一念発起!ともに前へ 東北・単身赴任親父の独り言

2014年から沼津→宮城に単身赴任してます。東北復興を願いつつ、マラソンを中心に、きままな単身赴任生活を綴った徒然日記です

東北・みやぎ復興マラソン出走記(エイド編)

IMG_8202
東北・復興マラソンその2、エイド編です♪

このレースは地元と復興連携(福島、岩手、熊本)
で様々なエイドが楽しめます

エイドステーション情報

IMG_8158
会場にも表示されていましたが
なるべく見ませんでした
何がでるかのお楽しみで。。。

レース中、足裏痛に悶絶していたので
エイドは本当に楽しみでした

では、いきます

7K岩沼のきゅうりの浅漬け

いきなり画像なし^_^;
おかしいな撮ったはずなのに
フレッシュでおいしかった

IMG_8199

キターーー!!!


12K亘理の名物はらこ飯、復興再生トマト 

いきなり本命来ました!大好物\(^o^)/

IMG_8201

IMG_8202
激ウマ!

序盤から嬉しい展開です

トマトも。。。
IMG_8197

IMG_8198
大小2種(@_@)

19K福島県飯館村の冷凍イチゴ 

IMG_8205

IMG_8206
トイレに行きたそうな雰囲気もあり(^_^;)
解凍気味をひとつ頂きました。激甘V

21Kバナナ、塩飴

IMG_8211

IMG_8212

エイドの間隔が狭いです。どんどんきます\(^o^)/

22K福島産リンゴ


IMG_8213

IMG_8215

エイドはすべていただいております。。。


23K熊本産みかん

IMG_8216

IMG_8217
矢継ぎ早に次々にエイドがあります

ほとんど1Kごと(@_@)

23K岩沼いなり・そば

IMG_8226

おいなりさん、

なんと
5種類ありました(@_@)


おばちゃんが「食べてって♪」と盛んに誘うので
全部食べました(爆)
IMG_8227


そばのストーリーあります。が、

この辺りでお腹がきつくなってきました

お腹いっぱいになるレースは初めてです^_^;
でも、まだ続きます

29K女川のさんまかりんとう

IMG_8234


かりんとうが大きく、堅くておじさんには
ちょっと食べづらかったです

32K閖上(ゆりあげ)のほたて浜焼き
IMG_8236

IMG_8237

IMG_8238

熱々のホタテが2つ入ってます

無茶苦茶おいしい♪


今夜のつまみにもって帰りたかった(^^)

私的には本日のMPVです

IMG_8241

34K名取のせりなべ、笹かまぼこ

IMG_8242

IMG_8243

宮城の名物セリ鍋までエイドに。。。


出汁が最高においしかったです
IMG_8245

IMG_8246
かまぼこもしっかりいただきました!

IMG_8248

IMG_8249
私設エイドでしょうか?宮城県農業高校の
復興桜塩

塩分補給もバッチリです♪

IMG_8250

36K陸前高田市のおにぎり

IMG_8252

はらこ飯においなりさん5個にせり鍋食べた後に
まさかのピュアおにぎり(^w^)
「おいしい♪」といったら
スタッフの方々とても喜んでくれました

IMG_8257

40K石巻の一口まんじゅう


40K過ぎてフード提供するレースある?


走りながら食べ過ぎ感あり(‐^▽^‐)


IMG_8282
レース後の配給物です。スポンサーJAさんなので
大満足です

私の経験だと、

大井川マラソンの「大エイド」
大阪マラソンの「まいどエイド」

が2大巨頭です
両方は30K後半の大エイド

東北・みやぎ復興マラソンのエイド
序盤から次から次へと

自分的にはテーマがしっかりしていて
名産物も多く凄く楽しかった

なんか太った気がするし(笑)





東北・みやぎ復興マラソン出走記(その1)

IMG_8269

IMG_8276
東北・みやぎ復興マラソン完走しました\(^o^)/
タイムは4時間42分14秒(-_-;)

