December 31, 2016

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 14:51|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

May 27, 2016

Chicago とビーチ・ボーイズが再び組んで全米ツアーを開始(1989年)

1989 年5月27 日、Chicago とビーチ・ボーイズの両バンドが一緒に全米ツアーに出ています。このふたつの人気バンドが一緒に組んで全米ツアーを行うのは、1975 年以来のことでありました。なお、この日に、ブライアン・ウィルソンがビーチ・ボーイズに復帰しています。
本来であれば、ここで1989 年の映像を紹介するべきですが、残念なことに見つかりませんでした。それではと、1975 年のツアーの映像を探したのですが、アップ出来たのは、次のような映像と「音」だけでした。恐らくDVD の売り上げを妨げないようにするための措置でありましょう。
Chicago がビーチ・ボーイズの作品を唄うなど、普段見られないことが見られたコンサートなので、関心のある方はYouTube をチェックしてみてはいかがでしょうか。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 26, 2016

Billboard ドレイクがHot 100 で通算2週目の1位。アルバムは3週連続で1位

BIllboard Hot 100 の最新ランキング ( 6月4日付け ) と解説をお届けします。

まず、Top 10 は次のとおりです。

 檻押 One Dance / Drake ft. WizKid & Kyla
2−2  Panda / Desiigner
3−1  Can't Stop The Feeling ! / Justin Timberlake
4−4  7 Years / Lukas Graham
ァ檻供 Work From Home / Fifth Harmony ft. Ty Dolla $ign
Α檻掘 Don't Let Me Down / The Chainsmokers ft. Daya
7−5  I Took A Pill In Ibiza / Mike Posner
8−8  Work / Rihanna ft. Drake
9−9  Pillowtalk / Zayn
10-10    Needed Me / Rihanna

火曜日早朝の"速報" でお伝えしたように、ドレイクの「One Dance 」が1週で首位を奪い返しています。
デジタル・ソング・チャートでは2位。130,000 DL でした。ストリーミング・ソング・チャートでも5% ↑ で 2位をキープしています。ラジオ・ソング・チャートでは、18% ↑ で、これも2位に浮上。主要3チャートいずれも2位という、バランスとレベルの高さか相まっての首位返り咲きでありました。なお、Hot R&B / Hip-Hop ソング・チャートでは3週連続1位です。

「Panda 」は、2位を維持しています。この作品の特長はストリーミング・ソング・チャートに強いこと。今回は4% ↑ で同チャートで5週連続1位です。しかも、この一週で40.1 mollion を記録しました。このように、一週で40million を超えた作品は、これまで3作品のみです。すなわち、Baauer (バウアー) の「Harlem Shake 」=103 million (2013) とアデルの「Hellow」=61.6 million、そしてリアーナの「Work」=46.5
millionです。
また「Panda 」は、デジタル・ソング・チャートでは2% ↑ の94,000 DL で3位、ラジオ・ソング・チャートでも8% ↑ で12 位に前進しています(←14位)。

先週、史上26作品目の " 1位デビュー作品" となった「Can't Stop
The Feeling !」は、3位に後退しました。
しかし、デジタル・ソング・チャートでは204,000 DL で依然1位です。またラジオ・ソング・チャートでも32% ↑ で4位まで上がって来ました(←9位)。ストリーミング・ソング・チャートでは1% ↓ だったため順位をひとつ落として7位でした。ストリーミング・ソング・チャートでの伸びがあれば、再びトップに戻る可能性は大いにありそうです。
なお、RCA レコードは、「ティンバレイクのアルバムは、来年早々にもリリースされるだろう」とコメントしています。

フィフス・ハーモニーの「Work From Home 」がピークだった5位に戻っています。同作品は、Pop Song チャートで1位を獲得しました。女性グループで同チャート1位になるのは、2006年にThe Pussycat Dolls が「Buttons 」で記録して以来となります。

ザ・チェインスモーカーズの「Don't Let Me Down 」がピークを6位に更新しました。デジタル・ソング・チャートでは4位(←5位)、ラジオ・ソング・チャートでは8位(←10位)、ストリーミング・ソングでも8位(←9位) と、それぞれ順位を伸ばしています。なお、Hot Dance / Electronic
Song チャートでは5週連続で1位です。


