9月になって急に暑さが遠のき、過ごしやすい日がやってきましたね。

近年は、『秋ってあったっけ?』と思うくらい、残暑が厳しすぎる事が多かったので、特に暑がりの外遊び大道芸人には嬉しい気候です。

この嬉しさをバルーンアートで表現すると・・・

[画像:775744d4-s.jpg]
長期休暇で、まさに水を得た魚です!

どうも。
外遊び大道芸人です。

今回は初となる父娘キャンプ!
目的地は三重県にある、やぶっちゃランドへ!

[画像:134bdcd1-s.jpg]

今回のキャンプは、本当に思いつき。
と言うのも、お仕事が急に4連休という長~いお休みになりまして、特に予定も何もなし。

おまけに9月はイベントラッシュも重なって、ショー依頼とお仕事で子ども達と遊ぶ時間を確保するのが厳しい状況💧

こうなるとガッツリ遊べる4連休、この機会を逃す手はありません。

本当は3歳の息子も一緒に行きたかったのですが、外遊び大道芸人1人ではまだ危ないとNGが出てしまい、娘と2人のデートキャンプとなりました(T-T)

ちょっと悲しい気持ちもありますが、それを振り切って。

それでは参りましょう。
It's SHOWTIME! 
じゃなかった・・・
It's OUTDOORTIME!!

今回のキャンプ、本当はあまりネットで情報の無いリーズナブルなキャンプ場に、人柱になるつもりで行こうと思ったのですが、当日飛び込みは不可との事。

以前から気になっていた、やぶっちゃランドに連絡するとBサイトならまだ空きがありますよーと、ギリギリ滑り込みセーフ!

[画像:e535138d-s.jpg]

やぶっちゃランドはキャンプ場がAサイトとBサイトの2つがあります。

[画像:280a5972-s.jpg]

両者は施設の正反対。
そして設備も正反対!

Aサイトは各サイトに専用の炊事場、トイレ、常設の椅子とテーブルがある超便利サイト!

[画像:f2ef0967-s.jpg]

一方のBサイトは、特記事項のない普通のサイト。

[画像:b2ab3d99-s.jpg]

Aサイトは超人気で、予約を取るのは至難の業。
当日飛び込みの外遊び大道芸人はもちろんBサイトです。

早速、カマボコテントの設営。
約1時間で・・・

[画像:dc453ce5-s.jpg]

設営完了!

今回は父娘キャンプなので、ちょっと時間がかかりましたσ(^_^;

しかしまぁ・・・子どもと2人でカマボコテントって、なんて贅沢なスペース使い。
広すぎます💦

設営完了後は、娘と一緒に遊びまくる!

まずは、やぶっちゃランド第1駐車場での・・・

ミニアスレチック

[画像:b0d3eb54-s.jpg]
平均台の様な物がチョコッとだけある、ミニミニアスレチック

続いてバッテリーカー

[画像:d09dd8ee-s.jpg]
3分100円のバッテリーカー

続いて芝生広場に移動して・・・

[画像:aeb0b933-s.jpg]

芝生広場の遊具

[画像:c80c24c9-s.jpg]

ぶらんこ

[画像:4e0a3106-s.jpg]

そして2人鬼ごっこ💦

[画像:a57ae150-s.jpg]

いっぱい遊んで汗をかいた後は、メイン施設の温泉へ!

[画像:922876e3-s.jpg]

こちらはヌメッとした泉質で、お肌サラサラ(^-^)
料金はお持ち帰り出来るフェイスタオル付きで大人800円、子ども400円とちょっと強気な値段設定です。
でも、キャンプ場利用者は大人100円値引きチケットがもらえるのと、一度料金を払えば再入場可能なシステム。
これは嬉しい!

ほっこり温まった後は、夕食タイム!

[画像:3360b99f-s.jpg]

今回は2人キャンプなので、手抜き料理でスパゲティと唐揚げサラダ。

夕食後は、のんび~り過ごして・・・と思いきや

そこからが怒涛の忙しさ!

