2017年。
皆様、新年明けましておめでとうございます。
外遊び大道芸人です。

皆様、素敵なお正月をお過ごし出来ましたでしょうか?
外遊び大道芸人は、正月に来られる親戚達を迎えるため、少々バタバタ・・・。

お正月らしく、縁起物!
今年の干支・酉のバルーンアートでお部屋飾りです。
image

賛否両論ありますが、自称・鳳凰のバルーンアート・・・

コレを見て、従兄弟の子が「鳥やから、コレって飛ぶの?」と呟きましたが
もちろん!
その様な飛行設計はしていないので、飛ぶワケないでしょう・・・。

でも、飛んだら面白いし、次のパフォーマンスショーの何かヒントになるかもしれない。
何事も挑戦は大事か?

って事で・・・



お正月から、おバカな事をして楽しんでおりました。

さて、そんなおバカチャレンジは置いておいて、本題のキャンプレポです。

去年の秋の事になるのですが、月ヶ瀬近郊で大道芸ショーのご依頼を戴いたコトがあり、帰りがてら前から気になっていたカントリーパーク大川に下見に行って参りました。

ちょっと見ただけのご紹介とはなりますが、はりきって参りましょう!

It's OUTDOOR TIME !

カントリーパーク大川は、奈良県山添村にあるキャンプ場です。
奈良市内から車で1時間くらい?

梅と月ヶ瀬温泉が有名ですね。

image


カントリーパーク大川は、名阪国道を使えば、他府県からもアクセスの良いのですが、国道を降りてからの道中、特にキャンプ場近郊の道はかなり狭く見通しが悪い道になります。

運転が得意ではない方はお気をつけて下さいね。

ですが、キャンプ場自体は、広々と見通しの良い広場!
image


ココは全面フリーサイトなので、好きな場所にテントを張ることが出来ます。

サイトの大きさ制限もないので、大きなテントが雄大にそびえ立っていました。
image

どなたのかは存じませんが、カッコイい~!

入り口には、キャンプ場の全景地図が。
image

竪穴式住居の文字が目を惹きますが、残念ながら中には入れず、見~て~る~だ~け~ってヤツです。

お子様連れに嬉しいのは、ローラー滑り台!
写真はありませんが、結構長めの物がありますので、オケツ防御の板は必須ですσ(^_^;

炊事場は1つですが、凄く綺麗に管理されているので、問題なし。
トイレも外にある割には綺麗。
ですが、和式オンリーなので、小さい子どもだとどうかな?

image


キャンプ場周囲には、桜の木が多く、春にはお花見キャンプにもってこい!ですね。

サイト使用料は驚きの1500円!
駐車料金300円!

これだけのロケーションで、この料金に慣れてしまうと、他のキャンプ場は高く感じちゃうかもしれません。

難点をあげるとすれば、ゴミは持ち帰り&お風呂やシャワーが無いって事でしょうか?


お風呂は、先の月ヶ瀬温泉まで10分で行けるので、問題にはならないかな?

でも、ゴミの持ち帰りは、外遊び大道芸人にとって、かなり敷居が高くなります。
と、言うのも、子どもがまだ小さく、オムツ使用中なんですよね~。
使用料を少々高くしても、ゴミ捨て可になってくれると嬉しいんだけどなぁ~💧

子ども達が大きくなったら、是非とも行ってみたいカントリーパーク大川。

image


フリーサイトで広々と優雅に、自然を楽しみたいと思えるキャンプ場でした!

image

PS:月ヶ瀬にある展望台からの風景。


以上、カントリーパーク大川の見学レポでした。
今年も宜しくお願いしまーす。

皆様、メーリークリスマス⛄
外遊び大道芸人です。

前回アップした下北山スポーツ公園キャンプ場1日目から、間が空いてしまいましたが、レポート第2弾です。

image

UPはクリスマスですが、行った時期に合わせて、ハロウィンを連想する、コウモリのバルーンアートです。

投稿時期と、バルーンアートがマッチしませんが、そんな細かい事は気にせず参りましょう!

