ET種族と共に高次のセクシャルへと導くギフトセッション

Hello new earth! 宇宙の女性器からこんにちは あなたは、多くの人が 性という命の根源を封印してる時点で そこから見える世界そもそもが 歪曲しているということにお気づきでしょうか。 そして今生、目覚めのタイミングが来た方々に 私のセッションで高次元が介入し、 その次元から解き放たれていくことでしょう。

______________________

2023年1月現在

今後は私自身の活動名も
現在の活動も(ブログも含め)全て手放し
全く別のところで活動していきます。

セッションはこのまま続けますので
すべて移行するまではこちらで承ります。


全てを手放すって超軽い!!ww

さーて、ここから人生ごと
まさにパラレル、
タイムラインごとひっくり返して
スターシードならではの遊びを
本格的に始めますよ~

これまで関わって下さった皆様に
心から感謝!

______________________

カテゴリ: リラ・サンクチュアリ ― 聖なる性の神秘の奥義 ―ご感想



リラ・サンクチュアリ性奥義セッションでは
2ヶ月サポートの最終日に、
遠隔ヒーリングを行います。

(その後、まだトータルセッションを行います。)


ウッペさんから遠隔ヒーリングの
とても素敵なご感想を頂きましたので、
ヒーリング内容と共に
皆様にご紹介させて頂きます。


彼女はご自身が決めて来た変容を
夏至までに済ませました。

彼女の魂が決めて来た「設定期限」を
彼女はクリアにし、魂との約束を果たしたのです。


ウッペさんの関連記事はこちら





おもしろいことに、実はその前日に
シリウスの仲間である、ちーなさん



と、石垣島のクリスタルを使用して
宇宙種族と共に、たくさんのUFOが飛び交う中、
とてもパワフルな遠隔ヒーリングを
共同創造したばかりだったのです。


石垣島のクリスタルとレムリアの
エネルギーコードを繋げたのですが、
それは、ちーなさんと私が
約束してきた共通コードであり
それを呼び覚まし発動させるためのものでもありました。


そして、ある時空に到達したとき、
ここは遺伝子構造の科学(シリウスの叡智)
であったり、宇宙種族の遺伝子光化学や
そういったデータがある場所であり

このデータを取りに来て
そのエネルギーを使い、
人々にヒーリングを行ってもいいよ
と、宇宙の家族に言われたのです。


(こちら、どなたでも受けて頂けるよう
メニュー化しますね。)



この完璧な一連の流れの後すぐに
ウッペさんの遠隔ヒーリングを行う形となりました。


今回、ちーなさんとの共同ヒーリングも
ウッペさんに行ったヒーリングも
共通しているのは、プレアデスとレムリアでした。


***


ウッペさん


こんにちは。
遠隔ヒーリングが終了致しましたので
内容をお伝えしていきますね。^_^
 

お好きな時間に「受け取る」と意図して
受け取って下さい。


今回はやはりプレアデスを中心とした
レムリアのエネルギーの中で行いました。

どのようなヒーリングになったかお伝えしていきますね。


メサイアをウッペさんの松果体に当てると
頭上から光の柱が降りて、
メサイアを通してそのエネルギーが
松果体、そして頭全体を癒して
必要な変容を起こしています。


プレアデス、すなわち
レムリアのエネルギーがメサイアを通して、
ウッペさんの松果体へと流れ込んでいきます。


ウッペさんが、本当は元々知っている古代の叡智と
現代の、これまで培ってきた経験に基づいた知識を
最高最善に、エゴではなく、ハイヤーと一緒に
その方法を古いパターンではなく、
例えば、何かをやらなきゃいけないと
駆り立てられるような力んだ状態ではなく

これからの新しい地球の中で
あなたの魂の喜びと共に
それを発動させていく、その
呼び覚ましのダウンロードが入りました。


プレアデスのオクタヒドロン
(正八面体)のエネルギーが、
ウッペさんの子宮の中に入っていきます。

そして、あなたがおっしゃっていた


おっしゃっていた舞というのは
男性を触ることに対してでしたが
それだけではなく、あなたの人生の中で
舞という、まさに女性性のレムリアのエネルギーが
最高最善にダウンロードされました。