11 位から20 位です。

11−11  Love Yourself / Justin Bieber
−15  This Is What You Came For / Calvin Harris ft.Rihanna
−14  Never Forget You / Zara Larsson & MNEK
−16  Dangerous Woman / Ariana Grande
15−13  Stressed Out / twenty one pilots
16−12  My House / Flo Rida
17−17  Cake By The Ocean / DNCE
18−18    Me,Myself & I / G-Eazy x Bebe Rexha
19−19  No / Meghan Trainor
粥21  Low Life / Future ft. The Weeknd 

カルヴィン・ハリス ft. リアーナの「This Is What〜」は、ラジオ・ソング・チャートで30 位から21 位に伸びました。2週前に記録した初登場の際の9位に再び迫ることは出来るのでしょうか? 正式なミュージック・ビデオが出れば、状況が変わる可能性もあります。
サラ・ラーションの「Never Forget You 」は、" 3主要チャート" での伸びが無く、これが限度か。

次に、21 位以下のTop 40 作品の中から目立ったものを見てみましょう。

ドレイクの「Controlla 」は、3週目で22 位です(←35位)。
ニック・ジョナス ft. Tove Lo の「Close 」は8週目で24 位(←26位)。デジタル・ソング・チャートで20 位に盛り返したのが効いています。

P!nk の「Just Like Fire 」は、5週目で26 位まで来ました(←30位)。

twenty one pilots の「Ride 」が10 週目で36 位とTop40 入りをしました(←45位)。

メーガン・トレイナーの「Me Too 」が39 位で初登場しています。
「もし私があなたでも、私になりたいと思うでしょうね!」と、自身満々の歌です。カラフルな映像は、女性ファンに受けそうです。


ここからは、いつもであれば41 位以下の作品の中から大きく順位を伸ばしたものを拾うのですが、今回は該当するものはほとんどありませんでした。今回、ドレイクの作品が軒並み順位を上げたのが影響したのだと思われます。

唯一例外的なのがGrace がG-Eazy をフィーチャーした「You Don't
Own Me 」です。3週目で77 位です(←86位)。
なお、この作品でGrace が唄っているパートは、レスリー・ゴーアが
1964 年に放ったヒット「You Don't Own Me 」(Hot 100 で2位) が基になっています。


「初登場作品」です。
今週は、先に紹介したメーガン・トレイナーの「Me Too 」をはじめ、
8作品がデビューしました。中から、いくつか紹介しましょう。

OneRepublic の新曲です! 「Wherever I Go 」が67 位に姿を現しました。ライアン・テダー節は健在です。それにしても、最初は「えっ? これって本当にワンリパブリックのビデオなの・・・」という違和感が押し寄せて来るビデオです。

キース・アーバンがキャリー・アンダーウッドをゲストに迎えた「The
Fighter」が69 位です。

X Ambassadors は「Unsteady 」を99 位に送り込みました。



「アルバム・チャート」です。

1位は、ドレイクの『Views 』。3週連続1位です。
2位は、ビヨンセの『Lemonade 』。
3位にメーガン・トレイナーの『Thank You 』が入って来ました。
4位にハード・コア・バンド、ピアス・ザ・ヴェイルの『Misadventures 』が初登場。
5位は、リアーナの『ANTI 』でした。
また、Chance The Rapper の『Coloring Book 』が8位でデビューし、ノルウェー出身のDJ、カイゴ(Kygo ) の『Cloud Nine 』が11 位で初登場したのも注目されます。(洋楽のソムリエ)


<来週の Hot 100 関連記事についてのお知らせ>
米国では5月30 日は「メモリアル・デー(戦没将兵追悼記念日)」という祝日です。したがって、来週はBillboard の速報およびHot 100 等の順位発表が一日遅れることになります。それに伴い、当サイトのBill-
board 関連記事も来週は一日ずれて掲載されます。つまり、Billboard Hot 100 Top10 速報は水曜日に「Hot 100 詳報」は、金曜日に掲載されます。ご了承ください。

sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Hot 100情報 

May 25, 2016

バカラックとのコンビで知られるハル・デイヴィッドが生まれた日

1921 年5月25 日、パート・バカラックとのコンビで知られるハル・デイヴィッド( Hal David ) がニューヨークのブルックリンで生まれています。当時一家の稼業は、ハム、ソーセージや惣菜を商うデリカテッセンだったそうです。それでも、兄弟に作詞家がいますから、そうした才能に恵まれた一家だったのでしょう。
さて、バカラックとのコンビで数多くの作品というかヒット作品を世に送ったハル・デイヴィッドは、2012 年に91 歳で亡くなりました。
一方バカラックといえば、今年87 歳を迎えながら6月27 日の英国公演を皮切りに、9月17 日のカリフォルニアでのコンサートまでツアーの予定が入っているなど矍鑠たるものです。
ところで、皆さんはバカラックとハル・デイヴィッドによる作品の中では、どの作品が好きですか? 余りにも多過ぎて、絞り切れないかも知れませんね。
筆者は、映画のために作られた「アルフィー/ Alfie 」や「April Fools 」が好きです。このコンビは、曲が先に出来て、詞を後で付ける方法で楽曲が作られるのが常でした。エルトン・ジョンとバーニー・トーピンのコンビとは真逆の作り方だったのです。
ところが、「アルフィー」だけはハル・デイヴィッドの詞が先で、バカラックがそれに曲を乗せて作られました。バカラックは、この「アルフィー」が一番気に入っていると語っています。
さあ、その「アルフィー」を聴いていただきたかったのですが、バカラック=ハル・デイヴィッド作品は、強力なフィルターが掛けられておりアップすることが出来ません。
もちろんYouTube で直接聴くことが出来ますので、ぜひ「Dionne
Warwick Alfie 」と打ち込んで聴いてみてください。バーブラや、ホイットニー、エラ、シャカ・カーンなど多くのシンガーによってカバーされている「Alfie 」ですが、やはりベストはディオンヌ・ワーウィックのものだと思います。(洋楽のソムリエ)

sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 24, 2016

Billboard Hot 100 速報 ! ドレイクの「One Dance」 1週で首位奪還

6月4日付けBillboard Hot 100 のTop 10 を速報としてお届けします。

1位 「One Dance 」 ドレイク ft. WizKid & Kyla
2位 「Panda 」 Desiigner
3位 「Can't Stop The Feeling ! 」 ジャスティン・ティンバレイク
4位 「7 Years 」 ルーカス・グラハム
5位 「Work From Home 」 フィフス・ハーモニー ft Ty Dolla $ign
6位 「Don't Let Me Down 」 ザ・チェインスモーカーズ ft. デイヤ
7位 「I Took A Pill In Ibiza」 マイク・ボズナー
8位 「Work 」 リアーナ ft. ドレイク
9位 「Pillowtalk 」 ゼイン
10位「Needed Me 」 リアーナ

ご覧のようにドレイクの「One Dance 」が1週でトップの座に帰り咲いています。
先週1位でデビューを飾ったジャスティン・ティンバレイクの「Can't
Stop The Feeling !」は、3位に後退。
チェインスモーカーズの「Don't Let Me Down 」がひとつ順位を上げました。
圏外では、メーガン・トレイナーの新アルバム『Thank You 』からのカット、「Me Too 」が39 位で初登場しています。
ところで、「Panda 」の公式ビデオがやっとリリースされたようです。親分のカニエ・ウェストもカメオ出演しています。

いつものように、Hot 100 の詳しいランキングは木曜日に掲載します。
(6 / 24 4a.m. )





「プーチン大統領も見たポール・マッカートニーのロシア公演」

さて、ここからが本日の話題です。
今日は、ポール・マッカートニーに関する話題を。
2003 年5月24 日のこと。この日、ポールはロシアのプーチン大統領と面会、一緒にお茶を飲んだ後に赤の広場に向かいました。そこには20,000 人を超える聴衆が待ち構えており、ポールは初のロシアでのコンサートを行ったのでした。
なお、このコンサートにはプーチン大統領が表情も変えずモスクワ市長、ルシコフ氏と共に聴衆の一人として参加しておりました。
それでは、聴衆の数が発表の20,000 人ではとても収まらないように見えるコンサートの模様をご覧ください。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

May 23, 2016

ビートルズのカバーを最初にヒットさせたのは意外にもエラ・フィッッジェラルドだった

1964 年5月23 日、エラ・フィッッジェラルドが唄ったビートルズ・ソング、「Can't Buy Me Love 」が英国のヒット・チャートに登場しました (最終的には34 位でした)。
このことで、エラは英国人以外で最初にビートルズ作品のカバーをヒットさせたシンガーとなったのでした。
なにはともあれ、エラが唄う、素晴らしい「Can't Buy Me Love 」をお聴きください。やっぱり、エラはスゲーやあ!!! (洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 
Latest stories
Reference