年末のアプデによりITの回復を邪魔する効果が無くなりTH10の配置事情が大きく変わりました。アプデ前はマルチIT2本+防衛援軍ラヴァがTH10の鉄板であり、間違いなく強かったです。マルチIT自体にヒーラーやヒーリングの呪文への牽制効果があったため、シングルを採用せずとも、ラヴァを入れることで陸を伸ばすことが難しかったためです。シングルITのデメリットばかりが目立っていました。(数で押す戦術に弱い)


しかしアプデにより特にマルチITが弱体化しました
ヒーラーやヒーリングの呪文への牽制効果が消え、クイヒーやゴレヒーといった戦術に逆に弱くなってしまったのです。シングルITの場合は変わらずクイヒーゴレヒーを牽制することができます。
マルチITはDPS41(ボムタワーとほぼ同じ)のただの少しHPが高いだけの棒になってしまいました。
今までシングルを採用せずともヒーラー対策はできていたところが出来なくなり、マルチITのスペックの低さが逆に目立つようになってしまいました。


アプデ後、海外の強豪クランの配置を見ると体感ですが8割がシングルIT2本を採用しています。マルチIT2本の配置がかなり減っていて、マルチを使う場合はシングルと併用するパターンが多いです。防衛援軍はラヴァ以外のユニットがかなり増えました。そこでITと防衛援軍のオススメの組み合わせを主観でランキング付けしてみました。


 1シングル2本とベビドラかドラゴン
この組み合わせが見ていると1番多いです。シングルITに陸の伸びを抑える力があるので、ラヴァを入れずとも陸パートの難易度はそれなりに高いです。またシングル2本+ラヴァの組み合わせが重ラヴァにかなり弱いため、ベビドラかドラゴンを入れて重ラヴァを牽制しています。(ベビドラかドラゴンが入っていても重ラヴァが得意な人には取られることもあります)

2位 シングル2本とラヴァ
 重ラヴァをしっかり対策をすれば陸の伸びを抑えられるのでラヴァもまだまだ強いです。ただしこの組み合わせはかなり重ラヴァに弱いのでしっかりとした対策が必要になります。ヒーローでクイーン処理を難しくすること。ヒーローで対空施設(特にウィズ塔)をまとめて処理しにくくすること、ヒーローで対空砲をまとめて処理しにくくすること、バルーンが対空砲やクロスボウに向かいにくくすること。スケルトンでクイーン処理しにくくすること。このあたりの対策はほぼ必須だと思います。ただ対策しても取られるくらいには重ラヴァは強いです。(アプデ前の最強戦術はアプデ後も健在)重ラヴァで取られるリスクはあると思っていたほうがいいでしょう。逆に言えばこの組み合わせを見ると重ラヴァ攻めをまず考えてみるのが良いと思います。

3位 シングル 1マルチ 1とベビドラかドラゴン
マルチITも使い方によっては輝きます。アプデ後のマルチITは範囲攻撃の施設の1つとして見るといいと思います。主にバルーンとホグ対策です。ウィズ塔とは離しておいて1つのヒールでカバーされないようにすると良いと思います。ATやテスラを近くに置くとバルーンを落としやすいのでオススメです。配置の真ん中付近に置いてホグ回しや空回しをやりにくくするか、外目に置いてWBで入ってくるのを牽制する使い方もあります。エアスイをマルチITの方に向けてクイヒーを牽制するのも良いですね。

4位 シングル 1マルチ 1とラヴァ
マルチを 1本使っていますがこの組み合わせも重ラヴァに弱いです。ラヴァを入れると重ラヴァはかなり意識する必要があると思います。

5位 マルチ2本とラヴァ
アプデ前の鉄板の組み合わせですね。アプデ後はクイヒーや捨てクイ戦術で狙われやすくあまり強くないかもしれません。

6位 マルチ2本とベビドラかドラゴン
これはアプデ前から強くないです。オススメできません。クイヒーやゴレを使った戦術に狙われます。



長くなりましたが、実際はもっと色々なことを考えないといけないので、上はあくまでオススメということでお願いしますm(._.)m 考え方次第で様々な組み合わせで強い配置を作れると思います。
シングルITとラヴァどちらにも陸パートの伸びを抑える力があるということ(ITに当たらない面から陸を入れられる場合もある)シングルITとラヴァどちらも重ラヴァに弱いということ、マルチITも使い方によってはアリだということ。(ただしシングルが無難)ベビドラやドラゴンと一緒に入れる援軍はネクロやバルキリーやゴブリンがオススメ。
ここらへんが大事かなーと思います。




年末にアプデが来てクラン対戦の環境が大きく変わりましたね。特にTH10とTH11はITのヒール無効化効果が無くなり、流行りの攻めがガラリと変わりました。そこで今回は、今強いと思われるTH10の戦術を独断と偏見でランキング付けしてみました。



1位 クイヒーラヴァル、クイヒーホグ
アプデの恩恵を1番受けたのは間違いなくクイヒー戦術で、その中でも王道戦術クイヒーラヴァルはますます手がつけられなくなりました。新しく台頭したクイヒーホグも、IT周りでホグにフリーズがいらないということでかなり強力な戦術です。クイヒーでの切り込み方の自由度が高まってこの2つの戦術だけで幅広い配置を全壊することが可能です。特にマルチITに対して筆頭の戦術です。(シングルにも使えます)ぜひ習得したいですね。



2位 ホグラッシュ
ホグを最低30体以上積み、ヒールを3発以上ホグに使ってゴリ押します。敵ヒーローはこちらのヒーローとバルキリーやボウラーやゴレを使って処理します。ホグがバルーンに比べてマルチIT付近で自然にヒールを採用しやすいこと、マルチITシングルITどちらにも対応できること、防衛援軍ラヴァでもその他でも対応できること、場合によってはババキン処理が必要ないことなど使いやすい点が多いです。今刺さる配置が多い戦術です。



3位 スーサイドラヴァル
アプデ前の最強戦術はアプデ後も健在です。シングルITマルチITどちらにも対応できますが特にシングルITに対して鬼の強さを発揮します。対シングル筆頭の戦術です。ただマルチITに対してはクイヒー戦術の方が使いやすいことや、防衛援軍にラヴァ以外のユニットが増えることを考えると、使い所を少し考えるようにはなりそうです。



4位  ハイブリッド、ゴレホグ
ゴレを使った普通のハイブリッドもバルキリーハイブリッドもボウラーハイブリッドも強いです。ややゴレ部隊に枠を割いたホグラッシュとは別のゴレホグも強いです。単純にIT周りでユニットにヒールをかけられることと、ラヴァ以外の防衛援軍が増えることを考えると使いやすいです。またゴレヒーはハマる配置にはかなりハマります。クイヒーからのゴレヒースイッチも強力です。



5位 ビッチ、クイヒービッチ、ゴレヒーボウラーラッシュ
ビッチ系のような大量のボウラーで押す戦術も強くなりました。IT周りでヒーリングの恩恵を受けられますし、ボウラーがヒーラーで回復するのは守り手からすると悪夢です。ラヴァ以外の防衛援軍が増えそうなことも追い風です。



6位 ナックル、ジャイヒーボウラー、ペカヒーボウラー⁇
ナックルは合流型クイヒーバルキリーボウラーのことです。ゴリ押し性能が高い戦術でヒーラーを上手くバルキリーに移してヒーラーが死なないルートを取れれば幅広い配置を全壊できる力があります。ただややルートを読みにくいのはあります。ジャイヒーボウラーはジャイが防衛施設優先なのでルートが読みやすいのとホグをナックルに比べて少し多く持っていけます。ペカヒーボウラーは未知数ですがおそらくナックルやジャイヒーボウラーと差別化できるはず。




7位 ドラゴンラッシュ、クイヒードラゴン
アプデ前かなり強かったドラゴンですが、他の戦術が出てきて相対的に弱くなりました。シングルITも嫌ですね。ただマルチITに対してはまだまだ使えますし刺さる配置には刺さる戦術です。




対空砲2:2配置を作りました。援軍ラヴァルです。




1.コンセプト
ビッチ、ディガーラッシュ、バルーンラッシュ、ドラッシュはシンメトリーな配置に強い戦術です。シンメトリーな配置に強い戦術を対策したシンメトリー配置を作りました。シンメトリー配置は火力に偏りが無く攻略しにくいと考えています。




2.工夫したところ
今、特に対策したいのはラヴァル、ディガー、ドラゴン、ビッチの4つだと考えています。  特にディガー、ドラゴン、ビッチはユニットのスペックが高く対策していない配置を簡単に全壊します。まずディガーに強いIT区画から作りました。
IT+ストレージ+陸スケトラ+巨爆+ウィズ塔+テスラの組み合わせです。この区画オススメです。IT前をwbで穴開けできなくしています。陸スケトラやストレージで止まっているディガーをウィズ塔+ITで焼きます。巨爆でとどめを刺します。また、テスラ+ウィズ塔やテスラ+ITの組み合わせはオススメです。テスラに釣られて、ユニットが直接ウィズ塔ITに向かわないので範囲ダメを長く与えられます。特にバルーン、ディガー、ホグに有効。テスラを迫撃にするのも強そうです。赤風船を置いてバルーン対策をしています。最近は黒風船をいくつか対空砲から遠いところに置いてドラゴン対策をしています。巨爆が全て中にあるのでビッチに弱くなりますが、2ジャンプでIT2本を折らせないことでビッチ対策をしています。ヒーローで対空砲2本IT1本を同時処理されないために壁の中に空白スペースを作って穴開けできないようにしています。キングとクイーンを離してゴレホグも少し意識しました。



3.防衛力
手応えを感じる硬い配置でした。CWLで計4戦7回攻められて全壊されませんでした。ディガー、ドラゴン、ビッチで攻められました。フレチャレでも中々全壊されずでしたが、ラヴァルで数回攻められ取られました。

↑このページのトップヘ