そしてあなた本来の舞というものは
「自然」のエネルギーなので、
舞のエネルギーと共にあなたの人生を
喜びの中で舞いながら生きていく感覚

女性という喜び、その感動を実感しながら
体現しながら、その感動を
自分が楽しむことによって循環していく、
その感覚の呼び覚ましの
ダウンロードが入りました。


そして、遠隔でウッペさんの膣の中に
指を入れ、光を循環させたのですが、
女性性を使っていた時代の
傷だったりトラウマだったり
力を封印してしまった要因が解放されました。


そして、あなたから高次元宇宙との関係を
悲しみの中で断ち切ったような
幻想が残っていたとしたら、
それも解放されていきました。

(これは高次元側、地球側、で体験した両方です)


すると、みぞおちの部分から
銀河のエネルギーが見えましたので
そのエネルギーを癒しと共に調和させていきました。


そして迷うことなく、
今生あなたが設定してきた
やると決めて来たことを、
もうあなたは知っている。

このセッションで様々なエゴという重りを
取り払って来たことによって、
これから魂の底からわかるようになる、とのことです。


先ほども舞という言葉が出てきましたが
流れるように、必要な物事であったり
人であったりを、繋げていくヘルメスのような、
繋げたら次、繋げたら次、というような

必要なことが終わったら躊躇なく去っていける、
というような本来のあなたの力強さを
最高最善に呼び覚まし
ダウンロードが入リ、全体を整えました。


そして、それを一番ダイレクトな
「性」というものにどう繋げていくのか、
その叡智とその方法の
呼び覚ましダウンロードが入りました。


そしてレムリアの光の中で
様々なあなたの宇宙の家族があなたを囲い
あなたにエネルギーを送っています。


あなたが決して慌てることなく
魂の設定を歩いていけるように、
すべては、宇宙と種族との
連携で成り立っているので
何も慌てる必要はない、ということを
あなたに知ってほしいと言っています。


そして光の中でどんどんウッペさんの体が浮いていきます。


そしてさらに眩い光の中で
あなたの体が包まれています。


これからやるべきことを
どうすればいいのか、
種族と相談できるように
そういったコンタクトを、
例えば寝ているときなどに取るそうです。


起きている状態の脳波でも
サインは送っているので
それをキャッチできるようにするために
この2ヶ月間の掃除は非常に大切だったそうです。


すべては、あなたひとりではなく
宇宙種族との共同創造であることを知ってほしい、
何が起ころうとも、あなたにとっては
最善のことしか起こらない
ということを認識してほしいとのことです。


何か新しいことをするときに
古いパターンを手放さなくてはいけない、
それはこれからも起こります。 

しかし、古いパターンを手放すときに
エゴが抵抗するので、抵抗すると
そこに痛みを感じるわけです。


そこは、感情を浄化という
同じことをしていくだけですね。^_^

パターンが変わるだけで、やることは一緒です。


これを多くの人は知らないのです。
すべてはフラクタルのパターンであると。

頭で知っていても、
体験して抜けていくのとは
まったく違うということを
多くの人は知らないのです。


いかに古いパターンをスッと手放していけるか
そして、軽くなって宇宙の意図、
あなたの魂の意図、とつながっていけるか
ということにフォーカスできるよう、
思考の大掃除が必要だったわけですね。


