ブログネタ
コードギアス 反逆のルルーシュR2 に参加中!
今日の篤姫。
タイトルが桜田門外の変ってことで井伊直弼が死ぬのは予想できたことだけど
ああいう演出されたら泣かざるをえないだろ。
死亡フラグを重ねすぎとはいえ・・・・゚・(つД`)・゚・


"コードギアス 反逆のルルーシュR2"

第18話 「第二次 東京決戦」


やりやがった・・・やりやがったよ・・・。
スザクもルルーシュも馬鹿だろ・・・。



ことを優勢に進める黒の騎士団。
ナナリーのことをロロに任せたルルーシュは戦場の指揮をとる。


「ナナリーさえ救い出せば・・・ロロ、お前は用済みなんだ」

「まかせて、兄さん。
ナナリーは麦芽必ず見つけ出して、”殺してやる”から。
・・・兄さんの家族は僕だけでいい」



やっぱり殺すつもりかよww
シャーリーを殺したロロによく任せる気になるよなぁ。


このままでは政庁があぶない。
シビレを切らしたニーナがランスロットで出ようとするが


「だからさあ! 君はデバイサーじゃなくて科学者なの!!!」


ロイドさん大好きwww


政庁ぐらいまでなら私にだって!
そうニーナは叫ぶけど


「君にフレイヤを撃つ覚悟があるのか?
それだけじゃない、撃たない覚悟も必要なんだ」



スザクの登場。
フレイヤを積んだランスロットでスザクも出る。



「ごめん、ニーナ これは使わない。でも、ゼロは僕が・・・!」


スザクはフレイヤを盾にし、必死にルルーシュと話そうとするが邪魔ばかりはいって・・・。
前回で裏切られたと思ってるルルーシュは聴く耳持たず(´ω`)
まあ、実際の威力が不明な兵器を盾に脅されてもな・・・。


ナナリーを探すため政庁に侵入していたロロ達はカレンを見つけた!
ということで、ナナリーはロロが、カレンはサヨコさんが救出に向かい

カレン復活きたああああああああああああああああああ


救出されたカレンは、ロイドさん達に改造された紅蓮で戦場へ!


シュナイゼル達が来る前にナナリーをさらう。
それが勝利条件だったのだけれど、思いのほか苦戦する黒の騎士団。
シュナイゼルが襲撃を読んでいたのか、ラウンズの4人を政庁に残していたのだった。

