葬儀に参列すると、返礼品といってお礼の品をいただきます。小さい箱に入っているもので、葬儀に参列したことがある方は、ご存知でしょう。地域によって渡し方は色々で、受付の際に頂く場合や葬儀後に頂く場合があります。これは、弔問に訪れた方全員に、お礼の気持ちとして渡される品です。

通夜や葬儀の返礼品は、茶葉やハンカチ、海苔などが多く、1,000円程度のものが一般的です。なかには、返礼品を受け取るのを辞退される方がいらっしゃいます。しかし、返礼品の中には礼状も入っていて、喪家側のお礼の気持ちを表したものなので、頂いて帰るのがマナーといえるでしょう。
また、香典を連名で用意した場合は、人数分頂くようにします。

地域によっては、香典返しを葬儀の当日にお渡しするところがあります。これを即日返しといい、2,500円程度のものが配られます。葬儀の返礼品と同じく、海苔や茶葉の詰め合わせが多いようです。それ以上のお返しが必要な場合は、四十九日が明けてから、喪家側から香典返しが送られてきます。

また、葬儀の返礼品には、お清めの塩が入っています。塩で清めるとか、弱っている心を切り替えるため・・・などいろいろな言い伝えがあるそうです。しかし、浄土真宗は清め塩をしないというのがマナーです。浄土真宗の葬儀で、弔問客から「塩が入っていない」と言われることがありますが、決して間違いではありません。このような事も、葬儀のマナーとして知っておくと良いでしょう。