娘がもう一度温泉に行きたい!との事で、再び温泉へ!

からの花火

[画像:a7d3325b-s.jpg]

で、ライト遊び!

[画像:7f4abc1b-s.jpg]
娘の素敵なライトイリュージョン

[画像:1a84bf75-s.jpg]
外遊び大道芸人も負けじとライトイリュージョン!

夜はちょっと冷え込んだので、事前に温泉でゆっくり温まれたのは結果オーライです(*^_^*)

あっという間にもう寝る時間。

やはり温泉へ2回入るのは時間がかかりますね。
おトクな気持ちにはなれたけど、夜の焚き火は時間切れでオアズケです・・・(T_T)
嗚呼・・・残念・・・。

2日目も遊びモード全開!

シャボン玉やフリスビーで全力で遊びました。

[画像:6b46c202-s.jpg]

今回は寄り道なしで、キャンプ場のみのレジャー。
娘と2人のデートキャンプ。
とぉっっっても楽しい2日間でした🎵



最後にやぶっちゃランドの紹介を。

施設はとても広く、テニスコートやパターゴルフ場、8月までは水遊び場もあります。

メインは温泉で、それに付随して色々な施設がチョコッとあるイメージですね。

やぶっちゃランドは、山の中にある施設なので、どこに行くにもアップダウンの階段が立ち塞がります。

[画像:9d0470df-s.jpg]
芝生の広場から温泉棟への道

運動不足の方は、覚悟しておいた方が良いかもしれません。

足腰に自身のない方は、お風呂への移動は車でも可ですのでご安心を。

Bサイトはわりと広め?の芝生。
前回のつり橋の里キャンプ場では石に悩まされた外遊び大道芸人にとって、芝生のサイトはまるで天国!

せっかくの天国住まいですが、まだまだ設営が甘い外遊び大道芸人。
サイトを隅々まで有効活用するには精進が足りません(@_@)

[画像:fc4d54ea-s.jpg]
車側のスペースが空き過ぎ?チーカマスタイルをするには、もっと寄せないといけません💧

ゴミはゴミステーション完備!
可燃ゴミ、缶、電池も廃棄OK!

[画像:3533f01c-s.jpg]

ゴミ袋も指定ではないので、手持ちの袋で出せるのは気軽で良いカンジです。

炊事場は綺麗で、数も充分。
シンクには洗剤とスポンジまで完備!

[画像:8161b414-s.jpg]

と言っても、スポンジはボロボロ・・・。
ちょっと使用には気後れしちゃいます。
デイキャンプには有り難いですね。

で、外遊び大道芸人が重要視するトイレは、一番近いトイレがBサイトの管理棟。

そこまで行くのには階段を上って行かなければなりません。
階段の写真はありませんが、階段を上った景色は・・・

[画像:6c40533c-s.jpg]

けっこう登らないと行けません💧

洋式トイレはこの管理棟の所にしかないので、端のサイトからは50mくらい歩かないといけないかも?

また、花火もサイト内では出来ず、第3駐車場まで移動しなくてはいけません。

やぶっちゃランドは、基本的に遊ぶには移動が必要で、どこへ行くのもアスレチック並の高低差に挑まないといけないので、足腰の鍛錬にはもってこいですよ~(^_^)

そして一番気になったのは『騒音

やぶっちゃはスグ脇を電車が通っています。
特にAサイトは電車がソコソコの迫力で見られます。

本数が少ないのがせめてもの救い。
ですが、Bサイトでもなかなかのボリュームで聞こえます。

音の印象は個人差が激しいので、一概にはお伝えし難いのですが、外遊び大道芸人的に例えると、Bサイトからでも隣の部屋で掃除機をかけている位のボリュームに感じましたね。

