December 31, 2018

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 11:00|PermalinkComments(11)Nozomi's Room 

December 18, 2017

チャイコフスキーの「くるみ割り人形」が初演される

1892 年12 月18 日、チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」が、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場にて初演されています。
この「くるみ割り人形」は、クリスマス時期に良く耳にします。それは、オリジナルの物語がクリスマス・イヴの出来事だからです。
さあ、本日はクラシカル・ファンのみならず音楽ファンなら一度は耳にしているこの「くるみ割り人形」の抜粋をベルリン・フィルを小沢征爾さんが指揮した演奏でお聴きください。1993 年6月に行われた野外コンサートでの模様だそうです。(洋楽のソムリエ)




sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Nozomi's Room 

December 17, 2017

Billboard が発表した 2017 年「年間チャート1位 (上位) 作品」

本日は、Billboard が発表した年末恒例の「Year-End Charts / 年間チャート」を紹介しましょう。

まず、シングル (= Hot 100 Songs ) のベスト 20 から、どうぞ。

1. Shape Of You / Ed Sheeran
2. Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. J.Bieber
3. That's What I Like / Bruno Mars
4. Humble. / Kendrick Lamar
5. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay
6. Bad And Boujee / Migos ft. Lil Uzi Vert
7. Closer / The Chainsmokers ft. Halsey
8. Body Like A Back Road / Sam Hunt
9. Believer / Imagine Dragons
10.  Congratulations / Post Malone ft. Quavo
11.  Say You Won't Let Go / James Arthur
12.  I'm The One / DJ Khaled ft. J.Bieber ...
13.  XO TOUR Llif3 / Lil Uzi Vert
14.  Mask Off / Future
15.  Unforgettable / French Montana ft. Swae Lee
16.  24K Magic / Bruno Mars
17.  Stay / Zedd & Alessia Cara
18.  Wild Thoughts / DJ Khaled ft. Rihanna & Bryson Tiller
19.  Black Beatles / Rae Sremmurd ft. Gucci Mane
20.  Starboy / The Weeknd

1位は 12 週連続1位、2位は16 週連続で1位だった作品です。
8位の「Body Like A Back Road 」がカントリー作品として異彩を放っています。泥臭いカントリーではなかったので、当サイトでも積極的に取り上げた記憶があります。
こんな、歌の内容と関係のない映像のビデオでなければ、もっと上の順位だったかも知れませんよ。


次は、アルバムの年間チャート Top 10 です。

1.  DAMN. / Kendrick Lamar
2. 24 K Magic / Bruno Mars
3. Starboy / The Weeknd
4. Divide / Ed Sheeran
5. More Life / Drake
6. Moana / Soundtrack
7. Stoney / Post Malone
8. Culture / Migos
9. Hamilton : An American Musical /
     Original Broadway Cast Recording
10.  4 Your Eyez Only / J.Cole

『More Life 』は、ついに CD としては発売されませんでしたよね?
そんな時代と言えばそんな時代でしょうけれど、おじさん世代のことも考えて欲しいのですが・・・。


ロック・アルバムの Top 5 は、次のとおりです。

1. Hardwired... To Self-Destruct / Metallica
2. Evolve / Imagine Dragons
3. Blurryface / twenty one pilots
4. Guardians Of The Galaxy, Vol.2 : Awesome /
      Soundtrack
5. Suicide Squad : The Album / Soundtrack


Top New Artists の Top 10 です。

1. Lil Uzi Vert
2. Khalid
3. Niall Horan
4. Kodak Black
5. 21 Savage
6. James Arthur
7. Cardi B
8. XXXTentacion
9. Harry Styles
10. Brett Young

これは、昨年の Top 10 を振り返るのも面白いのではないでしょうか。

1. Bryson Tiller
2. Zayn
3. Desiigner
4. Lukas Graham
5. DNCE
6. Alessia Cara
7.  Daya
8. Tory Lanez
9. Kiiara
10. Bebe Rexha

アレッシア・カーラとビービー・レジャは、昨年に劣らず今年も活躍した印象があります。


ついでに、第 60 回グラミー賞の「Best New Artist 」の候補者も見てみましょう

Alessia Cara
Khalid
Lil Uzi Vert
Julia Michaels
SZA

このカテゴリーだけは Billboard の結果と余りかけ離れておらず、それが意外な気がします。
(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(2)Hot 100情報 

