2005年11月21日

愛子内親王をQちゃんとかと同列に見てるとしか思えんな

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 皇位継承は「長子優先」で一致…皇室典範会議

 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は21日の第16回会合で、皇室典範の改正に関する報告書の概要を決めた。
 女性・女系天皇を認めるとともに、皇位継承順位は、男女を問わず出生順に決まる「長子優先」とすることで一致した。女性皇族が結婚後も皇室に残り、宮家を創設できるようにすることも決めた。
 24日に小泉首相に報告書を提出する。
 これを受け、政府は来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出し、成立を目指す方針だ。
 吉川座長は21日の会合後の記者会見で、皇位継承順位を「長子優先」とする理由について、「国民が、(長子を)将来の天皇として、幼少のころから期待を込めて見守ることが出来る。安定性も優れている」と述べた。最後まで検討対象になっていた「兄弟姉妹間での男子優先」案に関しては、「(女子が先に生まれた場合)皇位継承者が不確定な期間が長くなる。不安定な制度は好ましくない」と結論づけた。
 有識者会議の結論通りに皇室典範が改正された場合、皇太子ご夫妻の長女の愛子さまの皇位継承順位は、皇太子さまに次いで2位となる。
 また、現在は、女性皇族が一般男子と結婚した場合、皇籍を離脱しなければならないと定めているが、有識者会議は、結婚後も皇室に残ることを認めた。皇位継承者を安定的に確保するのが目的だ。女性皇族と結婚した男性も皇族となるとした。
 天皇の姉妹や子、孫にあたる内親王には、本人の意思に基づく皇籍離脱は認めない。ただ、皇族が増えることで皇族費の増加が懸念されることから、皇族や首相、衆参両院議長らで構成する皇室会議が、内親王の皇籍離脱を決めることはできる。
 女王(内親王や親王妃らを除く女性皇族)については、本人の意思に基づく離脱と、皇室会議の決定による離脱を可能とする。
 小泉首相は21日夜、首相官邸で記者団に、「有識者に意見を聞き、報告を待って、来年の国会に法案を提出できるように準備を進めている」と語り、通常国会での皇室典範改正に改めて意欲を示した。


まぁ巷間言われておりますとおり、この有識者会議というものが非常に曲者でして。
なんせ、有識者がいないwwww
(参考:Speak Easy 社会:皇室典範会議座長がなぜロボット工学者

もう、俺も何回か関連エントリあげたから繰り返したくないんだけど、女系天皇に一切の正当性は存在しません。
それは新天皇家の創設と言う事であり、これまでの千数百年に及ぶ天皇家の歴史は女系に移行した時点で断絶します。


何度も言っているように、女性天皇には一切の問題はありません。
しかし、それは男系女子に限られます。
つまり、男がいい、女だから駄目と言う問題ではなく天皇家の正当性を担保する男系相続の伝統が失われる事が認められない、と言う事に過ぎません。

仮に、女系天皇が誕生したとすれば、少なくとも欧州各国の王家などのような伝統的な価値観から見れば、天皇家が新たに創設された新王朝に移行したと認識される事になり、これまでのような天皇家の対外的な存在価値も大幅に低下せざるを得ません。
当然、天皇家の皇室外交も相対的に価値が失われます。
なぜなら、儀礼的順位が低下し、少なくとも歴史的期間の短い新興の王家ですから、各国王の下に位置付けられる事にならざるを得ないでしょう。

そこで、なぜ純ちゃんがこうも皇室典範改正に乗り気なのかと言うと、愛子内親王たん萌え〜なだけだと思うんですよ。
森さんがQちゃんに国民栄誉賞送ったときのように、ただ単に個人的に好ましいからそうするってだけじゃないかと思ってしまいます。
人気取りと個人的満足。
こんなもん政治家のするこったねぇ。

少なくとも外交方針であったり、自民党解体という功績は認めますが、だからと言って人気取りで国の根本を揺さぶられたんじゃたまらんわなぁ。
純ちゃんは結局勉強嫌いだから、愛子たんをどうすれば天皇にできるのかわかんなくて、どっかの馬鹿に吹き込まれて女系容認に一直線になっちゃったんだろうねぇ。

旧宮家の皇籍復帰が国民に認められないとか、女系は容認されると思うとか、有識者会議とか言う無能集団の認識というか想像だけで女系容認を打ち出すってのはなんだかなぁ(by阿藤快)ってかんじだわなぁ。

