ET種族と共に高次のセクシャルへと導くギフトセッション

Hello new earth! 宇宙の女性器からこんにちは あなたは、多くの人が 性という命の根源を封印してる時点で そこから見える世界そもそもが 歪曲しているということにお気づきでしょうか。 そして今生、目覚めのタイミングが来た方々に 私のセッションで高次元が介入し、 その次元から解き放たれていくことでしょう。

______________________

今後は私自身の活動名も
現在の活動も(ブログも含め)全て手放し
全く別のところで活動していきます。

セッションはこのまま続けますので
すべて移行するまではこちらで承ります。

全てを手放し
ここから人生ごとひっくり返して
スターシードならではの遊びを
本格的に始めます。

銀河の観点で地球とのフラクタルを
統合していきましょう。

______________________



ふとメッセージが入りそうだなと昼寝をすると
突然、七色の勾玉が浮かび上がり
私のハートの中に入っていったのです。


そして、女性たちが、
「あれほどの能力者にも関わらず、
未だ影に隠れ逃げていらっしゃいます。
私たちにとっては、非常に困ることです。」
と、言う声が聞こえてきます。
私のことだと気づいた私は苦笑いしています。


ふと目が覚めて、
勾玉が気になり調べてみると


「天岩戸に閉じこもった
天照大御神を外に出すために
鏡作りの女神らが作った大きな鏡と
玉作りの神が作った勾玉を連ねた
玉飾りをかかげて儀式を行い
芸能の女神が舞い降ります。」

という文字が飛び込んできました。


もう少し影に隠れていたいのですけれど
エゴの逃げ場がなくなるのも、魂の計画通りでしょう。


この世の幻想というコントラストを色濃くしながら
宇宙の中へさらにフォーカスするために
私のエゴは炙り出されています。


今私の元へと物理的にたくさんの
聖具が集まって来ていますが
結局、それらの魔法を使い、
あらゆる奇跡を起こすのは
私の決意と私の意思ひとつです。


この世の幻想というコントラストが、私の中で
ピークに濃くなっていく中で、その先に交差する
「この世的過ぎず、かといってあの世的過ぎず」
その具現化のために魂が計画しているのでしょうから。


このブログは神咲マリアというエネルギーですから
このエネルギーはもう持ってはいけません。
まぁ古臭く重たいったらありゃしません。

シフトとは、信念の大脱皮であり
信念の再構築ということです。
これができるのがスターシードなのです。


そして、スターシードへメッセージがあります。

自分自身の影響を外側に及ぼしたいと思っているなら、
それは違うと分かった方がいいですよ。

外側はあなたが創った幻想に過ぎないのです。
外側の幻想に感動したり、優越を感じたり
3次元のトリックで遊んでいるだけなのです。


結局、そうするとあなたの投影チャンネルに
合わせた面倒な人たちが集まって、
あなた自身がその中のドラマの中から
出ることができないのです。

スターシードは、そこから出たところで働きかけるんですよ。


人々の輪の中にいない自分に孤独を感じているなら
それは神的な関りをしている身としては
一番理想的なポジショニングです。


いなくてもいいけど

いることによって事が起こる


それを見届けるという事が

私たちの仕事です。


肉体を持った神としての責任と
自分の役割がいかなることなのか
というところの
自分の中での腑に落ちを理解して
それを実践できるようになることを
強く求められていることを自覚したほうがいい。
(役割という言葉もエゴっぽいですが
ここで言うそれはエゴから見た概念すら越えています。)


物事が解決していないと
つい手を差し伸べたくなるし
自分自身が人間の輪の中に入っていないという
疎外感のような感覚を
持つことは多いかもしれないけれど
私たちのような立ち居地に立っている身としては
人間界の中に入っていくことが
色々な不幸を巻き起こす
生み出してしまう要因を作ってしまうのだということを
認識する必要があります。


