②からの続きです。


そのために今、地球は大きく動き出しています。

外側のカオスのような事象が
それぞれの個を揺さぶり
自分と向き合う機会がやってきている。


地球という小さな意味付けの中で
どれほど地位や名誉を得ても
それは自我というキャラクターが
地球という枠で遊んでいるに過ぎません。


多くの魂が、宇宙から見た
地球の中の小さな意味付けから
解放される時がやってきているのです。

そして魂と手を取り生きていく段階に入っています。


生ぬるい人生を終わらせようと
魂と繋がるための一見問題とも思えることが
それぞれにやってきているかもしれません。


そこで初めて、性に行き着く人もいるでしょう。

究極の核である命の根源に。


各々、必要な解放が起こっています。
魂の記憶を思い出すためにです。


それを思い出せないからこそ
優越や自己顕示欲で
なんとかしようとする人も多いのです。

しかし、その自我を手放していかないと
魂の求める次元にはたどり着けないのも事実です。


私は今、私が何者でもなくなっていくことが
とてつもなく楽しいのです。

私の自我はまるで光に返る亡霊のように
どんどん抜けていく。

私から何もなくなっていくことが
この上ない喜びであり、
私と思っていた観念が軽くなっていくほど
魂の力が沸いて来るからです。


むしろその光と繋がってしまったら
サレンダーという無敵のパワーのほかに
人生で一体何が必要だと言うのでしょう。

1636280842350

「地球という中に
この狭いこだわりがあるからこそ

悩み

苦しみ

執着できる

この想いを味わえる。

わかってしまったら???

味わえない

という恐れすら今はあるよ。

なんか不思議な局面に来てしまった

そんな気分だよ」


と私の魂友が言いました。


「そこを超えたらあなたは、
内なる神として最強な自分になる。
私はそのステージを超えた人と遊びたい。」


そう伝えました。


幻想を超えるために地球に来たのです。

幻想 それはすなわち、
一人ひとりの脳内クラウドの情報です。


「そしてあなたがその恐れを超えると、
そのステージを超えたところにいる
異性との発展が待っている。
その始まりは、あなたの魂にとって、
本当に素晴らしいことだと思う。」


とも伝えました。


今、彼はそのステージを
超えていく地点にいながら、
アダムさんのプライベート講習を習うという
大切なタイミングが来ています。


私は楽しみにしています。
この地球でこれからどんどんシフトしていく
魂の仲間たちの光と対面できることを。


私は光の中で、神我で繋がるセックスをします。
セックスは当然スローセックスが基本となります。

内面と向き合いシフトを進め、
ご自分の波動領域を広げているプロセスを
歩んでおられる男性とのスローセックスは、
エネルギーの共鳴が全く違います。


そういう方としか、
もう私はスローセックスをしないと
宇宙に宣言しています。


これから地球は、本当にシフトしていくのです。


私は自分が肉体を離れる瞬間が
どのような感覚か分かっています。


それを地球では死と言います。


私は大きな喜びの中で
肉体を離れていくのです。


地球の光の中で
私の欠片である外側の鏡を統合し
光と共に生き、光の中で肉体を離れ
心から清々しい気持ちで宇宙へ帰りたいと思います。


生きることも死ぬことも
どちらも喜びであり
そしてその全ての統合が性なのです。



この写真には、宇宙の仲間たちが一緒に写っていますよ。
B05V0792

セッションメニュー&お申し込み   こちら

肉体を卒業した彼女のお話  こちら

あなたは戦いという概念を超えた
その先にある本当の強さを手にしていく  こちら

性と家系の呪いとカルマは、
宇宙視点で解除していけばいい  こちら

アダム徳永さん / 女神セッションレポート  こちら

スローセックス  ― 八代龍王の解放 ―   こちら