そして一番の施設の温泉は本当に気持ちの良い泉質です。
温泉棟には売店や、しっかりした食事処もあるので、何ならご飯は食事処で済ませる超ライトキャンプも可能ですね。

ぱっと見、Aサイトの高規格よりもBサイトの方が外遊び大道芸人的には良さげに思えるのですが、またの機会にAサイトも利用してレポしたいですね♨(●^o^●)

8月の休みは、せっかく娘が夏休みだというのに、連休は1回しかなく、単発ばかり。

何か上司の逆鱗に触れるような事をしたっけ?
今年はドコにも行けないか?と、モンモンと過ごしていると、上司から『とある』お願いをされたので、これはチャンスと悪魔の取引を持ちかける・・・。

『良いですよ。その代わり、この日に休みを下さい!』

快く受け入れてもらい、悪魔の取引終了!
見事に連休をゲットです!

この『やったった感』をバルーアートで表現すると・・・

[画像:aca81108-s.jpg]
オニ!相変わらず絵心がありません😢
風船が無くなりかけているので、来月のショーまでに入荷しなくちゃ💦


どうも。
外遊び大道芸人です。

そんなこんなで貰った休み。
これでゆっくり子ども達と遊びに行くぞ!と、鼻息荒い外遊び大道芸人ですが、世間は盆休み中なので旅館は高騰。

今月は出費が激しくて、おサイフ事情がちょっと厳しい・・・(T_T)
なので、リーズナブルにキャンプへGO!

目的地は奈良県のつり橋の里キャンプ場です。

今回は初となる家族のみのキャンプ。
果たしてどんなキャンプになるのか、楽しみです。

それでは参りましょう。
  It's SHOWTIME! 
じゃなかった・・・
  It's OUTDOORTIME!!

つり橋の里キャンプ場は、奈良県で有名な谷瀬のつり橋の下に広がる広大なキャンプ場です。
特筆すべき点は、チェックインAM7:00、チェックアウトPM9:00という長時間滞在が可能な事、また小学生以下無料!というリーズナブルな料金体系です。

キャンプ場は広大で完全フリーサイト!
特に涼しい松林内は超人気!
早い者勝ちの仁義なき戦いが繰り広げられます。

[画像:eed70410-s.jpg]

外遊び大道芸人が行ったのは、3連休の中日から一泊二日。

まずはお会計。
大人2人の幼児2人で3500円なり。

管理棟では炭、薪、氷の基本的な品揃えに加え、花火、アイスクリームを販売しております。

アウトドア用品や食材の販売は無いので、忘れ物をすると管理棟でのリカバリーは厳しいですね。
皆さん、出掛ける前にもう一度チェックをお忘れなく(^-^)

で、お会計も済ませて、今夜の陣地探し。

[画像:7addffa8-s.jpg]

ゆ~っくり場内を1周。
流石に良い場所は人でいっぱい(@_@)

[画像:4663ca01-s.jpg]

それでも、この日に70組は帰ったのだとか・・・。
70組帰ってコレとは、侮れないキャパシティだ。
スゴいぞ!つり橋の里キャンプ場!

場内を見上げると、名物の谷瀬のつり橋が

[画像:9d0c58b1-s.jpg]

松林内といった完全な木陰は、もう人!人!!ヒト!!!
諦めて少しだけ木陰のある場所を見つけて設営開始です!

順調に進む設営。
数回の経験を経て、設営を短時間で済ませられるようになった外遊び大道芸人。
この日も、ささっと設営を済ませるハズが・・・

トラブル発生!

河原サイトだけに、ペグが石に当たって入らない!

打てども打てども入らない!
場所を変えても、すぐに石!

