ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆TVアニメ 屍鬼



次の”ノイタミナ枠”も視聴する予定だけれど、”数日後”って・・・(´ω`)
幾度か柔道やら何やらの影響で休止したせいで、全ての回を放送できなかった・・・?


第22話 「蔡蒐話」



第22話 「蔡蒐話」



「結局、村は滅びるってわけだ・・・負けたのか、俺は・・・」


作中でも言われていた通り”勝ち負け”の話じゃないが、
これで「村人達の勝利!」みたいに描かれたとしても、全くカタルシスを得られないしね・・・。

”痛み別け”というには犠牲が大きすぎるけれど、
人間は自分達の住む村を失い、屍鬼は自分達だけのコミュニティーの形成に失敗した。
結果としては、これで良かったんじゃないかと思う(´ω`)


屍鬼(沙子)はこんな村ですら制圧出来なかったんだし、
もう”夢”みたいな試みは自粛するはず。静信も居るし、同じ過ちは犯させないだろう。

のん気な村人達も、今回の騒動は大きな教訓になったはずだ。
医者のおっさんや夏野が居なかったら、間違いなく”全滅”していたのだから。



とまあ、この痛み分けエンドは悪くなかったと思うけれど、
沙子と静信だけが生き残るってのはなぁ・・・。

そこだけは納得できないというか、静信は”沙子を殺してあげるべきだった”んじゃないかと・・・。
長い時を生きてきた少女を解放してあげるべきなんじゃないかと・・・。

大川さんを殺る気まんまんだった沙子が「一緒に残ろう」と静信に言えたのは、
この世を去る勇気が持てたからじゃないのか? 


一人で死ぬのは怖い。怖いから、一人じゃ死ねない。


大川さんを襲おうとしたのは、”生きたい”という本能からであり、
もう正志郎も千鶴も辰巳も居ない。全てを失った時点で、沙子が死を受け入れても不思議じゃない。

だから、あの場で静信に助けられて、落ち着いて。
初めて現実を受け入れらたのだと思ったのだけれど、静信は最後まで住職らしからぬ行動を・・・。

あそこで沙子に生きることを促すのは、ぶっちゃっけ自己満だろうと。


ここだけはどうも納得できなかったや。
屍鬼側に”綺麗なエンド”を望みすぎかなぁ・・・。


今回の気になった点

・提供自重
・狩猟用の銃・・・?
・溝辺町・・・かおり生きてた!
・山火事に発展?
・最後に夏野の幻を見て・・・恵オワタ
・顔面を・・・容赦ないってレベルじゃねーぞ・・・
・確かに”外の人間”に見られたら、洒落にならない
・人狼は一度も死なないまま変貌する?
・やっぱり夏野が先に命令していたのか
・静信が目覚めただと・・・?
・俺はただ、あんたらが気に喰わないだけだ
・夏野にはもうちょっと活躍してもらいたかったが、人狼対決の決着という意味では”あり”な演出か・・・(´ω`)
・「昔からある誰が決めたわけでもないルール」
・そのせいで、村が全滅しかけたわけだが・・・それは分かっているのか(´ω`)
・大川さんもアレだが・・・住職が人間を殺しただと!?!?
・大川さんを殺して、少しは医者のおっさんの心情が理解できたか?
・で、静信は人狼化・・・? 起き上がるにしては、早すぎるよね・・・
・「結局、村は滅びるってわけだ」
・この女性は・・・なおさん?
・全滅なんだから死んでいて当然だが、正雄にあの幼稚園児?
・昭も生きてた!
・ぶっ壊れかけていた”かおり”にとっては、本当に救いだと思う・・・
・え、これで終わりなの・・・(;´ー`)?
・数日後。夏野親父と・・・誰だよ




しかし、恵の最期は予想以上に悲惨であった。
フラッシュバックの演出がまた・・・(´ω`)

恵は多くの村人を襲っているし、良い死に方をするキャラだとは思っていなかったけれど、
あれだけ命乞いしても容赦ないというか、感情を顔に出さずに轢き殺せるなんて・・・惨いとしか言いようがない。


夏野や恵、村の存在を快く思っていない者も居れば、
りっちゃんのように最後まで村のために尽くした者も居た。

そんな若者達がこの世を去り、”誰が決めたわけでもないルール”とやらに従い、
最後の最後になって村の異変に気づいた者達は生き残る。

別に村の異変に気づかなかった者達が悪いとは言わないけれど、
嘆かわしい面の方が印象に残っているから、何ともねぇ・・・。



さて、屍鬼の放送もこれでお終いである。
エンディングに不満が残ったとはいえ、最後まで楽しむことが出来た作品であった。

特に医者のおっさんが”逆転の切り札”を手に入れる件は好きだったな。
個人的にあそこら辺の話が一番盛り上がっていたと思うし、視聴するのも楽しみでした。

EDで流れていた”数日後”にどんな話が描かれるのか気になるけれども、
機会があれば、是非TVでも放送して欲しい・・・と思います(´ω`)