いよいよ!待ちに待った娘の友達家族とグループキャンプ!
目的地は奈良県でも人気の高い、白の平オートキャンプ場です。

今回のキャンプも子ども達とい~っぱい遊ぶゾ~!
って、そんな外遊び大道芸人の意気込みをバルーンアートで表現すると・・・

image

3Dハート!We love CAMPです。
ちょっと失敗しているのですが、それはここだけの秘密です。


どうも。
外遊び大道芸人です。

今までは比較的、マイナーなキャンプ場の利用が多い外遊び大道芸人。
人気のあるキャンプ場って聞いただけでワクワクしてしまいます。
一体どんな所でしょうね~?
魅力を伝えられる様に、張り切ってレポート致します!

それでは参りましょう。
It's SHOWTIME!
じゃなかった・・・
It's OUTDOORTIME!!

白の平オートキャンプ場は奈良県の南、洞川(どろがわ)温泉の地にあります。

奈良県の南には人気のキャンプ場が数多くあり、白の平オートキャンプ場もその1つです。

奈良市内からは車で2時間半くらいかな?
途中から信号も無くなり、気持ちの良い田舎道が続きます。

まず手始めのレジャーとして、魚のつかみ取りをしに洞川川魚センターへ。

image


image

たくさんのお魚を見ると、いやでもテンションが上がります!

洞川川魚センターはネットで調べてもあまり情報がなく、つかみ取り1回300円、焼き魚600円としかわかりませんでした。

お店の方に聞くと、魚のつかみ取りと焼き魚のセットが700円、つかみ取りは300円だそうです。
どうやら、外遊び大道芸人の情報はちょっと古かった様ですね・・・(^◇^;)

余談ですが、宝石つかみとは、洞川周辺ではガーネットが採れるそうで、その土砂を小さな水路に入れており、そこで土砂を漉して宝石を探します。
お店の方の説明を聞いて、外遊び大道芸人は思いました。

ガーネットってどんなのだろう・・・と。

肝心のつかみ取りはというと、最初に焼き魚を注文。その後、魚が焼けるまでの時間(約30分)楽しめるというシステムでした。

イメージでは川をせき止めた生け簀を想像していたのですが・・・

image


コンクリートプールの中でのつかみ取り。
風情にはやや欠けますが、足場を気にしなくて良いので、幼児には良いかな?
あと、魚を事前に購入し、放流するシステムでは無いので、生け簀内で泳ぐたくさんのお魚がつかみたい放題です(笑)

売り物にならない魚なんでしょうか?
そう思えば、やや小ぶりが多い様な気がします。

image


6才の娘にはまだつかみ取りなんて無理!と思っていたのに、見事につかみ取り成功!スゴい!
やはりいつの世も身内は過小評価しがちなんですね。
一方、3才の息子は予想通りの水遊びでした(笑)
まだ3才だもん。仕方ありません。

娘のたくましさを外遊び大道芸人がセンチメンタルに眺めていると、娘のお友達も負けじとゲット!

image


そしていつからか共同戦線を張り、魚達を追い詰めます。本能でしょうか?
う~ん。プレデター!!!

こうして、いっぱい魚と戯れている間に魚が焼き上がり、ちょっと早い昼食タイム。

image


洞川川魚センターでは、アマゴ、イワナ、アユの焼き魚があります。
(お刺身もあったような気がするけど、定かではナイデス。)
川魚が苦手な外遊び大道芸人ですが、ここの川魚は臭みもなく、ペロリと食べちゃいました。
外遊び大道芸人の味覚では、イワナが一番美味しかったかも。

この洞川川魚センターでは、焼き魚を注文すればお弁当の持ち込みがOKなのも嬉しいですね。
ちなみにお弁当を持ち込みしなくても、焼き魚の他におにぎりもあるので、簡単な食事は可能です。

遊んだ後は今回の目的地、白の平オートキャンプ場へ向かいます。

道中、趣あふれる洞川温泉温泉街を抜け、橋を渡れば直ぐなんですが、その最後50mほどの道が・・・

image


対向注意!
行きも帰りも安全運転で行きましょう。

その細道をちょっと行くと

image


白の平オートキャンプ場に到着です!

