December 31, 2017

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 11:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

January 24, 2017

マネージャーとなったブライアン・エプスタインが最初にビートルズに指示したこと

1962 年1月24 日、ブライアン・エプスタイン ( Brian Epstein ) が、正式にビートルズのマネージャーに就任しました。お互いに契約を交わしたということです。
さて、マネージャーとしてエプスタインが4人に真っ先に指示したことがあります。なんだと思いますか?
それは、それまで着ていた革ジャンをやめてスーツに着替えること。もうひとつは、来てくれたお客さんに、ちゃんとお辞儀をすることでした。
それでは、ビートルズ史上最もクソ上品な客の前で唄ったライヴをご覧いただきましょう。ビートルズは嬌声で歌がかき消されたハリウッド・ボウルではなく、このスウェーデンでの音源でライヴ盤を作れば良かったのに・・・。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

January 23, 2017

「ロックの殿堂」に第一回目で選ばれたバディ・ホリーとアラン・フリードとは?

「ロックの殿堂 (Rock & Roll Hall of Fame ) 」は1986 年に始まりました。そして、1月23 日、第1回目の" ロックの殿堂入り該当者 " が顕彰されました。
第1回目に殿堂入りを果たしたミュージシャンには、エルヴィス・プレスリーやチャック・ベリー、リトル・リチャード、ファッツ・ドミノ、ジェームズ・ブラウン、レイ・チャールズらがいました。
また、作曲家やプロデューサーらに与えられる非演奏者部門には、アラン・フリード (Alan Fleed ) の名前がありました。
アラン・フリードはラジオのDJ で、ロックンロールの普及に最も功績のあった番組制作者だとされています。彼は、当時黒人シンガー達がロックンロールと称して唄っていた曲を自分の番組の中で盛んに掛けて、黒人のみならず白人の若者たちにもロックンロール・ファンを増やしていったのです。
ロックンロールは黒人の音楽だとの偏見があり、彼も " ニガー・ラヴァー" と保守的な白人層からの嫌がらせを受けながら、ロックンロール愛を貫いたことは、高く評価されています。
なお、アラン・フリードは1950 年代末に公になったペイオラ (Payola ) という不祥事に巻き込まれます。ペイオラというのは、要するにレコード会社から金銭をもらい特定のレコードを番組で掛けるということが問題化した事件です。彼も、金銭授受を否定しなかったため、放送業界から一時追放されたのです。
そんなアラン・フリードが「ロックの殿堂入り」を第1回目で果たしたのですから、いかにロック史の中で彼の貢献が大きかったかが判ろうかというものです。

さて、第1回で殿堂入りしたミュージシャンにバディ・ホリー (Buddy
Holly ) もおります。彼は1959 年2月3日、チャーターした飛行機の事故で22 歳の若さで亡くなるという悲劇の人でもありました。ドン・マックリーンは1971 年に発表したNo.1ソング「アメリカン・パイ」で「音楽が死んだ日」と唄っていますが、この一節はパティ・ホリーの悲劇のことを指しています。
また、バディ・ホリーを黒人だと思い込んでいたあるプロモーターはアポロ・シアターにブッキングしてしまいます。当日現れたホリーを見て慌てましたが、どうすることもできずにそのままショーをやるはめに。ところが、観客はやんやの喝さいだったそうです。そして、バディ・ホリーはアポロ・シアターに出演した最初の白人となったのでした。
本日は、バディ・ホリーが『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際の映像をご覧ください。スーツに眼鏡。このスタイルも、後のバンドのファッションに影響を与えたとされています。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