[画像:a55f6ba3-s.jpg]

この世の憎しみを込めて打ちつけても・・・
やはりビクとも入らない・・・💧

次第に、砕ける愛用のゴムハンマー。
それに伴い、砕ける外遊び大道芸人の心・・・

[画像:9b816a65-s.jpg]

近くのキャンパーさんにステンレスハンマーをお借りして挑戦するも、結果変わらず・・・。

途方に暮れる外遊び大道芸人。

今夜は風もキツくないと判断して、半ペグで一旦様子見としました。

しかし周りの方を見ると、外遊び大道芸人のような半ペグの方もおられますが、キチンと打ち込まれている方も多い。

場所が悪かったのか?それとも外遊び大道芸人の腕なのか?
まだまだ修行が足りません。

で、設営も一段落したら、子ども達のお待ちかね!川遊びへLet's go!

[画像:2948e9bc-s.jpg]

つり橋の里キャンプ場前の川は、台風の影響で少し増水。
流れも若干キツめです。
深さは、ほとんどが外遊び大道芸人の膝~腰程度ですが、飛び込みをしている場所は足がつかないくらい深いです。

流れがキツめなので、子ども達と浮き輪で流され遊びには最適でした(^o^)

最初は怖がって、水際で水鉄砲遊びをしていた3歳の長男も一度流され遊びを覚えると、その楽しさに何度も何度も『もう1回行くー!』と、ハマったようです(^O^)

[画像:fd0112d0-s.jpg]
流される外遊び大道芸人と弟を応援するお姉ちゃん!
2人いつまでも仲良くと、切に願う外遊び大道芸人です。

先月行った天川村程ではないにしろ、川の水は冷たく、みるみる内に子ども達の唇は真っ青(・ω・)

途中、お菓子休憩も挟みつつ川遊びを堪能しました。

川遊びの後は、シャワーへ。
料金は5分200円。
お湯は途中で止めることが出来ます。

サッパリして、晩御飯。
からの~、花火(●^o^●)
このつり橋の里キャンプ場は、珍しい打ち上げ花火が可能な場所。
今回はちょっとだけ豪華に、外遊び大道芸人も打ち上げや噴出花火をやりました。

[画像:82169bef-s.jpg]

ちょっと面白かったのは、花火は21時までにして下さいねという場内アナウンスがかかった途端、アチラコチラから打ち上げ花火が上がって、場内はプチ花火大会(^_^)

ちょっとスゴい打ち上げ花火があがると、場内からは歓声が(^з^)-☆

花火を持って行かなくても、周りを見ているだけで楽しめるかもしれませんねσ(^_^;

花火も楽しんだ後は、焚き火&焼きマシュマロのマッタリTime

[画像:d5454b2f-s.jpg]

夜は冷えるか?と思っていましたが、日中の日焼けもあってか、寒いとまではいかない程度。
ちょうど良い涼しさでしょうか?

[画像:d7f36fa0-s.jpg]

二日目も朝から川遊びを堪能!

遅いチェックアウトを活用し、めいいっぱい谷瀬の自然と川を楽しんだキャンプでした(*^▽^*)


最後につり橋の里キャンプ場の紹介をまとめると。
基本的には、とても過ごしやすいキャンプ場でした。
やはりチェックイン、チェックアウト時間が他の追随を許さないくらいフリーなので、一泊二日でも充分にゆっくり出来るのが大きいですね。

燃えるゴミ、ビン・缶、ペットボトルの分別さえすれば、ゴミ捨てが可能なのも嬉しいです。

シャワーは、綺麗!とはいかないまでも、使用に苦はありません。

炊事場は広大なキャンプ場に数カ所設置されているので、これも込み合うことはありませんでした。
[画像:ff09fa5b-s.jpg]

残念な点としては、やはり河原!
ペグが入らないだけではなく、尖った石も多いので、お座敷スタイルは苦しいですね💧

外遊び大道芸人は、テント下にブルーシートを敷いているのですが、何カ所か石で破れていました。
とりあえずテントにはダメージが無かったのがせめてもの救い。
#3000の厚手で良かったと思った瞬間でした。

また、トイレは洋式があるので小さい子どもでも安心だけど、簡易水洗なので臭いが・・・。

[画像:4b5b4932-s.jpg]