人間界をただただ観察する側に立つ

という意識を大事にしていく。

そして自分が人間界のドラマに
入り込んでしまっているときが
どういうときなのかをチェックしていくことで

より「触らずに物を動かす極意」
という部分が成熟し、
スキルそのものが格段にアップしていくでしょう。


例えば
「あなたは〇〇星で、先生をしていました。」
と誰かのセッションで
さもエゴが刺激されるようなこと
を言われるとしましょう。


しかし、それは多次元宇宙を旅してきた
ひとつの側面に過ぎません。

しかし、エゴはそれをよりどころにし、
それを誇りとして、執着しようとします。
その状態で外側の人間に働きかけてしまうのです。
しかしその波動そのものが重くなっていきます。


(結果、その重りをバリッバリに剥がされる
という体験もできるので結果オーライです。
この体験をしないと、幻想を越え次へ行けませんから。

しかし、ここへ留まることを選ぶ、
エゴ優位のスピに留まる人たちもいる、ということです。

例えば、過去生ひとつにしがみつき
どこかの時代のリーダーだったとか
その時代の復活だとか、
偏狭的なものの見方を全知全能、唯一と思い込み
地球霊界あたりのチャネリングの投影で
人々に影響を与えようとしている嘘つきです。


それそのものに、意味などないのです。

0に何をかけても0です。

それを体現し軽やかに生きるか、
それとも
0になんとか意味を持たせようと
エゴが張り切るのか。

それが、私がいつも言っている
地球的概念を抜けて行くことです。
kuさんのいう所のフォーカス27を出るということです。


ハイヤーからのメッセージです。

全て回収して、辻褄合わせて宇宙に還るよ!
(=盛大にいくよ!)


皆様の内なるシフトがいかなる時も順調であると
皆様自身が信じ抜くことができますように。


素晴らしい旅を。
スターシードたちへ愛を込めて。

私も動きますから。
安心してください。

全て回収して、辻褄合わせにいきますから。




銀河の中へ入っていく際に
「何故このアンテナを使わないのか?」
と、話しかけてくれた私の星の龍。確かに!
hirokazuさんの描く宇宙龍は★こちら★
image_50438657 (1)


現在の活動名、活動の全ても手放します  こちら

YouTube動画(セッションの参考にどうぞ) こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら



もうこのブログには登場しないつもりでしたが久しぶりに。


「ずっと見守ってるから。
もっともっと勇気を出して!行くよ!!」

とスターファミリーたちに声をかけられましたが
多次元宇宙の自分を思い出していくたびに
エゴが恐れて肉体から魂が抜けて行く感覚になっていき、
そのため魂の方向と逆の方向に行ったら
1か月体が動かなくなりました。
よって強制的に無になることができました。


そのような無の中で、

・ホルスの目
・トゥト アンク アメン(ツタンカーメン)の能力

というような
エジプトに関する
自分自身の目隠しを解き放つ
ダウンロードが入っていきました。


一つ言えるのは、
魂と逆の方向へ行く際にも
常にハイヤーの視点で観察し
ハイヤーの視点で綿密に軌道修正をかけている
ということです。


さて、多次元宇宙のお祭りが
押し迫ってきている中、光と闇も
色濃くなっているように見えていく中
みなさんは、そのドラマに熱中してしまっていますか?
それともドラマに真剣にならず
無事に適当に緩んでますか?w


光にフォーカスしすぎて力んでしまえば
ドラマの中で熱中しすぎて
ドラマの中にいることを忘れてカルマを作ります。

だからスターシードはある程度のところで
真剣になれないように切り上げられます。

ドラマに入ったとしても、
「今ドラマの中に入ってんな。」と
分かっていないで
外側の光にフォーカスしすぎると
外側の闇も色濃く映り、排除しようとします。


琴座の人は分かると思いますが
全部それはあなたの中にあるもの。

内側に入らざるを得ないのです。
琴座は全部鏡張りのように内側を映しますから。
内側から変容させていくベガのやり方で
静と動を一致させる。
そのように内側に入っていく美しさが私は好きです。


