〜Fantasy Earth Blog〜

かつては「Fantasy Earth Zero」の日記がメインでしたが、現在は視聴してるアニメの感想やPSP関係ネタを中心としたチラ裏です。

10年ぶり?ブログデザインを変更してみた

PS5 デモンズソウルのリメイク版が届いたぞー・・・



あの名作が最新ハード"PS5”で蘇る・・・。
リメイク版「デモンズソウル」が届いたぞー・・・わーい・・・。





恐らく自分と同じような状況の人が数万は居ると思うのだけれども、
今日という日ほど転売屋が憎いと感じた日はない。
PS4の時と違って台数が確保されていないから仕方ないのかもしれない。
それでも・・・はぁ・・・。

いや、5万で買えるものが10万近くで売れるんだ。
そりゃあ売ってしまうわ。そういった人の心理は理解出来るのだが、
発売を待ち望んでいた身からすると・・・本当に嘆かわしい世の中である・・・。

スニーカーなんかもそうなのだけれども、
フリマ系アプリ等で簡単に個人売買が可能になり、
それ自体は便利である反面・・・ねぇ・・・うむ・・・。

予約解禁日から色んなショップで応募やら登録やらして、
正直・・・なんだかんだ買えるだろうと目論んでいた。
あのPSVRだって最終的には予約して発売日に買えたし、
今回もどうにかなるだろうと。とりあえずPS5でしか出ないデモンズは予約しておこうと。

・・・甘い考えであった。

今プレイ中のメガテン3が終わるまで遊ぶ気はないのけれども、
こう実際にソフトだけ手元に残るというのは・・・(´ω`)

◆公式HP 神様になった日


ベタなネタながらも今回はテンポよく進んでくれて良かった。
ギャグもこれくらいの配分なら問題なく見れる。


第5話 「大魔法の日」






第5話 「大魔法の日」




タイトルの「大魔法」が何を示しているのか。
そこが気になっていたのだけれども、ストーリー的には二つの大魔法を見ることが出来た。

イザナミ家に関しては・・・。
親父さんも面白いキャラしてるなと思いつつ。
クラナドのようにじっくり描かれたわけじゃないので、
そこまで感情移入はしなかったけれども・・・"イザナミさんが陽太に心を開く”

そういう意味では・・・なんだろう。
ふわっとした気持ちになれたというか。
分かりやすいエピソードでよかったと思う。

陽太にお礼を伝える為に息を切らすイザナミさんとか。
彼女の心境の変化を温かく見守れたや。

陽太も陽太で“ズル”はしなくて。
ヒナも「貴様らしい」と呟いていけれども、
ギャグ全開なラーメン屋や麻雀の件なんかより全然良かった。

母親の死をキッカケに塞ぎこんでしまった。
そんなイザナミ家を陽太とヒナが救ったと。
ヒナの魔法と呼べるような力が光を与えたわけである。

あれも実は本当に冥界と繋がっていたとか。
裏があったりしたらちょっと面白いけれども、
母ちゃんのキャラと結構一致しており・・・ヒナの力なのかなぁ。


と、心を開いたイザナミさんが今後どう関わってくるのか。
ヒナの方にも心境の変化が訪れており・・・?

なんだかんだ次回が楽しみになったや。
OPもしっくる来るようになってきたし音楽も素敵(´ω`)

◆公式HP 神様になった日


うむ・・・


第4話 「闘牌の日」



第4話 「闘牌の日」




イザナミさんは可愛い。なぜ彼女は麻雀に詳しかったのだろう。
そこは、そこだけは気になるけれども、他は・・・うむ・・・。

麻雀に詳しくない自分にはチンプンカンプンな回であった。
便座カバーが映像化された時の空気を思い出したや(;´ー`)


何なんだろう。こんな出鱈目が受け入れられる世界。
ヒナが予想?予期した方向に世界は傾いていく?
もう“残り13日”らしいが・・・。
陽太は全くなにも危機感を覚えてないが・・・。
いや、それは日常しか描かれていないのだから当然であり・・・。

世界が終わる日まで経過するペース自体は早いから、
そろそろ・・・次こそ・・・何かを見せてくれることを祈りたい。

◆公式HP 神様になった日


EDの曲がしっくり頭に入ってくるようにはなったけれども


第3話 「天使が堕ちる日」






(アニメ) 神様になった日 第3話 天使が堕ちる日



どの辺が「天使が堕ちる日」だったのだろう。

2回視聴してもイマイチピンとこなかったや。
後々になって響いてくるのかな(;´ー`)

今回は思わせぶりな組織?とハッカー君が登場。
ひなの予知能力を連想させるような描写であり、
彼女を探し出す為のキャラなのかと思いきやそういう訳ではなく・・・?

ラーメンネタがつまらなかったわけではないのだけれども、
1クール作品にしては掴みが弱くてなんともチラ裏感想にも困ってしまう。
その辺は「Angel Beats」が上手かった印象であるが、
「神様になった日」ではあえて“日常”という名のギャグパートを続けているのだろうか。

ひなが物語の中心であり、彼女はアニメーションが活かされて可愛く描かれてる。
そこは間違いないと思うが、そろそろ真面目なパートも見たいというのが正直なところ。

このページのトップヘ