冠婚葬祭には、昔からさまざまなルールがあります。
地域によって、その内容は異なりますが、根本的なものは、変わらないと言えるでしょう。最近は、地域住民の付き合い方が薄くなりつつありますが、これからの付き合い方をスムーズにするためにも、これらのマナーを知っておくことは重要です。特に葬儀は、日常生活において頻繁に執り行われるものではないため、行う側も呼ばれる側もマナーやしきたりを知らない方が多いのではないでしょうか。

では、葬儀に呼ばれた時のマナーを見てみましょう。
葬儀が決まると、遺族から通夜や葬儀の連絡が来ることでしょう。故人と親しい間柄であれば、通夜と葬儀の両方に参列するようにします。また、そうでない場合は、どちらかだけでも構いません。故人とは親しくなくても、遺族と付き合いが深いのならば、弔問には伺うようにしましょう。

葬儀に参列できない場合は、弔電を打つのも方法です。弔電の宛名は、喪主にするのがマナーです。内容は弔意を表す言葉で打つようにしますが、電話帳などに載っている既成のものでも構いません。遺族は、突然のことで取り乱しているかもしれませんし、深い悲しみの中にいるのですから、決して電話をかけたりしないようにしましょう。マナーとして弔電は通夜や葬儀の間に届くようにします。もしも、間に合わないようなら弔電は避け、後日、手紙か電話でお悔やみの言葉を述べましょう。その際は、遺族の気持ちを察した内容にすることが大事です。