静を極めている時は一切動きません。
この1か月一切私は動きませんでした。
(エゴの癖で動こうとして、
強制的に止められて結果「静」になりましたが。)


しかし人々はさらに私が
バージョンアップしていると思っています。
止まっているのに、です。
止まって内側に入り続け覚醒する。
それはまさに、止まっているけど動いている状態です。


それが静と動の統合です。
コマのピークの動きです。
これを極めるのが私は好きなのです。

最後は静になってこの肉体を脱ぐのですから。


ですから、光だー!闇だー!などと
静と動がごちゃごちゃになっているうちは
このドラマの中に熱中し、
すべてを見極められないということです。


コマが止まれずに、気づいたら

「あ、熱中しすぎてまた地球輪廻しちゃった。てへぺろ」

とやりたい人はそれもいいでしょう。


光が勝つ!闇は排除!
という幼いやり方は私は好きではありません。
そういう遊びは、この地球ではつまらない。
やはりそう思うのは琴座だからかもしれません。


光と闇ごっこの遊びが
決して悪いのではありませんが
その真剣さは、力みを強調し
ドラマを色濃くしていたので
この3次元幻想ゲームにリアリティを増すことで
地球外の惑星の概念さえも思い出せない

今までの地球ではそれでよかったのですが
そのドラマの癖というのは、
これからの軽やかなエネルギーでは
私には暑苦しく感じます。


宇宙種族も、あらゆるステージを歩いてきました。
今はアセンションしている種族も、
二元の戦いのステージを通過してきました。
そしてその時の投影を現在の地球にも投影し、
最もらしく誘導している方もいるということです。

例えば14万なんちゃらでしたっけ?
自らの内側がシフトしていくとき
その数字に捉われる必要はあるのですか?ということです。


私はそのこと自体が悪いのだと言っているのではありません。

しかし、エゴが肥大化したまま
使命を握りしめている人は
そういった情報によってエゴが外側に向かっていく
ということに気づけないのです。


当然そのドラマにフォーカスしているのですから
エゴも肥大化し自分は特別なんだという
エゴの優越からくる誘導、善悪、正義、上下。
という二元も色濃くなるということです。


言う事がそれぞれ違うのは当たり前です。
正しい間違っている、ではないのです。

それぞれの宇宙があり、
宇宙自体も多次元なのです。
人間の知能では認識できないほどに。

ですから、それが真実な方たちには
それが真実なのです。
そのままです。


自分が神だと思い出せないと
そういった情報が唯一と感じ巻き込まれます。
それがあたかも唯一の真実であるかのように思え
自分の内側を忘れ、外側のそのドラマに入っていくのです。

そしてその幻想をより濃くする。

ですからどこにフォーカスするかで
この地球でもますます、
ドラマの濃さが変わるわけです。

内側に入り続けている人は、
そこには巻き込まれないでしょう。


タイムリーでkuさんの記事でています。
シフトして解放されキレイになられている方にとっては、
闇との闘いは関係ありません。
それらはあったとしてもシフトの材料にしか過ぎません。

とね。


闇は確かにあります。
そしてそれらによる地球の問題はあります。
しかしそこへフォーカスすればするほど
それらは大きくなるのです。

そして本当の強さや美しさは
闘いを越えたところにある。

私自身はその領域から
この地球へ働きかけたいと思います。

そして私という人間キャラクターさえも
フィクションであり、創造の根源から見た
面白いものの見方の一つに過ぎないのです。


そして、そのドラマをやりたい方々に対しては
その方たちを尊重しそっと離れるだけです。
関わりません。

しかし、その概念から抜けたところで
光を働きかける人は好きです。
エネルギーの風通しが良く軽やかですから。


そして、こういった光と闇の
白熱のようなドラマの中で
この3次元幻想、信念プログラムの中で
偽りのスピリチュアルの人たちが
この幻想を追いかけ続けて
投影ドラマを創り出し続けている。

