職場の大掃除・真夏編。恒例行事と化したこれも、私にとっては今回がラストです。
夏場の掃除でやっかいなのが日焼けね。毎年気をつけているんだけど多少は焼ける訳ですよ。炎天下の中で草むしりとかするから。でもこの夏は日焼け厳禁!とプランナーさんやドレスの担当さんやらから言われてまして…頭からタオル被ってサンバイザーして(帽子が見つからなかった)、被ったタオルを洗濯バサミで止めて顔のほとんどを覆うという面白い以外何でもない格好で草むしりしました。写メだ写メ!と盛り上がる一同。暑くてそれどころじゃない私。息ができねえ。
そんな怪しい格好で作業している時、背後から車のクラクションが。明らかに私を呼んでます。振り向くと患者のオジサマがほらよと西瓜丸ごと差し入れてくれました。よくこの格好で私と分かったな…。
奇怪なスタイルで西瓜を抱える私はさながら西瓜泥棒のようです。
流し台で冷やしてたんですが、大掃除の真っ最中、流し台も掃除の対象。このままでは掃除できません!と途方に暮れていると、「全て一口大のサイズに切れ」と先輩姉さんから怖ろしい命令が。黙々と西瓜を切り刻む。夏だな…!

以下雑談とゲームの話。


fff
最近はこんな感じで衣装合わせなんかやったりで、まあ相変わらず面倒です。女子はみんな楽しいのかな…着れば楽しいのかと思いきや、中のインナーが苦しすぎてそれどころじゃない。着替えも大変だしねえ…。
ドレス姿を初めて見た彼氏の初っ端の発言は、「……あぁ」でした。反応薄!感動してたとかそんなんでもなく、なんつーか平常心。反応薄!担当の姉さんも苦笑です。
対して私は彼のタキシード姿を見て、爆笑。いやごめん、なんかかしこまりすぎて可笑しかったんだ。どっちもどっちな反応。
ブライダルエステたるものに行こうかと考えつつ、今行ってるのは脱毛です。膝下の。ドレスに関係ねえ〜と周りに突っ込まれましたが、膝下の脱毛です。昔からそこらのオッサンより濃いスネ毛に悩んでたんだ、いいじゃないか脱毛。ドレスから見える部分はそんな濃くないから、剃るだけでいいだろと思ってます。


忙しい合間にストレス解消としてゲームはやってます。ただレポを書く目的でやってないので、スキップ多用でさっさとクリアしてるものが多い。遙か5風花記をやりましたが、色々思うところはあった。桜智は変わらぬ変態ぶりで安定してましたが、傷着せ云々のイベントが好きだった身としては、今回その問題があまりにもあっさり片付けられちょっとええ〜…となった。

ただ今プレイしているのはPSPの遙か4です。歴代シリーズの中でも巷の評判はあまり良くなさそうですが、出来損ないのポリゴンと面倒な戦闘が好きです。
4,5年前にプレイしたきりだったけど、意外と覚えてる。今回も1周目からアシュを狙うべく、鍛えに鍛え抜いて黒麒麟をぶっ倒してきました。8ターンで仕留めてやった。
おかげで初回プレイ20時間くらいかかったけどな。そのほとんどはレベル上げだけどな。今回も那岐はパーティ最強のおりこうさん。
常世に嫁いだ後は那岐やって今はサザキの途中。サザキの武器のあの輪っかが、攻撃力低すぎて笑えない。桜智のなわとびレベル。どうしてやろうこれ。
4の戦闘システムは指示をしない限り、メンバーは各々自由に行動するんです。面倒だから自主性に任せてるんだけど、ちょっとHPが削られたぐらいでいそいそと回復されると、まだいけるだろ!それより目の前の敵だろ!瀕死まで持ちこたえろ!と思わなくでもない。でも自分の残りHPの方が低かったのに神子を優先した遠夜にはちょっとキュンとした…。
あと柊に回転って提案されるたびに甘えるなと断ります。相克だからって怯むんじゃない!とにかく目前の敵を叩け!合流してやるから!サザキの位置交換も同じ。甘えるな!(以下同文)
それとアシュ、暗闇攻撃の付加つけたら、暗闇になった敵を放ってこっちに合流するんじゃない!敵はまだ死んでないだろ!?片付けてから来い!
文句言いつつやっぱこの面倒な戦闘が好き。戦神子が好き。