私にとって私の膣は、
高次元の白龍たちが休める誇り高き場所。


聖なるお宮である膣は、しっかり保湿と膣マッサージを。

20210401_153550_494

わたくしの誇り高き場所を
粗末に扱うような男性は、
一歩たりとも立ち入ることはできません。

女性であるあなたは、そのような男性を
許し、受け入れてしまっていませんか?

もし、そうであれば、それは何故なのでしょう?


女性にとって聖なるお宮は
ご自分と向き合う場所でございます。


男性は、天運をあげるために
あなたというお宮にやって来たい、
心から休みたい、癒されたいと思えるでしょうか?


あなたはご自分の女性器をどう扱っていらっしゃるでしょう?


ご自分の神聖なるお宮を、
廃神社になさっておられませんか。


これはあなたの命の本質そのものの問いなのです。

20210311_205122_904
セッションメニュー&問い合わせ   こちら

わたくしは神殿巫女  こちら

肉体を卒業した彼女のお話  こちら

あなたは戦いという概念を超えた
その先にある本当の強さを手にしていく  こちら

性と家系の呪いとカルマは、
宇宙視点で解除していけばいい  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら



にほんブログ村 恋愛ブログへ