今回の地球の人生というのは
長い長い永遠の魂の旅のひとつにすぎません。

所詮あと何十年しかこの地球には滞在しないのです。

永遠の中では、この地球人生は一瞬なわけです。


そしてエゴで力まないように
軽やかにエネルギーを舞いながら
女性性の中で舞を踊るように
そちらがメインで、バランスを取りながら
ロジカルな男性性で物事を考える

そのバランスの調整が入りました。


仙骨から光のコードが入り
母なるエネルギーに癒されながら
プレアデスによるヒーリングが行われ
癒しの中でゼータも出てきました。

これは、かつてのウッペさんの中にあった
ゼータの記憶が浮上し、この癒しの中で
それが溶かされて光に還っていきました。


「すべては完璧な宇宙の旅であり
様々な種族たちが、創造の光の
元々ひとつの意識に還っていく
美しいプロセスの中にある。

それを知ることが、あなたの旅を、
より深い深い愛と光に導くだろう。」


そのメッセージを受け取って
ヒーリングを終了致しました。^_^


マリア


***


マリアさん


遠隔ヒーリングありがとうございます。
昨晩、受け取りを意図して眠りにつきました。


秘儀が終わってから、
ずっときていなかった生理がきて
さらに昨日は朝から体がだるく、
体の浄化がやってきたんだなと横になっていました。

昨日はとても不思議な1日でした。


---

少し休んだら体が楽になったので、
また枕と毛布で男性を作り、男性に触れるイメトレ。

やっと迷いなくスムーズに動けるようになり
ほっとして、作った男性の上に仰向けになって
横になりました。


その時、腕の部分を自分の身体にのせると
包まれているような感覚になり、
やっと私は私と統合したんだなと
思いながらひと眠りしました。


目が覚めて起きようとしたら、今度はめまいが。
7年ほど前によくめまいになっていたけれど、
久しぶりに出ました。


午後からもほとんど動けず、
けれど、横になっていると
普段、無意識で使っている言葉や思考、
以前の記憶の中に潜んでいたパワーコントロールが
次々と浮上してきたので、解放していきました。


半分寝ているような意識の時に夢を見たんですが
そこで、平家物語の冒頭の部分を突然言いたくなったんです。


「祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。…」


まるでパワーコントロールの解放そのもののようだと感じました。


これの続きが夢の中では曖昧だったため、後から調べ、

「――おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
猛き者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 」

と、子どもたちの前で何となく口にしていました。


その後、マリアさんの遠隔ヒーリングのメールを読み、
夜寝るときに、受け取りますと意図して寝ました。


夜中に一度目が覚めて、その後再び入眠する時、
体が浮上する感覚がやってきて、
そのまま抵抗せずに任せると
辺り一面が明るい雲の世界にやってきて、
私は嬉しくて駆け回っていました。


その後、いくつかのシーンが過ぎ
タントリックヒーリングの練習会のような場面に。

参加者のある女性の幼少期の映像が
テレビかスクリーンのようなところに映し出されると、
その女性は見たくなさそうにしていたので、
私が対面座位でハグをしました。


すると私の腰がガクガク動き出し
恐ろしいエネルギーの塊が私の子宮に入ってきて、
それが上に上がり、口から出す、
というのを3回繰り返しました。


夢の中では、相手のエネルギーを
拾って浄化する能力が開花されたのだと
驚いていたのですが、
起きてから、私がハグした女性は私自身で、
子宮にため込んでいた古くて重いエネルギーが
解放されたのだと感じました。


---

こんな感じでいろんな事がやってきて

昼間休んでいる時に同時に
ヒーリングを受け取っていたのかな、とか

それともヒーリングを受け取る前に
大掃除をしていたのだろうか、と思ったり

また、夜中の夢も、遠隔ヒーリングと
リンクしているように思いました。


体調は、耳鼻科に行ってお薬をもらってきたので、
今は落ち着いています。


遠隔ヒーリングのメールを何度も読みながら、
宇宙種族との連携、そして自分自身との信頼を、
より力強く感じることができました。


自分の内側からやってくる喜びの舞を、
素直に溢れ出させていこうと思います^^


それからファンデーションのメッセージ、面白すぎました笑


ありがとうございました。


***


今回のめまいはおそらく少し質が違い、
エネルギーの変容によるものも
大きかったかもしれないですね。


ウッペさんの7年前のめまいも、
スターシード特有のエネルギーデータベースと
3次元的な感情の圧縮によるカルマや 
様々な要因があって
起こっていたように思います。


