宇宙を思い出すということは、
地球的概念の高次元に入り浸ることではありません。

直線的な過去生などのストーリーに
悦になって入り込み
その中で力を保持することでもありません。


多くの方はいろいろなセッションで
自分がどの惑星から経由したのかを
知っている人も多いでしょう。

宇宙を思い出すきっかけとしては
それも大いにありですし、楽しいことですね。


しかし、統合、覚醒とは
自分が高次元惑星から来たのであれば
尚の事、目の前の不満もすべて神として
自分が創り出し続けたことを認め
認めたくないことを認め続け
人のせい、環境のせいにすることを潔くやめ、
自分の内側を、観念をクリアにし続けることです。


この地球でそうやって高度な遊びをして
信念体系から出ることもできることが
空間爆発をさせて次元をシフトして行ける
スターシードならではです。


そして時には、認めたくないことさえ
受け入れてあげる
そういった力量も育てる力が必要です。


私は琴座から来ています。
地球より50億倍スピリチュアルで
次元を落として地球に来ている以上、
私というキャラクターはどんなにあがいても
死ぬまで大したことがないということです。


その中でどれだけ琴座の叡智や統合の世界を
このシフトの始まりの地球で、表現して遊ぶか。


今私は1日5時間ほど瞑想していますが
何かを大きく生み出すときは
それだけ内側に入り、「止まる」ことを要します。


大きなことを成し遂げるには
それなりの時間を要するのです。

熟成もそうですよね。
何かに手を加えず、寝かせることです。


一瞬でダウンロードし、
瞬時にシフトしてしまうため
私は無駄な動きを一切しません。


0に1億かけても、100億かけてもただの0なのです。

すべてのことに意味がないのです。


1に何かをかけて頑張り続け努力して努力して
懸命に価値という意味付けをして
何かを手に入れるような人は私のことが大嫌いでしょう。


そもそも、すべて0であり
すべてに意味などないと分かっている
私のようなスターシードと
比べることがそもそも時間の無駄です。


しかし、無駄な動きを一切しない私にとって
煌びやかな世界で一生懸命自分の存在価値に
重きを置いている人にとって
私のような生き方ほどつまらないものはないと思いますよ。


しかしながら、私の生き方そのものに
大変な豊かさ、味わい深さがあることを
知っているからこそ
それをやってのける私が大嫌いだとも言えます。


私が大嫌いな愛すべき方に

すべてを手放し続ける覚悟はありますか?
例えば、自分のすべてを表している肩書を手放し
何者でもない自分ととことん向き合い
ちっぽけな自分を心から愛せますか?

手放したくないものが
そもそも幻想であり、
何も意味がないことを受け入れられますか?
その中で沸き起こる感情を浄化し続けられますか?

とお伝えしたいと思います。


シフトとは、覚醒とは
どんな自分の感情と向き合い続け
統合し続けることです。


私のハイヤーは、

「あなたが死ぬときは、
そろそろ行こうかって声かけるから」

と私に伝えてきています。


この肉体は有限です。
地球での幻想ゲームは有限です。

だとするならば
いよいよ真剣に私は、
この地球で遊ぼうと思います。


しかしながら、動かない熟成こそ
地球での高度な遊びであることを私は知っています。


やがて私の元に、正しいタイミングで
私と共に動いてくれるパートナーがやってきます。

止まること。それは静と動の統合です。
ゾーンに入ることです。

この叡智を熟成させ、実りを待ちたいと思います。


今、私の仲間が着々と自分を見つめ、
力強くシフトしようとしています。

これは私にとって、心からうれしいことです。

仲間たちと共に、いよいよ来年以降、
真剣に楽しんでいきたいと思います。

1636284202602

スターシードが自分を思い出すことの大切さ  こちら

YouTube動画  こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら

宇宙時代の性にフォーカスしたライトランゲージ
【解放&ダウンロード音源】です  
こちら