懸念していた足裏痛は1キロ地点でいきなりで
(TωT)終始痛みに耐えながら粘りました

今はひどい筋肉痛ですが心地よい気分に
浸っています

それでは逝きます♪

前日は入念に準備
IMG_8274
ゼッケンにメッセージを記入
迷わず当ブログタイトルの
「ともに前へ!」です

外国人にもわかるように
「Let's go togetherも(^_^;)
ニュアンス的に正しい?fowardも
入れたかったのですが
シンプルにしました

「宮城県大和町」も入ってます
ランナーのゼッケンを見たら東北地区は
「福島県郡山市」のように県と市町村名、
その他は「静岡県」と都道府県名
だけの記載でした

東北のランナーには粋な計らいです♪

IMG_8140
足が痛くなるのはわかっているので
痛み止めを準備します。鎖骨肋骨骨折の時に
処方してもらった薬が余っていて活用

セレコックス100は1日2錠までなので
2錠用意、結局1錠使いました
IMG_8147
足裏痛対策に購入。しっくりくるウルトラ100Kでも使用
したテーピングがAmazonで売ってなくて初めて使用
IMG_8154
「頼むからなんとかもってくれクレメンス」
と念じながら装着しましたが結果的には。。。

矢野目駐車場の入庫が6時から7時ということで
4時半起き。場所が分からないのと小渋滞で
7時30分着

シャトルバスに乗って会場には8時15分着

後ろのカップルが
「これから5時間走るのか~その時間で
    映画2・3本見れるよな」
「ほんとどうかしてるよね♪」

私も同感です(^_^;)

でもね!

フルは考える時間はたくさんあります
自問自答の修行ですね

8時30分にRespect仙台のじゅんちゃん
とエール交換

超高速ランナーのじゅんちゃんは前回大会
数秒の差。今回リベだね♪とかいいながら
しばし談笑

おかげで元気でました
じゅんちゃん、ありがとう
IMG_8159
ランには絶好のコンディションです♪
IMG_8160
スタートと荷物預りが離れていてこの橋がボトルネック
で大渋滞。動線の見直し必須です
IMG_8162

IMG_8167
スタート周辺を巡回。ワクワク感が止まりません(^_^;)
IMG_8171
本日のタイムは「せめて5時間切り」で設定
iPhoneのロック画面にラップタイムを表示し確認
「字が小さすぎて見えない」が次回への課題です^_^;
IMG_8172
9:35スタート。私は第1ウエーブのC
IMG_8182
村井知事スターター。ゲストは小倉智昭さん
IMG_8183
参加人数は多いですが、道幅に余裕があり
とても走りやすいです。が、1キロで足裏痛が襲い
先が思いやられます(T△T)
IMG_8185
沿道に応援の方がいて全てハイタッチで
「ありがとうございます」で返します

復興マラソンならでしょうか
ランナーからの「ありがとう」の言葉は
どの大会よりも多かったです

ありがとうは魔法の言葉ですね

3キロ付近で、にゃもりんさんがサプライズ
応援\(^o^)/場所を変え、3回声をかけて
くれて、元気100倍!

にゃもりんさん、ありがと♪

IMG_8189
「復興支援ありがとう」というメッセージと
ともに沿道のみなさんが応援してくれます

痛い脚に元気をもらい踏ん張ることができました
IMG_8191
ほとんどフラットですが橋の入口出口に勾配あり
IMG_8194

IMG_8196
亘理に入りました
IMG_8204
ひたすら前に進みます

さすがにフルマラソンは破壊力があり、
ごまかしが効きません。距離の長さに
更に痛みが増してきます(T△T)