外遊び大道芸人が行った日は、5m程度近づけば、ほのかに香って来ました。

外遊び大道芸人の陣地までは漂って来なかったので、結果オーライとしましょう。

また天空に横たわる谷瀬のつり橋!
日中は、管理者のお陰で、カランコロンと温泉街の下駄のような音は、観光名物として趣があるのですが、夜中に来る若者達の肝試し的な悲鳴?歓声?はちょっとキツいかも。
眠りの浅い方は、つり橋からなるべく離れて設営する方が良いかもですね。

そして一番、残念だったのが、夜、朝の炊事場!
流しに残飯が山盛りで、詰まっている所の多いこと多いこと・・・💧
ここはゴミ捨て可能なキャンプ場なので、これはもう利用者のモラルが粉々に砕け散っているとしか思えず、非~常に残念で仕方ありませんでした。

みんなが気持ち良く、いつまでも楽しめるキャンプ場は、決して管理人さんだけの努力ではなく、使用する我々キャンパーも協力して作っていかないといけないと心に思った外遊び大道芸人でした。。

最後はちょっと固くなっちゃったけど、つり橋の里キャンプ場、とても楽しいキャンプでしたよ~🎵


いよいよ!待ちに待った娘の友達家族とグループキャンプ!
目的地は奈良県でも人気の高い、白の平オートキャンプ場です。

今回のキャンプも子ども達とい~っぱい遊ぶゾ~!
って、そんな外遊び大道芸人の意気込みをバルーンアートで表現すると・・・

image

3Dハート!We love CAMPです。
ちょっと失敗しているのですが、それはここだけの秘密です。


どうも。
外遊び大道芸人です。

今までは比較的、マイナーなキャンプ場の利用が多い外遊び大道芸人。
人気のあるキャンプ場って聞いただけでワクワクしてしまいます。
一体どんな所でしょうね~?
魅力を伝えられる様に、張り切ってレポート致します!

それでは参りましょう。
It's SHOWTIME!
じゃなかった・・・
It's OUTDOORTIME!!

白の平オートキャンプ場は奈良県の南、洞川(どろがわ)温泉の地にあります。

奈良県の南には人気のキャンプ場が数多くあり、白の平オートキャンプ場もその1つです。

奈良市内からは車で2時間半くらいかな?
途中から信号も無くなり、気持ちの良い田舎道が続きます。

まず手始めのレジャーとして、魚のつかみ取りをしに洞川川魚センターへ。

image


image

たくさんのお魚を見ると、いやでもテンションが上がります!

洞川川魚センターはネットで調べてもあまり情報がなく、つかみ取り1回300円、焼き魚600円としかわかりませんでした。

お店の方に聞くと、魚のつかみ取りと焼き魚のセットが700円、つかみ取りは300円だそうです。
どうやら、外遊び大道芸人の情報はちょっと古かった様ですね・・・(^◇^;)

余談ですが、宝石つかみとは、洞川周辺ではガーネットが採れるそうで、その土砂を小さな水路に入れており、そこで土砂を漉して宝石を探します。
お店の方の説明を聞いて、外遊び大道芸人は思いました。

ガーネットってどんなのだろう・・・と。

肝心のつかみ取りはというと、最初に焼き魚を注文。その後、魚が焼けるまでの時間(約30分)楽しめるというシステムでした。

イメージでは川をせき止めた生け簀を想像していたのですが・・・

image


コンクリートプールの中でのつかみ取り。
風情にはやや欠けますが、足場を気にしなくて良いので、幼児には良いかな?
あと、魚を事前に購入し、放流するシステムでは無いので、生け簀内で泳ぐたくさんのお魚がつかみたい放題です(笑)

売り物にならない魚なんでしょうか?
そう思えば、やや小ぶりが多い様な気がします。

image


6才の娘にはまだつかみ取りなんて無理!と思っていたのに、見事につかみ取り成功!スゴい!
やはりいつの世も身内は過小評価しがちなんですね。
一方、3才の息子は予想通りの水遊びでした(笑)
まだ3才だもん。仕方ありません。

娘のたくましさを外遊び大道芸人がセンチメンタルに眺めていると、娘のお友達も負けじとゲット!

image


そしていつからか共同戦線を張り、魚達を追い詰めます。本能でしょうか?
う~ん。プレデター!!!

