天に召されたのは

数日前、外道はPCの電源をつけたまま寝てしまった。で、朝起きてスリープモードで画面が真っ暗なままになってたのでマウスを動かし起動しようとしたら、

画面真っ暗。
な、なんだってー!


以上挨拶。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

外道のパソコン、応答せず!
命をつないだ鎧、応答せず!
……などと覚悟のススメごっこしてる場合ではない非常事態。
朝っぱらから自作PCなんでケース開けて解体清掃。そして元に戻しても、画面は元に戻らず。
外道の現行PCは4年前に構築してグラボのみ5年、もうすぐ6年が来る代物であるが、ついに寿命が来たのかと汗が出る。
取りあえずその日の朝はここまでとして会社からこの度引退したマイノートPCを回収。HDMI出力があるのでモニターに繋いでみるとこちらはちゃんと映る。パソコンの電源を入れるとHDDの動作音は通常の起動のもの。つまりは。

グラボ死亡かよ……。

また高価な部品が死にやがって。
背に腹は代えられないので、今治から松山までひとっ走り行ってパソコン工房で新グラボ購入。組み込んだら正常に動いた……、ほっ。


にしました。前のGeForce570と同じぐらいの価格帯(¥15~20K)ということで買ったのですが、前のグラボ比7割程度の性能アップ(ドスパラのベンチマークテスト数字換算で570が142に対し1050Tiが257)なのに補助電源がいらない。組み込みが楽です。本音を言えば1060がほしかったのですが、あれ¥30k近くするでな。

だけど近い年代のPCの中核、CPUとマザボも覚悟はいるやもしれん。まーこっちはあまり壊れないだろうけど。

余談だがグラボというのはかなり寿命が短いものらしい。ゲフォ570からの乗り換えと言ったら工房の店員さんが目を丸くして「よくそんなに持ちましたね、大往生でしょ?!」と本気で驚かれた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『淫闘騎タイプT』ですが、本編の今後の展開を練り直したいと思ってたのでもうしばらく休載します。お待ちください。

新年早々ヤバいネタ。

外道と下請け業者さんの会話。

業者:外道さんのとこと違う元請さんが請け負ってるホテルに行ったんですけどね、そこ、ホテルなのに若い人たくさん働いてて驚きましたよ。
外道:ああ、それ障碍者の就労支援作業所の人らですわ。
業者:外道さんとこでは雇わないんですか?
外道:めんどくさいんですよ。
業者:ああ、やっぱり障碍があると……。
外道:それ以前の問題ですわ。あの人ら
絶対土日休ませにゃならん上に
残業禁止なんですよ?

俺あの元請さんら知ってますけど、あんな条件でよく働かせてますわ。
業者:そっちかい!

以上挨拶。新年もよろしくお願いいたします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

外道:後雇うのがめんどくさいのはエホバの証人の信者さんですね。うちは宗教上の理由でお断りしてます。
業者:それ法律でバリバリにアカンやつじゃ……。
外道:だってあの人らめんどくさいんですよ? 日曜は絶対に働いたらだめ、奉仕活動がたくさんあって月に実際に働けるのは10日程度、しかも向こうの指定した日しか働けない。シフトの自由が利かない人なんか雇えませんよ。
業者:それ、宗教上の理由じゃなく単に
『労働条件が合わない』
という全うな理由ですやん!
外道:大体敬虔なクリスチャンとやらはあきませんな。絶対日曜日休む。こいつらサービス業なめとんのかと。ドイツなんか法律でホテルとかレストランまで日曜は絶対に休まなければならないって決まってるらしいですよ?
業者:不便すぎる……。日本万歳。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

去年から縁あってトルコの通貨トルコリラや南アフリカのランド通貨でFXされている大王様と時々話すのですが。
前から思ってたのですが『軍事クラスタ』と『投資クラスタ』の人間では世界の見方がぜんぜん違うんですよね。
特に軍事ヲタがぜんぜん理解できないのが『北朝鮮がミサイル発射実験すると円高になる』。これ、投資クラスタから見れば当たり前らしいです。これは円の信用がどこから来てるのかという話で、円の信用ってのがじつは世界中に散らばってる日本の資産(土地建物他国の国債etc)が担保になってて、世界で一番信用ある通貨なんだとか。だから日本に直接ピンチが来ようが円の信用は小揺るぎもしないそうな。すげーな、円(笑)。

だけど外道としては円安のほうが本業(ホテル清掃)も投資もうれしいんだけどねw

冬の日に、隣は何が 起きていた?

実家のお隣さんは旦那さんに先立たれた90歳近いおばあさん。
先週、親父が自宅の前ですっ転んだおばあさんを起こして助けたのだが、その日から家で姿を見なくなった。一週間後、親父は市役所に安否確認してもらうよう言いに行ったが……。

市役所:いやプライバシーがどうのこうのありまして……。
親父:だったらわしゃ自分の責任で事情説明して
警察に突入してもらう!
市役所:ちょ!