それが今回、大きな変容と解放が
めまいという形で起こったように感じました。


もちろん、私たちには肉体がありますので
臨機応変に3次元的治療で
ご自身をいたわることも大切です。


kuさんの大変面白い記事をリンクします。



「アセンションお婆さんの健康アーシングwww」


五年あたり前、この母親は80歳になったときに、ババジテクニックをじかにやって、強烈にカルマをその場で出して、病院に運びこまれた経験があります。笑


もちろん本人の許可があってじかにやったのですが、相当の解放がその時起きてびっくりしていました。

 
kuさんのババジテクニックは、
今までなかなか届かなかった
カルマを刺激しますので、
何が飛び出すかわかりませんとおっしゃっています。

kuさんご自身が、ババジテクニックの瞑想を
毎日半年ほどされていたとき、
シャツが黒焦げになったそうです。


ですから、シフトしていく過程では
その人のタイミングで
3次元的な治療からも
シフトしていくよ、ということです。

それが目覚めであり、ライトボディでもあります。


しかし、そこに期待が乗ってしまうのはエゴの領域です。

そのエゴをどれだけクリアにしていくか、ということですね。


ヒーリングは時空を越えますので
様々なことがリンクしていたのだと思います。


最後のファンデーションのくだりですが、

「その後の頭の重い症状なんですけど、
最近、あることに気づいてそれをやめたら
不快さが3割減くらいになりました。

何をやめたかと言うと
化粧品のファンデーションなんです。


どうも成分に酸化亜鉛が入っていると
頭が重くなると気づき、調べたら
アレルギーの原因になることもあるようで、
先週の水曜日に気が付きました。

歯ブラシを救出した翌日です!笑


これもアップデートかと思って
今、他の商品を探しています。

まだ完全になくなったわけではないけれど
こうやって必要な気づきや情報が入ってきて
少しずつ良くなっていくんだろうと思えました。」


とおっしゃっておられたのですが

すごく面白いことが降りてきたので
その通りにお伝えしました。


「頭痛の要因はゼータレチクルにも
あると思うのですが、それを解放するためには、
3次元では物理的きっかけも必要なのだそうです。


今回は特に、ウッペさんに
次元のシフトをわかりやすく
体験してもらうために、この手を使いました。

と言っています。笑笑 


要するに、解放のために、あなたの潜在意識は
頭痛の原因となるファンデを選んでいたということです。」


と。

最後は爆笑で締めくくられました。


彼女のエネルギーがいよいよスムーズに
流れ出そうとしていることを感じています。

まさに、門出です!
おめでとうございます!!

B05V0976

セッションメニュー&お申し込み   こちら

宇宙時代の性にフォーカスしたライトランゲージ
【解放&ダウンロード音源】です  
こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない①  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない②  こちら

アダム徳永さん / 2020年 女神セッションレポート  こちら

スローセックスレポート / 八代龍王の解放    こちら

スローセックス レポート / スターシードの光   こちら

スローセックスレポート / チンターマニ   こちら



膣オーガズムのプロセスが追記されました。
是非ご覧下さい。一番最後にございます。


**


この記事をご紹介できることに、
とても深い心からの感謝と喜びを感じております。

このブログではよくご紹介させて頂いている
「すみえさん」から、
リラ・サンクチュアリ
モニターセッションのご感想を頂きました。


すみえさんについては、こちらをご覧ください。

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない①  

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない②  


以前、リラ・サンクチュアリで使用する
クリスタルディルドは、
すみえさんがお作りするものを

と記事にしたことがございますが、
現在、すみえさんご自身の
素晴らしいシフトが始まり、
より素晴らしい采配を待ち、
彼女の作るクリスタルディルドは延期となりました。

ですから、リラ・サンクチュアリのセッションで
使用するクリスタルディルドは
お手持ちのもので結構です。


そして、彼女のモニターセッション後しばらくたち、
私の所に女神イナンナが突然やって来たため
年明けに公開するセッションの内容を全て
彼女には行っていない形ですが、
素晴らしい世界を、彼女はご感想にして下さいました。


モニターセッション後、教師として
「これまで彼女が教えていたこと」と
「セッション後の新しい気づき」をまとめた

「宇宙学校の通信」

が先に出来上がったのだそうです。


モニターセッションの最中、突然
シリウスの長老という存在がやってきて
ライトランゲージで多くの情報量が
彼女の中に入っていったのですね。

まるで、彼女の中にある魂の叡智を開いていくように...。


その後、彼女は、この宇宙通信を書いた後、
老子や孔子、釈迦などのことが気になってきて
読んだり書いたりしていると、

「私のセッションの時に出てきた
【シリウスの長老】は、
老子か孔子なのではないか?」

と感じたそうです。


それでは、ご縁のある皆様に
ご感想を読んで頂けます事を願っております。


***


【「私に気づくだけである」という
「真の気づき」に導くカスタマイズセッション】


一言で、私にとってのこのセッションの
感想をまとめると、「真の気づき」に導く
カスタマイズセッションだった、と言えます。


実は、このセッションを終えて、
何度感想を書こうとしても、
上手く書けなかったのです。


あれからひと月以上が経って、ようやく少し
言語化することができるようになりました。
なぜ、書けなかったかというと、
私がまさにセッションの
プロセスの中にいたからだと思います。


マリアさんはそれを、

「人間・地球の中の信念体系から抜けていくプロセス」

と表現されていたと思います。


セッションは5時間という長時間に及びましたが、
膣オーガズムの最後の1時間を除いて、
基本的に私は横になっているだけでした。

それが長いのか短いのか分からないほど、
日常の感覚とは異なる『宇宙旅行』のような感覚でした。


もう少し別の言い方をすると、
少し先を行っている「私」が、
セッション時点の「私」に何かを伝えるため、
『時空が交差したような場』にいたと思います。



【「臨死体験」の恐怖】


その時の「私」にとっては、
何から抜けなければいけないかも分からず、
ただただ、マリアさんの
ライトランゲージの言葉にたゆたいながら、
時々言語化して伝えてくれる情報を頼りに、
「私」に何が起きているのかを理解するのに必死でした。


そして、このセッションのプロセスで起きたことは、
「私」がまさに崖から落ちるような、
ある意味、恐ろしい「臨死体験」だったのです。


ただ、この「臨死体験」のプロセスは
とてもリアルでありながら、同時に、
とても深い愛で見守られている感覚があり、
心の奥底では大丈夫だと信じられるものでした。


私はスピリチャルな情報に
詳しいわけではありませんので、
聖人や神の名前、星の名前が
セッション中にたくさん出てきても、
それが何を意味しているのかは、よく分かりません。


また、マリアさんがしていることもよく分かりません。
ただ、それらは、私にとってとても安心して身を任せ、
安らぐことのできるものだったと言うことができます。


セッションの臨死体験のプロセスの中で、
感覚として強烈に呼び覚まされていくのが、
「私らしくないもの」を作りだしている滞りです。


なぜ「らしく」ないのかというと、
「私」は「他者」との間の
〈因果の天秤〉で
上手くバランスを取ろうとしていたからです。


マリアさんは、この点については、
明確に、私に分かる言葉で
具体的に伝えてくれましたので、
私は、誰との関係が問題なのかまで、
はっきりと認識することができました。


それは、一見、世間から見れば、
羨ましいと思われるようなものでしたし、
私も、とても恵まれていると思い、
問題だと認識していなかったところでした。


しかし、セッションで浮かび上がってきたことは、
私は、この〈因果の天秤〉のバランスを
必死に保つために、カラダを酷使したり、
心のモヤモヤを無かったことにしていたということです。


赤ん坊として生まれて、
初めて母の愛情を求めた時から、
私にとって自他の〈愛情の天秤〉を
上手く保っていることは、人生の成功であり、
このバランスを失うことは、
まさに死を意味することでした。


しかし、セッションの中では、
実は、この〈天秤〉こそが、
私のエネルギーを奪い、
ゆがみを作っているものだ
ということが浮かび上がりました。


私は、この〈天秤〉を自分で勝手に作りだし、
そのバランスを必死に取ることが人生だ
と思い込んでいたのです。

これでは、果てしなく続く「愛情争い」に
疲れ果ててしまうことに気づいたのです。


実際のセッション中に、私の人間関係に
何かが起きたわけではありません。

ただ、私がそこに「気づいた」ことが、
その後、大きな変化をもたらしました。



【恐怖を抜けていくプロセス】


〈愛情の天秤〉を手放すという恐怖に向き合いながら、
私は、セッション後の数週間を過ごしました。

それは、まさに悪夢のようで、
実際に何度もうなされるような経験を伴いました。

当時、私に会った友人から、
私がずいぶんとやつれていると、驚かれたほどです。


しかし、恐れの中にいながらも、
「私」の気づきは、
「私」の行動に変化をもたらしました。

まず、勇気が無かったり、遠慮をしたりして、
行動していなかったことをやってみました。

(※その一つが、アンダラクリスタルの
宝珠をオーダーしたことです)


そして、必要のない付き合いを少しずつ断り、
余った時間とエネルギーで、
私の内側の声に耳を澄ましました。


そうすると、以前に買い求めて
本棚に置き去りになっていた
「タオの医学書」が急に気になり始め、
手に取って読み始めました。

そうして、肉体の中の〈小宇宙〉についての探究が始まりました。


また、これも以前から読んでいた
孔子や老子や釈迦といった
東洋の哲学者の言葉が、急に「大きな声」として
心の内側に響いてきたのです。


特に、釈迦が生れて間もなく、
母の愛情を求めるのではなく、

「天上天下、唯我独尊」

と叫んだことを思い出し、これこそが、
〈愛情の天秤〉の世界から抜けるための
「気づき」であると、内側から聞こえてきたのです。


こういった、「内なる声」は、新しい世代へ向けた
メッセージとして伝えたいという
「願望」へと変化していきました。


そうこうしているうちに

【宇宙学校通信】

なるものが出来上がってしまい、
セッションの感想の前に、
それをマリアさんにお送りすることになりました。


このとき、ふと、セッション中に出てきた
「シリウスの長老」こそが、
孔子や老子や釈迦の「声」であると自然に感じたのです。


これも、以前に本で、日本の
縄文時代終わりか弥生のはじめあたりに、
孔子、老子、釈迦、キリストといった聖人が
世界で同時に現れ、人類の精神的な革命が行われた
ということを読んでいた知識が、
私の内側で結びついたものです。


これらの私のプロセスには、
多く本から得た知識が関わっています。

以前のセッションで、私はマリアさんに、

時々「本の声」が聞こえてくることがある

とお話したことがあったのですが、
今回も、急に内側から
「本の声」が聞こえてきたことに驚きました。



【〈天秤のパラダイム〉から〈独楽(コマ)のパラダイム〉へ】


一連のプロセスを経て、結果的に、
私の内側で〈パラダイムシフト〉が起きたのです。

〈天秤のパラダイム〉

から、

〈独楽(コマ)のパラダイム〉

への移行です。


私の人生の目的は、
必死に天秤のバランスを保つことから、
自分の軸で回ることへと変わったのです。


今では、私が自分の人生に〈天秤〉を作りだしたのは、
「孤独」であることへの恐怖からだったと分かります。

そして、この恐怖を抜けた先にあったのは、
「孤独」ではなく、「静かなエネルギーの高揚」でした。

これが、私が〈独楽(コマ)のパラダイム〉と名付けた状態です。


こう書いてしまうと、自分軸で生きることなど、
どの自己啓発書にも書いてある、あたりまえの、
とてもシンプルなことにたどり着いたことになります。


けれど、現実に〈愛情の天秤〉を捨てることは、
以前の「私」には、まさに死のような恐怖を伴う体験であり、
そのプロセスを引き起こしたのが、
リラ・サンクチュアリ・セッションだったのです。


