December 31, 2017

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 11:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

December 06, 2016

Hot 100 速報 ! レイ・シュリマー「Black Beatles 」1位続く

12 月17 日付け Billboard Hot 100 のTop 10 を速報します。

1位 「Black Beatles 」 レイ・シュリマー ft. グッチ・メイン
2位 「Starboy 」 The Weeknd ft. ダフト・パンク
3位 「Closer 」 ザ・チェインスモーカーズ ft.ホールジー
4位 「Side To Side 」 アリアナ・グランデ ft. ニッキ・ミナージ
5位 「24K Magic 」 ブルーノ・マーズ
6位 「Juju On The Beat (TZ Anthem)」 ゼイ・ヒルフィガー  & ザイオン・マッコール
7位 「Let Me Love You 」 DJ スネイク ft. ジャスティン・ビーバー
8位 「Don't Wanna Know 」 マルーン5 ft. ケンドリック・ラマー
9位 「Heathens 」 twenty one pilots
10位「Broccoli 」 D.R.A.M. ft. リル・ヨッティ

タイトルにもあるように、「Black Beatles 」は4週連続1位です。
いつものように、Hot 100 の詳しいランキングと解説は、木曜日にお届けします。



sotb763 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ビートルズで最初にコマーシャルに出たリンゴ・スター

1986 年12 月6日、リンゴ・スターが Sun Country Wine Cooler のコマーシャルに登場しました。
ビートルズのメンバーが企業のコマーシャルに出るのは、これが初めてのことでした。
リンゴは、ビートルズの映画を見ても分るように、役者としてのタレントは4人の中では抜群でしたものね。このコマーシャルでも、その一端が窺えるようです。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

December 05, 2016

" 触媒 " としてアーティストを生んでいったジム・メッシーナ

1947 年12 月5日、ジム・メッシーナ (Jim Messina ) がカリフォルニア州で生まれています。
彼はケニー・ロギンスと結成した" ロギンス & メッシーナ/ Loggins & Messina  " での活躍が、最も華やかかも知れません。
1972年から'73年に掛けてヒット、最高4位を記録したふたりの「Your Mama Don't Cry 」をお聴きください。蛇足ではありますが、ひげを生やしている方がケニー・ロギンスです。

さて、今日が誕生日のジム・メッシーナは、スティーヴン・スティルスやニール・ヤングがいたバッファロー・スプリングフィールドの末期にグループに参加、グループ解散後に同じくB.スプリングフィールドにいたリッチー・フューレイとカントリー・ロックのバンド、ポコ ( Poco ) を結成します。Poco には「Crazy Love 」というヒット曲があります。写真の左端がメッシーナです。唄っていたのは右端のラスティ・ヤングで「Crazy Love 」を作曲したのも彼です。

このポコは、後にイーグルスに参加するランディ・マイズナーとティモシーB.シュミットが在籍していたことでも知られています。
ジム・メッシーナはあたかも触媒のような働きで、周囲から後に頭角を現すミュージシャンを生みだして行ったユニークなアーティストと言えるのかも知れません。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

December 04, 2016

アリサ・フランクリンの史上最高 しかし 最長だった国歌独唱

アメリカ国民にとってのみならず、すべての洋楽ファンにとって至宝であるアリサ・フランクリンが、サンクス・ギヴィング・デー(感謝祭= 11月24 日) の話題をさらいました。
この日、デトロイトで行われたデトロイト・ライオンズ対ミネソタ・バイキングスのアメフトの試合の前にアメリカ国歌を唄ったのです。
アリサのことですから歌唱そのものは素晴らしかったのです。しかし、問題? はその長さ。普通は二分くらいで唄い終わるものなのですが、アリサは五分を掛けてしっとりと唄い上げたのでした。彼女のパフォーマンスへの評価は高かったとはいえ、見ると選手たちは、ちょっと寒そうですよね。
なにはともあれ、健康不安のうわさが飛び交うことも多くなったアリサが、変わらず元気で、このように唄えるのを見られて、「良かった良かった」ではないでしょうか。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

December 03, 2016

" へヴィメタの帝王 " ことオジー・オズボーンの誕生日

今日は、ヘヴィメタ界のカリスマ・ヴォーカリスト、オジー・オズボーン( Ozzy Osbourne ) の誕生日です。1948 年生まれですから、68 歳になりたてということです。年齢的には、まだまだ若いですよね。丸くなることなく、まだまだ我々を楽しませて欲しいものです。
本日は、2012 年のブラック・サバス公演から、彼ら最大のヒットともいえる「Paranoid 」をお聴きください。


今日の話題をもうひとつ。
1925 年12 月3日、名曲「サマータイム」などの作曲者として知られるジョージ・ガーシュインが作曲をした唯一のピアノ協奏曲でありピアノとオーケストラのための初のジャズ・コンチェルト「 Concert In F 」がニューヨークのカーネギー・ホールで初演されています。
彼は前年に「ラプソティ・イン・ブルー」も世に問うています。ガーシュインはこのころから、ジャズなどクラシック以外の音楽とクラシックを融合させることに腐心していました。
それでは、その「Concerto In F 」をお聴きください。ピアノを弾いているのは、中国のピアニスト、ユジャ・ワン (王羽佳) です。34 分の長い演奏です。BGM として聴き流すのも良し、途中でカットされても構いません。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 
Latest stories
Reference