★ビジネスマナーは日常生活のマナーから
ビジネスマナー、と言葉にすると、それは仕事のみのマナーという印象を受けます。
しかし実際にはそうではなく、日常の様々な身だしなみや過ごし方が、そのままビジネスマナーに繋がるのです。
例えば、挨拶や言葉遣いは、なにもビジネスだけに特化したものではありませんよね。
日常の中でそれらをしっかりしていれば、なにも仕事の時だけに使い分ける必要もないのです。

また、文章を書く場合もそうです。
もちろん、専門の書類を作る場合や、取引先にメールを送る場合は、ビジネスマナーを遵守した言葉遣いや文章が必須です。
よって、これらは日常生活とは切り離したところで覚えていく必要があります。
しかし、例えばお世話になっている上司に年賀状を送る場合などは、まず何よりその字の美しさが問われます。
いくら言葉遣いがビジネスライクであっても、字が汚いと印象が悪くなります。
特別上手くなくてもいいのですが、最低限形を整えるくらいのことは必要です。
そのためには、日頃からしっかりした文字をかけるようにしておくことが重要なのです。

ビジネスマナーは、日常の中にこそ、その土台があります
日々をいい加減に生きている人が付け焼刃のマナーを覚えても、必ずどこかにしわ寄せがきます。
あまり堅苦しい日常を過ごす必要はありません。
ただ、例えば家にお客さんが来た場合、お客さんが帰る前に靴をしっかり並べ直しておく。
挨拶の際はしっかりお辞儀をし、誠意を見せる。こういった事を日常で身につけておくことで、自然と仕事場でもしっかりした対応ができるようになるでしょう。