あなたが影響力のあるセッションを
いくつか受けるとします。

そして自分の過去性は
銀河も含めこうだった
とワクワクするとします。

そしてその過去を追求し始める

それも悪くありません。


しかし意識しておかないと
そのストーリーに入り込んでしまいます。
そうなると、その枠組みを
自分で無意識に創り始めますから
やはり重くなりがちです。

神ってそんなにいろんなもの
握りしめてませんよね?(笑)


自分が神ということは
それすらはるかに超えたところで
過去という「幻想」に影響されずに
創造し直すことができる
とお伝えしたいと思います。


影響力のある人のセッションを、
例えば5人受けるとします。

それぞれ、違う側面から
リーディングをするので
とても参考になるでしょう。


が、今回のこの時期に
地球に生まれた魂は
その枠さえぶっ飛んでいけます。

そこを思い出す必要があります。
というか、そうでないともったいないんですね。


その5人(例えばですよ)の
影響力のあるセッションを受けても
それぞれ、その人から見た側面を
かき集めたところでしか追求できない。


もちろん自分という神を思い出す通過点
と捉えているならまったく問題ありません。
むしろ活用するといいでしょう。
自分という神を思い出すまで。


そして受けて来たセッションから
様々な側面が見えてきたとします。

でも、最初からそんなところを
越えてしまうものの見方が出来たら?

結局、そこだよねと思ったのです。

そこに働きかけ、シフトしていく魂が
飛躍していけるもの
これだよね、とハイヤーと話したんです。


以前、kuさんのセッションの中で
琴座は千手観音のように
いろいろ手を伸ばせる、
(あれこれこなせる、
器用だという意味です。)
ということを、私のステージに合わせて
説明してくれました。


だからこそ、止まる時間を
ハイヤーは持ってくる。

止まるということを
どう私というキャラクターが
体得していくかを。

そしてその意味とは一体どういうことかを。


あえて、無駄な時間を過ごさないように
ここ数年、ひたすらその時まで
私というキャラクターエゴを
止まらせていた、というかんじです。

いろいろ手を出しそうになると
さっと引かせるわけです。
違和感というサインで。


結局私がフォーカス27、
地球的概念の高次元の中で、
人と関わり何かをしようとしても
私という宇宙が創り出したいものは
もうこの次元には何もない。


いくら器用にあれこれしても
結局、私のすることは
地球的高次元の中でエゴを肥大させ
プライドを手放したくない
フォーカス27の中で満足している
(フォーカス27以上を見ないようにしている)

という次元の中にいる人たちに
働きかけるものではないからです。


自分が神としてこの地球で
生み出す、具現化する
そのために、内側を
信念体系含めてきちんと浄化していく
それを自覚している人たちに向けて魔法を使う。

そのレベルの人たちに何かを働きかける。

だから私は限界を突き抜け続ける必要があったんですね。


千手観音の束を、ひとまとめにして
フォーカス27以上に
突き抜けていく人たちのために
ドーン!!!と働きかけた方が
手っ取り早い、ということです。


今後その次元で、本格的に
千手観音のあらゆる手を使うのは
私と共に動いてくれる
パートナーが現れてからかもしれません。


正しいタイミングまで
全て待つ。

エゴは苦手かもしれませんが
これも高度なスピリチュアルです。


最近、魂友に言われたのですが

「本当に、あなたみたいな人が
家の中で、ただひとり、ひっそりと
内側に入り続けているっていうのがさw」

とウケてたんですね。

そのうち、私がここから現実を
もの凄い勢いで全てひっくり返していく
ということを知ってるんです、この人は。


自分が神として創造するということは
誰かに言われたことの影響すら
出たところでの創造です。

あなたはそれを忘れてしまいましたか?


地球輪廻の中でそれを
思い出す旅は楽しめましたか?

もう思い出したらいかがでしょう?


その働きかけをどうしていくのか
私自身、ちょっと楽しみです。

斜め上の方向に向かっていく地球での遊び。
エキサイティングですね~。

B05V0932

YouTube動画  こちら

セッションメニュー&お申し込み   こちら

宇宙時代の性にフォーカスしたライトランゲージ
【解放&ダウンロード音源】です  
こちら