January 22, 2017

安易に「ビルボードで首位」とか「グラミー賞受賞」なんて書かないで欲しい

皆さんは、テレビ朝日系で金曜日に放送されている『ミュージック・ステーション』をご覧になりますか。
筆者はまず見ることはありませんが、先週はブルーノ・マーズが出演するというのでチャンネルを合わせました。マーズは、まず旧譜の
「Treasure 」を唄い、次に「24K Magic 」を披露しました。
ステージの周りに仕込まれたファンがいるのには鼻白みましたが、これは盛り上げるためには不可欠のもので、致し方ないでしょう。
しかし、気になったのは「24K Magic 」が始まってから画面右上に表示された文字でした。
「ビルボードランキング 11 週首位」とあります。

当サイトの読者の皆さんであったら、「うっそ〜! 」と思いますよね。そもそも「24K Magic」がBillboard で1位だなんて・・・。
「24K Magic 」は、Hot 100 では4位が最高位で、トップに立ったことなどないのですから。
これはBillboard  はBillboard でも、恐らく " R&B/ Hip-Hop Digital
Song Sales チャート" での1位を指すのでしょう。
でも、これって誤解を招く表示だと思いませんか。やり方が、せこいですよね。視聴者はバカにされているということでもあります。マーズのパフォーマンス自体は期待通りの素晴らしいものだっただけに、余計な気の使い方というか姑息な画面表示が残念でなりませんでした。
それはそれで素晴らしい実績である「Hot 100 で4位」と表示すれば良かったものを・・・。

これと似た感覚に捕われるのが、外国人のミュージシャンを紹介する記事の中で「グラミー賞を〇回獲得」とする表記です。そのミュージシャンが、「Record of the Year 」あるいは「Album of the Year 」を受賞した人なら「グラミー賞を受賞した人」と書いても良いでしょう。もし、そうでなければグラミー賞のなんの部門で受賞したかを明記しなければ、騙す意図が入る不当な表記ですよ。主要部門と、そうでない部門の受賞を一緒に扱い、数の多さで「凄い人」と思わせるのは、読者をバカにしていますよね。
大体、日本の歌手を紹介する時に、安易に「"日本レコード大賞" を受賞した人です」と書きますか? たとえばピコ太郎を「日本レコード大賞受賞者です」とは、決して呼ばないでしょう。その場合、きっと「日本レコード大賞の " 特別話題賞" 受賞者です」とするはず。日米のダブル・スタンダートは、いけません。


さあ、口直しに「笑ってね」をどうぞ。

ちょっと旧いギャグのような気がしますが・・・。

三つ目のエピソード辺りから笑えるようになります。(笑いのソムリエ)


sotb763 at 03:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)笑ってね 

January 21, 2017

ボン・ジョヴィが1984 年にデビュー・アルバムを発売した日

1984 年1月21 日、バンドのBon Jovi が初のアルバム『Bon Jovi / 夜明けのランナウェイ』をアメリカでリリースしました。
同アルバムは、Billboard のアルバム・チャートで最高 43 位で終わっています。また、アルバムから最初先行シングルとして発売された
「Runaway 」は、Hot 100 で最高 39 位でありました。
なお、彼らはデビュー・アルバムがリリースされた年に、来日を果たし日本のファンから大歓迎を受けました。彼らが大の日本贔屓になったのは、このことがあってのことだとされています。事実ここ日本では、
90年代にはアルバムがオリコン・チャートで1位になるくらいの人気がありました。1984 年の初来日からほぼ毎年のように来日コンサートをしていたのは、彼らのほかにはベンチャーズくらいではないでしょうか(笑)。
本日は、まず「Runaway 」のライブ・パフォーマンスからどうぞ。。