だから、純ちゃんを説得するために、愛子内親王の天皇即位と言う方向を示しつつ保守派の反論も押さえ込める方法として、男系長子の相続と言う方法がありますよ、と耳元でボソッとささやける人がいればいいんだけどね。
男女同権、皇統の価値、両面から見てもなんら問題のない最高の解決法であると思いますけどね。
その上で、旧宮家の皇籍復帰がなされれば、皇統断絶の危機も大幅に縮小されるわな。
皇室の人間をそんなに増やして、その負担はどうするんだ、財政再建が優先じゃないのか、と言う声もあろう事かとも思いますが、そんなもん、政治家を減らしゃいいんだ。
いっそ参院を廃止するってのとセットでいいんじゃない?
少なくとも現状のシステムでは参院の存在価値薄いもん。
いっそ比例全国区だけにすりゃ、まだ面白いと思うけどな。
多様な意見を戦わせる場なのか、衆院の補完機関なのか、衆院のカーボンコピーに過ぎないのか、そう考えると、多様な意見が最も多く拾われるであろう比例全国区オンリーが一番って事になると思うし。

話がそれた。

結局、一番考慮すべきは純ちゃんが皇室典範改正を自分の政治課題だと認識しているところ。
純ちゃんには何を言っても無駄だし、反対意見が議員から出てくれば間違いなくそれに反発して強硬的に強行するに決まってるから、とにかく時間稼ぎを大前提に少なくとも純ちゃんの任期中には皇室典範改正を成し遂げさせないで純ちゃん以降の総理大臣に女系天皇容認の問題を懇々と説明すべきだわな。
いまはとにかくほかの問題を矢継ぎ早に政治課題にしていって、皇室典範改正どころじゃないという雰囲気作りを行うことこそ保守政治家の役割と心得ていただきたい。
変に今ここで問題化してしまうことは、純ちゃんの拙速な議論をさらに加速するだけの結果にしかならないだろう。

強硬な右翼に言いたいのは以上。
とにかく今は先送り。
皇室典範改正などと言う重大事が、一年や二年で片付いていいわけがない、と言う事をまず胸に留めておいていただきたい。
とにかくゆっくり時間をかけて。
皇太子殿下も秋篠宮殿下もご存命ですし、愛子内親王殿下が即位できるようなお年になるまで、どれだけ少なくとも十数年は残されています。

出雲神の祟りで、現皇室の方々が全滅してしまうような事がなければ、皇室に関する諸問題について話をしていく時間は十分に残されています。
とにかく今は、時間をかけて正しい認識を広めていく事を最重要課題とすべきでしょう。
そのためにも、純ちゃんに歯向かわないで自民党内に残った有力な保守派の政治家に、なんとしても皇室典範改正の先送りをお願いしていくしかないのです。

男系維持は当然のことなのですから、世論がそこにたどり着くまでゆっくりと啓蒙活動をし続けていくしかないでしょう。
だから、わかってないやつらを見下す物言いはやめましょうね。
真性保守派の皆様。

参考
Banse Ikkei 天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!

追記
旧皇族竹田家の竹田恒泰氏のHPより参考記事をリンクさせていただきます。
こちら→

さらに追記
そもそも皇室典範の目的は、無用な継承順位争いを防ぐ事にあります。
それは、皇位継承権者が多くいたから必要であったわけです。
であれば、皇位継承権者が減少している今、その皇室典範改正が必要である事は確かでしょう。
しかし、その事と女系容認論には何の因果関係があるというのでしょうか。
今ならば、旧皇族の方の皇籍復帰など、(それができないと言うのであれば、現皇族の女性の配偶者を男系男子に限るなどと言う強行手段も考えられますが)打つべき手はいくらでも考えられます。

皇室典範改正が不可避であると言っても、そこに伝統を尊重する意思がなければ、間違いなく旧皇族の方々などの伝統的に継承権者となりうる方々を担ぎ出そうとする動きも生じかねないでしょう。
となれば内乱です。
旧王朝派と新天皇家の対決ですよ。
有識者会議を初めとした女系容認という人たちは、南北朝の再現がしたいのでしょうか。

少なくとも女系を容認した新天皇家が数世代下った後も国民の信を受けられると思ったらはなはだしい勘違いだと言わざるを得ませんがね。
だって、結局天皇家の誰かと結婚したら誰でも皇族になれるシステムにするってことでしょ?
たとえそれがブッシュの息子でも、金さんとこの子供でもwwww