December 16, 2017

ニコレット・ラーソンとD.フォーゲルバーグの隠れた名曲

今日は、ニコレット・ラーソン ( Nicolette Larson ) の命日です。彼女は、1997 年12 月16 日に 45 歳で帰らぬ人となりました。
ニコレット・ラーソンといえば、なんといってもHot 100 で8位に到達した「Lotta Love / 溢れる愛」でしょう。マイケル・マクドナルドとデュエットをした「Let Me Go, Love 」(35位) を挙げる人もいるかも知れませんね。
今日は、余り知られていない彼女の歌を聴いていただきましょう。映画『Arthur / ミスター・アーサー』で使われた作品で、作曲はパート・バカラックという「Fool Me Again 」です。

さて、今日はダン・フォーゲルバーグの命日でもあります。彼は2007 年に前立腺がんで亡くなっていますが、56 歳での死は早過ぎるとしか言いようがありません。
彼の代表作で、とても美しい作品「Longer 」をお聴きください。
(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Nozomi's Room 

December 15, 2017

BB キングが栄えある「大統領自由勲章」を受章(2006 )

2006 年12 月15 日、BB King は、ホワイト・ハウスに招かれ、ジョージ W ブッシュ大統領から「The Presidental Medal of Freedom /
大統領自由勲章」を受けています。
この勲章を受けたミュージシャンとしては、フランク・シナトラやエラ・フィッツジェラルド、アリサ・フランクリン、ボブ・ディランなどがいます。日本で言えば「文化功労者賞」のようなものでしょうか。ただし、大統領自由勲章は文化人だけが対象ではなく政治家や軍人も対象であり、故人に与えられることもあります。
先ずは、受賞時の模様をご覧ください。

次は、ホワイト・ハウスで「The Thrill Is Gone 」をパフォーマンスする映像です。臨席しているのはオバマ大統領ですから、BB キング晩年の映像です。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Nozomi's Room 

December 14, 2017

Hot 100 エド・シーラン「Perfect 」 ビヨンセ効果もありトップ奪う

本日は木曜日。いつものように、Billboard Hot 100 の最新ランキング (12 月23 日付け) に関しての記事です。

ただ、最初に、" お断り " をしなければなりません。今週は、簡易版でお届けします。というのも、Billboard がチャート情報を一般に流すのを遅らせているからです(昨日、 13 日午後10 時現在チャート情報が一般には公表されていません)。有料での購読者と一般読者との差別化を図るために、Billboard は年に数回このようなイケズをするのです。
一般読者でしかない筆者は、既に火曜日に公表されているTop 10 の情報しか得ていません。いくらなんでも、これでは満足のいく記事をお届け出来ませんよね。
ただ、筆者には米国にBillboard のチャート情報を知りえる環境にある友人が居ます。彼から得た情報を基に出来るだけの順位情報をお届けしたいと思います。

まず、Top 10 は次のとおりです。

 檻魁 Perfect / Ed Sheeran and Beyonce
2−1  Rockstar / Post Malone ft. 21 Savage
3−2  Havana / Camila Cabello ft. Young Thug
4−4  Gucci Gang / Lil Pump
5−5  Thunder / Imagine Dragons
6−6  Too Good At Goodbyes / Sam Smith
А檻検  No Limit / G-Eazy ft. A$AP Rocky & Cardi B
─11 Bad At Love / Halsey
9−7  Bodak Yellow (Money Moves ) / Cardi B
10−9  What Lovers Do / Maroon 5 ft. SZA

「Perfect 」がHot 100 史上、1,069 作品目のNo.1ソングとなりました。

ビヨンセ効果は絶大だったということです。デジタル・ソング・チャートでは 202 % ↑ の181,000 DL で2週連続で1位、ストリーミング・ソング・チャートでも 87 % ↑ で3位に浮上しています。ラジオ・ソング・チャートも 14% ↑ で3位となりました(←4位)。
今回で、エド・シーランは今年ふたつのNo.1ソングを手にする唯一のアーティストであることを確実にしました。ビヨンセは、ソロとしては6作品目のNo.1です。ちなみに、Destiny's Child 時代は4回のNo1を記録しています。
今年は「Despacito 」がジャスティン・ビーバーのリミックスが公開されて4週目に1位に立っています(←9位)。この「Perfect 」は2週目で1位になりましたから、一段と速い昇格でした。なお、さらに速い記録としては、テイラー・スウィフトの「Bad Blood 」がケンドリック・ラマーを起用したことでブレイク ! 53 位から一気に1位になったということがありました。
前述のビーバーとラマーは、それぞれ " ゲスト扱い" でした。ゲストではなく対等のアーティストとしてデュオで直近で1位になった作品としては、ビヨンセの夫君であるJay-Z とアリシア・キイズによる「Empire
State Of Mind 」(2009 年5週1位) があります。

