December 31, 2016

Nozomi Tsutsui & Heroes5

筒井(洋楽のソムリエ) がこれまでに出会ったHeroes と仲間たちを紹介します。

01
From left; David Foster, Nozomi, Patty Austin, Michael Boddicker
音楽のソムリエと、デイヴィッド・フォスター(左端)、パティ・オースティン、そしてマイケル・ボディガー。な、なんと、フォスター様のお手が私の肩に!

02
From right; Nozomi, David Foster, Mike Beard
デイヴィッド・フォスターの自宅で1983年に撮った写真。後列右がフォスター。前列中央が、マイク・ベアード。ドラマーであるベアードは、L.A.のスタジオ・ミュージシャンとしてだけではなく、ジャーニーのツアー・メンバーだったことでも知られています。

04
Rod Temperton who wrote Michael’s “Thriller” & Nozomi
ロッド・テンパートンとのショット。彼はいうまでもなく、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「スリラー」や「オフ・ザ・ウォール」、そしてジョージ・ベンソンの「ギブ・ミー・ザ・ナイト」などの作者として有名。彼が写ったショットはかなり貴重なはず。テンパートンは、ヒートウエイブ時代からのファンだった私を、彼を最初に評価した日本人だと言っておりました。音楽のソムリエ「自慢の一枚」です。

[[New!!2013.1.16updated]]
20130115
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウ邸で撮った一枚。L.A.郊外にある彼の自宅に、レコーディングの打ち合わせに行った時のもの。居間の壁にシカゴのプラチナ&ゴールド・ディスクが並んでいるのが見えます。この打ち合わせのあとに、後日下のスタジオでの録音となりました。

03
James Pankow of Chicago & Nozomi
シカゴのリーダー、ジェイムズ・パンコウと。当時このスタジオでは「素直になれなくて」を収録した歴史に残る「Chicago 16」をレコーディング中でした。1982年撮影。

05
Great producer Eumir Deodarto & his wife in Tokyo Aug. 2008
巨匠、エウミール・デオダートと彼の奥さん。昨年(2008年8月)に来日公演をした時のもの。東京のコットン・クラブでの初日公演に呼んでもらいました。一見ハデに見える奥さんは、料理も上手。私がニューヨーク郊外にあるデオダートの自宅でそれを確認しています。

06
the world’s best electric harp player ,Lori Andrews, Bart Samolis & Nozomi in a relaxed mood at Lori’s house
エレクトリック・ハープのロリー・アンドリュースと夫君のバート・サモリスと一緒のショット。ロリーは2012年2月24日に、ロサンゼルスで行われる"天才少女"ジャッキー・エヴァンコのコンサートにもハープ奏者として参加します。

07
Nozomi & the coolest guys, Michael McGreger(left), Ron
Boustead.Ron is very popular as a mastering engineer too.He mastered Nils' "What The Funk?" and Oli Silk's "All We Need"
lately.
Michael wrote the song called "Euphrates Dream" for the movie "Sex & The City 2".They are much in demand now!
番組のリスナーにはおなじみのロン・ボーステッド(右)。彼は、マスタリング・エンジニアとしても知られています。最近では、Nilsの『What
The Funk?』とOli Silkの『All We Need』という話題作を手掛けました。マイケル・マグレガー(左)も負けてはいません。映画『Sex & The City 2』のサントラ盤に彼の作品「ユーフラテスの夢」が収められています。ふたりの"成功"には友人として、とても誇らしい気持ちにさせられます。

08
From left; Gregg Karukas, M.McCreger, Phil Sheeran, Nozomi and R.Boustead at Ron’s house
ロン・ボーステッド邸の居間にて。左から、グレッグ・カルーカス、マイケル・マクレガー、プリンス・オブ・スムースジャズ・ギターとして知られるフィル・シェラン。右端が、ロンです。

09
From left; Pat Kelley, P.Sheeran and Nozomi at a bar in L.A.
左から、パット・ケリー(ギタリスト)、フィル・シェラン、そして私です。

10
From left:Cornelius Bumpus(The Doobie Brothers), Nozomi and Michael McDonald
左から、コーネリアス・バンプス、Nozomiそして、マイケル・マクドナルド。1981年にドゥービー・ブラザーズが来日した時に撮影したもの。今は見事な銀髪のマイケルも、当時は真っ黒な髪をしていました。残念なことに、バンプスは既に鬼籍に入っています。

