アニメ調査室(仮)さんからお誘いを頂いたので参加してみた。

自分の中では「君に届け」と「ガンダムユニコーン 3話」がぶっちぎりだけれども、
基本的に楽しめた作品しか見続けないので、評価が”C”だから糞認定だとか、
そんなことは一切ありません。

どれも”主観”ってレベルじゃないですが悪しからず(´ω`)



◆2011/1-3月期終了アニメアンケート(ブログ参加者用) (アニメ調査室(仮)さん)


-評価条件-

だいたい80%以上視聴した作品について、
作品の評価をS,A-Eでお答えください。
(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い

上記の条件に当てはまらない作品は、
視聴状況を、F,x,zでお答え下さい。




2011春調査(2011/1-3月期、終了アニメ、39+2作品)

01,レベルE,F
02,放浪息子,x
03,バクマン。,x
04,フラクタル,F
05,DD北斗の拳,x
06,ウルヴァリン,x
07,フリージング,x
08,夢喰いメリー,C
09,Rio RainbowGate!,x
10,遊戯王5D's (3作目),x
11,カルルとふしぎな塔,x
12,ドラゴンクライシス!,x
13,これはゾンビですか?,x
14,最強武将伝 三国演義,x
15,マリー&ガリー ver.2.0,x
16,極上!!めちゃモテ委員長,x
17,デジモンクロスウォーズ,x
18,Star Driver輝きのタクト,A
19,テガミバチReverse (2期),x
20,みつどもえ 増量中! (2期),x
21,君に届け 2ND SEASON (2期),S
22,一期一会 キミノコトバ (2期),x
23,とある魔術の禁書目録II (2期),B
24,IS インフィニット・ストラトス,B
25,ジュエルペット てぃんくる (2期),x
26,ハートキャッチプリキュア! (7作目),x
27,メタルファイト ベイブレード 爆 (2期),x
28,SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors,x
29,スティッチ! ずっと最高のトモダチ (3期),x
30,ひめチェン! おとぎちっくアイドル リルぷりっ,x
31,デュエル・マスターズ クロス / クロス ショック,x
32,スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター (2期),x
33,爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア (2期),x
34,お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!,x
35,這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生),x
36,ヘタリア Axis Powers / World Series (ネット配信),x
37,けんぷファー fur die Liebe (特番),x
38,ケロロ軍曹乙 (関東圏の方のみ),x
39,ケロロ軍曹 (全地域の方),x
40,たちゅまる,x
41,魔法少女まどか☆マギカ,C


{総評、寸評など}

各作品の感想は単独記事や春放送開始アニメの記事で触れているため、
ここでは簡略しますが、F評価のものは途中で視聴を断念した作品です。

特に期待していたフラクタルは残念の一言であり、
4話までは頑張って見たけれども、作品の面白さが見出せず・・・(´ω`)


08,夢喰いメリー,C
雰囲気は凄く好みであったし、メリー達がやるべきことも一貫していたと思うのだけれど、
終盤の展開がちょっと雑だったなぁと・・・。

もっとチェイサーに出番があったら、印象は変わったかもしれない。
あと、戦闘シーンで流れるBGMに最後まで馴染めなかった。


・18,Star Driver輝きのタクト,A
ここまで突き抜けられると、逆に清々しくなる典型だと思う。
個人的にはミズノとマリノの話が一番好き。


・21,君に届け 2ND SEASON (2期),S
放送終了後、原作を全巻購入&2期のDVDも全て予約してしまったほど。
原作の良い所を引き出しつつ、アニメだからこそ可能な表現が見事にマッチした作品であった。


23,とある魔術の禁書目録II (2期),B
上条さんの存在感は健在であり、そこは十分に楽しめた。
ただそれ以外の要素は1期と比べると・・・正直マイナスな印象である。

販促のためとはいえ、露骨な美琴プッシュが終始気になってしまった(美琴自体は好きなキャラだと断っておく)


24,IS インフィニット・ストラトス,B
ストーリーに中身はなかったけれど、人気があることは理解できる作品。
「シャル可愛いよシャル」といったように楽しむのが正解だろうと思う。


41,魔法少女まどか☆マギカ,C
唯一単独で感想記事を書いていなかった作品ため、少々長めにチラ裏を。


まず「ブラスレイター」や「Phantom」が凄く自分好みの作風だったことから、
この「魔法少女まどか☆マギカ」にも期待を寄せていました。

そして、つい先ほど10話から最終回まで見終えて・・・うーん・・・。
作品の雰囲気は重いが、その実態は”軽い”というか・・・。


俺妹と同様にあの宣伝力は認めざるを得ないし、自分自身も9話ぐらいまでは素直に楽しめていた。ただ最後まで好きになれるキャラクターは出てこなかったかな。

それは単に”魔法少女モノに思い入れがないから”かもしれないけれど、
母親とまどかが別れるシーンとか、もう少しどうにか出来なかったんだろうか?


さやかが亡くなった話を聞いて尚、あの状況で自分の子供を見送るだなんて、
とてもじゃないが感情移入出来ない。まどかの秘密を知っているわけでもなければ、
母親が何か特別な存在というわけでもない・・・。


「子どもはある日突然”大人になる”」


それを認めたから? いやいやいや・・・。

まどかの行動に何かを感じ取っていたの分かるよ。
でも、あそこで母親を絡める必要性はあったのだろうか?
まどかが己の決意を表明するために都合の良い人物だったから?

どちらにせよ、”親を絡めれば感動させられる”という意図が見えてしまう
取って付けたようなシーンに思えて、一気に冷めてしまったや・・・。

何も解決していない気がする結末にはどうこう言うつもりないけれど、
最後の最後で変にリアリティを感じさせられてもなぁ・・・。









第10話 「ここから」



そんなわけで、前クールで最も楽しめたアニメは「君に届け 2nd Season」でしたとさ。
ストーリの面白さも重要だけれど、やはり登場人物に魅力が感じられないと駄目だや(´ω`)