到着すると、管理人さんが愛想良く対応して戴き、いざサイトへ。

本当は大サイトが良かったケド、あいにく売り切れ・・・。
なので小サイトを2つ予約していたのですが・・・

お友達のテントと一緒に立てると、サイトが超狭い・・・💧
というか、外遊び大道芸人のテントは少しだけはみ出てます💧

image

お友達のスノーピーク リビングシェルに対抗して、今回外遊び大道芸人も新幕をシレッと購入(笑)
このご紹介は、また後日で。


テントのチョイスを失敗したかと途方に暮れる外遊び大道芸人を見かねた管理人さんが、車を他の場所に移しても良いと言って戴いたのですが、管理人さんの暖かいお心だけ戴いて、このままにしておこうとなりました。

設営も済んだ所で、子ども達のお待ちかね。
メインアクティビティの川遊びへと繰り出します!

image


さすが洞川。
水の綺麗さはハンパありません。

image


が、それ以上に水の冷たさがハンパありません。と、いうか殺人級の冷たさ。

設営で火照った体も、足を浸けただけでスグにクールダウンです(笑)

川の深さは大人の膝くらいで、当初は娘と娘のお友達を浮き輪に乗せて流して遊んでいたのですが、岩が多くて足場が悪く、お友達のパパさんが転倒!
背中に背負っていたビデオが水没するハプニングもあり、ここでの遊びは危険と判断。
少し歩いて飛び込みスポットへ。

image


これが大正解!
深みもあり、足場も良く遊びやすい!
おまけに、飛び込みスポットの所には公衆トイレもあって便利です🎵

低いところから娘も飛び込み!
その瞬間をお友達のパパさんは防水カメラでパチリッ📷

横目でそのカメラを羨望の眼差しで見つめる外遊び大道芸人。
アウトドアには防水機器が向いてますね。
今度の出演料で、防水カメラを買おうと密かに決心した外遊び大道芸人。




そんな外遊び大道芸人の野望は知る由もなく、子ども達は大いに川遊びを楽しみました。

サイトに戻ったらお風呂の準備!
夕刻にはスゴい混雑になるとの事なので、ちょっと早めの行動で、洞川温泉センターへ。

洞川温泉は、昔は立ち寄り湯をしている宿も多かったのですが、今はやってないみたいですね。

image


小さい浴槽なので、すぐに混雑してしまいます。
今回は丁度、空いてる時間だったので良かったですが、出る頃には着替え待ちが出来ていました💧

気になる泉質は・・・う~ん・・・
温泉宿は、源泉掛け流しの洞川温泉ですが、公衆浴場は例外なのか?塩素臭が気になるような?
もし、仮に掛け流しじゃないとすれば、小さな浴槽に多くの人が入るのだから仕方ないのかもしれませんね。
掛け流しだったらゴメンナサイ。外遊び大道芸人の気のせいです。

image

観光地のお約束。
顔出し記念撮影です。

あと、温泉にはこんな注意も💧

image


キャンプ場に出没したらどうしよう💧
密かに体を鍛えようかと心に思う外遊び大道芸人。
アウトドアは体力勝負ですからね~(*´▽`*)

まぁいざ遭遇してしまったら、得意のファイヤーショーで追い返してやりますよ。

そんな妄想をしながら、川遊びで冷えた体も温まった所で、BBQという名の宴会が始まります。

白の平オートキャンプ場の名物。
ごろごろ水で作ったお豆腐もサービスで戴きました。

image


夜は焚き火を囲み、お友達家族との歓談タイム。揺らめく炎を肴に、話は尽きません。

日中は日陰は涼しく、陽向は充分に暑い洞川ですが、夜はかなり冷え込みます。
暑がりな外遊び大道芸人は半袖でしたが、周りの方々は上着を羽織っており、お友達家族の両親は外遊び大道芸人を心配する位の涼しさです。というか、一般的には若干寒いといった表現が適切かもしれません。