かくして親父は通報。警察と消防がおばあさん宅に駆け付け、双方これは異常事態と認識(※新聞受けに新聞入りっぱなし、屋外に出されてるペットの猫が痩せている)。突入したらおばあさんは家の中で冷たくなって倒れていたとさ……。

以上挨拶。心不全だったそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

部屋の中を大掃除した。
これでもう少し本が入るな(を
部屋の中に会ったIDE時代のHDDやらSCSIのスキャナーがあったので処分する。なに、HDDはとうの昔に壊れてるさ(涙
SCSIスキャナーは外道の4代目のPCの時に買ったいいやつだったが、複合機が氾濫した現在は用ないし、大体SCSIなんてレガシーデバイス動かねえよ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



気が付いたら完結してた。どうでもいいが幼女戦記新刊、来年にこけてたね……。

PCをどうするか

5年前に買ったレノボのノートですが、この度引退と相成りました。会社が中古ですが外道のメインPCとほぼ同性能のノートを買ってくれたのです。つーか、会社の総務から「自分で選んで買えや、予算は税込み三万以内、代金は会社につけとけや」と言われた。で、買ったのが同じレノボのX230i。つか、外道のレノボと同じ年に出たミドル機ですね。当時8万位したはずですが今や中古美品が2万を切る時代。
いい時代……なのか?

以上挨拶。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

つかね。実は2012年以降、PCの性能って一年あたりせいぜい一割未満のアップしかしてないんですね。外道が買った頃の最高性能CPU、i7-3770kが2017年現行のi3-7350kと同じぐらいの性能と言われており(実際中古の3770kと新品の7350kはほとんど同じ値段)、3770kと外道のPCのi3-3220の性能差がせいぜい2割未満だということを考えるとCPU換装よりメモリ買った方が性能アップするよなって話になる。

パソコン工房の店員:ということ考えると今のシステム乗り換える必要性ないですねー
外道:ですよねー

ということで工房で本当は中古I7-3770kを買おうとしたが引き留められて、もう一つの目的になる外付けHDDを買う。バッファローの2TB、7980円なり。テラバイト級のHDDもやっすくなりました。外道のPCのマザボ、B75M-D3HはSATA端子を4つしかもってなく、起動ドライブのSSD、ストレージの2TB(データで満タン)、ブルーレイドライブ、DVDで全部埋まっていた。しかしこいつはUSB3.0端子を持っていたので余裕で増設完了。なおまだ何も入れてないのでアクセススピードは不明。


ここは地の果て流されて、俺

先週の金曜日、高知県四万十市(旧中村市)に墓参りに行ってました。

以上挨拶。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

銀河英雄伝説に『距離の暴虐』という言葉が出てくるが
(※銀河帝国と自由惑星同盟は距離が遠いから遠征はやめなはれという皇帝への家臣からの意見)
それを実感させられる場所、それが中村市。四国でもっとも行くのが困難な場所。
外道は四国島内でいい加減どんなへき地も行ったことがある、いや、訪れたことのない市町村は多分どこもない状態であるが、それでもこれほど遠いと実感する場所はない。今治市から二百キロものかなた。道路状況、死ぬほど悪し。
大阪に住む母方の実家が中村市出身で、去年なくなった叔父の納骨に付き合えと母が言うのでホテルが死ぬほど混んでるのに放置プレイで行ってきましたよ。
寝坊して朝六時にたたき起こされ(そのせいで小説更新できなかった)、7時前出発。
今治からは現在旧津島町(現鬼北町)までは高速ができているのであるが、そこから中村までは二時間かかるのである。グーグルマップ見たら近いように見えるやろ。
甘いぞ。
沿線を通る国道56号線はだいぶ走りやすくはなっているが、片側一車線、鮮魚積んだトラックがガンガン走り回る結構怖い道。
で、あいぽんのグーグルマップアプリのナビ機能でセットしたらいつも休憩する道の駅みまで降りて予土線沿いに国道441号線を突っ切れとおっしゃる。
らめぇぇぇぇぇ!
そこ酷道ぉぉぉぉぉ!

ええ、グーグル先生のいうこと聞いて命がけのドライブになりました。死ぬか思た(※ここは年がら年中ダンプが通るくせに車一台分しか道幅がないので有名なのです)……。
かくしてきっかり三時間でたどり着いたのはいいですが、同乗した母曰く、
「二度と通るな」
ごもっとも。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

で、墓はどこにあるかというと
山の上。
ふもとに車止めて親戚と待ち合わせ、三十分ほど登山。水の手なんかないから外道が二リットルのペットボトル二本担いでいくのですよ(その為に呼ばれた)。
墓のある所はマムシはいないがムカデ大量発生地点のため、着いてまずすることは粉状のムカデ殺虫剤をあたり一面に散布(笑)。すると出るわ出るわ、ムカデやらミミズやらがのたうち回りながら地上に出る……。ごめんなさい。
それが落ち着いてから十センチは降り積もった(!)落ち葉をショベルで掻き出す。マジである。20年前にこの墓を『発掘』したときは(※それまで五年ほど来ていなかった)一メートル近くまで積もっていて墓の頭しか見えてなかったという惨状で丸一日かけて大の男三人が墓を文字通り掘り出したという場所である。
三十分ほどで墓を掘り出し、線香立ててみんなで拝んで墓参り終了。
下山後高知名物カツオのたたきで昼食。当然親戚のおごり、ごちそうさまでした。
帰りは56号線沿いを走り、時間的にはちょうど中間地点になる道の駅みまにまた寄って休憩。畦地梅太郎記念館で版画鑑賞。まぁ、ものすごく狭い美術館なんですが。外道的には併設の井関邦三郎記念館の井関農機製コンバインやトラクターに引かれたのですが(笑)。
18時過ぎには帰着。それでも日帰りできる時代になったのはすごいことです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆










四国在住のなんでもヲタ(主に軍事系、鉄、SKE)です。小説もやっててラ研では枡多部とある、ノクターンノベルズでは鳥栖火乃兄と名乗ってます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