マナーガイド

葬儀や結婚式などのマナーガイドです。是非、最低限の大人としてのマナーを挨拶・服装から受付・香典の渡し方・・・など常識として身に付けておきたいものです。

香典

香典について

葬儀に参列する時に、一番悩むのが香典でしょう。いくら包めば失礼にならないのか、表書きはどうしたら良いのか等、いろいろなマナーがありますから、間違えないようにしましょう。

通夜と葬儀の両方に出る場合は、葬儀の時に香典を持参するのがマナーです。香典袋には、いろいろな種類があります。仏式の場合は、黒白の結び切りの水引がついたものを用意しましょう。結び切りには、二度と繰り返されないという意味があり、結婚式にはこの赤白を持って行く事は常識とされています。この時、表書きには『御香料』とします。

神式の場合は、黒黒の結び切りで『御神前』、共通のものとして使って良いのは、黒白の結び切りで表書きは『御霊前』と入れるようにします。キリスト教式であれば、結び切りはつけずに『御花料』といれるようにします。現在は、印刷されたものも売られています。金額が低いならば、印刷されたものに入れるなど、金額相応の香典袋を用意するようにしましょう。

また、氏名を入れるペンは、薄墨の毛筆で書くようにします。連名の場合は、目上・年齢の順に右側から書きます。文房具売り場に行けば、薄墨の毛筆ペンが売られていますから、一本常備しておくと良いですね。

包む金額は、5,000円が平均とされています。親族であれば、10,000円はいれるようにしましょう。身内に至っては、10万円とも言われますが、親族で相談して決めてはいかがでしょう。また、以前に頂いたことがあるのならば、同等の金額を包むようにしても良いでしょう。

葬儀に参列できない時は、香典を郵送してもマナー違反にはなりません。現金書留で、喪主宛に送りますが、お悔やみの手紙も同封するようにしましょう。

日本茶と香典返し

日本茶はよく香典返しなどの弔事に使われることが多い品物です。
そういうことで、「お祝い」の贈り物としては通常不適切とされているようです。
ただ、おしゃれな茶筒に入った日本茶など一見弔事をイメージするようなものでなければ、お茶好きの人には喜ばれる品物になる可能性もあります。
なんにせよ、相手をよく知った上で贈る事がいいと思いますが、退職祝いには避けたほうが無難な品物ですね。

会計係について

葬儀の世話役で一番、重要な係りが会計係でしょう。お金を扱うのですから、最も神経を使いますね。地域によって、やり方はさまざまでしょうから、年配者の言われるとおりに行うのがベストだといえるでしょう。

基本的なマナーとしては、弔問客から見えないように、受付の後ろで作業を行いましょう。弔問客に背を向けて行えればベストですが、ついたてなどがあれば、これらを上手に利用します。弔問客から香典を預かったら、中身のチェックをします。なぜなら、香典袋の中身と表記してある金額があっているかどうかを確認しなくてはいけないからです。

香典袋に、名前や金額を書くことは、弔問する上でのマナーです。しかしながら、時折、金額が表記されていなかったり、氏名が書き損じてあったりすることがあります。トラブルを防ぐために、受付で書いてもらった名簿に連番をふり、その番号を香典袋の隅に表記するといいでしょう。喪家側から依頼がない限り、金額のチェックを行ったら、お金は香典袋に戻します。葬儀後、喪家側が確認しやすいように、香典袋は連番順にまとめておきましょう。その際、針と糸があると便利なんですよ。香典袋の隅を、連番順に綴じていくためです。こうすることによって、一通抜かれたり、失くしたりする心配もありません。

弔問客が多い時は、会社関係・親族・友人などと、分けておくと喜ばれます。これらの作業は、葬儀の最中に行われます。葬儀が済んだら、遺族に受け渡しをしますが、人任せにしないで直接渡すことがマナーとして大事なことです。こうすることによって、トラブルを防ぐことができます。
  • ライブドアブログ