環濠都市・堺に生きる

江戸時代の町割り。細々と今に伝わる町家の風情。今のところ何とか残った阪堺線・・・。 この町から、なぜか草原の風のように、時にさわやかに、時に苛烈に、日々思うところを綴ります。

6月の「月いちバザー」のお知らせと5月の報告

6月の月いちバザーは6月24日(土)・25日(日)に、開催します。
ぜひ、お越し下さい!!

*************************************************************************
日時: 2017年6月24日(土)・25日(日)
    11:00〜16:00
場所: 堺町家 案内所(内田家住宅1F)堺市堺区北旅籠町大道
   ○阪堺電軌 阪堺線 高須神社駅下車 西へ徒歩1分
   ○南海本線 七道駅下車 東へ徒歩5分
*************************************************************************
(予定は変更されることがあります。)

*なお、5月13日(土)・14日(日)・15日(月)開催のバザーの総売り上げは、12万2186円となり、全て、町なみ再生基金に入金しました。
 

4・5月の「月いち」バザーと3月の報告

4月の月いちバザーはお休みで、5月は5月13日(土)・14日(日)・15日(月)の3日間、拡大版を開催します。
ぜひ、お越し下さい!!

*************************************************************************
日時: 2017年5月13日(土)・14日(日)・15日(月)
11:00〜16:00
場所: 堺町家 案内所(内田家住宅1F)堺市堺区北旅籠町大道
○阪堺電軌 阪堺線 高須神社駅下車 西へ徒歩1分
○南海本線 七道駅下車 東へ徒歩5分
*************************************************************************
(予定は変更されることがあります。)

*なお、3月のバザーの総売り上げは、4万4620円となり、全て、町なみ再生基金に入金しました。


堺市の観光の問題点いろいろ

2、3日前の朝日新聞の大阪版(3/11付朝刊)を見ると、「堺市の職員5人 残業1千時間超 3人は観光部門」という見出しが飛び込んできました。「ヘェ〜〜。」と思って読んでみると、観光推進課の職員3人は、「竹山修身市長が会長を務める泉州観光プロモーション協議会の対応が原因だった」とのことでした。その時は、「ふーん、泉州観光プロモーション協議会って、そんなに忙しいの? それに見合う効果があるのかなぁ〜。」と思っただけでした。

その後、時々ネットでチェックしている泉北コミュニティを見ていると、3/9号に、観光課の時間外労働について、より詳しい記事が掲載されていました。そこでは、観光推進課ではなく、観光企画課の職員も時間外労働していたということで、朝日新聞の記事とは少し違います。それはともかく、記事の中に気になるフレーズがありました。

「ほかに観光客誘致に向けた催しや、新たな事業展開も職員の負担を増大させて いた。 07年に始まった堺市文化財特別公開は当初、秋に行われていたが、09年からは春季の特別公開も加わった。文化財は初公開であることが誘客に結びつくことから、準備段階で寺院との交渉に時間を割くことになる。年2回の特別公開の間には、夏の大魚夜市も。

ここを読んで、大いに違和感を覚えました。年2回の文化財公開が職員の負担になっているということですが、そもそも、年2回やる必要なんか全くないのです。私たち(つまり、私および私の周辺の関係者たち)は、最初から年2回するのに反対しています。京都じゃないんだから、年2回もやっても、同じような所がメインになってしまって、飽きられるだけだから、やるのであれば、年1回をきちんとしたほうがいいという意見です。

しかし、何度言っても、しつこく、中途半端にやり続けるのです。秋の文化財公開が少し評判がよかったからといって、すぐ春の5月に同じようなことをすると思えば、秋の文化財公開も日程をフラフラ変えてしまったり、ついには、初め、10日間通じて開催していたのを、平日を中抜きして、土日中心に変えて、観光客を混乱させる事態にもなっています。

私たちは、期間を分断させることにも反対していますが、今年は、2、3年前から4月に移った春の公開も、前後の土日に分割されて開催されるということで、全くあきれるほかありません。こんなことをいつまで続けるのでしょうね。あきれ疲れて、もう、あまり関心もなくなってきました。

また、「年2回の特別公開の間には、夏の大魚夜市も。」ということですが、秋の特別公開の前には、あの「堺まつり」があります。これも中途半端で、もう、だいぶ前から、「いいかげんに、やめたらいいのに」というのが、市民の大多数の意見だと思います。莫大な費用も本当に無駄としかいいようがありません。市長には市民の声が届かないのでしょうか?

相変わらず、堺の観光には問題点が多すぎます。(もちろん、観光だけではありませんが。)せっかくの本物の資源が活かせず、職員が超過勤務を強いられ、残業代もかかるとなれば、市民も踏んだり蹴ったりですね。

3月の「月いち」バザーと2月の報告

3月の「月いちバザー」 は3月25(土)・26(日)です!

今回は、「七まちひな飾りめぐり」に ちなんで、着物・和風特集です。

    **************
 
 日時: 2017年3月25日(土)・26日(日)

     11:00〜16:00

            (予定は変更されることがあります。) 

 場所:堺町家 案内所(内田家住宅1F)堺市堺区北旅籠町大道

     ○阪堺電軌 阪堺線 高須神社駅下車 西へ徒歩1分

       ○南海本線 七道駅下車 東へ徒歩5分

なお、2月バザーの 総売り上げは、4万2260円でした。ご協力ありがとうございました。 

 
 主催:堺環濠都市北部地区 町なみ再生協議会 

町なみ再生基金応援、2月の「月いち」バザー

2月の「月いちバザー」 は2月25(土)・26(日)です!

    **************
 
 日時: 2017年2月25日(土)・26日(日)

     11:00〜16:00

            (予定は変更されることがあります。) 

 場所:堺町家 案内所(内田家住宅1F)堺市堺区北旅籠町大道

     ○阪堺電軌 阪堺線 高須神社駅下車 西へ徒歩1分

       ○南海本線 七道駅下車 東へ徒歩5分

 
 主催:堺環濠都市北部地区 町なみ再生協議会 

                

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