政庁の防衛システムも復帰し、ゼロの蜃気楼もナイトオブテンに捉えられてしまう。


「こちらの援軍はどうなった!?」


ピンチに陥ったゼロは本部に連絡する


「まもなく玉城さんが」



そして、現れる玉城


「ゼロを離しやがれー!」

「てめぇらはゼロの親友この玉城新一が相手になっ・・・うああああああああああ」




玉城wwwwwwwwwwww



「くっそぉー! 何で俺はいつもー!」


あっけなくやられ、ナイトメアから脱出させられるのであったw



「さぁ、お前の大事なものをとびちらせろ!」


テンの中の人って、朝比奈と同じ人だよな。紛らわしいよw


「このポジションでは・・・。ナナリーッ!」


絶体絶命のルルーシュ。そこに現れる真紅の機体




guren


「先日はどうも。ブリタニアの吸血鬼さん」

「ほう・・・」

「・・・カレンか?」

「ゼロ 親衛隊隊長 紅月カレン。ただいまをもって戦線に復帰しました!」



カレン可愛いよカレン
それはともかく、改造された紅蓮がチートすぎる。ガンユニのF91みたいだw


戦場を見守っていたロイドさんは紅蓮を見て


「どろぼう! 僕の、僕の!」

「違いますよー。私も改良していますから#」



ピキピキするセシルさんw
この二人の漫才好きだわw


「・・・はい、仰るとおりです。って、そんなことじゃなくて!
もしこれを使いこなせるデバイサーが乗っているとしたら、60%の出力でも・・・」



改造された紅蓮はかなーーりやばいものらしい。
もともとカレンが優秀なパイロットとはいえ、ナイトオブテンを圧倒し、そして破壊した。


やはり、テンはかませだったか。
死んでも別にって感じw


カレンが戻ってきたことにより、黒の騎士団の戦力は整った。
一気に攻めに出る藤堂たち。

「狙うはシュナイゼルのみ。斬撃包囲陣を仕掛ける!」


と、藤堂が宣言した直後に朝比奈から通信が


「藤堂さん、木下副隊長の証言データを送ります

「なんだ! こんなときに!」

「聞いて貰えればわかります! やはりゼロは信用できません!」



自分はこれから政庁に入り、ロロほ捕縛しますと朝比奈。
裏切るフラグなんだろうけど、ゼロが信用できないとか今更すぎるよな。


紅蓮に圧倒されるのランスロット。


「あなたの相手はカレンじゃない! ゼロでしょ!」


ニーナうぜええええええええええええええええ


「違いすぎる・・・マシンポテンシャルが・・・」


ランスロット強化フラグですね。わかります。


「撃ってよスザク! フレイヤなら!」

「だめだ。これはあくまで脅し。使ってしまったら・・・」



今のランスロットでは勝てないと悟ったスザク。
フレイヤを使えばあなたも助かるのに!と叫ぶニーナ


「そうだ・・・これが償いなんだ。
受け入れるしかない・・・ここで・・・俺は・・・」



紅蓮の腕(名前忘れた)がランスロットに襲い掛かる!
その刹那


「生きろ!」


ルルーシュにかけられたギアスが発動!

はいはい思ったとおり思ったとおり。
この戦闘の前にスザクとジェレミアが戦ってるわけですが、なぜそこでギアスキャンセラーを使わせなかったのか。
スザクを殺す気満々だったくせに、やはりどこかが抜けてるルルーシュ

スザクもスザクで「生きろ!」ギアスがかけられてるのが分かってるのに
ロイドさん達の警告を無視してサクっと逃げようとせず、罪を償おうとするとか・・・。


「お、俺は生きる!」


ギアスの力によって放たれたフレイヤ。
スザクがカレンの紅蓮から逃れるにはそれしかなかった。
しかし、そのフレイヤが放たれた方向にはナナリー達がいる。
それに気づいたルルーシュは


「まさか、あれがスザクの言っていた・・・ナナリー!」


フレイヤ自体は思ったほどの威力ではなかったけれど、政庁を破壊するには十分だったわけで。
フレイヤに巻き込まれたナナリー達は・・・。


「ロロ、ナナリーと話をさせてもらえないか?サヨコとも繋がらなくてさ」


ちゃっかり生存しているロロ。というかサヨコさんも巻き込まれて・・・ブワッ


「あの、兄さん。間に合わなかったんだ。ナナリーはあの光のなかに・・・」

「そんなことを聞いてるんじゃないんだ。ナナリーと話したいだけなんだ」

「でも、ナナリーは死んだんだよ。死んだんだよ兄さん!」

「嘘をつくな! なあ、ロロ。ほんの少しでいいんだ。
 ナナリーと話しをさせてくれ・・・」





ユフィの悪夢再来というか、もう誰が悪いとかってレベルじゃないよな・・・。

しかし、何が一番悲しいってギルフォードの最期だよ!
こんな形で死ぬなんて思わなかった(´;ω;`)


今回の気になった点というか、思うところ


・たまきwwwwww
・ようやくカレンが帰ってきた、帰ってきたけれど・・・
・カレンとジノ、何かのフラグかのう
・皇帝は何しにきたんだろう
・アーニャの正体
・ニーナさんうざすぎです
・ルルーシュオワタ
・色々言いつつも、フレイヤを放ってしまったスザクが可愛そうすぎる
・ナナリー、そしてサヨコさん。さすがに助からないよな・・・。
・ギルフォード(´;ω;`)




前回もいったけど、本当に卜部の死が重い。
彼はゼロの正体が学生だと知っても黒の騎士団のまま散っていた。
それに比べて朝比奈は・・・。ゼロのことに関しては、この闘いが終わってからだと散々藤堂に言われていたにも関わらず、私情で勝手な行動を取り、あげくあぼーん。
千葉さんは女だからなんともいえないが、卜部達に比べて朝比奈は好きになれない。
木下の証言データとやらが黒の騎士団崩壊フラグに繋がるんだろうけど、もしも卜部が生きていたら又違っただろうな・・・。



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
"コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第18話 「第二次 東京決戦」"



にほんブログ村 アニメブログへ