかで、一番動きの良い関節です。それであなたは、腕を回したり、物を持ち上げたり、投げたりすることができます。

しかし、この動きの良さは時として、結果的に安定性が欠如することがあります。

肩関節の不安定症は、上腕の頭が肩関節のソケットの部分をはみだしたときにおこります。
ラグビーやアメフトなどのタックル、柔道などのコンタクトで
一発の大きなエネルギーがくわわり、脱臼する場合と。

野球のヘッドスライディングなどを何度も繰り返し、外転外旋すふ力がくわわり、徐々に不安定になってくるタイプと二通りあります。

一度脱臼すると、肩関節はどんどんはずれるエピソードを繰り返します。


解剖を一緒に考えてみましょう。

骨性のものは上腕骨、肩甲骨 鎖骨からなります。
上腕骨の骨頭の受け皿で ソケットの役目をする 肩甲骨関節窩(Glenoid )にはまり込みます。
Glenoidは 洋梨の形をしており、Glenoidnのうえに、線維軟骨という柔らかい弾力性のある組織でできている
関節唇 Labrumというものがあります。
これは骨頭が脱臼しないように バンパーのような効果があります。相撲の土俵でいえば、お相撲さんが寄り切られないように俵の役目をしています。

さらにこの関節唇に、上腕骨と肩甲骨関節窩をつないでいる、関節窩上腕靭帯(Glenohumeral Ligament)があり、


肩の解剖1











肩関節が脱臼しないようにしています。



肩関節が脱臼する方向は 前方 後方がありますが、90%は前方脱臼です。


前方脱臼のときに破綻するのが、
土俵の俵の役目をする関節唇が断裂します。
そこにはGlenohumeral ligamentのなかでも、前下方と 真ん中にある
Anterior Inferior Glenohumeral Ligament (AIGHLと略します)
Middle Glenohumeral Ligament (MGHL)が
断裂することが多いです。この部分をBankart Lesion(バンカート領域)といいます。

約30%の症例は、
関節窩に骨折を伴う場合があり、
また脱臼して戻るときに 上腕骨の後方の部分の骨が削れて欠損することがあります。
Hill Sachs Lesion とよばれています。



下記の動画をみてみましょう。



















症状は

肩関節の疼痛
繰り返される方の脱臼
肩が外れる感じ
肩がゆるい感じ、ずれる感じ

を患者さんは訴えます。


この症状が続けば、肩関節もしくは肩関節鏡のできるスポーツの専門医に診てもらいましょう。



まず熟達したドクターは、患者さんから注意深く病歴を聴取していきます。
このときに患者さんとのコミュニケーションが大切です。
肩関節の不安定な患者さん 特に大きな外傷がないのに肩を外すかたは、精神的な要因をかかえていることがあります。

その後に、肩関節の診察をします。

















この動画のように Apprehension test というものと Relocation test という方法が最も感受性が高いテストです。
































さあ〜〜 次回は画像と治療編にいきます。

明日から月曜日ですね、、、
皆さんがんばりましょう

























livedoor プロフィール

Dr. S.U

Dr Soshi Uchida MD, PhD has been practicing his passion, orthopaedic surgery, for the last two decade. The principles of sports medicine emphasize a comprehensive team approach in the conservative treatment of injuries with the goal of helping the patient return to a healthy state, and focuses on the prevention of new or recurrent injuries. When surgery is necessary, Dr. Uchida's specialty in arthroscopic techniques emphasizes less invasive surgery for a potentially easier and quicker recovery.
1992年 産業医科大学卒業
• 1992年 関東労災病院整形外科 スポーツ整形外科
• 2002年 トロント大学医学部 博士研究員•幹細胞研究
• 2006年〜 産業医科大学整形外科 助教
•   2012年〜 産業医科大学若松病院整形外科 診療教授
日本体育協会公認スポーツドクター
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本整形外科学会専門医

スポーツ歴 柔道 ラグビー

Dr Soshi Uchida website
英語のホームページを作成しました。 たずねてみてください。 Dr Soshi Uchida website
 産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院 連絡先 〒808−0024 北九州市若松区浜町1丁目17−1 電話 093−761−0090 当科へのお問い合わせメール uoehwakamatsusports@gmail.com 8月31日より変更になりました。 当院への外来予約専用ダイヤル TEL:093-285-3203 * 月〜金 9時〜18時 までご連絡下さい。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twetter
カテゴリー
ドクターのブログリンク

 NEJMを超えてゆけ
NEJMを超えてゆけ!



 スポーツドクター中村格子先生のブログ
スポーツドクター中村格子先生のブログ







 整形外科医のための英語ペラペラ道場
整形外科医のための英語ペラペラ道場
岡山大学整形外科 杉本佳久先生のブログです。



 つよぽんの避難所
つよぽんの避難所 つよぽん先生のブログ




 整形外科 論文ナナメ読み (JBJSなどなど)

愛知県のがみたけ 先生のブログです。

 Regista フットボールショップ
Registaフットボールショップ



 整形外科医のブログ)  17年目の整形外科医のブログ





 関節鏡外科医のblog
関節鏡外科医のブログ




 整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング
整形外科医リエチ先生の エンジョイサイクリング ランニング

http://blog.riechi.net/
PT  ATC Technician LInk
 リアライン日記 蒲田和芳先生のブログ
 フィットネスの勧め フィットネスの勧め
 放射線技師魂 放射線技師魂のブログ@画像診断
じんどう整骨院アスリート
SAKA MASAYUI PTのブログ
サッカーのリンク



 薄野の舞姫
股関節痛を温存療法されている薄野の舞姫さんのブログ
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
ニホン村 医療 医者
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
応援のクリックお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