次に、最新アルバム『This House Is Not For Sale 』からタイトル・ソングをお聴きください。こちらはHot 100 には載らず、Hot Rock Song チャートでは25 位、Adult Contemporary チャートでは10 位でした。(洋楽のソムリエ)



sotb763 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Nozomi's Room 

January 20, 2017

Hot 100 の記録を塗り替えたエド・シーランの新曲ふたつ

Billboard Hot 100 の最新ランキング (1月28 日付け) と解説をお届けします。

まず、Top 10 は次のとおりです。

 ―蕁 Shape Of You / Ed Sheeran
2−1  Bad And Boujee / Migos ft. Lil Uzi Vert
3−2  Black Beatles / Rae Sremmurd ft. Gucci Mane
4−4  Starboy / The Weeknd ft. Daft Punk
5−3  Closer / The Chainsmokers ft. Haslsey
Α―蕁 Castle OnThe Hill / Ed Sheeran
7−5  24K Magic / Bruno Mars
8−7  Don't Wanna Know / Maroon 5
9−6  Side To Side / Ariana Grande ft. Nicki Minaj
10-10    Bad Things / Machine Gun Kelly x Camila Cabello  

エド・シーランの「Shape Of You 」が、初登場でHot 100 史上 1,061 作品目のNo.1の座に就いています。
デビューしていきなりトップに立つのは、史上 27 作品目です。
デジタル・ソング・セールズでも240,000 DL で1位でした。ストリーミング・ソング・チャートでは4位、ラジオ・ソング・チャートでは18 位となっています(←41 位)。

さて、エド・シーランの作品は、これまでHot 100 に 16 ランクインしています (ただしフィーチャリング・アーティストとしてのものも含む)。これまでの最高位は「Thinking Out Loud 」(2015 ) の2位が最高でした。つまり、今回の「Shape〜」が初のNo.1作品なのです。
ただ、エド・シーランは作曲家としては、ジャスティン・ビーバーの
「Love Yourself 」の作曲家の一人としてNo.1を "獲得" しています。
細かな記録では「Shape〜」は、昨年のジャスティン・ティンバレイクの「Can't Stop The Feeling !」以来、フィーチャリング・アーティストが居ない作品として、実に34 週ぶりのNo.1ソングであります。
歌の内容は、文字通り「君の体に恋をしている」でいいのかな。それじゃ身も蓋もない感じですが、バーでナンパする歌ですから、そんなもんでしょう。

さあ、ご覧のようにエド・シーランの「Castle On The Hill 」も6位で初登場しました。
デジタル・ソング・セールズでは171,000 DL で2位で、ストリーミング・ソング・チャートでは11 位でした。このように同一アーティストの作品が1位と6位でデビューするのはHot 100 史上初のことです(デジタル・ソング・セールズで同一アーティストが1位と2位でデビューと言うのも初めて ! )。というよりも、Top10 に2作品デビューするのも初です。後者の例としては、惜しい例が昨年ふたつありました。5月14 日にビヨンセの「Formation 」が10 位、「Sorry 」が11 位だったのと、12 月31 日にJ.コールの「Dejavu 」が7位で「Immotal 」が11 位であったことです。
なお、UK シングル・チャートでは「Shape Of You 」が1位、「Castle
On The Hill 」が2位でデビューしていました(1月19 日付け)。

「Bad And Boujee 」は、1週で首位から陥落です。それでも、ストリーミング・ソング・チャートでは10 % ↑ で3週目の1位でしたし、デジタル・ソング・セールズでも14% ↑ で86,000 DL = 3位でした。残念なことに、強力な相手に足元をすくわれたということですね。なお、これで1月にNo.1が三つ誕生した訳ですが、1991 年以来の珍事だそうです。

「Closer 」は、これでTop 10 に留まること24 週となりました。Top 10 に24 週以上留まった作品は18 を数えます。ただ、「Closer 」は昨年8月20 日に9位で初登場しています。Top 10 内でデビューした作品としては、24 週は最長記録なのです。

「Don't Wanna Know 」は、ラジオ・ソング・チャートでは5週連続1位を決めています。


11 位から20 位です。

11−9  Fake Love / Drake
−14 I Don't wanna Live Forever / Zayn / Taylor Swift
13−12 Scars To Your Beautiful / Alessia Cara
14−8  Let Me Love You / DJ Snake ft. Justin Bieber
−16 Caroline / Amine
亜18 Bounce Back / Big Sean
17−11 Juju On The Beat / Zay Hilfigerrr & Zayion McCall
18−13 Heathens / twenty one pilots
魁21 Love On The Brain / Rihanna
20−15 Broccoli / D.R.A.M. ft. Lil Yachty

