私の新たな探究は

多くの老若男女がもっと簡単に
信念体系を変える方法

です。

いかに多くの老若男女が
もっと簡単に信念体系を変え、
自分が神であることを自覚し
目の前の現実を創造するかにフォーカスできるか

ということです。
もっとエネルギー薬剤師的な処方が必要なわけです。


私が寝たきりから回復してきたとき

「あなたのやることは
別にヒーリングがメインじゃないからね。
もっとエネルギー薬剤師的なことだよ。」

とハイヤーに言われたことがあるんですね。

私自身、今も自分自身をヒーラーとは思っていません。


宇宙的過ぎず
かといって地球的過ぎず

そのための働きかけをするにはどうしたらいいか?

この時に来た言葉は

「リラ(琴座)に始まりテラ(地球)に終わる」

です。

ああ、やはりそれか
と感じました。

ここが私の目隠しされてきたところだからです。


宇宙的過ぎず
かといって地球的過ぎず

ということを人々に働きかけていくためには
これから本格的に私が
瞬時に、太陽系や宇宙を
行き来する必要があります。

ここまで突き抜けないと
宇宙的過ぎず
かといって地球的過ぎず
というこの両方のエッセンスを創り出せないのです。


今はそのことについて、
日々宇宙と行ったり来たりしながら
情報を引き出すために
現在、急ピッチで私自身の信念体系が
書き換わっているため
エゴの解放が一時的に
カオスになったり虚無になったり
寝っぱなしの状態が続いています。

これが去年だったら
耐えられない情報量とエネルギーです。

ここから私の信念体系の解放劇は
数か月続きそうです。


私たちがどこに意識のエネルギーを向け
ひとりひとりが神として
真剣に現実を具現化するのか?

そのために、神と自分は切り離されている
という信念体系を
どのようにして解放するか。


ひとりひとりが神として真剣に現実を
具現化するとはどういうことか?

それは信念体系をクリアにすると
はっきりと体感できる
ということを当たり前に
一人一人が体感していくには
どういった働きかけをこれから
多くの人にしていけばいいのか。

ということを、さらに
突き詰めていくことになりそうです。


今まではフォーカス27の中で
それをやろうとしていたのです。
地球的概念の高次元の中でです。

そうではなくて、
私自身がそこから出たところで
多くの人に働きかける必要があったんですね。
それは、魂の契約さえも越えたところにある。

ようやくその決意をして
パラレルが大きく動いたという感じです。


ここまで私が開いていくのには
時間が必要でした。

波動が高すぎる情報は
人間としての意識の拡大が追い付かないからです。
人間としての経験値ももちろんあります。


花は咲くべきタイミングで咲きます。
そしてそれは1度きりではありません。
あなたもそうです。


今年は違った扉が私自身も開いていきそうです。

B612_20221116_190410_100

スターシードが自分を思い出すことの大切さ  こちら

YouTube動画  こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら

宇宙時代の性にフォーカスしたライトランゲージ
【解放&ダウンロード音源】です  
こちら