... in the air

アマチュア無線局JF3FGLのSOTA活動記録

2022年5月15日(日)ピーク625 SOTA JA/KT-040

今週も最近実践している自転車を使ったハイブリッド登山で時短できる近場の2座です。

1座目は京都府亀岡市と右京区の境にある無名峰。SOTAメンバーのJA3NAP局が右京区の樒原から登ったレポートがありますが、今回は林道七谷線から分岐する一橋林道を自転車で登ります。隣には三郎ヶ岳というパラグライダーで有名な山があり、林道はテイクオフ場との連絡路にもなっているようです。林道七谷線は日曜早朝にもかかわらず2台とすれちがい。生活道としても使われているようです。狭いですが離合スペースはそれなりにあります。

IMG_5767
 ▲ 林道七谷線と一橋林道との分岐。左側に駐車スペースあり。7時10分、鎖を越えてスタート。

IMG_5768a
 ▲ 路面状態は中の上。急勾配もあり7~8割がダート。パラグライダースクールが開校する時間になると送迎車が頻繁に通行します。

IMG_5770
 ▲ ほとんど眺望もなし。

IMG_5772a
 ▲ 標高550m付近に重機あり。林道の補修用と思われる。

IMG_5773
 ▲ 7時30分、標高570m付近の稜線まで来ました。

IMG_5774
 ▲ ここで自電車をデポ。

IMG_5775
 ▲ しかし地図は破線表記ですが道がないヤブ。先週はマダニ被害があったので気が重い。

IMG_5791
 ▲ 100mほど進む。何と先ほどの林道とブルーシートの重機が見える。

IMG_5792a
 ▲ ここから取り付くの正解(帰りに撮影)。よく地形を確認しろよ、と後悔。

IMG_5778
 ▲ ここからは歩きやすい稜線。

IMG_5779a
 ▲ 雑木林になっても道がありました。ホント冒頭の藪漕ぎは不必要でした。

IMG_5789
 ▲ 三郎ヶ岳が見えます。今回唯一の眺め。

IMG_5783a
 ▲ 樒原からのルートと合流。

IMG_5785a
 ▲ 7時58分、ピーク625に到着。山名板などは見当たらず。

ピークハンターにも見捨てられた?山は、京都山名マップによると山名は「大平山」だそう。山頂は相当のヤブかなと予想していましたが、亀岡側は植林、右京区側は雑木林。しかも倒木で亀岡側は少し開けているのがうれしい誤算です。今日は12時まで関西VHFコンテストが開催。こんな山域ですが430FMも賑やかです。ホイップでHFのアクティベーションもワッチしますが逃したようなので、今回はHFにQRVせず430FMのコンテスターに応答して終了です。

コンテストには昔から全く興味がないのですが、サクッと終わらせたいときは逆手にとって応答に徹すると早く4QSO達成できます。コンテストだとQSOの待機時間も少ないのがいいですね。

【交信記録】
■ピーク625 SOTA JA/KT-040(京都府亀岡市)
144MHz SSB 1局
433MHz FM 5局(高森山 SOTA JA/OS-022とS2S)

KT-040
 ▲ ピーク625へのルート。沿面距離片道2.8km、累計高度434m。上りタイムは48分。稜線への取り付きから実質の歩きは15分くらい。

コンテストのため移動局はよく聞こえましたが、常置場所の局は山域的にあまり入感しないのは想定通り。でも移動局ですが徳島の局が良好に入感するようで、よくわかりませんが意外なサミットでした。


2022年5月7日(土)ピーク592 SOTA JA/KT-044

ゴールデンウイーク終盤戦の京都KT無名峰2座巡り。2座目は綾部市のピーク592。文字通りの無名峰で、君尾山(582m)の近傍になり、個人的には君尾山最高点としてもいいのでは思います。君尾山の中腹には国宝の二王門で知られる光明寺があり、山道で境内にアクセスできます。光明寺の手前から君尾山を横断するように君尾林道が貫いており、この道を自転車でピーク592直下まで走破します。舗装路が終わる地点に広場があるので駐車。キャンプ場跡地のようです。

IMG_5737
 ▲ 12時42分、君尾林道走行開始。ここは公道の位置付けだそう。なのでナンバープレート無のオフロードバイクはご法度です。

IMG_5711
 ▲ 状態も良く普通車でも車底を擦らずに走れます。ただそこはダート道。小石が跳ねて傷が付いたり、パンクなどのリスクはあります。

IMG_5712
 ▲ 左に行くと樹齢2000年ともいわれるトチノキがあるそうです。

IMG_5714a
 ▲ なかかないいダート道です。

IMG_5715a
 ▲ 林道の完成記念碑がありました。この先は泉冨林道となるようです。

IMG_5716
 ▲ 13時、ピーク592方面への分岐。ここから車はNGです。

IMG_5717a
 ▲ 取り付きポイントを探ります。ここは左斜面が急でパス。

IMG_5718
 ▲ 地形図ではこの辺りが標高差なさそう。13時7分、取り付きます。

IMG_5720
 ▲ 短距離ですが急登です。

IMG_5721a
 ▲ もう一つ先のカーブのほうが登りやすそうでした。

IMG_5722
 ▲ 少し尾根を歩きます。

IMG_5725a
 ▲ 13時15分、ピーク592に到着。何にもない鬱蒼としたサミット。

IMG_5728
 ▲ 長居はしたくない場所。7MHzで勝負です。

コンディションは相変わらず良くない。良くないながらもS2Sは3つできました。S2Sはアンテナや出力に差が少ない局同士なので、弱いながらも交信できることが多いです。試しに145、433FMでCQだしましたが、まったく無反応。わかってはいましたが、時間的に移動局も聞こえませんでした。

