December 31, 2017

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 11:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

July 25, 2017

ジョージの「While My Guitar Gentlr Weeps 」でクラプトンがソロを弾いた日

1968 年7月25 日、ジョージ・ハリスンが作曲したビートルズ作品
「While My Guitar Gently Weeps 」がレコーディングされ、ジョージから熱心な依頼を受けたエリック・クラプトンが、ギターのソロ・パートを演奏しています。
作者でもあるジョージ自身がソロ・パートも弾けば良さそうなものですよね。しかし、ジョージはクラプトンこそがあの " 泣き " の雰囲気を出せると確信していたのと、当時は最悪だったと伝えられる4人のレコーディングの雰囲気をクラプトンが入ることでいくらかでも和らげようとしたのだと伝えられています。
さて、ジョージが敢えてお願いしたクラブトンの演奏を聴いてもらおうにも、オリジナル・ヴァージョンをYouTube で見つけることは困難です。これも、ユニバーサルが制限しているからですね。
しかたがありません。1971 年に行われたバングラデシュ・コンサートでふたりが舞台に立った時の「While My Guitar 〜」をお聴きください。

おまけとして、2016 年のビートルズ x シルク・ド・ソレイユ「The
Beatles Love 」のミュージック・ビデオもご覧いただきましょう。
(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)

July 24, 2017

ボブ・ディランの最高傑作「Like A Rolling Stone 」

今日は、ボブ・ディランが書いた名楽曲「Like A Rolling Stone 」についての、ちょっとした話題です。
ご存じだと思いますが、この作品はローリング・ストーン誌によって
(2004 年) " 史上最も偉大な曲ベスト500 " の第1位に認定されています (ちなみに第2位は、ストーンズの「サティスファクション」)。
実は、手元の資料には「1964 年7月24 日にシングルとしてリリースされた」とあって本日紹介しているのですがネットでwiki をチェックすると、同年の7月20 日となっています。もしかすると「20 日」が正しいのかも知れません。まあ余り気にしないで (笑) 読んでいただけたらと思います。
さて、これだけ知られた作品なのでローリング・ストーン誌の特集をはじめこれまでの多くのボブ・ディランのインタビューを読めば、余すことなく彼がこの楽曲を作った背景が語られています。読まれた方も多いはずなので、ここでは触れません。
さあ、筆者が触れたいのは、難解かつシュールで訳の分らない歌詞のことでもありません。この楽曲をレコーディングした時のエピソードです。
オルガンを弾いたアル・クーパーによれば、スタジオに入っても楽譜の類は一切なかったそうです。そして、ギター奏者として白羽の矢が立ったマイク・ブルームフィールドに至っては、プロとしてのレコーディングは初めてでした。彼は元々チョーキングを多用するブルース・ギタリストでしたから当然、その手の演奏を求められると思っていました。ところが、ボブ・ディランから言われたのは・・・。「ちょっと待ってくれ。BB キングのようなサウンドは要らないよ」でした。ブルームフィールドの戸惑いは、いかばかりだったか。
要は、スタジオに入った後も、相当試行錯誤したレコーディングだったということです。挙句の果てが6分を超える収録時間でした。レコード会社のコロムビアは、当初リリースを渋ったとか。
それでも、結果はボブ・ディランにとって全米チャート( ただし Cash
Box ) における最初で最後のNo.1ソングとなったのです(Hot 100 では2位)。
改めて聴いてみると、歌そのものにパワーが感じられませんか? ポピュラー音楽の魅力は、感性に直接訴えて来る何かです。歌詞は良く理解できない人間にも魅力が伝わって来る・・・。そんな観点からも、この楽曲は間違いなく名曲なのでしょう。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Nozomi's Room 

July 23, 2017

最新 Hot 100 でデビューした作品を紹介します

先週は、木曜日に掲載をしている「Billboard Hot 100 」の中でデビュー作品を紹介できませんでした。そこで、本日、最新Hot 100 でデビューした作品を紹介したいと思います。