まぁ、その寒さのおかげで、夏でも焚き火が楽しめるってものです。
大人たちの歓談をよそに、子ども達は焼きマシュマロに夢中。
ちょっと食べ過ぎでは?💧

そんな何気ない時間の楽しさを噛み締めながら、夜もふけて就寝・・・zZ

image


次の日は子ども達の要望に応えて、再び川遊びを満喫!
とても気持ちの良いキャンプでした。


最後にちょっと白の平オートキャンプ場の施設紹介を。

サイトは土ですが、割と柔らかめ。ペグはグイグイ入っていきますが、風が強い日は長めのペグでないと抜けちゃうかも?18cmでは心許ない感じです。
また、小サイトは6×8mとなので、大きなテントの場合はお隣と干渉してしまうかもしれません。

image

お友達のリビングシェルもキッチキチ💧

炊事場は1カ所だけですが、混み合う事はありませんでした。
洗剤、スポンジ、三角コーナーまでも完備。
水は上水道なので安心して飲水出来ます。
管理人さんがこまめに排水溝の掃除もして下さっているので、いつも綺麗!気持ちよく使用できます。

image


トイレも1カ所。
簡易トイレと水洗洋式トイレがあり、洋式水洗は男女ともに各1です。
水洗トイレは凄く綺麗なので、幼児でも安心でしたが、1個だけに人気なのですぐに埋まっちゃいます。
大きい方は、早めの行動が吉ですね。
簡易トイレは男女ともに和式です。

管理棟は21時位まで開いており、生ビールやアイス等の販売もあります。
調味料、インスタント食品、炭、薪など、ある程度は揃ってます。
管理棟横には自販機もあり、お値段も良心価格です。

image


今回、白の平オートキャンプ場を利用して、人気なのはやはり、管理人さんのお人柄が大きな理由かな?

清掃をこまめにされ、帰るときには各サイトを回って『帰りますが、何かご用ありますか?』と声をかけていたり、僕達キャンパーが気持ちよく過ごせるのは、管理人さんの心遣いの賜ですね。

個人的には、サイトが狭いので、幼児が遊べるような広場等があるとさらに嬉しいかな?ウロウロ盛りの幼児にとっては、ちょっと窮屈感が否めないかもとは思いましたが、それを差し引いても、もう少し子ども達が大きくなれば、また是非にでも来たいと思う素晴らしいキャンプ場でした🎵

先日の大淀ふれあいキャンプ場でのG.Wキャンプは楽しかったなぁ~。
あれから1ヵ月しか経っていないのに、もう行きたい病が発症。

この抑えがたい欲望をバルーンアートで現すと・・・

image

猿!何故なんだろう?特に意味はありません・・・💧

どうも。
外遊び大道芸人です。

今日はキャンプに行けない気持ちをなだめようと、便利グッズの小ネタをレポート致します。

本日ご紹介の品はコチラ!




SOTOのスライドガストーチです。

ありふれた。だけど必須のアイテム。
このレポートを読み終わる頃には、きっと?あなたも欲しくなる?
その便利さを外遊び大道芸人が張り切ってレポート致します!

それでは参りましょう。
It's SHOWTIME!
じゃなかった。
It's OUTDOORTIME!

SOTOスライドガストーチとは、着火部分が伸びるガスライターのようなものです。
image


言うなれば、折りたたみ式のチャッ●マンの様な物。
チャッカ●ンなら、100円ショップで買えるので、こんな何倍もする高額な商品で無くても・・・。
そう思っちゃいますよね。。

が、このSOTOスライドガストーチは、前述の通り、着火部分がスライドするので、使わないときはとってもコンパクト。
普通のライターより2回りくらい大きい程度です。
image


ポケットの中に入れても、邪魔にはなりません。
伸ばした先端は9cm。

image


これだけ遠いと、なにに火をつけても熱さを感じることはありません。

また、これはライターではなく「トーチ」。つまり先端部分がターボライターになっているので、多少の風でもビクともしないんですね。

image


この伸びる・ターボライターという2つの機能は、特にファイヤーショーをする時、松明に火をつけるとき等に大変便利!なんです!!

image


もちろん、皆様はわかって戴いているとは思いますが、炎を食べるのは大変危険です。
知識と経験のある方の指導の元、充分に訓練を行ってから実行して下さいね。


・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・えっ?



皆さんは、ファイヤーショーをしないので、必要ない?

いえいえ。そんな事はありません。

このトーチは、お子様大好き!花火の時にも大活躍なんです!

