December 31, 2017

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 11:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

February 23, 2017

第 41 回グラミー賞は5部門を獲った " 彼女のためのグラミー" でした

今週は、20 日の月曜日がアメリカでは「大統領の日(=ワシントンの誕生日)」で祝日になっております。
従って、毎週木曜日にお届けしている「Billboard Hot 100 詳報」は、明日金曜日にお届けします。

今日は、月曜日がアメリカの祝日であるこちとを忘れて書いていた明日金曜日に掲載する予定だった記事をどうぞ。

1999 年2月24 日に開催された第 41 回グラミー賞は、彼女のためにあったといえば言い過ぎでしょうか。
彼女とは、ローリン・ヒル (Lauryn Hill ) のことです。彼女は11 の部門でノミネートされ、次の5部門で受賞したのでした。

Album of the Year 『The Miseducation Of Lauryn Hill 』
Best New Artuist
Best Female R&B Vocal Performance 「Doo Wop (That Thing ) 」
Best R&B Song 「Doo Wop (That Thing )」
Best R&B Album 『The Miseducation Of Lauryn Hill 』

ちなみに同年のグラミーでは、セリーヌ・ディオンが「My Heart Will Go On 」で最優秀レコード賞を獲得しており同楽曲がSong Of The Year にも選ばれました。

本日は、まずローリン・ヒルのソロとして唯一のNo.1ソングであり、唯一のTop 10 ソングでもある「Doo Wop (That Thing )」を聴いていただきましょう。

彼女はヒップ・ホップ・トリオのThe Fugees (フージーズ) に所属していました。その時代にこの「Killing Me Softly 」('96年) は、Hot 100 で
2位を記録しています。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

February 22, 2017

Hot 100 速報 ! ケイティ・ペリーの新曲「Chained To The Rhythm 」が4位でデビュー

3月4日付けBillboard Hot 100 のTop 10 を速報します !

1位 「Shape Of You 」 エド・シーラン
2位 「I Don't Wanna Live Forever 」 ゼイン & テイラー・スウィフト
3位 「Bad And Boujee 」 ミーゴス ft. リル・ウージ・ヴァート
4位 「Chained To The Rhythm 」 ケイティ・ペリー ft. スキップ・マーリー 初登場
5位 「Closer 」 チェインスモーカーズ ft. ホールジー
6位 「Bad Things 」 マシン・ガン・ケリー & カミラ・カベーロ
7位 「That's What I Like 」 ブルーノ・マーズ (←37 位)
8位 「Love On The Brain 」 リアーナ (←13 位)
9位 「I Feel It Coming 」 The Weeknd ft. ダフト・パンク (←16 位)
10位「Bounce Back 」 ビッグ・ショーン

「Shape Of You 」は通算4週目の1位です。
ケイティ・ペリーの新曲が4位でデビューしました。

リアーナは、これでTop10 ソングの数が「30」に。マイケルの持つ記録「29」を抜いて単独3位になりました。

ご覧のように、今週は『グラミー賞』でパフォーマンスをしたエド・シーラン、ケイティ・ペリー、ブルーノ・マーズ、そしてThe Weeknd がその恩恵を受ける形になっています。
Hot 100 の詳しいランキングと解説は「金曜日」の記事で。




さあ、ここからが本日の話題です。

まずお断りを。今日の記事は、日付けからすると本来昨日掲載すべきものでした。さらに、かつて2013 年2月に取り上げた記事「グラミーの歴史に汚点を残して消えたミリ・ヴァニリ」と内容は基本的に同じであり、少し加筆したものであります。

1990 年2月21 日、第32 回グラミー賞授賞式が行われ「最優秀新人賞」にミリ・ヴァニリ (Milli Vanilli ) が選ばれました。
ところが、同グループのフロントマンであるロブ・ビラトゥスとファブリス・モーヴァンが実際にはレコーディングでもライヴでも唄っておらず口パクであることが判明。後に、受賞を取り消される事態に陥りました。
さて、このグループをプロデュースしたのは、ポニーM をヒットさせたフランク・フェーリアンでした。彼はビラトゥスとモーヴァンに歌唱の才能がないことを見抜いて、影武者のヴォーカリストも初めから用意をしてグループを作っていたのです。
ところがグループとしてのミリ・ヴァニリが1989 年のデビュー以来 Hot 100 において1位、1位、1位、2位なるヒットを連発しグラミーの新人賞を獲ると、ビラトゥスとモーヴァンは次第に増長してプロデューサーであるフェーリアンの言うことを聞かなくなったのです。
そして、ついにフェーリアンは堪りかねて、ふたりが実際には唄っていないことを公にしたのです。唄っていたシンガーはグループに所属していたのですから、ふたりは唄っていないことを初めから言っておれば、" グラミー" はともかく、業界からの追放までは無かったかも知れません。

