劇団そとばこまち ブログ

劇団の稽古風景や劇団員のちょっとしたプライベートなどをちょこっと綴っていまーす!

おはようございます😃和泉です☆
来週の本番にむけて、出演者がりがり特訓中!!!
絶対オモロイから皆様是非、東京まで足をお運び下さいませ(*´◒`*)
ほいで観光もしちゃいましょ♪
皆様からのご予約、絶賛受付中!
心の底からお待ちしております^ ^
ご予約はコチラから↓↓↓↓↓

『こまち寄席 in 東京』

【日程】
2017年3月22日(水)
15:00開場/15:30開演
18:30開場/19:00開演

【会場】
・下北スラッシュ(東京都世田谷区北沢2-25-21 ピーコックストア4F)
http://shimokita-rental-space.com/

【木戸銭】
昼公演→前売:1200円/当日1500円
夜公演→前売:1500円/当日1800円

【出演者】
こまち亭どん兵衛(田中尚樹)
こまち亭しらたき(白木三保)
こまち亭まんま(土井隆)
以上、劇団そとばこまち

リスナップ(漫才)
焼酎亭カシス(年清由香)所属:sunday

【豪華ゲスト(夜公演のみ)】
林家あずみ


↑土井師匠から真剣な眼差しでダメをもらう田中氏



本日で客演さん紹介ラストでございます!(豊哉) 
ラストを飾るのは...中村泰仁くん! 

みんなにはヤスと呼ばれ親しまれております。
昨年のSPS公演「ちがたりない」に参加して以降、学校公演・よしもと×そとばこまち第一弾の両方の「のぶなが」に出演。

(写真:よしもと×そとばこまち第一弾
「のぶなが」ビジュアルイメージ)

「のぶなが」では明智光秀に仕える家臣として光秀への忠誠心を見せ、お客様の心を熱くさせる芝居を魅せてくれました。
殺陣の経験が少ないとは思えないほどの技術の上達と、芝居に対する真っ直ぐな姿には自分も負けらないと思わされ、若手劇団員にとって凄く良い刺激になる存在です!
(写真:よしもと×そとばこまち第一弾
のぶなが」明智家臣役)

また歌も得意で、個人Twitterの方でもアップしているので気になった方は是非見てみては如何でしょうか(^^)

その爽やかな顔立ちで女性ファンも多い彼ですが今回はファンの方も驚く役柄となっております!
インパクト絶大!是非「教師ノシカク」でしか見れない中村泰仁の姿をお見逃しなく!

客演さん紹介、五人目となる今回は加藤遥子さんです! (豊哉)


舞夢プロ所属、はるだんじの愛称で親しまれている加藤遥子さん!
はるさんは2012年「おりょう」にてそとばこまちに初参加されその後本公演のみならず、田中尚樹さんプロデュースユニット"マシンガンフィッシュ"の「レコードと機関銃」や新谷佳士さんが作演出の若手公演、和製版「ロミオとジュリエット」などそ数多くの作品に出演されております。
自分の初舞台が若手公演だったのではるさんには入団してからずっとお世話になっております。

様々な役を演じておられますが僕的にはるさんの1番の魅力は"笑い"だと思います。

若手公演ではジュリエットの乳母役で誰よりもお客様との心の距離を縮め楽しませている姿がとても強く印象に残っていて、昨年の「五右衛門」では花田咲季さんと共に瓦版屋を演じ、持ち前の明るさとエネルギーで見てる人達が自然と笑顔になっていました。
テレビ番組の再現VTRで久本雅美さんを演じきっておられるのを見たときは面白さは勿論、役者としての凄さを改めて感じました。

(写真:劇団そとばこまち第114回公演
「五右衛門」瓦版屋役)

そんな中今回の「教師ノシカク」での役柄は、僕が見たことのあるはるさんのお芝居ではあまり見ない役柄なので、見に来られたお客様がどのような反応をされるのかとても楽しみです。
勿論皆様を笑顔にされること間違いなしです!

このページのトップヘ