不定期更新チラ裏
SoulMaste

◆不定期更新 チラ裏
謹賀新年。今年もマイペースに更新出来たらなと思います。

◆今後の購入予定ゲームめも

1月
・機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト

2月
・龍が如く 維新
・KILLZONE SHADOW FALL
・影牢 ダークサイド プリンセス

3月
・ソウルサクリファイス デルタ
・初音ミク -Project DIVA- F 2nd
・ダークソウル2
・METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROES
・戦国無双4

◆いつかはクリアしたい積みゲーム
ワンダと巨像/アザナエル/Rewrite/まじこいS/ロボノ/


予定は未定。買うだけで満足してしまう傾向って本当に良くない・・・ちゃんと遊ばねば・・・。



2018年04月21日

(アニメ) Steins;Gate ゼロ 第2話 感想

◆公式HP シュタインズ・ゲート ゼロ




デスリク 面白い



あまりにも意味のない簡素なバッドエンドが多いものだから、

「この選択肢、選ばせる必要あるの?セーブ&ロードの繰り返しめんどい・・・」

と疑問に思いながらルートを回収していた自分。
初めてガチなバッドエンドに遭遇して、思っていた以上に気分が凹み・・・デスリク面白い(´ω`)

ゲームのクオリティ的には他のコンパゲーと大差ないのだけれども、
今作は外部からライターを呼んでいるお陰もありシナリオが面白いのである。
RPGよりもADV要素の方が強く、情報化社会と絡めたストーリー展開に引き付けられるという。




第2話 「閉時曲線のエピグラフ」 




















Steins;Gate ゼロ 第2話  「閉時曲線のエピグラフ」 



さて、シュタゲの方は・・・なんだろう。
とりあえず今回の描写で“先輩は悪い人じゃなそう”なことが分かった。

無印本編のストーリーを踏まえると、研究絡みの話になると何が起きるか分からない。
人間関係に亀裂が生じる可能性だって十分考えられる。

でもなんか先輩は・・・先輩は・・・大丈夫な気がする。
アマデウスな紅莉栖とのやり取りを見ていても自然だったし、
なりより彼女のことを想って流した涙が嘘だとは思えない。あれが嘘だったら自分は(ry

ここからどういった形で物語が進むのか分からないけれども、
先輩は協力者としても期待出来そうである。倫太郎ともウマが合いそう。今後の絡みが楽しみだや。

















アマデウスな紅莉栖



倫太郎が思わず「クリスティーナ」と呼んでしまったくらい紅莉栖をコピーしているアマデウス。
知り合う前の紅莉栖の記憶がもとになってるとはいえ、やはり彼女は彼女であって。
あのシーンはシュタゲらしくて笑ってしまったが、あくまでAIなんだよなぁ・・・うむ・・・。

無印23話の倫太郎に行き着くまでの物語がゼロだとすれば、
このアマデウスとの出会いが彼の奮起に繋がるのだろうか。
少なくとも感情は・・・前回の無気力そうな彼と比べれば変化が生じたように思う。


「この不機嫌で強がりで、人一倍好奇心が強くて負けず嫌いで。紛れもない“牧瀬紅莉栖”だ。」 


思いがけない形で再会した二人であり、
絵図らだけを見ると悲しさでいっぱいになってしまうけれども、
この台詞には色んな感情が込められていたんじゃないだろうか。

倫太郎が思いを噛み締めるかのように紅莉栖の名前をつぶやくところが印象的でしたとさ。

彼がこの世界線に留まってる経緯を考えれば、
ここからあの23話にたどり着くんだと考えれば・・・見たいよね。先が見たいよね。

ただただただ・・・まゆりが、まゆしぃが・・・何か察してる感じが・・・。
今に始まったことじゃないとはいえ、とてもとても不安である(´ω`)



