①からの続きです。


「あなたはリラから来ました。
スピリチュアル元祖の星です。
地球の何十億倍もスピリチュアルです。
そこからあなたは来ているんです。

あなたのハイヤーは3日くらい前から
ガッツリ僕にコンタクトを取ってきました。
夢の中にまで出てきましたから。

僕はベガでしょう?
同じグループだからお知り合いなんですよ。」


スターシードkuさんのセッションの際
その言葉をご本人の口から聞いた時、
私の魂の輪郭がはっきりし
眠っていた深いスイッチの数々が
音を立てるようにはまっていったのです。


そのような魂の情報を、地球用の次元に
肉体にまとめているわけですから
私の肉体が不安定なのは当然であり、

この全てを私が理解するまで
封印が解かれることはなかったのです。


例えばスターシードは
kuさんがおっしゃるように、
瞑想が苦手な方が多く
私も死ぬまでやることはないだろうと
そう思っていました。

しかし、魂のスイッチが入った瞬間
人生の全ての繋がりが見え、
必ず、何が何でも
内側から沸き起こるようにやりたくなるのです。
そこにはエゴが介入していないからです。

そして、「できない」というストッパーで、
できない具現化をしていたことに気づくのです。


いずれ、高次元とのコンタクトが
さらに深く静かに始まる気がしています。

そして私の魂の叡智の秘法が明かされ
これまでの序章が、明らかになるのだろうと思います。

しかし私はいつも通り、
淡々と一歩一歩を歩き続けます。


私は現在、必要以外の人と関らない時間を徹底しています。


人間の信念体系領域を出るために
私はひとりでいるのです。


私は私の魂と統合し、
魂の真実と共に生きていく為にです。


私の波動を上げることでしか
扉は開かない。


私が波動を上げることでしか
私の魂が求めている領域には到達できないのです。

B05V0786

能力があるにも関らず
表に出たくない女性は、
自分の叡知をコントロールされ
搾取されることを知っているんですよ。


だからタイミングがくるまで、
何も持っていないふりをしてきたんです。


しかしもう大丈夫なんですよ。

あなた方女性が本当の叡智を
解放するときが来ました。


パワーというものは、
それを使えるものにしか与えられない。

そして、パワーがない素振りをして
生きることは不可能なのです。


宇宙はこんなにも自由です。

昭和、平成、時代の重い波動、
コントロールをどんどん脱ぎ捨て
使命や、教義などの観念から解放され
「今ここ」の中でシフトしていく。

すると、とてもとても美しい内側の
創造のエネルギーを発見していくのです。


ですから、人と離れていくことを
怖がらない勇気、恐れの手放し
というものがやって来ている方は
恐れずそのまま進んで大丈夫です。

全て順調です。

崩壊の後には、高次元領域での再生が待っています。


多くの方は、問題やカルマを
なんとかしたいと思っていても
実際、その問題を楽しんでいるのです。

本当は問題を手放すのが怖いのです。

自我にとって、一番嫌なものは


です。自我にとって無は、死を意味します。

皆、問題を作り出して、楽しんでいる。
その周波数に入り込んで楽しんでいる。


そして、そのことによって
その人が本当に向き合うべきことから
目を背けられるメリットがあったりするのです。


ですからその領域からシフトしてしまった人が
パワーコントロールや
観念の中で生きていたい人と
深く関ってカルマを作り、
寄り道をする必要がそもそもありません。


ただその領域の中で生きている人を
尊重すればいいのです。


実際は何も問題などありません。
皆、それぞれのステージを味わいきって
遅かれ早かれ抜けていくのです。


私と同じように地球に、
情報収集をしにきているスターシードは
スピードの中で観念を超えていき、
シフトを止めることなどできないからです。


しかし、地球の概念を抜けたくない人は
自我がなくなることを
自分ではなくなると思っており、
その先に本当の自分と繋がることを
分かっていません。

分かっているというのは、
頭で理解しているだけという場合が多いのです。


多くの魂がこのステージを超えたとき
地球は大きく変わります。


続きます。

202111_001800_455

セッションメニュー&お申し込み   こちら

肉体を卒業した彼女のお話  こちら

あなたは戦いという概念を超えた
その先にある本当の強さを手にしていく  こちら

性と家系の呪いとカルマは、
宇宙視点で解除していけばいい  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら

スローセックス  ― 八代龍王の解放 ―   こちら