こんな時は自問自答メンタルでカバー

かさ上げされた道や、まだ復興途中の地区を
ランナーが一歩一歩踏みしめていきます

そもそも宮城に住むとは夢にも思わず

ブログタイトルの「ともに前へ」が
仙台市の復興キャッチフレーズと同じで

宮城に住んで

こうして復興を肌で感じながら走っている

いろいろな想いが錯綜してきます


ただ、25キロ付近から更に足裏の痛みが
増して(T△T)、痛みどめ投入

沿道のみなさんや給水所、エイドの
スタッフの方が物凄い声援を送ってくれて
なんとか持ちこたえます

IMG_8293

IMG_8231
途中で飛行機の下を走ります
「自分に向かって突っ込んでくる」ような
大迫力です(@_@)
IMG_8235
30キロ先が本当の勝負です
足の痛さは相変わらずですが、

「復興(マラソン)は歩みを止めない」
を自分のこだわりにして
最後まで歩きませんでした
IMG_8240

IMG_8253
復路も飛行機の下
IMG_8258
いよいよゴールが近づいてきました
IMG_8261
サザエさん一家がゴールで向かえてくれました
IMG_8292
完走メダルをかけてくれました
ありがとう!
IMG_8269
完走出来てホント良かった!
IMG_8264
タオルも小学生が渡してくれます
IMG_8272
ゴール後、歩行すると足裏激痛(T△T)

走っている時はアドレナリンで持ちこたえましたが
限界でした

このレースはいたるところに
「ありがとう」があふれています
こんなに「ありがとう」のレースは初めて
感謝を感じながら無事フィニッシュできました

本当にありがとうございます!
来年も出走したい

その2はエイド特集に続きます♪

東北・みやぎ復興マラソンのレースプラン(^_^;)

週末は沼津に帰宅しました♪

道中は堂場瞬一の「10 -ten- 俺たちのキックオフ」を読みました
IMG_8096
筆者のスポーツ小説は大好きで
野球「いつか白球は海へ」「ミス・ジャッジ」
陸上(駅伝)の「チーム」「ヒート」他も読んでいますが
今回はラグビーがテーマ

ラグビー小説の素材も描写が秀逸、
一気に読破しました。最後は号泣
是非、続編を期待したい力作です

昨日、宮城に戻り何度か登場している
仙台の東北・みやぎ復興マラソンの
カウントダウンボード
IMG_8083
いよいよです。このボードを見るのは
本日が最後です

今回のレースは初めてのウエブスタート
後のスタートを経験してみたかったのですが、
第1陣9:35のスタートでした

駐車券です
IMG_8094
9:35スタートにAM6:00~7:00入庫(@_@)
マジか(^_^;) 


それはそれで自分の体調です(TωT)

慣れない両手両足フル活動のトレイルの
筋肉痛がとれず、足の裏は現在も痛く、
新規で腰痛まで発症してしまい満身創痍
に近いです(T△T)

対策はしますが、フルマラソンは次元が違うので
後半は足の痛みとの戦いで
間違いなく厳しいレースになります

沿道の声援が凄いので「ありがとうございます!」
をひたすら返しながら、感謝で走ってきます♪

全然、レースプランじゃないですね(^^)

来週末は東北みやぎ復興マラソン

いよいよ来週末は、東北みやぎ復興マラソン
第1回の前回はボランティアで参加、
今回はフルを走ります🎵

先週の沢登りトレイルで筋肉痛が
とれず練習も全然(・_・; 足裏痛と体力心配
ですがしっかりと復興を感じながら走って
きます

IMG_8002
レースのパンフレットは普段はほとんど
読みませんが、このパンフは素晴らしい
FullSizeRender
復興への想いが詰まっています。思わず
ウルウルしそうです
IMG_7996
完走メダルは海の幸トレイルでも
使用されていた雄勝石。絶対ゲットだぜ^ ^
IMG_7997
出走ランナー全員の名前も刻まれて
いて私も掲載されていました
ちなみにゲストランナーの