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 小泉は飽くまで皇家を潰すつもりである・・・  [ 三輪のレッドアラート! ]   2005年11月22日 00:21
いよいよ小泉は、次回の通常国会に皇室典範改正、いやさ女系天皇の道を開く為の「日本亡国シナリオ」を断固として上程すると決定した様です。専横壟断の末、国民を騙して権力を奪取した小泉クーデター政権に日本人はNOの声を挙げるべきです!
2. 皇室典範改悪に反対  [ 曇りのち晴れ ]   2005年11月22日 22:10
小泉首相の諮問機関である「皇室典範に関する有識者会議」がどうやら「男女にかかわらず長子優先」という結論を出したようです。この問題はどう転ぶかわからなかったので最後まで様子見だったのですが、この結論には全く賛同出来ません。 ・選考の経緯不明の10人だけによ....
「女系」天皇容認に批判も−愛子さまの「次」で:サンスポ  皇位継承順位が男女を問わず天皇の長子(第1子)を優先する「長子優先」案に変更された場合、皇太子さまの次に愛子さま、さらにそのお子さまが皇位を継ぐ道が開ける。将来、愛子さまが民間男性と結婚、そのお子さ...
4. ■国内も酷いな。  [  ◆ ケシクズ ◆ ]   2005年11月22日 23:25
 さてさて。ニュースは相変わらず特亜かな?と思ったら、日本内の日本人でない方々の方がうるさい模様?  ・「無防備地域」宣言 国防協力を拒否? 21自治体、条例化へ署名運動  ………………。苦笑、失笑、嘲笑の嵐ですわ。ここに答があるし。    今月13日/...
5. 安易過ぎるのではないか。  [ 親父の威厳BLOG.ver ]   2005年11月23日 02:11
チェスの5秒指しというが。 (色々熟考しても最初に考えた指し手に8割強の確率でなる。) 皇位継承は長子優先 有識者会議で方針一致  小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は21日、16回目の会合を都内で開き(...
6. 皇室典範改悪を疑問に思っている人々  [ 日々雑感 ]   2005年11月23日 22:48
御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」 「奈良の大仏を溶かせ」 「人間国宝を殺せ」 そう言っている...
7. 小泉自民や小泉信者は自分達の悪事に気付かないと、必ずそれが自分自身に跳ね返るだろう  [ 大和ごころ。ときどきその他 ]   2005年11月24日 14:34
皇位継承、長子優先 内親王は宮家創設へ 有識者会議、24日最終報告 産経新聞  政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)は二十一日の会合で、女性・女系天皇を容認した場合の皇位継承順位について、男女を問わず長子(第一子)優先とする...
8. 虚構は細部に宿る  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2005年11月24日 14:57
もう1年以上前の論稿なのだが<「半神半人」の仮構でなる天皇制度>(西部邁)を読む。意外にも西部さんは「女系女子にも皇位認めよ」だった。
9. 皇位継承は男子優先で...  [ 時事を考える ]   2005年11月24日 22:21
長子優先で答申するようなので上げておきます、女性の天皇を認めてもいいですが、男子
10. 女系天皇反対論その2  [ M-YASブログ始めました。(M-YASブロゲー・ケーシスムニダ) ]   2005年11月25日 16:06
前回のエントリーでは、 継承順を時の事情で変えてしまったがために、起こったゴタゴタのうち、 スペインと英国の例を挙げた。 では、この種のゴタゴタが、この日本で起こるかどうか。 それを検証してみたいと思う。 まず、敬宮...
11. ゆらぐ「万世一系」〜女系天皇をめぐって〜  [ 虎哲徒然日記 ]   2005年11月25日 18:24
皇位継承のあり方を議論する有識者会議の 最終結論が出た。 第1子優先、とすることから、女性天皇が容認 されることはほぼ固まった。 つまり、今後男子が誕生しても、皇位継承順位として は皇太子の次は愛子内親王、ということになる。 また、女性皇族については....
12. 女性・女系天皇を容認−長子優先  [ 浮世 ]   2005年11月27日 00:45
 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東京大学長)は24日、女性・女系天皇の容認を柱にした報告書をまとめ、首相に提出した。女性・女系容認は「社会の変化に対応しながら、多くの国民が支持する象徴天皇制の安定的継続を可...
13. party poker  [ party poker ]   2006年10月06日 21:02
かねこさん2周半お疲れ様でした。

この記事へのコメント

1. Posted by 三輪の何某   2005年11月22日 00:20
オケ!
2. Posted by 宗田威   2005年11月22日 00:41
>三輪の何某さん
コメント感謝。

あたくしは保守とは言いがたい国家社会主義者ですが、少なくとも今の天皇制に関する拙速な議論だけはなんとしても阻止しなければならないと考えております。
個人では影響力がほとんどないでしょうが、少しでも私の意見に耳を傾けてくださる方がおられる事をのぞみ、こうしてエントリをあげております。

おかしいと思われる事がありましたら、
ご指摘ご批判お願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

お知らせ
ホームページはこちら

"mixi"はじめました。
過去ログ
最新のコメント
RSSフィードメーター
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/soudai3/