【その4】【その5】
11匹の宇宙猫へ銀河のダウンロード ― Cat Galaxy ―

動画アップしました。


動画の中でも話していますが
人間はあらゆるものに観念をくっつけ
思い込みで投影し
3次元の幻想ドラマにはまっていきます。


これは、ミホトクリエーションの
すみえちゃんから以前聞いたことですが
僧侶によって描かれた砂曼荼羅は
描かれた後、すぐに壊されるのだそうです。

諸行無常を意味しています。


私という琴座の生き方もそうです。

常に0ポイントに戻ります。
0に何をかけても0です。

なおかつそこからさらに内側に入り
空間爆発をさせて次元をシフトして行くのです。


地球人生は暇つぶしと私は言っています。


これは、自我が自分と思っている人には
さっぱり理解ができない世界かもしれません。

「最後は自分などいない」

「どれだけ覚醒しても、どれだけ悟っても
それすら最後は意味がない」

と言っても、
思考で調和を頑張って取ろうとする方や
シフトの最中の方には、
わからないかもしれません。

それでもいいのです。

シフトの中で分かっていくことですから。


この世は幻想であり、
この幻想世界で暇をつぶして
琴座の高度な遊びをしながら、
その高度の遊びの中で、

若かりし頃のプレアデス
若かりし頃のシリウスなどの種族たちの
宇宙時代のカルマも解放しながら
その意味が分かっている宇宙の魂が
ドラマに入らず光を放って
結果、地球という星がシフトしていく


そして、私のこの感覚を理解し、
その感覚を生きる人を増やし
地球の幻想ゲームを終えて
地球を去ったあとは、
他の惑星で、再びいろいろなものを
瞬時に生み出す、それだけです。


地球がある程度アセンションした後に
暇つぶしにまた、スパイスという材料を取りに
地球に遊びに来るかもしれません。

もしくは、宇宙に還って、
今の地球人のような若い種族に
チャネルを通して叡智を交信するのかもしれません。


しかしそれすらも、ストーリーである、
ということを前提で言っています。


生まれたときには
大きく大きくぶれていた軸が
人生をかけて、駒のピークの動きになる。

それは、激しく動いているのに
止まって見える。

この深い美しい世界は
この地球でしか味わえないでしょう。


私が地球でそれを極めれば極めるほど
それを体現する仲間が増え

違和感を感じる人が自分の目の前に現れたら
それはまだ、自分の中にある要素として
淡々と浄化する、するとその相手は離れていく

そうやって自分を極めシフトして行く

これがどれだけ美しいことか。


ギッチギチの隙間がない宇宙空間とは違い
地球という隙間
それは時間の中にある「休符」を使う事です。

内側に入るということは
あえてこの「休符」を自分から創り出す
ということです。


動いて動いてたくさんのことを
外側に発信しても
人から見向きもされないのなら
あなたのハイヤーは、あなたに内側に入り
休符を使いこなせと伝えているのではないでしょうか。


内側に入る休符のエネルギーを
使いこなすことの方が
よっぽどエネルギーを要する、ということを
みなさんにお伝えしたいと思います。


素晴らしいシフトの気づきになれば幸いです。


***

みと宅の氏神さんは繁栄を運んでくれますが この家の猫さんたちの「招き猫」の エネルギーがリンクされ 琴座ベガの秘法がダウンロードされました。
環境はすでに、すべて整っているのです。

そのことを、外側ではなく
ご自身の内なるハイヤー(神)が 自分自身の内側を整える環境を
創り出してくれたのであり

それは、氏神が凄いのではなく
本当はみとちゃんという内なる神がすごいのです。

そこに気づけば、あとはいかに自分の内側
人間の内側を整えるかに、気づくはずです。








スターシードが自分を思い出すことの大切さ  こちら

YouTube動画(セッションの参考にどうぞ) こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら

宇宙時代の性にフォーカスしたライトランゲージ
【解放&ダウンロード音源】です  
こちら