たんぽぽ 白鳥久美子さんもハッケン

本名なんですね。マギー審司さんは

良く分かりませんが、猫ちゃんも

走るようです^_^


コースは復興道路の完成で亘理の鳥の海
まで延長されています

エイドも充実、
FullSizeRender



完食しながら
心して走ってきますε=ε=ε━( ^O^)━ 

宮城県の山58座トラバース!ともに前へ:24/58栗駒山(表掛【御沢】ルート)

 IMG_7811

IMG_7807

IMG_7798

IMG_7804
宮城の山ガイドブックを丸ごと1冊登っちゃおう
「宮城県の山58座トラバース!ともに前へ:」シリーズ

IMG_7908
栗駒山はガイドブックに2ルート紹介されていて
(表紙も栗駒山)

前回は「東栗駒山ルート」を走破しているので

今回は「表掛(御沢)ルート」を登ってきました


このルートは沢登が主体で、ガイドブックには
「御沢は明るく開放的な沢で初心者でも心配ない」
と記載されていますが


とんでもない、どう考えても中・上級者向けの
難コースで、今でも無事に帰ってきて良かった
思えるほどです



もちろんヤマレコ等で事前にリサーチして
今もレポやブログをを読み返してみると

http://mtkurikoma.main.jp/wp/?page_id=20

このサイトに

・・・険しい岩登りとなり、栗駒山の登山道で最も
危険な「はしご滝」に至ります。脆く滑りやすい
急斜面
なので、両手で綱を利用しないと登られません。
滑落しないように注意しましょう。

御沢から御室までは危険な箇所も多く、他の登山道
よりも技術と体力が要る、中級者以上向けの本格的
な登山道
です。初心者は経験者の同伴なしで立ち入
ることは控えたほうが良いでしょう


ヤマレコは今読み返してもあまり危険感が
ありませんが、なかには「危険」との記事も
ありました。慣れた上級者が書かれたレポで
事前リサーチに引っかかんなかったと思いました


それでは行きます♪
IMG_7771
沢登なのでゴアテックスの登山寄りのシューズを選択
結局、水没しましたが(-_-;)防水シューズは
中に水がたまると逆に抜けない事が判りました
IMG_7774
イワカガミ平駐車場の手前3.5キロ地点、
スノーシェルター手前が登山口です

今回は表掛ルートから山頂を目指し、
東栗駒コースで下山、最後はロード走
の計画。7時ジャストにスタートです
IMG_7775

IMG_7777
刈払されていますが
IMG_7778

IMG_7779
汚泥もあり滑りやすい箇所もあります
IMG_7781
沢に入ります。マーキングや石にペイント
がありますが

滝つぼみたいなところに迷い込み
道ロスト(TωT)

「迷ったら引き返すの鉄則で戻ります
上るよりも下りの方が気を使います
やたら時間がかかるのでテンションダウン

復帰して
IMG_7785
斜めの斜面にロープ(@_@)序の口でした
IMG_7782

IMG_7792
キノコ類が豊富でした
IMG_7793
御沢出会。硫黄匂がします

ここで休んでいた方と会話。かなりの上達者で
岩の上をずんずん歩いていました

結局、5時間の間、この方以外は会わなくて実際に
孤独で不安でした
IMG_7794
どこから攻めればいいのか慎重にルートを探ります
IMG_7795

右に左に何度も何度も渡渉します
IMG_7796
これが永遠に続きます(・ω・)


時々、黄ペンキマークを見失い不安が増長
緊張の連続、慎重にクリアしないと
大怪我をする恐れがあります
IMG_7797

IMG_7798
巨大な岩もゴロゴロで手もフル回転です
ほとんど経験はありませんが感覚的に
手と足を「3点支持」で進みます


沢を外れるルートがあり「やっと終わった」と
安堵するもほとんどがショートエスケープ(T△T)
IMG_7799

IMG_7803
今までにない緊張感です
IMG_7804
一歩一歩確実に!前に進むしかありません


IMG_7805
大きな滝の脇は「嘘だろ?」凄い急登でした

(@_@)目の前が斜面みたいな(TωT)