ビッグ・ショーンの「Bounce Back 」は、10 週目です。ストリーミング・ソング・チャートで8位に上がったのが上昇のポイントです(←11位)。デジタル・ソング・セールズは28 位に順位を下げているので、これから大きく伸びるのは期待薄です(26位→)。

リアーナの「Love On The Brain 」は、13 週目でピークを更新しています。デジタル・ソング・チャートでは15 位(←18位)、ストリーミング・ソング・チャートでは33 位とリアーナ作品としてはもどかしさを感じますが・・・(←38位)。



次に、21 位以下のTop 40 ソングの中から、さらに順位を上げそうなものを見てみましょう。

The Weeknd の「I Feel It Coming 」は、ピークの22 位に戻って来ました。ストリーミング・ソング・チャートではパットしませんがデジタル・ソング・チャートで19 位に伸びて一筋の光明が見えた気がします(←29位)。

X Factor 出身でUK チャートでは1位を記録したジェームス・アーサーの「Say You Won't Let Go 」は、12 週目で31 位(←37位)。デジタル・ソング・セールズでは18 位に(←24位 )、ストリーミング・ソング・チャートでも23 位に上がって来ました(→31位)。
「言ってよ。僕を手離さないって! 」。極素直な恋の歌なのが共感を呼んでいるのでしょう。

アデルの「Water Under The Bridge 」は、10 週目で33 位です(←38位)。グラミー賞(2/12 )まで持てば、上位進出も可能か。


ここからは、41 位以下の作品の中から、注目作をピックアウトして行きます。

KYLE ft. Lil Yachty の「iSpy 」は3週目で42 位(←62位) と、勢いがあります。デジタル・ソング・セールズでは39 位で、ストリーミング・ソング・チャートでも22 位で初登場しています。

グッチ・メインがドレイクを客演に迎えた「Both 」は、4週目で44 位です(←52位)。

筆者が個人的に応援しているクリス・ブラウン ft. Usher & グッチ・メインの「Party 」も、4週目で45 位です(←53位)。

クリーン・バンディットのUK でのNo.1ソング、「Rockabye」も6週目で51 位まで上がって来ました(←61位)。

マシュメロ (Marshmello ) の「Alone 」が息をき返して60 位です(←72位)。7週目にしてストリーミング・ソング・チャートに38 位に顔を見せ、Hot Dance / Electronics Song チャートでも20 位に上がって来ました(←43位)。

ビッグ・ショーンの「Moves 」は、3週目で62 位です(←77位)。

ビビ・レジャの「I Got You 」は、2週目で63 位と飛躍しました(←94位)。

レイ・シュリマーの「Swang 」は、4週目で64 位です(←71位)。


「初登場作品」です。
今回は、デビューしたのが5作品と比較的少ない数で留まりました。しかも、そのうちのふたつはTop 10 内でのデビューということで紹介済みです。残りの三つのうちふたつはカントリーでした。

ということで、残った77 位でデビューした、アルジェリア出身のシンガーであるKhalid (クーリード) の「Location 」だけを紹介します。



「アルバム・チャート」です。

1位は先週に引き続き The Weeknd の 『Starboy 』でした。
2位は、15 位から上がった映画『La La Land 』のサントラ盤です。ゴールデン・グローブ賞で作品賞をはじめ候補になった全ての部門で受賞した効果でしょう。なお、先々週は52 位に過ぎませんでした。
3位は、先週2位だったアニメ映画『Moana 』のサントラ盤です。
4位は、ブルーノ・マーズの『24K Magic 』で
5位は、J. コールの『4 Your Eyez Only 』でした。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Hot 100情報 
Latest stories
Reference