ロウソクやチャッ●マンでは、少しの風で火が消えてしまったり、ライターでは、連続使用で親指を火傷をしてしまった経験ってないですか?
外遊び大道芸人は、かなりの確率で火傷します・・・💧

その点、このSOTOスライドガストーチでは少々の風でも火が消えず、かつ安全に花火の着火が行えるんです。

また、このSOTOスライドガストーチは、ガスの注入が行えるので、繰り返し使用が可能!
下部の注入口よりガスが入れられます。

image


エコですよね~。

image


小窓でガスの残量も目視出来るので、持ち出す前に簡単に確認できます。

どうです?
便利でしょう?

ここで、外遊び大道芸人のブログをご覧になって下さっている皆様へ耳寄りな情報を。

普通、こういった類の火器にはガスライター用のガスを入れるのが一般的
image


ですが、わざわざこのトーチ用にガスを買うのも・・・と思いませんか?

なんとコイツはカセットコンロ用のガスでもOKなんです。
カセットコンロ用のガスなら、ご家庭で常備しておくのも苦になりにくいのではないでしょうか?

ただ、カセットコンロ用ガスの場合、ターボライター用のガス缶に付属されている様な注入用アダプターがありません。カセットコンロ用ガスを使う際には、別途注入用のアダプターが必要になります。

そのアダプターの代用品がコチラ!

image


100円ショップで売っている、自転車用空気入れの先です。

アダプターを無くしてしまった場合、100円ショップで安易に手に入ります。

まぁ、最初にターボライター用のガスを買って、アダプターは使い回す方が理にかなっているので、出番は無いと思いますが・・・💧

あまり有用性のないトリビアでしたね・・・。

便利さ満載のSOTOスライドガストーチですが、1つだけ不満をのべるとすれば、火を消そうとスイッチを放しても、機構内のガスの圧力が残っているため、数秒間は火が消えないということ。

数秒とはいえ、目的を果たしてもスグにしまえないのは、ちょっとだけ煩わしい💦かも。

ですがその煩わしさを差し引いても、外遊び大道芸人はキャンプはもちろん、BBQ、花火、そしてファイヤーショーの時には必ず持って行くほどの惚れップリです!

キャンパーさんの中でも人気の高いSOTOスライドガストーチ!
まだ持っていなければ、下記バナーから是非どうぞ♥


さぁ!待ちに待ったG.W!
このところ鬼のように忙しかった日々で傷ついた心を洗濯するべく、アウトドア!

この気持ちをバルーンアートで表現すると・・・

image

G.Wなので、お馴染みこいのぼり!
最近はお家であげている所は少なくなっちゃいましたね


どうも。
外遊び大道芸人です。

今年のG.Wは、またまた兄貴家族を誘ってキャンプに行って参りました。

目的は潮干狩り!
今年のG.Wは潮の加減がイマイチですが、まだ子ども達も小さいので、潮干狩りという名の砂遊びで充分ですね。

で、探しに探したキャンプ場・・・
G.Wとあって、予約は戦争状態・・・💧
第1目標は、近くに公園もある高須町公園キャンプ場!
ここは予約競争に敗北・・・

第2目標の大淀ムーンビーチキャンプ場!
ここも敗北・・・💧

どうやら、予約戦争を甘く見ていた外遊び大道芸人。

探しに探して、なんとか大淀ふれあいキャンプ場の予約をゲット!

ネットではあまり情報が無いキャンプ場で、いささか不安もありますが、子ども達と楽しく遊んじゃうぞ!

それでは参りましょう。
It's SHOWTIME!
じゃなかった。
It's OUTDOORTIME!

気持ちよくキャンプ場のレポート・・・と、言いたい所ですが、ちょっと愚痴から。

この大淀ふれあいキャンプ場、テントが持ち込みで3,000円、タープが2,000円、駐車料金が500円と、前出のキャンプ場達に比べてちょっと割高感が否めません。

まぁ、それは各施設の取り決めなので良いでしょう。
が、予約の際、大きなテントであることを告げると、大きなテントは1.5倍の料金になる事を告げられました。

なぬっ?

って事は、4,500円に2,000円+駐車料金で6,500円の宿泊料金!
そんな事、HPには何一つありませんでしたので、少々不意打ちを食らった外遊び大道芸人。
車の横付けできるカーサイト(電源付き)が7,000円なので、悩みに悩んだ挙げ句、ちょっとプラスでカーサイトを予約。

今にしてみれば、何故あんなにも大淀に拘ったのか謎が残りますが、まあ良しとしましょう。

で、キャンプ当日!
お馴染みの道具詰め込みパズル遊び!