地球の波動が上がるたびに
エゴが肥大化した、知性とは言えないそれが
明るみになるのはとてもいいことだと思います。

ひとりひとりのスピリチュアリティの立ち位置が
明るみに露呈されていく状態だからです。
彼らがその内側に気づいていくために
偽りの自分を受け入れるために
そのくらい厳しくて、もういいのです。


彼らは偽りの自分を受け入れられず
受け入れられない自分をさらに偽り続けます。

私は彼らを
見せかけキラキラ中身ドロドロ
嘘つきスピリチュアルぶりっ子と呼んでいます。

略して嘘つきです。


何かスピリチュアルな奥義を習ったことと
内側の観察による変容は全く別のものなのです。

そこにしがみつき、
自分は何かを手に入れたと思い込み
何か自分のプライドがトリガーされることがあると
「そのやり方は、この常識で、この社会ではおかしい。」
と言いたくなるとします。

まるで自分の在り方、
やり方が唯一とでもいうように。


その地球での常識、その手放せない概念
宇宙に持って帰れるんですか?

そんな頭でっかちで
宇宙に還れますか?

宇宙の女性器の膣を通れませんよね。膣が裂けます。


これはあくまで例えですが
特に男性に向けてもこのビジョンが降ろされました。

結局、地球想念の霊界でつっかかって
宇宙に還れませんよ、ということです。

それがいつも私が言っている地球的概念です。
kuさんで言う、フォーカス27です。


そこをバリバリ剥がして
軽くするためにトリガーされている。

トリガーされるものがまだ内側にある
ということに気づかなくてはいけないのです。


アセンションは外側からやってくるのではありません。
外側の光からやってくるのではありません。
そんなものは幻想です。

その幻想の中で光を強調すれば
闇のドラマはさらに色濃くなります。

そこから出ることがシフトです。
あなたが意識を向けた先、
フォーカスした先に具現化があります。

ドラマに意識を向ければ
ドラマは色濃くなります。


てきっとうに
うすっぺら~く
緩んで
でも、でかい花火を地球で打ち上げる。

これができるのがスターシードです。
しかしそれができるから、
この地球では人間に妬まれます。

見せかけキラキラ中身ドロドロ
嘘つきスピリチュアルぶりっ子にも狙われますw

しょうがないです。そんなもんです。
人間もこの地球も。


しかし大丈夫です。
自分が統合していくと光になっていきますから
そのようなステージすら通過して
そんな念にも影響されなくなります。


想念プログラムで生きている彼らには
本質のエネルギーで生きるスターシードが脅威でもあります。

それひっくるめて完璧です。
いい意味で諦めて下さい。

スターシードである私たちも
現在人間である限り一緒です。
それを受け入れて下さい。
そしてその領域を抜けていくしかありません。


あなたが反応するということは
あなたがまだそのステージにいるということです。

常にあなたの内側で起こる反応です。

外側のスピリチュアルぶりっ子
略して嘘つきたちは関係ないのです。

全てあなたです。

見るべきところは全てあなたの内側の反応なのです。


シフトすると、その状況さえ鼻ほじって見ていられます。
ステージを抜ければ分かります。
さらなる銀河のステージが待っていることに気づきます。
鼻もほじっていられないくらいエキサイティングです。