こうして、いっぱい魚と戯れている間に魚が焼き上がり、ちょっと早い昼食タイム。

image


洞川川魚センターでは、アマゴ、イワナ、アユの焼き魚があります。
(お刺身もあったような気がするけど、定かではナイデス。)
川魚が苦手な外遊び大道芸人ですが、ここの川魚は臭みもなく、ペロリと食べちゃいました。
外遊び大道芸人の味覚では、イワナが一番美味しかったかも。

この洞川川魚センターでは、焼き魚を注文すればお弁当の持ち込みがOKなのも嬉しいですね。
ちなみにお弁当を持ち込みしなくても、焼き魚の他におにぎりもあるので、簡単な食事は可能です。

遊んだ後は今回の目的地、白の平オートキャンプ場へ向かいます。

道中、趣あふれる洞川温泉温泉街を抜け、橋を渡れば直ぐなんですが、その最後50mほどの道が・・・

image


対向注意!
行きも帰りも安全運転で行きましょう。

その細道をちょっと行くと

image


白の平オートキャンプ場に到着です!

到着すると、管理人さんが愛想良く対応して戴き、いざサイトへ。

本当は大サイトが良かったケド、あいにく売り切れ・・・。
なので小サイトを2つ予約していたのですが・・・

お友達のテントと一緒に立てると、サイトが超狭い・・・💧
というか、外遊び大道芸人のテントは少しだけはみ出てます💧

image

お友達のスノーピーク リビングシェルに対抗して、今回外遊び大道芸人も新幕をシレッと購入(笑)
このご紹介は、また後日で。


テントのチョイスを失敗したかと途方に暮れる外遊び大道芸人を見かねた管理人さんが、車を他の場所に移しても良いと言って戴いたのですが、管理人さんの暖かいお心だけ戴いて、このままにしておこうとなりました。

設営も済んだ所で、子ども達のお待ちかね。
メインアクティビティの川遊びへと繰り出します!

image


さすが洞川。
水の綺麗さはハンパありません。

image


が、それ以上に水の冷たさがハンパありません。と、いうか殺人級の冷たさ。

設営で火照った体も、足を浸けただけでスグにクールダウンです(笑)

川の深さは大人の膝くらいで、当初は娘と娘のお友達を浮き輪に乗せて流して遊んでいたのですが、岩が多くて足場が悪く、お友達のパパさんが転倒!
背中に背負っていたビデオが水没するハプニングもあり、ここでの遊びは危険と判断。
少し歩いて飛び込みスポットへ。

image


これが大正解!
深みもあり、足場も良く遊びやすい!
おまけに、飛び込みスポットの所には公衆トイレもあって便利です🎵

低いところから娘も飛び込み!
その瞬間をお友達のパパさんは防水カメラでパチリッ📷

横目でそのカメラを羨望の眼差しで見つめる外遊び大道芸人。
アウトドアには防水機器が向いてますね。
今度の出演料で、防水カメラを買おうと密かに決心した外遊び大道芸人。




