高次のセクシャルへと導く 女神達のためのギフトセッション

Hello new earth! 宇宙の女性器からこんにちは あなたは、多くの人が 性という命の根源を封印してる時点で そこから見える世界そもそもが 歪曲しているということにお気づきでしょうか。 そして今生、目覚めのタイミングが来た方々に 私のセッションで高次元が介入し、 その次元から解き放たれていくことでしょう。

______________________

Hello new earth!

宇宙の女性器からこんにちは


あなたは、多くの人が
性という命の根源を封印してる時点で
そこから見える世界そもそもが
歪曲しているということにお気づきでしょうか。


今生、目覚めのタイミングが来た方々に
私のセッションで高次元が介入し、
その次元から解き放たれていくことでしょう。


リラ・サンクチュアリ ―

琴座リラの聖域から宇宙種族と共に
聖性の解放であなたの魂が

今生、解き放たれる....

______________________

2020/06


今週は2件新しい仕事の打ち合わせです。

魂の仕事と
魂の仕事を支える仕事

2つのバランスの両輪を取り
この激動の時代の中で
天と地を行き来しながら
自由に軽やかに、理想の生き方、
人生を創りあげたいと思います。


本当に大事な事はシンプルに簡単に決まります。
その時の状態は、
力がとても緩んでいます。


もちろんその中で

決意
行動

は必要ですし

無駄なく私自身の魂の設計どおりに動くために
自分を極めるための選択と行動、努力
自分(ハイヤー、直感)への信頼と
ハイヤーと共に自分の人生を進める
協力体制になっているかの一体感を
私自身も、長年深めていきました。


今が私の人生で一番楽しい
私を生きる宇宙時代の到来です。

私はこの時を
本当に待ちわびていました。


それを感じさせるような
先日は、いつも私のセッションに
来てくださるクライアントさんの
大変楽しい宇宙セッションになりました。


シリウスのエネルギーが突然降りてきて
その方のエネルギーを呼び覚まし
封印を解いていくと、とてつもない
クリスタルのクラスターのエネルギーが、
一面にその人を取り囲み

「一体なんだこれは!」
と思っていると

「セッション中断して、今すぐシリウス、クリスタルで検索して!」

と降りてきたので
クライアントさんと二人で見てみると
シリウスとクリスタルが縁が深いことが分かり、

私が見えたクリスタルと
縁のあるクリスタルのお話をすると
たくさんのことが
その方の中で繋がっていったようで

「もう降参です。」とのこと。
*魂の設計の通りに運ばれていたという気づき


その方のお家にもたくさん
クリスタルがあるそうなのです。

この方のお家にあるクリスタルたちは、
このクライアントさんのことが
大好きであることをお伝えし、

クライアントさんの自宅と
ご自宅にあるクリスタルと
シリウスのエネルギーを呼び覚ました
その方のエネルギーの全てを調整しました。


そして、この方の
魂のパートナーのエネルギーと
今の状態とあり方をお話して、
楽しくセッションが終了しました。


私自身も、スターシードKuさんのセッションより先に、
ヤンタラジロー氏のセッションを受けることにしました。


制限をかけた状態で
人生ゲームを楽しむために
封じ込めた宇宙情報を、
もう、解放する決意をしました。


その状態で、肉体を持った男女が
深い愛と官能を体験する
そのようなシフトをしていく体験を
数多くの男女にしてもらいたいと思います。


私自身も、さらなるシフトの中で
愛する人との貴重な時間を重ねて行きたいと思います。


この地球で肉体を体験する人生は
思うよりずっと短いのですから。


cffoaj4QJIW5KRd1592318679_1592319216

セッションメニュー&お申し込み   こちら

大晦日の大トリ、アダム徳永氏の登場です  こちら

神咲マリア!!テメェが気に入らねぇんだよ!!! こちら

性愛の女神イナンナより【冬至解放音源】のギフトです  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない①  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない②  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら

スローセックスレポート / 八代龍王の解放    こちら

スローセックス レポート / スターシードの光   こちら

スローセックスレポート / チンターマニ   こちら



いよいよ、今までにない目覚めが
私の中でも起こっています。

大変な状況とは、対極のマインドにいます。
ですから、起こることもとても良い流れです。


スターシードKuさんのこの記事は
とてもいいなと感じます。
というか、どの記事もおすすめです。

宇宙的存在の地球に馴染めない感覚を、
非常にわかりやすく言語化してくれていて
魂を呼び覚ます気づきが多いはずです。  

気づくだけで、シフトしていきますからね。





地球が生きづらい仲間たちへ
自分の存在に気づけば
この星は本当に楽しい。


自分の生まれてきた意味を思い出し
自分の本当の軽やかさを思い出し
自分を生きよう。


楽しく

軽やかに


あなたが輝く本番はこれからなのです。

network-3152677_640

セッションメニュー&お申し込み   こちら

大晦日の大トリ、アダム徳永氏の登場です  こちら

神咲マリア!!テメェが気に入らねぇんだよ!!! こちら

性愛の女神イナンナより【冬至解放音源】のギフトです  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない①  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない②  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら

スローセックスレポート / 八代龍王の解放    こちら

スローセックス レポート / スターシードの光   こちら

スローセックスレポート / チンターマニ   こちら



以前、地の時代を象徴するような、
社会的地位があり
物質的にも全てを満たすような
高級車に乗り、素敵なお召し物を
着こなされているお金持ちの方に
ヘルプで着いたことがあります。

(指名のホステスの変わりに
お手伝いでつくことをヘルプと言います)

その方は、私をバカにしたり、
からかうような言葉を発して
楽しんでおられました。

社会的に成功していても、
男性としてはとても未熟で
哀れな方だな...と感じていたのです。


後日、その方ともう一人、
私と仲のいいお客様がいらっしゃいました。

そして、

「この子が○○社長のお気に入りの子!」と、
私を馬鹿にした社長さんに紹介しました。

私を馬鹿にした社長さん、私を見て
「あ、この子が噂の・・・」
とバツが悪そうに言ったんですね。


要するに、つながりがあるのは、
お客様同士だけではない。
ホステスと、たくさんのお客様との
つながりでもあるのです。

この業界だけのことを言っているのではありません。


今までの地の時代は、
女性を蔑ろにしても
社会的地位は得られたでしょう。


しかし風の時代に突入し
陰陽統合の時代になり、
何かを蔑み優越を感じるような
歪みのある社会が崩壊していき
本質、本物を見抜き、見抜かれるわけです。


取り繕った美しい波動、嘘の波動が
どんどん明るみになる中で
この陰陽統合という新しい時代に
自分から湧き出る波動、美しくエネルギーを扱い
宇宙の叡智を自分の魂から降ろして生きているのか

その人の本質の全てそのものが浮き彫りになる時代です。


金、高級車、地位、
すべて身包み剥がされても、
自分を誇れるのか
本当に必要な人間から愛されるのかどうか
自分の弱さに直面しても
そんな自分を愛せるのかどうか


時代は、地の時代から、風の時代に
社会構造もゴロっと変化していくわけです。

まかり通ってきた権力などが
崩壊していき、コントロールされた世の中から
真実と本質をそれぞれが見抜いていく時代です。

だからこそもう嘘がつけない


自分軸を整え、チャクラを整え(自分のエネルギーセンサー)

人生の喜びを感知できる本来の感覚、

自分の魂の喜び、輝きを表現していく人が多い世の中になるように

私もセッションで貢献していく所存です。



自分の心と向き合い、自分の男性性を癒し、
女性性を解放していく
そのような男性を、

そしてそのような男性に
愛される喜びを知る女性を
増やしていきたいと思っております。


男性は、もうこれまでの
古い男性性を抱えたままでは
とても苦しいと思います。

そして、女の胸で男が泣けるような成熟さを
女性も培っていかねばなりません。


自分の中の男性性と女性性、陰と陽を統合していきましょう。


20200525_014538_628

セッションメニュー&お申し込み   こちら

大晦日の大トリ、アダム徳永氏の登場です  こちら

神咲マリア!!テメェが気に入らねぇんだよ!!! こちら

性愛の女神イナンナより【冬至解放音源】のギフトです  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない①  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない②  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら

スローセックスレポート / 八代龍王の解放    こちら

スローセックス レポート / スターシードの光   こちら

スローセックスレポート / チンターマニ   こちら


↑このページのトップヘ