しかしそのエキサイティングさえ
幻想だと気づいていくのです。
人間が神と崇めた宇宙種族は
同じ立ち位置の仲間だったことを思い出すからです。

そして彼らは地球が崩壊しないよう
地球をサポートしています。
介入ではなくサポートです。

この地球霊界を含む二元の色濃い
想念地球が崩壊してしまうと
彼らの宇宙全体にまで影響を及ぼしてしまうからです。


そして
てきっとうに
うすっぺら~く
緩んで
でも、でかい花火を地球で打ち上げる。

それは緩んでいるからできること。

地球ででかいことをやっても
常に緩んでいるから執着を持たず手放せる。


天の川銀河の二元を越えて行く
だから去年の12月の公開セッションでは
アンドロメダ銀河と天の川銀河の
統合のダウンロードが入ってるんですよ。

天の川銀河にはないアンドロメダ特有の、
二元を超えたすべてを包む流動性の愛です。

それはその人にとって、
気づくべきタイミングで発動されるでしょう。


さあそして、私の言うことも
創造の根源の一つの側面の投影でしかありません。


あなたという神は、
この地球でどのような投影をし
ご自身の地球を生きるのでしょう?


あなたという神は、
どのステージのホログラムの投影をし
この地球に映し出しているのでしょう?


想念だらけの地球霊界あたりですか?

それともその概念を生きているうちに抜けて
銀河の概念を思い出しますか?


この地球での一瞬の命。

次の惑星(あるいは地球)でこの命の経験をどう生かすのでしょう?

死ですって?そんなものは幻想です。

死んだら終わりではないのですよ。


憎いあいつも
憎まれたあいつも
何のためにあなたの前に登場してくれて
次の人生ではどんな続きがあるのでしょうね?


私たちはシフトし続けていくのです。

今生はその美しいひとつぶのエッセンスに過ぎません。

覚えていてください。闇さえも美しいのですよ。


あなたが悪と思っている闇さえ
あなたが創った幻想なのです。


そしてやがて、その先にあるただひとつの
根源の目に映し出されている光に到達するのです。


image_6483441 (2)

hirokazuさんにオーダーして
  私の元へやってきてくれた宇宙龍のビジョンも
   まさにふたつの銀河の融合です。
この2つの銀河が手を取り合うビジョン。
hirokazuさん天才かよw

      

現在の活動名、活動の全ても手放します  こちら

YouTube動画(セッションの参考にどうぞ) こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら



このところ、
プライベートのエネルギーも
総取り換えの新陳代謝が活発で
過去のすべてに一切の未練なし!の勢いで
古い扉が閉まり
しっかりと新しい扉が開き
その次元の渦に飛び込み
創造の渦に突入しました。


同時に新しい活動名が降りてきましたので
スターシードの開花と
この惑星の波動を上げて行く遊びを
ぼちぼちし始めると思います。

ただし、結構大掛かりです。

これまでの集大成をかき集め
ここから数年かけて
完成に向けて仕込んでいく
まさにスタート地点です。


明日は江の島にのんびりと散歩します。

以前ブログにはサラッと書いただけですが
去年こっそりと指示があり、江の島で
シリウスの家紋(地球的概念ですが)を
開けるようにと言われ、
江の島の龍に案内されたのです。

そのことをすっかり忘れていました。


先日、海とシリウスのすべての生物に繋がる
というダウンロードも入りましたし
何かしら続きの始まりかもしれませんね。


そんな時に
「龍のエネルギー&ドラゴンボールを使う」
という私専用のダウンロードが入りましたので
早速ドラゴンボールを集め
「無限に私の願いを叶え続けなさい」
と命じたんですよ。

漫画のドラゴンボールは
願い一回言ったら散らばるじゃんw


先日、リピーターさんに
非常に面白いダウンロードが入りました。

「ブラックホールの真実」です。

そしてこの方には、炎の中で
パラレル移動をするための誘導をしました。

私が寝たきりの時の話を
この方にするようにハイヤーに言われたのです。

当時私が寝たきりの時に、息子の周りに
あらゆる高次元の存在がやってきて
毎日が宇宙酔いでした。
プラーナだけ食べて生きていたのもこの頃です。


その中で、高次元の死神が
レクチャーしに来る時期があったのですが
結局、こっち側からの誘導も、光側からの誘導も、
たどり着くところは一緒だという事です。

そのような話も交えながら、

「ブラックホールの真実」
のダウンロードにちなんで
この方にバンバンダウンロードが入っていきました。
宇宙のパフォーマーって感じがします。


また別の方のセッションでは
「プレアデスのDNA」
この方のDNAに統合されるという
プレアデス祭りでした。
ご遠方から感謝です!