11
Jay Graydon & Nozomi. Both were drunk!
デイヴィッド・フォスターとのユニット「エアプレイ」が余りにも有名なジェイ・グレイドンと。彼は、スティーリー・ダンの「PEG」でのギター演奏など数々の「伝説」を持っています。今でも彼と彼のプレイを信奉し憧れる音楽ファンは大勢います。ロサンゼルスで開催された「ギタリストの夕べ」で撮ってもらったものです。

12
From Right: Eric Marienthal, Marja, Eric Tagg, June Stanley(八神純子), Lary Carlton, skip 2 persons, Nozomi and Harvey Mason.
右から、エリック・マリエンサル(sax)、マリア(タッグ夫人)、エリック・タッグ(vo.)、八神純子、ラリー・カールトン(g)、ふたり置いて私、そしてハーヴィ・メイソン(d)。エリック・タッグのアルバム「Through My Eyes」のプロモーションを兼ねて豪華なメンバーが”L.A.Dream Band”として東京・大阪・名古屋を公演した。(1997年夏)
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

13
Jazz violinist, Noel Webb and his BEAUTIFUL family.From left;
Sharon,Alexandra, Noel and Jessica.Noel performed at Sapporo Jazz Festival in 2006.He took Rhona Bennette(En Vougue) to
Japan as his guest singer at that time.
ジャズ・バイオリニスト、ノエル・ウェッブと彼の家族。次女アレクサンドラは大のL.A.レーカーズ・ファン。自分でもバスケットをプレイする愛くるしく活発なお嬢さんです。
*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

[[New!!2010.4.29updated]]
13
Nozomi's Best & Greatest Friends in U.S.
左より、グレッグ・カルーカス、夫人のイヴォンヌ、バート・サモリス、夫人のロリー・アンドリュース、フィル・シェラーン、夫人のフィレア、ルースとロン・ボーステッド夫妻(2010年4月25日加州ソノマにて)

[[New!!2012.12.01updated]]
t_120616

グレッグ・カルーカスと"洋楽のソムリエ1号”。2012年6月、グレッグ・カルーカスは、ピーター・ホワイト(バンド) のキーボーディストとして来日しました。その時に東京で撮ったもの。カルーカスは、ピーター・ホワイトだけではなくデイブ・コズのツアーにも同行しています。そのため、「自身のアルバム制作が思うように進まない」と嘆くほどの忙しさだそうです。

[[New!!2013.5.22updated]]
photo0522

ピーター・ホワイト (右) とグレッグ・カルーカスと共に。Cotton Club Tokyoでのショーの合間に楽屋で撮影しました。(‘13年5月9日)
スムーズ・ジャズ界を代表するギタリストのひとり、ホワイトは、筆者お気に入りのひとり。筆者の友人でもあるカルーカスは、前年に続いてホワイトに同行しています。ホワイトのショーは明るく、時にユーモアに富んでいて観る人を決して飽きさせません。
Mr. Peter White is just an English gentleman and very witty. He’s the same in his stage too. Nobody can get bored on his show.


*写真をクリックしてください。より鮮明な画像を見ることができます。
Please click a photo to see a clearer one.

sotb763 at 14:51|PermalinkComments(11)TrackBack(1)Nozomi's Room 

August 25, 2016

Hot 100 チェインスモーカーズ「Closer 」が3週目で首位

Billboard Hot 100 の最新ランキング (9月3日付け) です。

まず、Top 10 は次のとおりです。

 檻供 Closer / The Chainsmokers ft. Halsey
2−1  Cheap Thrills / Sia ft. Sean Paul
3−2  Cold Water / Major Lazer ft. Justin Bieber & MO
4−4  Heathens / twenty one pilots
5−3  This Is What You Came For / Calvin Harris ft. Rihana
Α檻掘 Ride / twenty one pilots
7−5  One Dance / Drake ft. WizKid & Kyla
8−8  Don't Let Me Down / The Chainsmokers ft. Daya
9−9  Can't Stop The Feeling ! / Justin Timberlake
-11     Send My Love (To Your New Lover ) / Adele