It's OUTDOOR TIME !

心地良く眠りについたハズの外遊び大道芸人でしたが、実は私、眠りが超浅いんです。

外の風の音や気配で、幾度となく目が覚め、その度に眠ろうと努力しましたが、結果5時過ぎには諦め、起床。

気温は9℃。
さ、寒い・・・。

私のテントは、スカートが無いので、外気温の影響をモロ受け。
コレでは外で寝ているのと大差ない状態。

そんな外遊び大道芸人を笑うかのように、遠くでトンビ?が旋回しております。

image


秋キャンプは初めてだったのもあって、秋の寒さ対策、そして下北山村の気候をナメてました💧
まだ早いので、皆様のご迷惑とならないようにソッと外へ出る・・・。
本日は雲一つ無い良い天気!
しかし、日も昇ってないうちは極寒の世界・・・。

震えながら6時30分。
そろそろ良いかな?と、焚き火を起こして暖を取ろうとしますが、昨夜の焚き火で薪を使いすぎて、残りは半束💧

寒い思いをして起きてくる子ども達のために、薪は温存。
割り箸や、サービスで付けてもらった木っ端に火をつけ、か細い火で暖をとり、朝食の準備に取りかかります。

image


image


朝食はホットサンド!
普段は小食な子ども達ですが、この日は驚くほどの大食漢!
パパのご飯がよほど美味しかったと書くと、後々遺恨を残しそうなので、きっと、お外ご飯の魔法効果なのでしょう(笑

次第に日が照って来ると、今日はレジャー日和と心から思えるお天気!

image


子ども達と大喜びでキャンプ場内にある、公園へと出発です!

公園には、木製の建物があり、事前調査ではジャングルジムのような物と思っていたのですが、実際は随分と違いました・・・💧

内部は、ターザンロープが1本。
2階はぐるぐると回れる様になっているのですが、80センチ位の高さに格子があるので・・・

image


大人にはミッションインポシブル状態!
かなりキツいです💧
もたつく大人を置いて、幼児は先へ。
待って~!

で、外にはブランコ、滑り台、平均台やグルグル回る、名前のわからない乗り物など、結構遊具は充実!

image


区画サイトからなら、歩いてスグですが、フリーサイト・・・特に外遊び大道芸人がいた場所からだと、結構距離があります。
大人の足で10分程でしょうか?

存分に遊んだ後は、再びキャンプ場での温泉・きなりの湯へ。
温泉内のレストランで昼食。


下北山では、マナが特産だそうで、猪とマナのカルボナーラを注文。

image


お腹一杯になって、下北山キャンプ場に別れを告げました。


下北山キャンプ場は、袋代はかかりますが、ゴミが捨てられるのは非常に嬉しいですね。

豊かな緑に囲まれた、星の美しい
また来てみたいと、心から思える素敵なキャンプ場でした🎵

どうも。
外遊び大道芸人です。

巷にはクリスマスソングが流れ、冬の街にワクワク感が溢れて参りましたね。

通常、年末年始はパフォーマンスショーの依頼で多忙をきわめるのですが、今年は依頼がまばらと、珍しくゆっくりと過ごす年末年始となりそうな感じ。

せっかく時間もあるので、次回のキャンプ場探しのついでに、新たなキャンプギアをネットで購入!
楽天スーパーセールでキャプテンスタッグの大型火消しつぼ&火起し器セット M-6625を購入しました!

今回はこのキャプテンスタッグの大型火消しつぼ&火起し器セット M-6625を初心者の私目線でご紹介します。

それでは参りましょう。

It's OUTDOOR TIME !!

キャプテンスタッグの大型火消しつぼ&火起し器セットは、その名の通り、火起こし器と火消し壷がセットになった商品です。

image


大きなバケツが火消し壷。
取っ手の付いた物が火起こし器です。
火起こし器は、火消し壷の中にスッポリ収納され、ほんのチョッぴりコンパクトになります。

火消し壷は、燃えている炭や薪の火を、蓋をする事で酸素を遮断し、鎮火させる入れ物です。
逆に火起こし器は、BBQで一番手間のかかる炭の着火作業をグンッと楽にしてくれる便利グッズです。

火起こし器の中は↓のように穴あきの底があり
image


底の下には火をつけた新聞紙を置き、上には炭をいれます。

image


あとは約10分ほどの
放置プレイ
で、簡単に火が起こせちゃうんです!