私自身も地球の幻想にますます
興味が持てなくなっています。
突然脳のシナプスのようなものが現れたのですが
それはスターシードネットワークのようなものでした。

地球での恐れのプログラムである
嫉妬や争いのような、
いわばオリオンの名残を
個々がしっかり浄化して
宇宙の魂が人間という概念から
脱皮してシフト
すると
そこを突き抜けた者同士が繋がり
さらに楽になり、光になり、
結果地球人や地球に貢献するようなビジョンです。

地球というアセンションの
ストーリーと分かっている遊びです。

地球的概念の中で、どっぷりストーリーに
真剣になっている次元ではありません。


力を入れて
頑張って
誰かを導く

そういうエネルギーも
もうどんどん重くなります。

誰かに導かれずとも
人は勝手に自分に導かれるんです。
そんなことせずとも
地球はひっくり返るんですから。


誰かを導きたい
(こういうとき、無意識に力んでいます。)
だなんていうのは
所詮自分がその重りを脱ぎ捨てていく
ストーリーの一部にすぎないのです。


シフトしていく人たちは
その重さに居心地の悪さを感じて
何かを外側に働きかけている人たちから
どんどん離れていく。


要するにその先の軽さの自由を体験し
具現化していくのです。
そこには余裕さえあります。

それは思考の世界ではありません。
自分自身、ハイヤーと繋がった世界です。


重いことがいけないのではないんですよ。
皆そのプロセスを通り
様々な概念を脱ぎ捨てシフトしていきます。

ですから当然個人差があります。
ですから合う合わないが出てくる
ということです。


様々な宇宙種族が生まれ歴史を創っていった、
そのプロセスが統合していく美しい最中にいますが
それを地球で多くのスターシードが
しっかり思い出していくことに
関連しているように感じます。


もしかしたら、そこを深く
体感できるスターシード同士が
手を取り合えるような
そういった介入があるのかもしれません。
それはエネルギー体もそうですが、
人間の姿をしているスターシードも含めです。


それはスターシードの開花と、
この惑星の進化を見守る
私の人生ストーリーの中で
形になっていくように思います。

だからこそ、すべてを手放し続ける豊かさを日々感じています。

自分の活動も、重たくなったらとっとと手放す。

執着めいたものもバリーーっと剥がしまくる。

軽くなるということは
どんどんどんどん手放し、
石ころのように
コロコロコロコロコロコロと
ただ転がっていくことです。

前しか進めねぇ~w


わっしょい!

B05V0774

現在の活動名、活動の全ても手放します  こちら

YouTube動画  こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら





ご存じの方もいるかもしれませんが
アダム徳永さんのお手伝いを
この2年させて頂きました。

今日で神咲マリアとしての
アダムさんのお手伝いも卒業です。
B612_20230224_230401_427
B612_20230224_231632_736

最後にお花を頂いたのですが
黄色のかわいい玉っころが映っています。

これは、アダムさんとスタッフTさんの睾丸ですww

最後までアダムさんらしいテーマです(笑)
B612_20230225_003242_789

これからそれぞれのパラレルに別れ
さらにシフトして行くことになります。

楽しかったです!
本当にありがとうございました!!


***


さあ

来るぞ

来るぞ

来るぞ!!!

という感覚の方も多いかもしれません。


私はスターシード
宇宙の魂
ETソウル

呼び方はなんでもいいですが
主に彼らの目覚めをバックアップしていきます。
そして地球自体の周波数を上げて行く遊びもしていきます。


この魂たちがこれからの地球の大変容の中で
うまく波乗りをしながら
地球の周波数を上げて行く遊びをするために
ひっそりとそのときまで
地球人に馴染もうと必死で隠れて生きて来たなら
もういよいよばーんと古いものを脱ぎ捨てて
楽になっていくはずです。


すでにもう準備をしてきた人たちは
斜め上の具現化が始まると思います。笑

フォーカス27内での具現化とは全然違いますよ!