チェインスモーカーズがホールジーをゲストに迎えた「Closer 」がHot 100 史上、1,057 作品目のNo.1ソングとなりました。
登場わずか3週目での1位です。3週目でトップの座に就くのは "初登場1位" を除くとテイラー・スウィフトの「Blank Space 」(2014年11/9) が13 位から1位になって以来です。
さて、デュオが1位になるのはマクルモア & ライアン・ルイスの「Thrift Shop  」(2012年) 以来で、グループとして見ても、MAGIC ! による
「Rude 」(2014年) 以来、2年ぶりのことです。
なお「Close 」は、デジタル・ソング・チャートで1位(←3位)、ストリーミング・ソング・チャートでも1位(←3位) でありました。ラジオ・ソング・チャートでは35 位から19 位にアップしています。
この歌の歌詞に触れると、「Stay and play that Blink-182 song 」という一節があります。実際に、ブリンク 182 の作品を聴きながら、この歌は作られたそうです。タイトルの「Closer」は、「(車の中で) もっと僕を引き寄せてくれ」という箇所で使われているだけ、歌自体がそれほどロマンチックな感じではないので「Closer 」というタイトルは、ちょっと違和感がなきにしもあらずです。


11 位から21 位です。

11−10  Needed Me / Rihanna
−14    Treat You Better / Shawn Mendes
13−13  Into You / Ariana Grande
−17  Too Good / Drake ft. Rihanna
−18  For Free / DJ Khaled ft. Drake
16−15  Sucker For Pain / Lil Wayne, Wiz Kalifa & I. Dragons
17−16  Panda / Desiigner
押19  We Don't Talk Anymore/ Charlie Puth ft.Selena Gomez
12−19  Let Me Love You / DJ Snake ft. Justin Bieber
粥25  Never Be Like You / Flume ft. Kai

21−26 Broccoli / D.R.A.M. ft. Lil Yachty

ショーン・メンデスの「Treat You Better 」は、11週目でこの位置。デジタル・ソング・チャ―デは4位に躍進しています(←18 位)。次のTop 10 候補です。

「Broccoli 」は、10 週目で21 位です。デジタル・ソング・チャートで19 位(←25位)、ストリーミング・ソング・チャートでは10 位(←13位) なので、まだ上に行くはず。



次に、22 位以下のTop 40 作品の中から、まだ上を狙えそうなものを見てみましょう。

Kiiara の「Gold 」が13 週目で23 位です(←32位)。デジタル・ソング・チャートでの9位が際立ちます(←13位)。

トリー・レインズの「Luv 」は、8週目で30 位です(←40位)。

デイヤの「Sit Still, Look Pretty 」が36 位(←56位)。 12 週目でTop40 入りを果たしています。



ここからは、41 位以下の作品で大きく順位を上げたものを拾い上げます。

Kungs (コングス= DJ ) vs Cookin' On 3 Burners の「This Girl 」は、4週目で42 位(←65位)。Top40 入り目前です。

映画『スーサイド・スクワッド』の挿入歌の中で、ケラーニ ( Kehlani)が唄う「Gangsta 」だけが62 位から43 位へと大きく順位を伸ばしています。登場してまだ2週目です。

ルーカス・グラハムの「Mama Said 」は、5週目で55 位です(←77位)。

ヘイリー・ステインフェルド & グレイ ft. Zedd の「Starving 」は、3週目で62 位と順調に伸びています(←81位)。

PARTYNEXTDOOR がボスのドレイクをゲストに迎えている「Come And See Me 」が7週目で88 位から65 位にアップする動きを見せています。アルバム・リリースとの相乗効果かも知れません。

Dae Dae (デー・デー?) の「Wat U Mean (Aye,Aye,Aye)」は、5週目で66 位です(←76位)。

YG がドレイクと女性MC、カマイヤー(Kamaiyah) をゲストに迎えた「Why You Always Hatin ?」が9週ですが、99 位から71 位に伸びています。


「初登場作品」です。
今回は、5作品がデビューしました。カントリー以外の4作品を紹介しましょう。

最上位の76 位でデビューしたのは、Rae Sremmurd (レイ・シュリマー ) の「Look Alive 」です。サウンドもビデオも格段に垢抜けした感じを受けます。