7月29 日付け Hot 100 では、16 作品がデビューしています。そのうち、9つがJAY-Z の新アルバム『4:44 』からのものでした。

今回デビュー作の中で最上位の 23 位で初登場したのが、JAY-Z による「The Story Of O.J. 」です。
" O.J." というのは、あのかつてのスーパー・スターで現在も服役中の、O.J. シンプソンのこと(この秋に仮釈放になるだろうとの報道がありました)。
そのシンプソンは、かつて「自分はO.J. で、ただの黒人なんかじゃない! 」と言ったことがあります。JAY-Z は、それを否定というか「あんただって、その辺に居るただのニガーさ」と唄っているのです。

今回最も注目されるべきは25 位で初登場したケシャの「Praying 」かも知れません。ドクター・ルークから性的虐待を受けていたことを公にした2014年からのケシャは心身ともにダメージを負っていたはず。レディ・ガガやデミ・ロヴァートがケシャに対して手を差し伸べていましたが、歌手であるケシャは自身が歌で立ち直るしかありません。この作品が、その一歩となることを祈りましょう。

今回アルバム『Issa Album 』が2位で初登場した 21 Savage の
「Bank Account 」が33 位で初登場しています。なお、21 Savage は「Famous 」も94 位でデビューさせています。

デミ・ロヴァートの「Sorry Not Sorry 」が52 位で初登場しました。彼女は、あとで出て来るセレナ・ゴメスと親友で同い年。ロヴァートの方がかなり年上に見えてしまうのは筆者だけ?

マクルモアがスカイラー・グレイ (Skyler Grey ) をフィーチャーした
「Glorious 」が89 位です。スカイラー・グレイはもちろん曲作りにかかわっています。
マクルモアと彼の100 歳になるというお祖母ちゃんとの映像が楽しそう。

Zedd とリアム・ペインが組んだ「Get Low 」は、91 位からのスタートとなりました。

セレナ・ゴメスがグッチ・メインをゲストに迎えた「Fetish 」が92 位です。セレナ・ゴメスの口元だけを映す映像・・・。これこそフェティシズムにつながりそうで怖い気もしますが。


さて、20 日に自死したリンキン・パークのフロント・マン、チェスター・ベニングトンに対しては、多くのアーティストやファンから惜しむ声が上がっています。彼らはツアーも控えていただけに、筆者も「ええっ! なんで・・・」と未だに信じられない、信じたくない気持ちでいます。
なお、ベニングトンの死が伝えられてから、グループの旧譜の売り上げが 5,332 % も増えたそうです。リンキン・パークを改めて聴き直そうということだと思います。


ここで、個人的なお話を。夏休みは、京都で祇園祭の宵山と山鉾巡行を見て来ました。この祭りを見るのは、約 40 年ぶりです。宿も一年前から予約をしていましたから、祇園祭に対する筆者の期待度も分っていただけるのではないでしょうか。
さて、その約 40 年振りに観る祇園祭は、当時と比べて余りの人の多さに疲れました。巡行の歩みは牛歩のごとく遅く、立って見物していた筆者は体力的に辛くなり鉾を幾つか見ただけで、見物を止めにしたくらいです。
祇園祭は、日本のあらゆる祭りのオリジンです。素晴らしい祭りであることは論をまたないところです。でも、皆さん、この祭りを見物するのなら体力のある若いうちにご覧になることをお薦めします。
今回は、二年ぶりの京都観光でした。京都にはビジネスと観光を含めると、20 回は訪れています。それでも、今回初めて訪れた場所がありました。それは京都五山一位の「天龍寺」です。この有名な寺は、行くたびに門前には人が多く、つい入りそびれていたのです。しかし、今回拝観して、これまで訪れていなかったことを後悔しました。庭園は、言葉を失うほどの素晴らしさでした。
京都滞在中に、ついネットでBillboard をチェックしたのは " 病気" ですが、ほかの何にも考えを巡らせずに京都を旅したいと再び思い始めた、今日このごろの筆者なのでした。(京都の旅のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Hot 100情報 