そんな外遊び大道芸人の野望は知る由もなく、子ども達は大いに川遊びを楽しみました。

サイトに戻ったらお風呂の準備!
夕刻にはスゴい混雑になるとの事なので、ちょっと早めの行動で、洞川温泉センターへ。

洞川温泉は、昔は立ち寄り湯をしている宿も多かったのですが、今はやってないみたいですね。

image


小さい浴槽なので、すぐに混雑してしまいます。
今回は丁度、空いてる時間だったので良かったですが、出る頃には着替え待ちが出来ていました💧

気になる泉質は・・・う~ん・・・
温泉宿は、源泉掛け流しの洞川温泉ですが、公衆浴場は例外なのか?塩素臭が気になるような?
もし、仮に掛け流しじゃないとすれば、小さな浴槽に多くの人が入るのだから仕方ないのかもしれませんね。
掛け流しだったらゴメンナサイ。外遊び大道芸人の気のせいです。

image

観光地のお約束。
顔出し記念撮影です。

あと、温泉にはこんな注意も💧

image


キャンプ場に出没したらどうしよう💧
密かに体を鍛えようかと心に思う外遊び大道芸人。
アウトドアは体力勝負ですからね~(*´▽`*)

まぁいざ遭遇してしまったら、得意のファイヤーショーで追い返してやりますよ。

そんな妄想をしながら、川遊びで冷えた体も温まった所で、BBQという名の宴会が始まります。

白の平オートキャンプ場の名物。
ごろごろ水で作ったお豆腐もサービスで戴きました。

image


夜は焚き火を囲み、お友達家族との歓談タイム。揺らめく炎を肴に、話は尽きません。

日中は日陰は涼しく、陽向は充分に暑い洞川ですが、夜はかなり冷え込みます。
暑がりな外遊び大道芸人は半袖でしたが、周りの方々は上着を羽織っており、お友達家族の両親は外遊び大道芸人を心配する位の涼しさです。というか、一般的には若干寒いといった表現が適切かもしれません。

まぁ、その寒さのおかげで、夏でも焚き火が楽しめるってものです。
大人たちの歓談をよそに、子ども達は焼きマシュマロに夢中。
ちょっと食べ過ぎでは?💧

そんな何気ない時間の楽しさを噛み締めながら、夜もふけて就寝・・・zZ

image


次の日は子ども達の要望に応えて、再び川遊びを満喫!
とても気持ちの良いキャンプでした。


最後にちょっと白の平オートキャンプ場の施設紹介を。

サイトは土ですが、割と柔らかめ。ペグはグイグイ入っていきますが、風が強い日は長めのペグでないと抜けちゃうかも?18cmでは心許ない感じです。
また、小サイトは6×8mとなので、大きなテントの場合はお隣と干渉してしまうかもしれません。

image

お友達のリビングシェルもキッチキチ💧

炊事場は1カ所だけですが、混み合う事はありませんでした。
洗剤、スポンジ、三角コーナーまでも完備。
水は上水道なので安心して飲水出来ます。
管理人さんがこまめに排水溝の掃除もして下さっているので、いつも綺麗!気持ちよく使用できます。

image


トイレも1カ所。
簡易トイレと水洗洋式トイレがあり、洋式水洗は男女ともに各1です。
水洗トイレは凄く綺麗なので、幼児でも安心でしたが、1個だけに人気なのですぐに埋まっちゃいます。
大きい方は、早めの行動が吉ですね。
簡易トイレは男女ともに和式です。

管理棟は21時位まで開いており、生ビールやアイス等の販売もあります。
調味料、インスタント食品、炭、薪など、ある程度は揃ってます。
管理棟横には自販機もあり、お値段も良心価格です。

image


今回、白の平オートキャンプ場を利用して、人気なのはやはり、管理人さんのお人柄が大きな理由かな?

清掃をこまめにされ、帰るときには各サイトを回って『帰りますが、何かご用ありますか?』と声をかけていたり、僕達キャンパーが気持ちよく過ごせるのは、管理人さんの心遣いの賜ですね。

個人的には、サイトが狭いので、幼児が遊べるような広場等があるとさらに嬉しいかな?ウロウロ盛りの幼児にとっては、ちょっと窮屈感が否めないかもとは思いましたが、それを差し引いても、もう少し子ども達が大きくなれば、また是非にでも来たいと思う素晴らしいキャンプ場でした🎵

↑このページのトップヘ