December 31, 2017

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 11:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

May 25, 2017

キャロル・キングが行ったセントラル・パークでの野外公演

1973 年5月25 日、キャロル・キングがニューヨークのセントラル・パークでコンサートを行いました。
聴衆は70,000 人ほどだったたそうです(10 万人との説も)。
VIP 席には、当時のニューヨーク市長やジャック・ニコルソン、ジョニ・ミッチェル、ウォーレン・ベイティらが顔を揃えました。
'73 年といえば『Tapestry / つづれおり』の余韻も充分に残っており、ましてや出身地のニューヨークでのコンサートですから、盛り上がって当然の野外コンサートでした。
聴衆からは「We Love you, Carol ! 」あるいは「Sing, Natural
Woman !」、「You've Got A Friend ! 」 といった声援が送られていたそうです。
セントラル・パークでのコンサートといえば、バーブラ・ストライサンドが1967 年に行ったもの、あるいはサイモンとガーファンクルが1981 年に行ったものが有名ですが、キャロル・キングがピアノを弾きながら唄ったコンサートも、きっと素敵なものだったろうと想像が出来ますよね。
本日は、今日の話題から2年前、1971 年の映像ですが「So Far
Away 」をお聴きください。(洋楽のソムリエ)


* かねてよりお断りしていたように、今週は木曜日に掲載している
「Billboard Hot 100 詳報」をお休みとさせていただきます。今度の日曜日に Top 10 のみの解説をお届けする予定でいます。
また、来週の月曜日は米国では「戦没者記念日」の休日です。従って、Billboard ではチャートの発表が、いつもより一日遅れます。当サイトでの「Top 10 速報」と「Hot 100 詳報」も、それぞれ、水曜日と金曜日の掲載になりますのでご了承ください。


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 24, 2017

ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アウォードの特別功労者

1998 年5月24 日、第1回目の「Native American Music Awards (以下 NAMA )」 がコネチカット州マシャンタケットのFox Theater で開催されました。
この賞は、読んで字のごとくでアメリカン・インディアン音楽に代表されるネイティブ音楽や演奏者を顕彰(広く世に知らせて表彰) する目的で創設された賞です。
どうしても一般にはなじみが薄い賞ではありますが、受賞者には意外なミュージシャンが居て、認識を新たにさせられることがあります。
例を挙げれば、第1回 NAMA では、ジミ・ヘンドリックスが殿堂入りを果たしています。彼は、チェロキー族を祖先に持つという条件に合っていたのです。
第2回のNAMA では、リタ・クーリッジがやはりチェロキーの血を引いているということで「Lifetime Achivement ( 賞特別功労賞)」を受賞したのでした。

NAMA は、いわゆるアメリカン・インディアンの伝統的な音楽にとどまらずジャズやブルース、ポップスにも対象を広げて、若いミュージシャンを取り込むようになって来ました。毎年秋に表彰式が開催されているようですが、今年開催されるNAMA に注目してみたいと思います。
本日は、リタ・クーリッジのヒット「(Your Love Lifted Me ) Higher And Higher 」をお聴きください(1977 年 2位)。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 23, 2017

15,000 席の公演チケットも瞬く間に完売させていたハンソン

1998 年5月23 日、Hanson (ハンソン) がミシガン州デトロイトにある当時のPine Knob Music Theatre (現DTE Energy Music Theatre ) で6月29 日に行われるコンサートのチケットを発売しました。
会場のキャパは、およそ15,000 人。それでも、チケットは20 分足らずで完売したそうです。
ハンソンは、3人兄弟からなるポップ・バンド。当時三男のザッカリー・ハンソンは13 歳でした。3人組ポップ・グループといえば、"後輩" にジョナス・ブラザーズがいます。筆者は、ついふたつのグループを比較してしまうのです。どちらも人気を誇ったグループではありますが、初めは業界から相手にされなかった、あるいは期待されなかったというのも似ています。
さて、両者は最盛期では、どちらが人気があったのでしょう? ハンソンはNo.1ソングを持っていますが、ジョナス・ブラザーズは持っていない。一方、ジョナス・ブラザーズの方がTop 40 ソングがハンソンよりも多い・・・。まあ、どちらも甲乙付け難いといったところでしょうか。
なお、ハンソンの3人はそれぞれ結婚をして今ではお子さんもいるそうです。音楽活動も、地道にやっているようですね。
それでは、彼らのメジャー・デビューにして最初のシングル(=Hot 100 1位 ) である「MMMBop 」をお聴きください。(洋楽のソムリエ)

<お断り>
先週より告知しているように、今週は「Hot 100 速報」と木曜日の
「Billboard Hot 100 詳報」は、お休みとさせていただきます。" 洋楽のソムリエ社中" の慰安旅行のためです。ご了承ください。


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 22, 2017

ブルース・スプリングスティーンにとっての初のレコーディング

ブルース・スプリングスティーンに関するバイオを見ると、デビュー前のキャリアとしては1969 年に結成したスティール・ミルというロック・バンドから始まっているものがほとんどです。
しかし、その前にThe Castiles (ザ・カスティールズ) というバンドでギタリスト兼ヴォーカリストとして活動していたことは確かなようです。
1966 年5月22 日、ブルース・スプリングスティーンはそのカスティールズのメンバーとして人生最初のレコーディングを体験しています。録音したのは「That's What We Get 」と「Baby I 」でした。なお、その時はレコードとして発売されることはなかったとか。
しかし、これからご紹介するようにYouTube には載っているのを見ると、その後海賊盤として世に出たのかも知れませんね。
本日は、「That's What We Get 」をお聴きください。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 21, 2017

「そう来たか!」「おぬしも、なかなかやるニャー! 」

名人戦ならぬ「名猫戦」?
 
タバコを題材にしたドッキリなど、今回は" 過激な" ものもご覧ください。(笑いのソムリエ)




sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑ってね 
Latest stories
Reference