July 22, 2017

可愛い子役だったセレナ・ゴメス 25 歳の誕生日です

セレナ・ゴメスが1992 年7月22 日、テキサス州にメキシコ人の父とイタリア系アメリカ人のもとに生まれています。彼女は今日で25 歳になった訳ですが、童顔ということもあってか、とてもそんな歳には見えませんよね。
その一方で、彼女の芸歴は長く、7歳の時に子役でデビューしていますから、かれこれ18 年近く映画・テレビ・音楽ビジネスの世界で活躍していることになります。
さて、セレナ・ゴメスがわれわれ音楽ファンで話題になったことのひとつは、ジャスティ・ビーバーとの恋愛でした。セレナ・ゴメスは「ジャスティン・ビーバーと付き合ったのが初恋だった」と語っています。ちょうど彼女が17 歳の頃だったと記憶しています。ふたりは同棲までしていましたが、3年経った2014 年10 月には完全に破局したと伝えられました。
ところが、ジャスティン・ビーバーが2015 年にリリースした「Sorry 」は、歌詞に「ご免と言うのに遅すぎるかい? もう一度やり直したい」とあり、セレナ・ゴメスに対してのメッセージでは? と言われたものです。
しかし、セレナ・ゴメスは「ジャスティンとは、もうたくさん」と復縁が無いことを明言しましたから、スター同士の結婚は無いと見るのが正しそうです。
さあ、本日は、懐かしいセレナ・ゴメスのデビュー作品である『Barney & Friends 』の一部をご覧いただきましょう。(洋楽のソムリエ)




sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Nozomi's Room 

July 21, 2017

リンキン・パークのフロント・マン、チェスター・ベニントンさん自殺

ショッキングなニュースが飛び込んで来ました。
リンキン・パークのヴォーカリストであるチェスター・ベニントンが現地時間20 日に遺体となって発見されました。ロープでの縊死で、当局による検死でも「自殺」と見られています。享年、41 でした。
ベニントンは若い頃からドラッグとアルコール依存症で悩まされて来ました。それが影響したのでしょうか。彼には奥さんと六人の子供がいます。夫と父親を突然失った彼らのショックはいかばかりか・・・。そして、多くのファンは、筆者と同様にやり切れない喪失感に襲われているはずです。
ベニントンの死には、リアーナやイマジン・ドラゴンズ、ワン・リパブリック、チャンス・ザ・ラッパー他から、つぎつぎと追悼のメッセージがツィッタ―などで寄せられています。
21 世紀で最も影響力があるとされたバンド、リンキン・パークは、今後どうなるのでしょう。少なくとも、ベニントンのあの張りと迫力のあるヴォーカルは聴けなくなるのです・・・。
追悼の意を込めて、彼らの代表作のひとつ「Numb 」(2004 年 11 位) を聴きましょう。




ロジャー・ウォーターズ (Pink Floyd ) がベルリンの壁跡で『ザ・ウォール・コンサート』を開催

ここからが、通常の本日の話題です。
1990 年7月21 日、ロジャー・ウォーターズ (ピンク・フロイド ) が、ドイツ・ベルリンの、かつて " ベルリンの壁 " があった場所で " The Wall
Live " と銘打ったコンサートを開きました。
ピンク・フロイドといえば、代表的なアルバムのひとつに『ザ・ウォール』があります。ピンク・フロイドの " 独裁者 " でもあったウォーターズがベルリンの壁跡でコンサートをしたのも、前の年の1989 年11 月にベルリンの壁が崩壊したことを受けてのものでした。
今日は、その一部をご覧いただきましょう。背景にPink Floyd のロゴが見えます。しかし、当時、ピンク・フロイドからウォーターズは抜けており、デイヴィッド・ギルモアが中心となってPink Floyd は活動をしていました。
従ってウォーターズがベルリンでコンサートを行うことに問題がありそうです。しかし、両者には『The Wall 』関連の権利は ウォーターズ側が有するという決めごとがあり、そのため実現できたのでした。
(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(2)Nozomi's Room 
Latest stories
Reference