不定期更新チラ裏
SoulMaste

◆不定期更新 チラ裏
謹賀新年。今年もマイペースに更新出来たらなと思います。

◆今後の購入予定ゲームめも

1月
・機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト

2月
・龍が如く 維新
・KILLZONE SHADOW FALL
・影牢 ダークサイド プリンセス

3月
・ソウルサクリファイス デルタ
・初音ミク -Project DIVA- F 2nd
・ダークソウル2
・METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROES
・戦国無双4

◆いつかはクリアしたい積みゲーム
ワンダと巨像/アザナエル/Rewrite/まじこいS/ロボノ/


予定は未定。買うだけで満足してしまう傾向って本当に良くない・・・ちゃんと遊ばねば・・・。



2017年09月03日

PS4 ドラクエXI 本編クリア チラ裏感想

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_本編クリア




・・・王者の貫禄を堪能させてもらった。


あとはトロフィーをコンプするだけということで。
あまりネタバレせずに自己満足なチラ裏を残すとすると・・・。


ここ一ヶ月、ずっとドラクエ漬けのただただ楽しい時間を過ごさせてもらった。
お盆に放送された「終物語」を未だ見てないくらい夢中になってしまった。

参考にならないと思うけれども、ここに至るまでのプレイ時間=約125時間。
本当に本当に・・・PS4でも出してくれたことに感謝したい。
ドラクエが最新ハードで発売されたというところにも意味があると思うのである。

「勇者が世界を救う」というシリーズのコンセプトはそのまま変わらず、
ストーリーを盛り上げる演出、表現力が大幅にクオリティアップしているのがPS4版なのだ。

ヒーローズのようにボイスが再生されることはないけれども、
キャラクター達のグラフィックが良いだけじゃなくて表情も豊かで物語が楽しめる。
結構・・・・動きや仕草も含めて細かかったと思うのである。

本当に見てるだけでも楽しいというか。
キャラの表情だけで伝えたいことが読み取れるような演出も多かった印象である。

加えて、イベント等のカットシーン。いわゆるムービーである。
今回はリアルタイムの出来が凄く良くて、プリレンダの方が逆に違和感を覚えるという。
そこはビジュアルワークスがドラクエのデザインに慣れてないだけかもしれないが、
ともかく・・・イベントシーンが豊富で声が無くても全く気にならなかった。

テキストが流れる際は御馴染みのSEが鳴るし、ドラクエらしさはそのままなのである。
そのままで・・・本当表現の幅が広がってるというか。もちろん良い意味で。
変わらないドラクエの中に「新しさ」があるというかなんというか・・・。

FF15のように街やワールドマップが手抜きじゃない。
従来の宿屋や道具屋、武器屋も教会も存在するし、家や城だって探索出来る。
逆にそこが面倒くさいと感じる人もいるかもしれないが、アイテムや宝箱を探す楽しさ。
新たな町を見つけた時のwkwk感は今まで通りであり、よくも悪くも変わっていないと思う。

朝夜の時間の変化で街の景色が変わり、住民達も異なる反応を示してくれる。
たとえば、朝だと発生しない「ぱふぱふ」イベントが夜なら・・・みたいなw
見てくれだけに拘るんじゃなくて、ちゃんとこちらを楽しませてくれる要素を忘れていない。

町も住民もモンスターも生きている。活き活きしている。
戦闘も御馴染みのコマンドバトルなのに全く退屈しない。
ちょっとしか仕草が加えられるだけでこんなにも違うのかと。

今となっては、他のゲームでは当たり前のようなことが新鮮に感じられてしまう。
ついつい見てしまう。こんな楽しみ方も出来るのは最新のドラクエだからこそだと思うのである。

本編は言わずもがな王道なストーリーであり、ボリュームも満点。
本筋から少し離れた村や町のエピソードも随所にドラクエらしさを感じられる。
まさに"ナンバリング”に相応しい内容であり、誰しもに勧めたくて勧めたくて仕方が(ry









ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 一番好きなのはセーニャさん



欲を言えば、もう少しやり込み要素があったらなぁ・・・。
見た目が変わる装備のセット縛りがなかったらなぁ・・・とか。

これだけ遊んでも「もっとこの面子で冒険したい」と思えてしまう。
追加コンテンツが出たら絶対に買うのであるが、有料DLCは出さない宣言してたしなぁ・・・。

・・・11ヒーローズとか出ないかな(´ω`)


と、発売前はマルティナしか目に入らなかった仲間達だけれども、
終わってみれば”ダントツでセーニャ”が好きになってしまった自分である。

たぶんペルソナ5で春さんが好きな人はセーニャさんを好きになるんじゃないかなと思いつつ。
特にサマディーのぱふぱふイベントで見せる反応が凄く可愛くてですね。


いや、セーニャさん絶対に怒ってますよね・・・!?