トラヴィス・スコット x ヤング・サグによる「Pick Up The Phone 」は、
90 位から上を目指します。

オランダのDJ、マーティン・ギャリックスがべべ・レジャ(Bebe Rexha ) をフィーチャーした「In The Name Of Love 」が93 位です。

DJ ドラマ (Drama) ft. クリス・ブラウン、スキーム & Lyquin の「Wish-
ing 」が95 位で登場しています。



「アルバム・チャート」です。

1位は 『Suicide Squad 』(Soundtrack) で変わりません。
2位は、ドレイクの 『Views 』
3位でカナダのラッパー、PARTYNEXTDOOR の 『PARTYNEXT-
DOOR 3 (P3 ) 』 が初登場しています。
4位も初登場でジャスティン・ムーアの 『Kinda Don't Care 』
5位がtwenty one pilots の 『Blurryface 』でした。
なお、レイ・シュリマーの 『Sremmlife 2 』 が7位でデビューしています。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Hot 100情報 

August 24, 2016

ポールに「彼が居なかったらビートルズも存在しなかった」といわしめた人物とは?

1964 年8月24 日、ビートルズは「Matchbox 」を米国でリリースしています。リンゴがリード・ヴォーカルの作品でした。

なお、この楽曲は、カール・パーキンス( Carl Perkins ) というロカビリー・シンガーが書いたものでした。彼は、後にポール・マッカートニーが「もし、カール・パーキンスが居なかったらビートルズも存在していなかっただろう」と述べる程、ロック・シーンに影響を及ぼした人でもありました。あの「ブルー・スウェード・シューズ」も彼の書いた楽曲のひとつです。
カール・パーキンス自身による「マッチボックス」のパフォーマンスもご覧ください。(洋楽のソムリエ)




sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

August 23, 2016

ビートルズのライヴ・アルバム『〜at the Hollywood Bowl 』

1964 年8月23 日、ビートルズはロサンゼルスのハリウッド・ボウル
(Hollywood Bowl ) でコンサートを行いました。
その模様は、ライブ・アルバムを制作するためにレコーディングされましたが、ファンの叫び声が大き過ぎて、ライブ盤はお蔵入りになりました。当時のテクノロジーでは、ファンの歓声、あるいは嬌声を処理しきれなかったのです。ご存じのように、その時のライブは、やっと1977 年に『The Beatles at The Hollywood Bowl 』として日の目を見たのでした。
さて、1964 年の今日行われたライブの、ファンによる叫び声を、実は皆さんは聴いたことがあるのをご存じでしたか。
それが、これです。曲の頭に注目をして聴いてください。

そうです、アルバム『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band  』の中の「With A Little Help From My Friends 」の冒頭の叫び声こそ、ハリウッド・ボウルでのファンの叫び声だったのです。(洋楽のソムリエ)

sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

August 22, 2016

美メロ・バンド Bread の「Make It With You 」が1位に ('70 )


1970 年8月22 日、ブレッド (Bread ) の「Make It With You 」がHot
100 で1位になりました。

ブレッドといえば、「Make It With You 」を聴いてお分かりのように、アメリカのポップス史を代表する " 美しい旋律を持つ歌" を唄うグループでした。当サイトが厳選した「史上最も美しい曲30選」において、彼らの「If 」が堂々の第8位に認定されている程です。
本日は、その「If 」('71 年4位) も お聴きください。

なお、ブレッドの " 声 " であり " 頭脳 "(= 作曲家) はデイヴィッド・ゲイツです。彼はバンドが解散後はソロとして活躍しますが、あの透きとおった声は、その後も変わりませんでした。
ゲイツがソロの舞台で唄ったブレッドの作品「Aubrey 」をお聴きください。(洋楽のソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Nozomi's Room 

August 21, 2016

笑えるハプニング映像をどうぞ

笑えるハプニング集からどうぞ。なんとなく展開が予想できるのですが、それでも現実の映像を目の当たりにすると笑えます。

次に、ニャンコの面白映像をど〜ぞ。(笑いのソムリエ)


sotb763 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Latest stories
Reference