トータルセッション3回コースの後
膣カルマを受けて下さったリピーター様より
再び喜びのご報告です。



地獄の中を歩いてこられた彼女。
処女であることにコンプレックスを感じていた彼女。


たった数ヶ月前とは見違えるほどの
エネルギーに変化されました。


魂の声を無視せず、魂の後押しに従い
変わろうと決意し行動を起こされたこの方は、
あなたのほんの先を歩いているだけ。
この方はあなたの未来です。


今、シフトが加速しています。
それに伴い、今、多くの方が
浄化の流れの中で一番辛いMAXのとき。


私も大きな浄化の中にいます。
私には私の魂のミッションがあります。

それは、女性の集合意識の
巨大な核と言えるエネルギーとの統合です。


ったく全然終わらねえなオイ!!!!

カルマが単にバージョンアップしてるだけじゃねえか!!!!


と叫びたくなるようなカルマが
私にこれでもかと向かって来ており
怒涛の解放劇が繰り広げられています。


毎日泣きながらもしっかりと
丹田と松果体に集中し、
統合し、シフトするたびに
この解放劇に慣れていきますので
淡々と波乗りをこなせるようになります。


全て自分が創っている世界ですから。
苦しみも全部ギャグです。


私は感情をしっかりと感じきります。
そしてどんな感情にも寄り添います。


だからこそ、涙は私にとって
その涙以上の倍の輝かしい
ギフト&シフトになって
私の元へ返ってきます。


自分の感情に嘘をつかなくなることが
喜びの中で生きる秘訣です。


自分の感情に嘘をつく。

それは何を意味するか?


あなたはあなたが感じたかった感情を
毎秒ごとに殺し、
そしてとうとう自分の感情を
分からなくさせ、
あなたは自分を死体遺棄したのです。

もうやめてあげましょうね。
大切なあなたをもっと労って
人間らしく生きましょう。

あなたの勇気、決意が、
この先の全てを変えるんですよ。


そして、もう根を上げたくなるような
カルマ解放があなたにやってきているとしたら
あなたにそれだけの人間力が
備わったからこそやって来れたのです。


おめでとうございます!


**


マリアさん


連日のメールになってしまいますが、
早速奇跡がおきました☆


先日の膣カルマの時に持っていった
アメジストのヨニワンド
昨日自慰していた時に
すっぽり奥まで入ったんです!


セッションの時は痛くて途中までしか入らず、
私の中でこのワンド使うのはまだ時間がかかりそう、
時期尚早だったかなと思っていたので、もうびっくりです!


**


マリア注:

処女である彼女には、
かなり太いと思われる大きさです。

このディルドのエネルギーを
入れることがメインでしたので
セッションでは先だけを入れ、
あとは私の指で解放していきました。


**


アメジストのヨニワンド
江ノ島の海水に浸けて江ノ島の
エネルギーを転写して帰ってきた
翌日のことでした。


ヨニワンドを動かして
気持ちいいポイントを見つけ
快感も感じるけど、
同時に右の卵巣あたりがキリキリ痛み、
セッションで出てきた家系のカルマ、
右というキーワードと通じていそう
と感じました。


ヨニワンドを入れた時
安心感に包まれて、ワンドから
もう大丈夫だよと子宮に優しく
語りかけてもらってるような感覚で
同時に感じても大丈夫と、自分の体に
許せるような感覚にもなりました。


膣カルマセッションが始まったと知った時、

受けたいけど処女の私が受けられるのだろうか?

自分の指も入れたことないのに、

人の指が入るって痛そうだし怖い

と思っていたのが
2ヶ月ぐらい前のこと。


思えばそこから1ヶ月もしないうちに
自分の指が入るようになり、
間に合わないかもと思っていたヨニワンドも
届いた状態で膣カルマも受けられ、奇跡の連続でした。


セッション中マリアさんが
私の膣に指を入れてくれている時、
初めだけほんの少し痛みと怖さはあったけど、
もう途中から指を入れてもらっている感覚がまったくなくて、
マリアさんの指と私の膣が一体になってるような感覚でした。


