仕事が忙しいあまり、最近頭の中が9割仕事のことで埋まってます。あとの1割でその他のことを考える…無理、色々と無理。何かと疎かになってる私生活。あ〜、ワンコな男の頭をわしゃわしゃ〜ってして癒されたい。
ジャンプスクエアは買いました。ドリームチームですか。アニメで見た何とか選抜を思い出しました。そのうち千石がボクシングとかやり始めなきゃいいなあと思ってます。
ダブルスの王子様は今買っても多分やらないので見送ります。ビタミンZもあるしね。

以下プレイレポです。ネタバレしていますのでご注意下さい。


天庭に戻ってきました。幾つかのデートイベントを消化しつつ、南斗宮へ。
あら、双璧イベントも起こりました。翡翠と頼忠、勝真とイサトのコンビか。翡翠さんと頼忠は天女から展開の武器を借りて手合わせしてましたよ。花梨に言わせると、「(二人とも新しいおもちゃをもらった男の子みたい)」だそうです。ウキウキしてたそうです。
勝真とイサトは小さい頃からの知り合いですから、双璧は妥当な組み合わせ。色々あってちょっとギクシャクしてたけど仲直り、みたいなイベントでした。

地の青龍後押しイベント。
「最近花梨とイイ感じ」と天真にからかわれる勝真。「俺もそう思うぞ」と無邪気に笑う九郎、お前本当に意味分かって言ってんのか?本当だろうな!?
デートスポットでどこかいいところはないかと三人で考えます。「俺なら二人で剣の修行に行く」と意見する九郎。「あいつは剣なんて使えないぜ?」と勝真の答えは正しいと思います。それと九郎はやっぱり分かってないと思います


北エリアに突入。
泰継夢の小箱イベント2
「神子と同じ人になった。人は何をして過ごすのだ?」と泰継は人間生活?に興味津々。
そんな彼を連れて山登りをすることに。途中「不快な感じがする」という泰継、足に怪我してたので手当てします。楽になった、感謝するとにっこりの彼は可愛い〜。
疲れや汗をかくことも知らないから、山登りを人の身で経験して新鮮な気分のようです。いちいち疑問を口にして聞いてくるところが可愛らしい。なんだろう…母性本能くすぐられるっていうか。

泰継夢の小箱イベント3
またまた山登りです。好きだな山登り!山頂についてご満悦の花梨ですが、泰継は以前のような感動がないことを話します。それは自分が人の身に慣れてしまったからだと。
「人は馴れ、忘却するものであるからだ」
そこに突然の雨。本降りにならないうちに山を下りることに。
「――神子、私におぶされ」
ええ!泰継におんぶされての下山スチルです。ちょっと、大丈夫…?
人の身となった今では早く走ることもできません。どうもそれがもどかしいようで。
「神子、雨に打たれて身体が冷えているのではないか?」
やさし〜い…でもそれは今や泰継も同じこと。彼こそ大丈夫なんでしょうか結構猛ダッシュな感じですけど
結局雨は止み、山も無事下りてこられました。だけど泰継は「すまない」と反省中です。あんな頑張ってくれてたのに何で!?どこにすまないの要素が!?
人になりたいと願い、それは叶えられた。
「だが、人の弱い身体では雨風や災難、すべてからお前を守れない。そのようなことがあってはならない」
自分は神子を守るために存在するのだから、それではいけないんだと。なかなかの完璧主義です。夢から覚めて泰継の身体も元に戻りました。彼はこれでいいと言います。
だけど神子を守る力を持ったまま人になれるのなら…と願いは再び。けっこう欲張りさん。

敦盛とリズ先生の友情イベントも見ました。先生、友情イベントでも夢イベント発生しないってすごいよね。「私は夢を見ない」って言ってたけど、その所為らしいです。


天庭に戻ってきました。すると、どこからか呼び声が…あれ、もしかして…。
その前に地白虎後押しイベント発生。
甘い言葉を言ってくれと花梨にお願いされ、おおいに悩む泰継。そこに泰明とリズ先生がやって来ました。同じく悩みまくる泰明。そうですよね…この二人には通じませんよね…。
神子の名前を呼ぶといい、と先生がアドバイス。さすが大人だけある、普段自分が実行するかどうかは別としてまっとうなアドバイスです先生!
「お前が想いをこめて呼ぶならば、それが甘い言葉となる」
さすがです先生!そこを分かっていながらなかなか実践してくれないのはどうしてですか先生!
でもおかげで泰継はにっこり微笑んで名前を呼んでくれました。ほんわかした。
どうもイベントを進めるごとに泰継にほだされていく自分がいます。以前は正直泰継より泰明派だったのですが、この子なかなか可愛い。


さっきの呼び声に反応してあちこちウロウロすると、西エリアで小箱発見。やっぱりアクラムの小箱だった!しかも仮面取って男前全開のアクラムですいやっほい!
なんかね、京が鬼の一族の住処になってる夢でした。内裏にアクラムがいるってんで、さっそくご訪問。私の夢に入ってくるなって怒られたけどね!鬼の一族が京を支配する夢はもうとっくの昔に絶たれたものだ、と物悲しそうでした。

さらにまた呼び声が。今度は南エリアにて小箱発見。
…アクラムが電車に乗ってる。しかも「電車の中で騒ぐな。周りの乗客の迷惑になるだろう」って注意された。
…アクラムのスーツ姿、最高。
何だこれ!どこぞのホストにしか見えん!オットコ前!
連れてこられたのはライトアップされたどこかの場所です。あれ?ここは迷宮で弁慶に連れてきてもらったところじゃないかな!二人で夜景とか見ちゃいましたよ。

アクラムのイベントはこれで終わりなのかしら。もうひとつくらいありそうだけど、やっぱ全員の恋愛イベントと友情イベントを見ないとだめなのかなあ。
続きは次回に。