ロープで一気に登ります。落ちたら恐らく終わり。。。(-_-;)
写真は高所恐怖症なので無理、先を急ぎました
IMG_7806

IMG_7807
いつまでも続く沢と急登(-_-;)
IMG_7808
ようやく稜線にでました\(^o^)/
長い道のりでε-(´∀`*)ホッ

でも、道端がせまく、踏み跡が途中で切れたりで
気が許されません
IMG_7809
まだまだトラップが続きます

IMG_7811
なんじゃこりゃ?(*_*)
マジやばたにえん

写真だと角度が伝わらないですが
笑っちゃうぐらいエグイ登り、ほぼ垂直に
見えました。しかも途中は岩場です

ここは引き返すことも真剣に考えました

給水補給しながらじっくりルートを観察
岩場以外は足跡があるので慎重かつ冷静に

ロープをたどろうと

ドキドキしながらのロープワークでクリア
今までの登山人生で最大の難所でした
IMG_7812
下りは滑落の恐れでもっと危険です
このコースで下山は10万円くれるって
言われてもやりません
実際に遭難した事案もあるそうです

御室に到着
IMG_7813
ようやくトレイルに復帰で安堵するも
まだまだトラップが待っています(TωT)

ここに来た瞬間、右上に人影が見えました
前に会った先導者です

で、登ろうとするも


はっきりとしてコースが全然分からない

何度も何度も登って下りて確認するも全然
分からない

誰か来ないかな!と思いつつ来ない

決心しました。方向は判っているので
しゃがみつきながら直登、一番上でようやく
登山道をみつけました
1時間はさまよっていたと思います


岩祠で写真を撮りましたが残っていない(-_-;)
かなりテンパってたと思います

それからの登山道は細く谷に傾いているので
歩きにくく慎重に進みます

が、急に藪漕ぎになりルートロスト(T△T)

「もっと進んだら藪の奥は谷か?」

ゆっくり反転して手も使いながら戻りルートを探す

とんでもないところに来てしまった(T△T)

下手したら遭難も頭をよぎりました

スタート時間が早かったので時間はまだある

「落ち着け!」と自分に言い聞かせて
RIVaの新曲を口ずさみながら♪

戻りルート復帰


あせりつつも冷静に!

またまた足場の無い急登(TωT)

山好きの私も山嫌いになりそうな
このルート

草を掴んで掴んで登りきると

「立入禁止」のカンバン(@_@)
立入禁止区間を登ってきたわけで
禁止は下りです
それだけヤバイって事


ここを進むと通常の整備された登山道に入り

やっと普通の登山道に戻れた!
登山史上で一番の喜び\(^o^)/

本当にほっとしました

天狗平で5時間ぶりに人を見てとにかく安堵
IMG_7865

IMG_7864
栗駒山山頂でここまでの無事に感謝し
これからの安全も祈願しました

下りは東栗駒ルートを予定していましたが
ここも沢があるので止めました。沢はもうお腹いっぱい

本日の稜線を眺めながらしみじみ
「無事で良かった」と
IMG_7889
紅葉のすばらしさが今までの苦労を
吹っ飛ばしてくれました。中腹でゆっくり休んでいると
「そういえば飯食ってないな」
IMG_7895
レストハウスに到着♪

ここからロードを下ります
IMG_7899
この先が駐車場。7時スタートで15時に到着しました

IMG_7907
売店でバッチを購入。これを見るたびに
思い出すでしょう

「もう2度とこのコースは来ないぞ(# ゚Д゚)」
と思いましたが、今、これを書いていると、

なかなか面白いコースかも(^_^;)

ルートが不鮮明なので初めてはソロは危険です

登山の経験値は上がりましたが
いろいろな事を経験した登山でした

最後まで読んでいただきありがとう
ございました(´▽`)

プロフィール

SOSONO55

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
マラソン
市民農園
人気ブログランキング
Google Analytics
夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
地球の名言




presented by 地球の名言


jog note
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