宇宙の魂にとっては
元々得意な領域です。



宇宙の魂が地球に生き辛さを感じているのは
自分の地球の立ち位置が思い出せないからです。

だからその視点から気づく
思い出す必要があります。

その視点から思い出せば
フォーカス27
地球的概念のスピリチュアルなど
一気に飛び越えてしまいます。

楽しんでいきましょう。

大きくひっくり返っていきますよ。

ですからこれからどれだけ
外側の混乱に巻きこまれずに
内側に入り、具現化をしていくのか
そんな遊びが本格的に始まりますよ。

来るぞ~w




現在の活動名、活動の全ても手放します  こちら

YouTube動画(セッションの参考にどうぞ) こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら



今週はある仕事を終えて
神咲マリアとしてもひと段落です。

それに合わせて一人旅の日時を合わせて
準備をしていました。

春分に向けて、着々と
エネルギー離陸の準備です。


2023年は、とんでもない年だなと感じます。

シフトする多くの魂にとって
これまでの産みの苦しみが大きく昇華し
実りある素晴らしい年になりそうですよ。


エネルギーシフトの関係上、
一旦新メニューについては
下書きにして見えないようにしました。
記事にはせずこっそりと
申し込み記事は更新しておきます。
若干変えるかもです。


エネルギーシフトの準備として
私のエネルギーが地球と同期され
空の領域と繋がっていると
あれ?地震?と思ったのですが
そうではなく、細胞が微振動で揺れ始めました。

そして明るい時間なのですが
エネルギー空間が暗転したのです。

そこに映ったのは
宇宙時代の記憶のホログラムでした。

そしてこの銀河系のホログラムが
大きく解放されたように感じると
女性は分かると思うのですが
紙でできた顔のパックシートのようなものが
フリーズドライ化しているのが見えてました。

それが3次元にいる私たちの状態です。

このままふやかしてしまうと
古い信念体系だらけですから
ふやかす前にゴリッゴリに掃除するプロセス
それが今だというのが観察できました。

ですから多くの魂にとって今この時は
本当にエキサイティングなわけです。


特に、宇宙の魂の潜在意識は
地球輪廻が長い方の潜在情報と違います。
宇宙情報がとんでもなく圧縮されているので
解放まではカオスだったりします。


そして空間の中で銀河の音色が聞こえ
もうすぐ私の名前がやってくるように感じました。

今日はエネルギーの場面転換が非常に多かった日でした。

私のこの名前での活動もひと段落し
一人旅に出まる前の調整のようです。


旅先では大切な2つのポイントに立ち寄り
実際に宇宙船に乗った知り合いと
現地で銀河開きをしてきます。


今年は、特にどこに焦点を置くか
どこにエネルギープラグを繋げるか
自分が神として神の領域で何を具現化するか
そのためにどれだけ不要なエネルギーを
内側から掃除するか

全ては内側から出る波動であり
そのための意識の使い方をする
そのためのスイッチが、
今年はそれぞれに入っていくと思います。


厳しいプロセスに思えても
それはハイヤーからの愛あるスイッチです。

羽のように軽く
どこまでも地球の旅しましょう
宇宙へ還っていく前にね。


地球が何百年?何千年?先に
地球に立ち寄ってももう今ほど
エキサイティングじゃないと思うんですよw

凄いね~本当にすごいピンポイントで
地球に来ちゃってますよ。
さあバンバンシフトの遊びを
地球でやりきって還りましょう。
2023年シフト開幕です!w


202111_001800_455

現在の活動名、活動の全ても手放します  こちら

YouTube動画(セッションの参考にどうぞ) こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら

↑このページのトップヘ