December 31, 2016

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 14:51|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

July 01, 2016

もっともユニークなラジオDJ といえばウルフマン・ジャックでした

1995 年7月1日、希代のDJ 、ウルフマン・ジャック (Wolfman Jack ) が亡くなっています。あの貫録のある風貌からすると意外に思われるかも知れませんが、亡くなったのは57 歳の時でした。
ウルフマン・ジャックこと、ロパート・スミスは、亡くなる直前まで彼の
 " 自伝" の販売促進のために各地を回っていました。ようやくそれも終わり、家に着いて車から降り、迎えに出た奥さんと抱き合おうとした瞬間に崩れ落ちたそうです。死因は、いわゆる心臓麻痺とされています。
彼の放送スタイルほどユニークで印象に残るものはありません。多くの追随者がでましたが、あの特徴あるだみ声だけは、誰も真似は出来ませんでしたよね。
世界各地でも彼のラジオ・プログラムは人気がありました。日本でも聴くことが出来たので、覚えておいでの方も多いのではないでしょうか。その一端を聴いてみましょうか。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

June 30, 2016

KISS が6作品目のスタジオ・アルバムをリリースした日

<お断り>
本日は、毎週木曜日に掲載している「Billboard Hot 100 詳報」をお休みとさせていただきます。
なお、日曜日(7月3日) に最新Hot 100 の初登場作品を紹介する予定でおります。


さあ、ここからが本日の話題です。
1977 年6月30 日、バンド、KISS が彼らにとって6作品目となるスタジオ録音アルバム『Love Gun 』をリリースしています。なお、このアルバムから、エース・フレイリーがヴォーカルとギター担当として参加ししています。
さて、このアルバムからは「Christine Sixteen 」がシングルとしてカットされ、Hot 100 において最高25 位を記録しました( Cash Box 誌では20 位。ヴォーカリストは作者のジーン・シモンズ)。
ところで、この作品のデモでは、まだ当時は無名だったエドワード・ヴァン・ヘイレンがギターを弾いていました。というのも、この作品を作曲したジーン・シモンズが、デビュー前のヴァン・ヘイレンに資金援助をして彼らを助けていたという経緯があったからです。
本日は2012 年版の「Christine Sixteen 」をお聴きください。
(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

June 29, 2016

ディープ・パープル。日本最後の公演 ('73 ) でイアン・ギランとR.グロヴァーが離脱宣言

今月は、21 日にもディープ・パープル関連の記事を書きました。その時は、リッチー・ブラックモアが新バンド、レインボーを作った際の話題でした。しかし、本日は、ディープ・パープル、そのものの話題です。
ディープ・パープルは1972 年に初の来日公演を行っています。このころは既にメンバー同士がギクシャクしていたと言われていますが、ライブ・パフォーマンスは逆に神憑り的に冴えわたった時期で、伝説的とまで評価される『Live Japan 』が収録された年でもありました。
しかし、ライブ・パフォーマンスに対する高い評価の余勢をかって翌1973 年にも来日をしたディープ・パープルでしたが、6月29 日の大阪公演を最後にヴォーカルのイアン・ギランとベイシストのロジャー・グローヴァーは突然グループを離れたのでした。
先月来日公演をしていたディープ・パープルには、その時に辞めた、イアン・ギランとロジャー・グローヴァーがメンバーとして来ていました。ふたりの脳裏には、1973 年の離脱劇が浮かんだでしょうか?
 (洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

June 28, 2016

ポール・マッカートニーがジョンの歌「Help! 」や「Give Peace A Chance」を唄う

1990 年6月28 日、ポール・マッカートニーは故郷、リバプールでのコンサートに出演しました。そこでポールは、ビートルズ解散後初めてジョン・レノンの作品「Give Peace A Chance 」やビートルズ時代にジョンが作って唄っていた「Strawberry Feilds Forever 」と「Help! 」を唄いました。
ジョン・レノンの死後ほぼ10 年経って、ポールが " ジョンの歌 " を人前で唄ったということは、それまであったかも知れないジョンへのわだかまりのようなものが、この時には無くなっていたのかも知れませんね。
今日は、その時のポールの歌声をお聴きください。
(洋楽のソムリエ)

<お断り>
いつもなら、火曜日は「Billboard Top 10 速報」をお伝えしているのですが、今週はお休みとさせていただきます。また木曜日に掲載している「Billboard Hot 100 詳報」も、今週はさぼらせてもらいます。
ただし、7月3日(日) には最新のデビュー作品のみをフォローする予定でおります。ご了承ください。

sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

June 27, 2016

当サイトが選んだ今年上半期のベスト・ダンス曲 15作品はこれ !

「サウンド・オブ・ザ・プリーズ」では、毎年六月に「上半期のベスト・ダンス曲15作品」を、そして年末に「年間ベスト・ダンス曲15作品」を認定してご紹介しています。
" ダンス曲" はかつてディスコでDJ をしていたこともある筆者の好きなジャンルです。本日は、番組で放送する「2016 年上半期のベスト・ダンス曲」15作品をここで紹介します。ダンス・ソングに関心のある皆さんに参考にしていただけたら幸いです。(洋楽のソムリエ)

15 位 「Stressed Out 」 twenty one pilots
一応ロック・ソングなのでしょうが "グルーヴ" は並みのR&B 曲が遠く及ばないほど感じられる作品です。

14 位 「Club Life 」 Phillip "Doc " Martin
スムーズ・ジャズから、サックス奏者、フィリップ " ドク" マーティンの
「Club Life 」が選ばれています。

13 位 「Walking On Air 」 Babyface ft. El DeBarge
ベイビーフェイスの新アルバムからエル・デパージをフィーチャーしたカットです。

12 位 「Sorry 」 Justin Bieber

11 位 「Party Train 」 Red Foo
LMFAO からソロに転じたRed Foo のアルバム『Party Rock Man-
sion 』の収録曲です。

10 位 「One Dance 」 Drake

9位   「Sax 」 Fleur East
このフラー・イーストの作品は本国のイギリスで3位を記録するなど欧州を中心に流行ったダンス曲です。

8位   「Burn 」 Pet Shop Boys
新鮮味は? しかし、ダンス曲らしいダンス曲ということで選ばれています。

7位   「The Girl Is Mine 」 99 Souls ft. Destny's Child & Brandy
UK のハウス・バンド、99 Souls が「Girl 」と「The Girl Is Mine 」をマッシュ・アップした作品です。

6位   「Something In The Way You Move」 Ellie Goulding
もっと上の順位にしても良かった作品。ゴウルディングと共作した
Greg Kurstin はケリー・クラークソンやシーアのアルバムでも腕をふるっている人です。

5位   「Adventure of A Lifetime 」 Coldplay
スーパーボウルのハーフタイム・ショーでのパフォーマンスが印象的でした。

4位   「I Took A Pill In Ibiza 」 Mike Posner
SeeB リミックスのお陰で、Hot 100 でも4位でした。

3位   「Hotline Bling 」 Drake
本来であれば昨年のベスト・ダンス曲として選ばれるべき作品です。番組では作年末の放送時点でこの作品の音源=フィジカル(CD ) が手に入りませんでした。そこで、今回敢えて入れたものです。

2位   「Cake By The Ocean 」 DNCE
ジョナス兄弟の二男、ジョー・ジョナス率いるバンドの名前は、D(A) NCEから来ています。Hot 100 では、9位を記録したヒットです。

1位   「The Pop Kids 」 Pet Shop Boys
Billboard の Dance Song Club チャートでも1位を獲得した作品です。


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 
Latest stories
Reference