子どもがもう少し大きければ、火起こしを一緒に楽しむのも良いんですが、我が家は5才・2才とまだまだ火起こしの楽しみよりも、パパと一緒にボール遊びが好きなお年頃。

BBQで時間のかかる火起こしが、子ども達と遊んでいる間にオートマチックにコンプリート出来るんです!

こんな便利なグッズですが、誉めてばかりじゃレポにならないので、イマイチな点もご紹介しますね。

最大のイマイチポイントは、何と言ってもその大きさ!
今回購入して思ったのは、思ったより大きいと言うこと。
イヤ、マジでデカい・・・💧

メーカーHPでは
●組立サイズ(約)
火消しつぼ:215×200×高さ290mm
(本体:外径210×高さ225mm)
火起こし器:外径180×高さ200mm

と、ありますが・・・。
うーん。数字で読んでもピンと来ないですよね・・・。

なので、今回購入を考えている皆様へ、イメージしやすいように対比物を置いてみました。

まずは全体的な高さ
image


続いて、火起こし器の容量
image


クリスマスの影の功労者、トナカイさんのバルーンアート。
これで大きさがわかる・・・ハズも無いですね。
スミマセン・・・。
素直に500mlのペットボトルで対比です。

まずは全体的な高さ
image


続いて、火起こしの容量
image


どうでしょうか?イメージ出来ますでしょうか?
割と大容量なので、大型のBBQコンロでも充分な炭を供給できそうなだけに、大きくなっちゃうんですよね・・・。

逆にあまりにコンパクトだと、着火出来る炭の量がチョットになっちゃうので意味が無い物になってしまう💧

コンパクトな物としては、グリーンライフさんから販売の火起こし兼火消し壺があるのですが



火消し壷は、高温を発することから、変形が起こる可能性は否定できない・・・。

特にこのタイプは、蓋・底がねじ込み式になっているため、最悪の場合、閉まらない、叉は開かない・・・何てブログもチラホラ。

私が購入したキャプテンスタッグの場合は、蓋がネジ止めになっているので

image


多少の変形が起きても、しっかり蓋を閉めれそう。
火のついた炭を入れるので、万が一、倒してしまって蓋が開いてしまったら危険!
変形してもしっかり閉まりそうな横ネジタイプをセレクトしました。

また、唯一のデメリット、デカさに関しては、外遊び大道芸人は、火消しした炭を使うつもりはなく、火消し壺の中に火起こし器、耐熱グローブ、チャッカマン、着火剤を入れ、BBQ関連の入れ物として運用しております。

では、実家でBBQをする機会があったので、早速実践レポートです。

まず、宣伝文句には新聞紙に火をつけてとありますが、外遊び大道芸人は、新聞をとっておりません。
ニュースは専ら、ネットで入手。
近頃では、新聞が身直ではないご家庭もきっと多いのでは無いでしょうか?
なので、炭に着火剤を乗せて火起こしスタート!

image


5分経過・・・

image


わずかに煙があがる程度・・・💧
着火剤をケチりすぎたか?と、もう一つ小さい炭に着火剤をつけて、継続。

最初の点火から10分経過

image


どうやら、最初の火種が小さ過ぎたんでしょうね💧
見る見る間に火の手が上がり

最初の点火から15分

image


十分すぎる火力です!
炭をコンロの上に広げると

image


充分にBBQが出来る炭が出来上がりました。

今回は最初の火種が小さ過ぎたので、少々時間がかかってしまいましたが、ちゃんとすれば、10分で火起こし、しかも放置プレイの手間要らず!

これは文句なしに便利!の一言。
皆様に自信を持って、オススメですね!


外遊び大道芸人のキャンプギア


↑このページのトップヘ