「Rockstar 」は、有力なレゲトン・シンガーが参加したリミックスで延命を図りましたが、強力コンビの攻勢に耐えかねて首位を譲りました。それでも、ストリーミング・ソング・チャートだけは 11 週目の1位を堅持しています。

「Havana 」は、結局2位がピークで終わりました。それでも、今回ラジオ・ソング・チャートでトップに立っています。

「No Limit 」がひとつ順位を上げました。ただ、2 % ↑ した " ストリーミング・ソング・チャートだけが頼り " という歪 (いびつ) な人気構成が気になります。 

ホールジーの「 Bad At Love 」が 14 週目でTop 10 入りをしました。ホールジーは1位になったチェインスモーカーズの「Closer 」のゲストでTop 10 入りをしてはいましたが、ソロとしては初のTop 10 入りとなります。
デジタル・ソング・セールズは 6 % ↓ の28,000 DL だったものの、順位はひとつ伸びて6位でした。ストリーミング・ソング・チャートとラジオ・ソング・チャートは双方とも 11 % ↑ で、それぞれ26 位(←28位)、8位 と上がっています(←9位)。



11 位から21 位です。

−21  All I Want For Christmas Is You / Mariah Carey
12−10  Feel It Still / Portugal.The Man
−54  Gummo / 6ix9ine
−16   I Get The Bag / Gucci Mane ft. Migos
−17   MotorSport / Migos ft. Nicki Minaj & Cardi B
16−12   Sorry Not Sorry / Demi Lovato
17−15   New Rules / Dua Lipa
18−13  Mi Gente / J Balvin & Willy William ft. Beyonce
19−14  1-800-273-8255 / Logic ft. Alessia Cara & Khalid
20−20  Wolves / Selena Gomez x Marshmello

21   初   Him & I / G-Eazy & Halsey


6ix9ine の「Gummo 」は、4週目で 13 位まで来ています。

G-Eazy とホールジーのデュエット作「Him & I 」が 21 位でデビューしました。Spotify のチャートでは既にTop 10 に入っています。あたかもふたりの私生活を切り取ったようなビデオをご覧ください。



次に、22 位以下のTop 40 作品の中で上を狙えそうなものを取り上げます。

NF の「Let You Down 」は、8週目で22 位まで来ました(←29位)。

チャーリー・プースの「How Long 」も、9週目で26 位と順調に推移しています(←32位)。

ビービー・レジャとフロリダ・ジョージア・ラインという異色の組み合わせの「Mean To Be 」が軽快に飛ばしていて7週目で31 位です(←40位)。

ミゲルがトラヴィス・スコットをゲストに迎えた「Sky Walker 」が、11 週目で35 位に伸びています(←55位)。

テイラー・スウィフトがエド・シーランとFuture をフィーチャーした「End Game 」が、3週目で39 位に大飛躍しています(←83 位)。


「初登場」作品です。
今回は、9作品がデビューしました。既に取り上げた「Him & I 」とカントリー以外のものを紹介しましょう。

デミ・ロヴァートが唄う「Tell Me You Love Me 」は、53 位からのスタートとなりました。

「Gummo」(13 位) でブレイクした6ix9ine の「Kooda 」が 61 位に姿を現しています。

ヨー・ゴッティの「Juice 」は、93 位。「Rake It Up 」(8位) に続いてヒットとなるか。

ロメオ・サントスがニッキー・ジャムとダディ・ヤンキーをゲストに迎えた「Bella y Sensual 」が 95 位で登場しています。タイトルは「美しくかつまたセクシー」という意味でした。

ドミニカ出身のナッティ・ナターシャお姉さんとプエルトリコ出身のオズナがコラボした「Criminal 」が 99 位で登場しました。楽しそうな刑務所だこと・・・。



「アルバム・チャート」です。

1位は、U2 の新譜『Songs Of Experience 』でした。セールズは、
186,000 。来年5月から始まる北米ツアーの宣伝と上手くリンクして売り上げを伸ばしました。なお、U2 にとり8作品目のNo.1アルバムです。
何回か紹介していますが、Billboard のアルバム・チャートで最多No.1を記録しているのはビートルズで、その数「19」です。2位は JAY-Z で「14 」。3位はふたりいてバーブラ・ストライサンドとブルース・スプリングスティーンの「11 」です。

2位は、クリス・ステイプルトンの『From A Room : Vol. 2 』で、セールズは 125,000 でした。
3位は、3週続けて1位だったテイラー・スウィフトの『Reputation 』。
4位は、エド・シーランの『Divide 』。
5位が、ペンタトニックスの『A Pentatonix Christmas 』でした。
(洋楽のソムリエ)

sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)Hot 100情報 
Latest stories
Reference