ところで、ミニ・ヴァニリにはもうひとつトラブルがあったことをご存じでしょうか。それは4位を記録した「All Or Nothing 」の盗作騒動です。ブラッド、スウェット & ティアーズから彼らの「Spinning Wheel 」(1969 年 2位 ) と酷似していることを指摘され、最終的にはそれを認めています。
本日は、そのふたつを聴き比べて、お開きにしたいと思います。
(洋楽のソムリエ)





sotb763 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Nozomi's Room 

February 21, 2017

ジャクソン5 が『アメリカン・バンドスタンド』に初出演

1970 年2月21 日、Jackson 5 が初めてテレビ・ショー『アメリカン・バンドスタンド』に出演しています。
その時の映像をご覧いただきましょう。

リード・ヴォーカルのマイケルよりも小柄なメンバーが映っていましたよね。ということは、弟のランディ・ジャクソン (Randy Jackso ) だと思うのですが、筆者の記憶ではランディがグループに参加するのはジャーメインが抜けてからで、もう少し後のことだったと思うのですが・・・。
いずれにせよ、ジャクソン5は、前の年( 1969 年) の暮れに1位になった「I Want You Back 」から4作品連続で1位を獲得するなど飛ぶ鳥を落とす勢いで、『アメリカン・バンドスタンド』に出演したりも " 白人の女の子も虜にした初めての黒人グループ " と喧伝され始めた時期の出来事でありました。(洋楽のソムリエ)

<お断り>
今週は、月曜日がアメリカではワシントンの誕生日にちなむ「大統領の日」で祝日です。従って、Billboard のチャート関連の記事は、いつもより一日遅れて発表になります。それに伴い、当サイトの「Top 10 速報」は明日、「Hot 100 詳報」は、金曜日の掲載となります。


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

February 20, 2017

グレイト・ホワイトが死者100人という大惨事に見舞われた日

エアロスミスやデフ・レパード、Kiss のような例外を除けばハード・ロックのバンドは、そんなにHot 100 の上位には顔を出しません。あのディープ・パープルでさえTop 40 ソングは、たった3作品なのですから。
そんな中で、Great White の「Once Bitten Twice Shy 」が1989 年夏にHot 100 で5位に上がったのは、ちょっとした驚きでした。

さて、そのGreat White (=ジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイト) は
2003 年2月20 日に悲劇に襲われます。その日彼らはロードアイランド州ウエスト・ウォーリックのナイト・クラブ「ザ・ステーション」でライブを行っていました。ところが、演出で使った花火から引火して火事になり、100人が犠牲になるという大惨事になったのです。この火事で、バンドのギタリスト、タイ・ロングリーも亡くなっています。

ところで「Once Bitten Twice Shy 」というタイトルとフレーズですが、ワム ! の「ラスト・クリスマス」の歌詞にも出て来ますね。「ラスト・クリスマス」が発表されたのが1984 年ですから、このフレーズを歌詞に使ったのは一見ワム! の方が古いように見えます。
しかし、実はグレイト・ホワイトが唄ったのは、英国のシンガー、イアン・ハンターが1975 年に発表していた楽曲のカバーだったのです。
もっとも、誰がオリジナルかは問題ではありません。「Once Bitten
Twice Shy 」とは、「羹 (あつもの) に懲りて膾 (なます ) を吹く」に近い慣用句ですから、探せば他の歌にも使われているかも知れません。(洋楽のソムリエ)

sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

February 19, 2017

たまには " 意味不明の笑い " もどうぞ !

 今週も、カナダ・モントリオール発の「ドッキリ」です。しかし、最初のものは、このシリーズに珍しく意味不明のの笑いです。

こちらは、よくあるパターンの笑いです。(笑いのソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑ってね 
Latest stories
Reference