前回よりも、大きめのボックスを購入した加減で、積み込み作業は若干ラクチン・・・かな💧

やはりもう1個欲しいな。
あと、昔から釣りに使ってたクーラーボックスがもう限界・・・💧

次の出撃までに、そこそこの出費が必要な予感・・・(^-^;)

そんな後の事は置いといて、大淀ふれあいキャンプ場へ出発!

大淀ふれあいキャンプ場へ到着の前に、先ずは農業公園松阪ベルファームへ!

image


ここでは、G.Wらしくイベント開催中でした。

image


ちょっと珍しい牛さん型のソーラーカーの試乗に子ども達は大満足!

image


で、公園内遊具で大はしゃぎ!

image


さていよいよ本日の目的地、大淀ふれあいキャンプ場へ到着!

気さくな管理人さん達がお出迎え戴いて、気持ちよくチェックイン。

場内を見て、まず思ったのがフリーサイトの混み具合!
松林の中はフリーサイトとの事ですが、実際には白線とロープで区画分けがなされており、結構な詰め込み具合・・・💧

某ブログに『さながら難民キャンプ』と表現されている方もおられましたが、これを見て何となく納得💧
image


張り巡らされたロープが、ルパンを彷彿とさせますね(笑

この中でキャンプとなると、うちの子は絶対によそ様のロープに引っかかってしまうと確信した外遊び大道芸人。
カーサイトにして良かったと、人知れずホッとしました。

外遊び大道芸人が予約したカーサイトは10区画あり、その一番端っこでした。
大きさは10m×10mくらいでしょうか?
テント、タープを張っても広々です(嬉

image

相変わらず物が溢れかえったサイト・・・💧
オシャレキャンパーへの道は、まだまだ修行が必要です・・・

ただ、結構小石が多く、レジャーシートは穴だらけになってしまいました(涙

大淀ふれあいキャンプ場は、道を1本挟んで目の前が広い遠浅の海岸となっており、潮干狩りも自由に出来ます。
量は少ないですが、道路は車も往来するので、小さなお子様はお気をつけ下さいね。

image


image


残念ながら、外遊び大道芸人が行った日は寒くてスグに撤退を余儀なくされましたが、お天気が良ければ、面白いんだろうなぁ

image


大淀ふれあいキャンプ場の中には、それほど広くはありませんが、芝生の広場もあり。

image


カーサイトからは、トイレが遠いという書き込みもありましたが、カーサイトの端からでも徒歩2分くらいで、問題にはなりませんでした。

image


トイレは市民プールレベルの綺麗さ。
洋式は男子1、女子2だそうですが、キャンプ場の混み具合を考えると、早めの行動をオススメ致します(笑
あと、トイレットペーパーは、朝方に無くなってたそうなので、持って行く方が良いかも。

大淀ふれあいキャンプ場は、ゴミを指定のゴミ袋で捨てられます。
ガス缶も捨てられるのは嬉しいですね。

image


あと、焚き火用の薪・・・というか廃材は無料で貰えるので、まだ肌寒いG.Wには大助かり!

炎を肴に、兄とたわいもない話に興じ

image


夜に歯磨きしに洗い場へ行くと、突堤で釣りをしていた方々が釣果を捌いておりました。
20センチ弱のチャリコ?チヌ?と、ガシラ、メバルなど。
あまり釣れないと聞いてたけど、そこそこ釣果はありそうです。
ただ、皆さんの狙いはキスだったそうですが💧

そんなこんなで鎮火を確認して就寝・・・。

夜中、明け方は、近隣の漁港から出航する漁船の音に幾度となく目が覚めましたが、朝日が気持ちよい!

image


お風呂は、車で30分の所に
みたすの湯
鈴の湯
2つのスーパー銭湯があります。
共にスーパーが隣接しているので、買い足しついでに行きましたが、やはり往復1時間は辛いかな?

今回、初の2泊3日に挑戦した、大淀ふれあいキャンプ場!
とてもゆっくりと楽しめたキャンプ場でした!

image


次回は7月に娘の友達ファミリーと、グループキャンプ!
初のグルキャンに今から心躍る、外遊び大道芸人です。

↑このページのトップヘ