やはり膣カルマは今までのセッションと
格段に違うと感じました。
ハイヤーや宇宙の采配、自分自身に感謝です。


セッションの時お話した施設の男の子の
ハイヤーと今日コンタクトをとってみました。


**


マリア注:施設の男の子について。

彼女は看護師として、
施設で働いていらっしゃいます。

セッション後、意識のシフトの中で
彼女の思考の枠、思い込みが外れ
本来の彼女が蘇っていきます。

寝たきりの男の子を、

誰が寝たきりって決めたの?
立たせてあげよう。

と思い立ち、無理のないよう
医療スタッフ数人がかりで
立たせる練習をされたそうです。

現場は感動の拍手に包まれ
親御様からもとても喜ばれたそうです。


このことについて、彼女にもう一度詳しく伺いました。


**


S君はトリソミーという遺伝子の病気で
とても重い障害があり、
流産などで生まれてこれなかったり、
生まれてもすぐに亡くなってしまう子も多いような病気です。


脳の中枢的な障害があり、
生まれてからずっと呼吸器をつけていて、
手足や顔は動くけど、
首も据わっていない、
寝返りもできない状態です。


布団用の圧縮袋の中にお湯を入れ、
ウォーターベッドみたいに
S君をその上に乗せて遊んでいた時に突然、

立って足の裏の感覚や重力を感じてみよう!

と思いつき、医療機器を持ったり、
S君の頭や体を後ろから支えたりと数人がかりで
初めて立つ練習をしました。


リハビリの先生に今日この話をしたら、
驚いていました。そして、今日も
そのリハビリの先生と立つ練習をしました。


**


(マリア注:

そして、セッション後のお話の流れの中で
この男の子のハイヤーと
会話してみることをおすすめしました。)


セッションの時お話した施設の男の子の
ハイヤーと今日コンタクトをとってみました。
(の続きです。)


〇私がS君に出逢った意味

「肉体や人間的な世界を超えた愛を体験するため」

「人知や人々の想像も超えた先にある奇跡、自分自身の力を信じること」


〇私へのメッセージ

「(あなたは)もう大丈夫。このお別れはお別れではない。

お互いのステージが変わった。ただそれだけ。」


と伝えてくれ、仕事中で人もいたけど泣きました。


この子は4月に支援学校に入学するのですが、
私の住んでる市では、呼吸器をつけている子が
通学するのは前例がなく、この学校で初のことなのです。


学校の古い慣習、体制に苦戦しながらも
この子が通学できるよう、
ずっとご家族や私たち含めた関係者で
時間をかけて調整してきました。


私はこの子の入学、小学校に行ってからも
成長を見ていたいと後ろ髪ひかれる思いと、
看護師の私が施設から抜けることに対して
罪悪感があったのですが、
この子はすべてそれを見抜いていました。


この子のメッセージに大いなる愛を感じ、
私に力強くエールを送り、
背中を押してもらったように感じました。


やっぱりこの世界はすべて愛なんですね。愛に溢れている。

あぁこういう奇跡がこれからも続いていくんだな、
なんて素晴らしく美しい世界なんだろうとしみじみ思います。


ここ数日泣いてばかりいます。
これも私の大変化です。

今まで感じないようにしていただけだったんだと腑に落ちました。


昨日YouTubeに初の動画もアップし、
理由もなくワクワクしています。

何かがあるから幸せではなくて
なんにもなくてもなんか心踊る
この感覚今まで感じたことあったかな?

と思うぐらいです。


枠なんてないんだよ
自分で枠や制限作ってるだけ


そうチンターマニさんが教えてくれた通り、
枠がどんどんぶっ壊れています(笑)

(マリア注:チンターマニストーンとは
シリウスの隕石だそうです。)


かなり長くなってすみません。
またハイヤーや宇宙の采配で
然るべきタイミングで
膣カルマ受けさせてください。
マリアさん、いつもありがとうございます♡


explosion-1497200_640
セッションメニュー&問い合わせ   こちら

クリスタルフェザーワンドご購入  こちら

肉体を卒業した彼女のお話  こちら

あなたは戦いという概念を超えた
その先にある本当の強さを手にしていく  こちら

性と家系の呪いとカルマは、
宇宙視点で解除していけばいい  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら