〜Fantasy Earth Blog〜

かつては「Fantasy Earth Zero」の日記がメインでしたが、現在は視聴してるアニメの感想やPSP関係ネタを中心としたチラ裏です。

10年ぶり?ブログデザインを変更してみた

デラシネ プラチナトロフィーげっと



SIE×フロムが手がけるPSVR専用アドベンチャーゲーム「デラシネ」が届いた。
限定版には全14曲(約48分)を収録したサウンドトラックCDが同梱。

デモンズの時にサントラが欲しくて仕方がなかった身としては、
このコレクターズエディションを買う選択肢しかなくてですね。
今回も作品の雰囲気に合った、世界観を堪能出来る曲の数々に満足の一言である。

本編クリア後だからこそ、よりいっそう音楽に浸れるというもの。
宮崎さんがよくインタビューで言っていた温かい世界も感じ取れる(´ω`)











デラシネ プラチナトロフィーげっと チラ裏レビュー その2


ゲーム自体は“古典的アドベンチャーゲーム”という宣伝文句の通りというべきか。


舞台は古き寄宿学校。そこでは6人の人間が生活している。
主人公である妖精は時が止まった別の時間軸から干渉して、世界(時)を動かす。

そこから子供達と交流を深めていき、少しずつ世界観や登場人物の思いを知ることが出来る作り。

Moveが2本必須という点はハードルが高いかもしれないけれども、
ほどほどの難易度にほどほどの謎解きが組み込まれている。
アドベンチャー好きの心にヒットするであろう要素の数々がVRで体験出来る。
雰囲気ゲーとしてもクオリティーが高めであり、そこは期待通りであった。


グラフィックはPSVRのなかでも中の上といった感じ。
なかでもキャラクターのモデリングはかなり良い。
登場人物は全員外国人であるが、日本人好みに仕上がっているというか。

一言でいえば・・・「みんな可愛い」
だからこそ、キャラクターに魅力が感じられるからこそ物語に引き込まれてですね。
時折見られる動的なシーンも際立ち、VRの「そこに居る」感は十分に感じ取れた。

ボリュームは価格相応で4,5時間でクリアできる。
進めば進めるほど世界に引き込まれる作りになっているので、
一度プレイし始めたらあっという間じゃないだろうか。

一応世界の時間は1章、2章のように進んでいくから中断プレイもしやすい。
VRゲー故に長時間プレイが無理な人への配慮はされていた。

ストーリーのネタバレは台無しなので一切触れないけれども、
しっかり物語を読み取っていけば詰まるようなシーンもないと思う。
本編クリアだけでプラチナトロフィーを取得出来る優しい作りも◎

トロフィーに組み込まれていない要素や本編とは直接関係ない小ネタ。
ちょこちょこっとあるけれども、決して多くはない。でも面白い。VR。
ソウルシリーズやブラボとはまた違う温かい世界に浸れる。 しかもキャラも可愛い。

この作品は最初から日本語吹き替えが収録されているので、
英語音声と二度楽しむことも可能である。字幕の有無も設定できる。

ソウルシリーズのように英語字幕で堪能出来る儚い感じもいいけれども、
日本語吹き替えならではの「言葉」が心に染み渡る感じも・・・とても世界観にあっていて良かったや。

アドベンチャーゲームが好きな人に是非触れてもらいたいと思える作品でしたとさ(´ω`)

約束された神ゲー・・・RDR2が届いた



前作の世界観にはとても引き込まれたこともあり、発売が待ち遠しかったタイトル。
今年一番期待していたとも言える「RED DEAD REDEMPTION II」が届いた。
BD2枚組の大作感が漂うパッケージにPS時代の記憶が蘇ってきたや。
あの時代はDisc3~4枚のソフトもあったよなぁ・・・なんて。





約束された神ゲー・・・RDR2が届いた その2





と、まずはデータディスクをセッティングして。早速インストールを試みたところ、
全てのデータをコピーするには約2時間要すると宣告され・・・。

・・・SSDだったらもうちょっと早いのだろうか。
アップデートファイルは約3Gで想定より小さかったけれども、
こればかりは素直に待つしかないか。

絶体絶命都市が延期になってしまった分、RDR2をじっくり楽しみたいところである(´ω`)











クライスタは真エンドまでクリア



RDRの為に強引に1週間でクリアした「CRYSTAR -クライスタ-」の方は・・・うむ・・・。
真エンディングまで確認したけれども、系統的に近いのはガストの「よるのないくに」だろうか。
あれよりは遥かに分かりやすくて入り込みやすいお話だと思う。

一応アクションRPGであり、ファンタジーな要素満載であり。
暗めなシナリオであるけれども、ストーリーの根本はリアルよりだから読みやすかった。
音楽も世界観にあっていて良かったし、雰囲気ゲーとしては十分に楽しめたや。

ただ・・・戦闘のアクション部分は調整不足というか。資金不足というか。
声はフルボイスだったり、アドベンチャー要素で力尽きた感が否めない(;´ー`)

中盤以降は敵を全スルーしたくなるくらい爽快感に乏しいし、
マップはランダム生成されたような単調な作りで無駄に広く感じられる。
実際の時間を測るとそこまで長くないが・・・体感だとその倍くらいというか・・・。

そんなマップを何度も行き来させられるゲームデザインなものだから、
正直辛くて・・・でもシナリオの続きは気になるから頑張るしかなくて・・・。
探索することにも楽しめる要素があればなぁ・・・ブルバキはほんとにほんとにくそ(´ω`)



大満足なスパイダーマンからの・・・



大満足なスパイダーマンからの「うたわれるもの斬」が辛い・・・。
今週「CRYSTAR -クライスタ-」、来週RDR2と続くから早く終わらせないと・・・。









クオン目当てで限定版・・・うたわれるもの斬 



クオン目当てで限定版に手を出してしまったけれども、
ゲーム本編がここまで微妙だとは思わなかったや。
「これ、テストプレイしたのだろうか?」と疑ってしまうレベル(;´ー`)

本家無双シリーズには届かないとしても、
ストーリーなどは原作をなぞる程度のアクションゲーだとしても。
カグラ等の開発経験もある「タムソフト」であるし。
そこそこの物を出してくれるだろうと。

そう期待していたのであるが・・・うむ・・・うむ・・・って感じである。


原作再現のキャラクターのモデリング、モーションは頑張っている。
ただ・・・そこで力尽きてしまったのだろうか。ストーリーは偽りの仮面をなぞるだけ。
FD的な新EPは皆無であり、アクションとしても爽快感が控えめの控えめなゲーム。
中ボスならぬ小ボスクラスの敵ですらスパアマ持ちでイライラ。

アクションなんだから、もう少し気持ちよく操作させて下さいよと。
せめてガードを・・・こちらにも防御手段が欲しい・・・敵の火力的に回避だけじゃ辛い・・・。


と、そんなこんなでゲームはしっかり楽しみつつ。
今回もお誘い頂いたので参加してみた。2018年夏に放送されたアニメに関するアンケートなり。


アニメのチラ裏は疎かになってしまってるけれども、視聴は・・・してるのである。
春くらいにiPadを衝動買いしてからというものの、家でパソコンを付ける機会が減ってしまって。
同時にブログを開く習慣も減少しまくりであり・・・いや、マジでタブレットは便利である。
スマホとはまた違う使い道、楽しみ方があってですね・・・素晴らしい。

故にパソコンを使うのはグラブルをガチで走るときくらいになってしまった。
最近はネトゲやPCゲーも殆どやらないし。PS4があればいいやと(;´ー`)



◆(ブログ参加者用) 2018/7-9月期終了アニメアンケート (アニメ調査室(仮)さん)




-評価条件-

だいたい80%以上視聴した作品について、
作品の評価をS,A-Eでお答えください。
(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い

上記の条件に当てはまらない作品は、
視聴状況を、F,x,zでお答え下さい。

F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)





2018秋調査(2018/7-9月期、終了アニメ、67作品) 第50回


01,ISLAND,F
02,千銃士,x
03,音楽少女,x
04,はねバド!,B
05,ぐらんぶる,B

06,殺戮の天使,F
07,闇芝居 六期,x
08,悪偶 天才人形,x
09,かくりよの宿飯,x
10,メジャーセカンド,x

11,はるかなレシーブ,B
12,ハイスコアガール,A
13,重神機パンドーラ,D
14,オーバーロードIII,B
15,若おかみは小学生!,x

16,俺たちゃ妖怪人間G,x
17,銀魂 銀ノ魂篇 後半戦,x
18,邪神ちゃんドロップキック,F
19,百錬の覇王と聖約の戦乙女,F
20,夢王国と眠れる100人の王子様,x