という面白可愛い絶妙な仕草を堪能出来るのはPS4版だけだと思う。

本編でも色んな表情を見せてくれたセーニャさんはパーティーから外せない。
仲間としても心強いキャラであり、癒される。やっぱりパーティーには花が必要だよねと。
マルティナやベロニカも含めて、女性陣がいるからこそ男性陣も光るんだぞと。

11は男性キャラも良い味だしていてほんと皆好きですわ。
ストーリーが進む度に仲間コマンドで一人一人の反応を見るのも外せなかった。
もっとこの仲間達と冒険がしたい。11ヒーローズとか出ない(ry


いやしかし・・・本当になんか出ないかな。11として、もっと遊びたいな。
発売してから一ヶ月しか経ってないのにこんなことを望むのは贅沢すぎるだろうか。

たぶんファミ通の総選挙特集。もう少し集計が遅かったら・・・。
ドラクエ11がぶっちぎりの1位だったんじゃないだろうか。そんな気がしてならない。
本当に面白いゲームはネガキャンなんて物ともせず、吹き飛ばしてしまうのだ。

ペルソナ、ニーア、ドラクエの最新作と海外のゲームに負けていない。
日本生まれだからこその良さが詰め込まれている。

JRPGを楽しめる感性を持てて本当に良かったと。この一年は思えたや。
何がチラ裏したかったのかと言うと「ドラクエ11、超面白かったです」と。

端的に言えば、この一行で済んでしまう。本当に面白かった(´ω`)




soul_mu at 20:52|PermalinkComments(0)PS4/PS3関係 | チラ裏雑記
2017年08月19日

大阪桐蔭 春夏連覇ならず・・・

仙台育英的には劇的な逆転勝利だけれども、
大阪桐蔭からすれば・・・悔やむに悔やめないだろうなぁ・・・

soul_mu at 19:04|PermalinkComments(0)野球等のチラ裏 
2017年08月03日

ペルライ2017 チラ裏感想

ペルライ2017 チラ裏感想



Pシートの特典であるグッズが反応に困る内容であり、



「これ、一般席の倍近く支払った価値はあるのだろうか・・・」



正直不安になってしまったのであるが、
いざライブが始まったらもう・・・開幕から最高ですわ。最高でしたわ。
個人的に一番聴きたかった「キミの記憶」はアンコールで演奏され、
思わずもらい泣きしそうになってしまった。素晴らしかった。楽しかった。

特典グッズにガッカリしたことを除けば、物販の捌き具合は良かったし、
聞かせるところは聞かせる。盛り上がるところは盛り上がる。

迫力のあるライブパフォーマンスはとても楽しめたし、
まさかのペルソナ2の曲をやってくれるというサプライズもあった。
ダンサーさん達のコスプレクオリティも半端なくて充実したライブであったと思う。

皆さん、動きがキレッキレのキレッキレであり。
ジョーカーとか、ほんとあのスタイリッシュな主人公がそのまま現実に飛び出てきたような感じw
女性陣は女性陣で美人さん揃いでもう・・・ありがとうございましたと。
特に双葉の再現度はとても高くて可愛かった(´ω`)

そんなライブ中で一番盛り上がったのは、P5D&P3D&PQ2のサプライズ発表であろう。
正直自分も一番テンションが上がったところなのであるが、女性ファンの黄色い歓声が凄まじくてですね。男性以外からも愛されてるシリーズなんだなぁと改めて実感したや。


と、今回は比較的近場の横浜アリーナということで参加してみたのだけれども、
もし次回もチャンスがあれば・・・絶対にプレミアムシートをゲットしてやるぞと。
そんな風に思えてしまうあっという間の三時間。素晴らしいライブでしたとさ。

ペルソナの音楽の良さは今更語ることじゃないから以下略であるが、
アーティストを間近で見られるという体験は初めてだっただけに・・・うむ・・・。
Pシートの特典(センター席)のお陰だが、自分の中でかなり盛り上がってしまった。

こんなのまたペルソナ熱が再び舞い戻ってしまうじゃないかと。
明日は仕事だというのに眠れそうにありません。チラ裏おしまい!

soul_mu at 01:25|PermalinkComments(0)ペルソナ4 | チラ裏雑記
2017年07月25日

『君の名は。』のBDが届いた

DSC_0223



君の名前は・・・!


特典のフィルムしおりは、三葉がテッシーを肘でういういとしてるところであった。
あそこのシーンは結構好きだから嬉しいや。

何だかんだ言いつつ三葉(瀧)に付き合ってくれる二人。
若さを感じられる描写にニヤニヤしてしまう。
そこからクライマックスまでノンストップかつ怒涛の流れも素敵。

やはり何度見ても三葉は可愛いし、プロモと予告の出来が本当に凄い作品だと思う。
あんなの映画館で流されたら「・・・見てみようかな?」と絶対思ってしまうであろうと(´ω`)



と、最初は4kBD同梱版を買おうと考えていた「君の名は。」であるが、
4k再生環境なんて整ってないのである・・・PS4Proでも無理なのである・・・。

4kが普及したらそれはそれでまた別の何かが出そうな気もするし、
メイキング等もそこまで興味がないし。結局一番買いやすいスタンダードエディションを選んでしまった。

君の名はよりも先に発売された「聲の形」は初回限定版を購入したけれども、
ぶっちゃけあれの特典DISCはイマイチだったのである・・・。
とてもじゃないが、通常版より+3,000円の価値があるとは思えなかった・・・。

この2つの作品に繋がりは一切ないけれども、一番見たいのは本編であるし。
君の名は本編の円盤だけ所持出来れば満足かなって(;´ー`)



そんなBDを見終わるまでのチラ裏がここまで。
見終わった後のチラ裏がここから・・・。


やっぱりコレクターズエディション買おうかな・・・。
見てたら欲しくなってしまった・・・。




ストーリーに目新しさはあまりないのだけれども、
あの映像の美しさとRADWIMPSのドンピシャっぷりはセンスの塊だよなぁ。
何度見ても視線が釘付けになってしまう。演出が上手いとしか言いようがないや。

映画という短い尺の中で特殊な二人の距離が縮まっていく。
その過程が作品の肝であり、面白いところだよなぁとつくづく思った。
観ることが「楽しい」って素晴らしい(´ω`)


soul_mu at 23:51|PermalinkComments(0)チラ裏雑記 | レビュー関係