今回の気になった点

・先輩は沖縄出身? ファッションには無頓着なのだろうか
・なぜここに このタイミングで登場する教授の怪しさが(ry
・・・・やっぱり紅莉栖verもあるんだ。しかも倫太郎と出会う前の彼女という
・その覚悟を決めて、ここまで来たつもりだ。
・Sarieli
・しかし、こんな形で再会できても悲しいよなぁ・・・
・普通に返答すればいいのに恥ずかしがる先輩可愛い
・この二人と言えば・・・タイムマシーンですよね
・倫太郎の携帯もスマホに。このアプリからも紅莉栖と会話が可能であると
・ダルと考えたオペレーション。近々クリスマスパーティーが開かれる?
・まゆりはまだウーパーを集めてるのかな。このなんか察してそうな感じが(´ω`)
・向こうからの呼び出しも可能なんだ。何気に8回(;´ー`)
・人と話すことに好奇心が・・・AIなりに、紅莉栖なりにあるのだろうか
・PCのアマデウスと比べるとポリゴンな紅莉栖さんである
・しかし、まゆりさん・・・でかすぎじゃない?こんな強調してたっけ
・EDのまゆり感ぱない・・・


soul_mu at 11:15|PermalinkComments(0) 放送終了のアニメ :Steins;Gate 
2018年04月15日

ダリフラ 第14話・・・

ダリフラ 第14話・・・



今週は「トリカゴ」でも良かったんじゃないかと思いつつ・・・。
えぇ・・・えぇ・・・えぇ・・・いや、ラブコメ好きとしては凄く面白いんだけれども・・・。

早く二人の笑顔が見たいところだけれども、まだ2クール目に突入したばかりであるし、
ここでもう視聴者満足の展開になっていたらそれはそれで不安であるし・・・うむ・・・。

この溜めが活かされることを祈るしかない。
てか、ヒロはどうするんだろう。あの機体にしか乗れないんだよね・・・(´ω`)






soul_mu at 00:13|PermalinkComments(0) その他アニメ 
2018年04月13日

(アニメ) Steins;Gate ゼロ 第1話 感想

◆公式HP シュタインズ・ゲート ゼロ


ここ最近期待していた作品がどれもパッとしなかったものだから、
ブログのネタにもならず長らく放置気味だったところに・・・シュタゲゼロのアニメが放送と。

年度末を乗り越えてリアルの方も落ち着いてきたし、
モンハンも2垢プレイに挫折しつつも欲しい装備は殆ど揃った。
3月をほぼ丸々持ってかれた「ランス10」も周回に周回に周回に周回に周回を重ねて、
ようやくグランドフィナーレ的なエンディングを見ることが出来た。とてもランスらしくて大満足であった。

特に自然とベストフレンドになったお姉さんズが堪らなくて、
魔人達も好きなキャラが多いし、「早くなんか出して」という無茶苦茶な欲が(ry

この感覚はドラクエ11をクリアした時と全く同じです。はい。
魅力的なキャラばかりだから故に、もーーーーっとランス達と冒険したいなと。

本編自体のボリュームは凄まじいのであるが・・・そう思ってしまうのである(´ω`)


と、脱線しつつ・・・久々にブログの存在を思い出してログイン。
過去の目を覆いたくなるチラ裏を見返していたら、なんと・・・なんと・・・・


シュタゲ無印のアニメが7年前(2011年放送)


という現実を突きつけられて・・・信じられないぞ・・・。
思わず「嘘だろう・・・」と言葉がこぼれてしまった(;´ー`)

そりゃあ、歳もとるわけである・・・。


以前のように素直かつ長文チラ裏する元気は全くないけれども、
当時シュタゲのアニメにはとてもハマっていたし、このゼロもブログのネタに出来るくらい楽しめるといいなと。

そんな風に思いながらゼロを見始めた自分。
無印は本当に面白かった。無印は・・・無印は・・・うむ・・・これ以上は止めておこう。




第1話 「零化領域のミッシングリンク」 


















シュタインズ・ゲート ゼロ 第1話  「零化領域のミッシングリンク」




ゼロはスピンオフのなかで唯一購入&プレイしておらず。
PS4のフリープレイでダウンロードはしているのだけれども、
「いつか、いつかやろう・・・」と完全に積みゲーコースのまま今日に至ると。