21,異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術,C
22,ロードオブ ヴァーミリオン 紅蓮の王,x
23,アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 3rd SEASON,C
24,マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー,x
25,こねこのチー ポンポンらー大旅行,x

26,少女☆歌劇レヴュースタァライト,F
27,僕のヒーローアカデミア 第3期,x
28,イナズマイレブンアレスの天秤,x
29,ヤマノススメ サードシーズン,x
30,ガンダムビルドダイバーズ,B

31,信長の忍び 姉川・石山篇,x
32,京都寺町三条のホームズ,x
33,アンゴルモア元寇合戦記,C
34,ちおちゃんの通学路,F
35,ゆらぎ荘の幽奈さん,C

36,深夜! 天才バカボン,x
37,働くお兄さん! の2!,x
38,陰陽師 平安物語,x
39,あそびあそばせ,F
40,七星のスバル,F

41,はたらく細胞,B
42,カニつめくん,x
43,カプチーニャン,x
44,プラネット・ウィズ,F
45,あっくんとカノジョ,F

46,うちのウッチョパス,x
47,つくもがみ貸します,x
48,テレビ野郎 ナナーナ,x
49,ハッピーシュガーライフ,D
50,すのはら荘の管理人さん,F

51,PERSONA5 the Animation,B
52,Back Street Girls ゴクドルズ,C
53,One Room セカンドシーズン,x
54,シュタインズ・ゲート ゼロ,B
55,Free! Dive to the Future,x

56,Phantom in the Twilight,D
57,天狼 Sirius the Jaeger,C
58,ルパン三世 PART5,B
59,(特番 9話) じょしおちっ!,x
60,(全24話) BEATLESS Final Stage,F

61,(特番 3話) Fate/EXTRA Last Encore イルステリアス天動説,D
62,(ネット配信) 異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ,x
63,(7月終了) フルメタル・パニック! Invisible Victory,C
64,(6月終了) 戦隊ヒーロー スキヤキフォース (2期),x
65,(6月終了) せいぜいがんばれ! 魔法少女くるみ,x

66,(地上波初放送) 焼肉店センゴク,x
67,(地上波放送分) グラゼニ (1期),F



夏アニメは途中リタイアした作品が多かったような・・・。
いやでも、同時に最後まで楽しめた作品も多くてですね。
一番面白かったのは、やはり「ハイスコアガール」だろうか。

ハイスコアガールの面白さは以前チラ裏した通りであり。
最終回は途中までチラ裏下書きしたものの、そこから日が経ってしまって・・・。
乗り遅れた感が半端なかったから結果ボツという(;´ー`) とにかく早く続きがみたいぞと!


他は・・・やはり原作が漫画な作品は面白いな思いつつ。
脇役が充実してる「ぐらんぶる」なんて毎週楽しくて仕方なかったや。

個人的にガンプラ×VR設定がいまいちピンと来なかった「ビルドダイバーズ」は、
終盤に盛り上がりを魅せてくれたお陰で・・・まあ楽しめたかなと。ガンプラに罪はない(´ω`)

あとは・・・EXTRAは原作が好きだからこその厳し目な評価で。
ネロが大好きな自分でも、きのこの人が直接関わってるとしても。
雰囲気アニメとして楽しむのが正解だとしても・・・正直厳しい出来であった。


夏アニメはこんな感じだろうか。楽しめた作品は多いけれども、
“癒し”を得られるような作品は少なかったから・・・秋はその辺りを求めようかな。

今のところ面白いのは安定のジョジョとゴールデンカムイ。
特撮なグリッドマン、ダクソ的な世界を連想してしまうゴブリンスレイヤー。
禁書3期は・・・ただただただ「色んな意味で懐かしい」って感じであり、癒しとはまた違うか(;´ー`)

禁書2期の感想を書いてたのが“2011年”である。
上条さんをネタにしてたのが7年前とかもう・・・そりゃあ歳を重ねるわけである(苦笑)

このページのトップヘ