【交信記録】
■ピーク592 SOTA JA/KT-044(京都府綾部市)
7MHz SSB 7局(不動曽 SOTA JA/NR-028、間戸山 SOTA JA/GF-194、大滝山 SOTA JA/FS-036とS2S)

IMG_5732a
 ▲ 復路で本尊の君尾山に立ち寄ります。

IMG_5733a
 ▲ 林道から3分ほどで君尾山の頂上。眺望も無く、特に何もありません。

KT-044
 ▲ ピーク592へのルート。沿面距離片道4.3km、累計高度355m。タイムは33分。国土地理院の地図は君尾山の位置を間違えたみたいですね。

IMG_5745
 ▲ さらに帰りは光明寺にも立ち寄り。国宝の二王門。鎌倉時代の建築だそう。

IMG_5754
 ▲ 本堂です。荘厳な雰囲気の山寺。

この日は飛ばない京都の低山2座の運用。双方とも山頂は鬱蒼としており長時間オペレートもせずに下山。そしていつものように帰宅してから入浴前に鏡で全身チェックしていたら・・・何とマダニを発見。左上腕部の裏側に食らいついていました。なので下山時には発見できず。

しかしなぜ? 前年やられてからできる対策はしてきたつもり。この日も足元とイス周りは30%ディート配合の虫除けを散布。長時間座っていないので這い上がりの可能性は低い。上着は長袖着用し、藪漕ぎもなし。なのでどこかで取り付いて、首元か袖口から侵入したとしか考えられない。可能性が高いのはザックか。運用中はレジャーシート上に置きっぱ。その時に取り付き背負っている間、ショルダー部から首元へ。そこから上腕へ移動しロックオン!? あくまで推測です。

こうなるとあまりやりたくないが肌にディートを直接散布。さらにザックや衣服は下山前によく払う、などの対策を加えるしかないですね。


2022年5月7日(土)篠原(三角点)SOTA JA/KT-038

ゴールデンウイークの終盤はまた自転車で林道アクセスできるサミットを計画。いつもの京都KT無名峰2座です。1座目は篠原(三角点)。京丹波町の和知から林道中の谷線で入山。途中で尾根に取り付くルートで登ります。

IMG_5684
 ▲ 7時20分スタート。ここは昨年、三峠山の帰りに確認済み。

IMG_5685
 ▲ 林道はダートですが状態はまずまず。軽トラでも行ける道です。

IMG_5686
 ▲ 獣捕獲用のオリがあるスベリト広場と呼ばれるヘアピンカーブ。ここから尾根に取り付く予定でしたが、林道が尾根と並行しているので先に進んでみる。

IMG_5687a
 ▲ 7時40分、広場から400mほど行った場所で自転車をデポ。ここから尾根に取り付きます。

IMG_5690
 ▲ 基本尾根ですが、杣道もあり。こちらの方が歩きやすい。

IMG_5693
 ▲ 8時、旧建設省無線中継所の廃屋を通過。

IMG_5694
 ▲ よくある雑木林と植林の境界尾根。

IMG_5710
 ▲ 唯一見えた景色。JA/KT-117鉢伏山。

IMG_5696
 ▲ ツツジが見頃。

IMG_5697
 ▲ 8時23分、ピーク616通過。

IMG_5698a
 ▲ 広い尾根。ここは冬、スノーシューで登るのに最適なコース。積雪時にまた来よう。

IMG_5699a
 ▲ 8時32分、山頂に到着。

IMG_5700
 ▲ 三角点・篠原にタッチ。

IMG_5701
 ▲ 山名は恐入道(きょうにゅうどう)という。

最近はコンディションが今一つなのでフルサイズダイポールを持参。ここは林間ですがフラット部分が広い山頂なので工夫をすれば張れそうです。いつものように木に引っ掛け給電部を引っ張り上げます。しかし、途中ワイヤーが枝に引っ掛かり解けない。数回引っ張ると何とワイヤーが断線。これは大誤算でした。

IMG_5708
 ▲ 仕方なくいつものRHM8Bと5mLWです。VUもSBB7。

VU帯はやはり静か。土曜日なので山岳移動も少な目か。福知山の三岳山のアラートがあったのでメインワッチしながらHFに出ます。まず433MHzで彦根の荒神山移動が聞こえたのでS2S確保。その後、7MHzにQRVします。やはり想定通りのコンディション。1エリアの4局止まりで終了。2mSSBにスポットを上げて出るもボウズ。北大阪のJI3BAP局がワッチするも無感だったようです。隣のKT-117では生駒山反射でQSOできたのに、同様のパス(生駒見通し)があるここではなぜか不発。まったく見通しのない荒神山と出来たのは、周辺に琵琶湖がある相手局の抜けの良さが大きいですね。結局、三岳山は探しきれず、VUも計算通り行きませんね。

【交信記録】
■篠原(三角点) SOTA JA/KT-038(京都府船井郡京丹波町)
433MHz FM 1局(荒神山 SOTA JA/SI-090とS2S)
7MHz SSB 4局

KT-038
 ▲ 恐入道へのルート。沿面距離片道3.7km、累計高度572m。上りタイムは72分。

ワイヤー断線から始まりコンディションもさえない。VU帯には悲しいロケーション。ハエはブンブンと顔周辺を飛び回り賑やか(うるさかった)ですが、電波は鳴かず飛ばずの山頂でした。


↑このページのトップヘ