ようは、紅莉栖救出を諦めてしまったβ世界線の続きがゼロであり。
倫太郎の心情を想像するだけでも耐え難い辛さを感じ取れてしまうが・・・














Steins;Gate ゼロ   第1話  「零化領域のミッシングリンク」



先輩のような新キャラも迎えつつ、再び彼が立ち上がる・・・そんな物語になるのだろうか。
なんとなく行き着く先は想像出来てしまうけれど、その過程が面白ければいいや(´ω`)

彼女は紅莉栖の大学の先輩。ちょっと顔の系統がまゆりっぽくて、
安易に「似てる」と思ってしまったが・・・。
先輩系キャラが登場するのは初だよね。彼女がどんな形で絡んでくるのか楽しみである。

やはりその外見を弄られる・・・キャラになってしまうのだろうかw


と、第1話を視聴して感じたことは、とにかく・・・とにかく・・・懐かしい。
開始時点で懐かしい。アニメの映像が無印と変わらず懐かしい。音楽も懐かしい。
キャラクターも懐かしい。まゆりの「オカリン」呼び、「トゥットゥル〜♪」に癒される。
うむ・・・これは間違いなく・・・「Steins;Gate」だ。

ただ、この世界線には紅莉栖がいなければ“鳳凰院凶真”も存在しない。
無印の鳳凰院凶真が復活する描写が大好きだからこそ、彼がまた塞ぎ込んでしまう姿は辛いわけであり・・・。

いや、まゆりの協力もあって回復の兆しが見えてきてはいるのだろうけれども、
でもなんかまゆりには見抜かれてそうな感じが・・・うむ・・・。



今回の気になった点

・何もかもが懐かしい
・あの日(無印アニメ)から7年近く経過していると気づき驚愕する・・・
・まゆりの「オカリン」呼びのしっくり感半端ない
・倫太郎がテニスとか想像できないぞ・・・
・トゥットゥル〜♪
・脳炎ういるす
・あそこまでいって紅莉栖を助けられなかったとか・・・絶望なんてレベルじゃないよなぁ・・・
・井崎教授
・新キャラ。公式HPによれば紅莉栖の大学の先輩らしい
・シャイニングフィンガーこと萌都が近くに・・・?
・アマデウスと言えば・・・直近のアナスタシアしか浮かび上がってこない・・・
・この研究がゼロのキーになるのだろうか。あのタイムリープの原理にも繋がる?そんなワードがいくつも・・・人間の記憶やらをベースに生まれるAIねぇ




今期のいち押しペルソナ5、フルメタ、ソーマ、ゴールデンカムイ、カリギュラときて、
個人的に一番なのは・・・2クール目に突入の「ダリフラ」である。

EDが好きでそれを目当てに見ていたのに、気づけば作品自体にもハマってしまったという。

ここ数話はちょっと行ったり来たりで停滞気味な感じだったけれども、
先週がベタにベタにであるが「ついにきたぁぁぁあああ」という上げ上げ回であり。
明日のゼロツーがどう描かれるのか楽しみで仕方がないや(´ω`)




soul_mu at 22:50|PermalinkComments(0) 放送終了のアニメ :Steins;Gate 
2018年02月24日

久々のえろげー・・・ランス10!

久々のエロゲ・・・ランス10



久々のエロゲー・・・というより、もうPCはランスシリーズくらいしかプレイしてないのであるが・・・。
今回も公式通販で購入してみた。店舗特典は興味が沸かなかったからメタルカオスでいいやと。

予約購入しておきながらあまり情報収集してないが故に、
本当にこれでシリーズ完結なのか。きっちり終わってくれるのか。
どこぞの15のような詐欺は無いと思うけれども・・・ちょっぴり不安。

・・・などと思いつつ、その不安を遥かに上回る“期待感”が(ry


なんだかんだ9も楽しめたし。不満を抱いたのはボリューム面くらいであったし。
今作もキャラゲーとしての魅力は健在なはず。いつものランスなはず!

ここらでモンハンワールドは小休憩して・・・がっつり楽しませてもらおう(´ω`)



soul_mu at 10:48|PermalinkComments(0) チラ裏雑記