今でも、私は愛情を求めそうになることがあります。
けれども、以前と違うのは、
私の軸が変わったと「私が知っている」ことです。



【分からない私の性の本質】


最後に、セッションの最後の一時間に
膣オーガズムに取り組みながら、
この体験が、これから私に
どんな変化を与えてくれるのかは、まだわかりません。

私は結局、このセッション中に
オーガズムを迎えることはなかったのです。


しかし、今、私が取り組んでいる
「タオの医学」の世界と関わって、
私の〈性の本質〉が思い出されるような予感がしています。

これについては、楽しみに、
そして、焦ることなく待っていたいと思います。


マリアさんには、モニターとして、
このような大きな「気づき」と
変化をもたらすセッションを
体験させていただいたことに心より感謝いたします。


強調したいのは、このセッションは、
とてもプライベートな経験でありながら、
確実に現実を動かしていくセッションであるということです。


もし、このセッションを受けたいと思われたら、
そのこと自体が、ご自身の変化の呼び水である
ということをお伝えして、感想を終わりたいと思います。
ありがとうございました。



【膣オーガズムのプロセスの追記です】


まず、このプロセスを、いわゆる性的な
「セルフプレジャー」や「トイセックス」
のようなイメージをお持ちでしたら、
全く違うとお伝えしたいと思います。


私は、どちらかと言えば
「医学的な行為」と受け取りました。

スピリチャルな言葉を理解しやすい方は、
『宇宙の手術室』という比喩を使うと、
その場をイメージしやすいかもしれません。


まず、マリアさんは、手袋をはめた状態で膣に指を入れます。
施術される方は、カラダにはタオルをかけていますので、
直接、素肌を見られることはありません。


マリアさんは、産婦人科の医師と同じような雰囲気で、
少し、指を動かして、滞りの部分を探っておられました。

中医学のチネイザンという腸マッサージがありますが、
カルサイネイザン(生殖器マッサージ)をご存じでしたら、
そのイメージが近いと思います。


そしてリラセッションならではの部分は、
「高次元と共にその人に触れて、膣を解放していく」
とおっしゃられて、施術されていたことです。


その後、自分でクリスタルディルドを膣に入れて、
オーガズムを感じにいきます。


これも中医学の言葉になりますが、
「小周天」という性エネルギーを
カラダに回していく実修がありますが、
この原理と少し似ていると感じました。


中医学では、性的な興奮時が、まさに錬金術のように
カラダの中を変性させる途方もないチャンスと考え、
この時、生み出される性的「気」によって
身体の様々な滞りを開いて循環させ、
霊的なルートをも開いていきます。


リラセッションでは、「宇宙的な性」という言葉を用いて、
ライトランゲージを用いながら、
このプロセスを進めていきます。


同時に、マリアさんは、脳を触って

「膣からクラウンチャクラにかけてエネルギーを通していく」

ともおっしゃっていました。


私がこのプロセス中に感じたのは、
脳と膣のダンス的な状態です。

最初は、脳からお誘い(指令)があり、
膣を感じさせていくのですが、
次第に膣が主導していきます。
そして、「脳」が主導権を「膣」へと
明けわたす感じになっていくのです。


いつもいつも、私を
コントロールしようとしている脳をあけわたした状態で、
マリアさんが脳を触っていく感じです。

麻酔されている状態で、
脳の外科手術が行われているみたいです。

けれど、最後は、再び、私の脳と膣が互いにつながり、
ダンスをするプロセスへと入っていきます。


その時、宇宙への願いのオーダーを
入れるようにマリアさんに勧められました。


私はオーガズムを迎えることはありませんでしたが、
それが可能な方は、より、パワフルな変化を体感されるかもしれません。


私の受け取り方でプロセスを紹介させていただきました。
参考にしていただければ幸いです。

194027031_529753084701626_3084625221347136110_n

セッションメニュー&お申し込み   こちら

宇宙時代の性にフォーカスしたライトランゲージ
【解放&ダウンロード音源】です  
こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない①  こちら

本当の教育と福祉は、性の解放、復権なくしてはありえない②  こちら

アダム徳永さん / 2020年 女神セッションレポート  こちら

スローセックスレポート / 八代龍王の解放    こちら

スローセックス レポート / スターシードの光   こちら

スローセックスレポート / チンターマニ   こちら

↑このページのトップヘ