ブログネタ
アニメの感想 に参加中!
◆公式HP さんかれあ



ねんどろいど 週間初音ミクさん




また後でチラ裏するつもりだけれど・・・体育座りミクさん可愛すぎる





第4話  「普通の・・・女の子」 



さて、さんかれあは・・・。

彼女が笑顔を浮かべれば浮かべるほど、正直切ない気持ちの方が強くなってしまうのだけれども、今はただ素直に”ゾンビっ娘”萌えのシチュエーションを楽しむべきなのだろうか。




















アニメ さんかれあ 第4話 普通の女の子



「・・・そう。私は死んだのです・・・”生まれ変わった”のです」



言葉通り彼女は”生まれ変わった”わけだが・・・。



これを機に・・・なんて言えるような話ではないけれど、
親父さんも心を入れ替えるんじゃないかと期待していたら・・・ね(;´ー`)

あくまで事故で死んでしまった。死なせてしまった。生き返った。
ただそんな風に思っているだけ。主人公にたぶらかされたから娘は。

見るべきところが間違っている。まあ、そんな簡単に気づくような話であれば、
れあさんもあそこまで追い込まれなかったか・・・。

しかし、問題は山積みだ。個人的にはそちらにばかり目がいってしまうのが悲しいというか。切ないというか。悲壮感を誘うというか。


娘が死んだなんて信じられない。自分が突き落としただなんて公に出来るはずがない。
家出したなんて噂が広まれば・・・あの奥さんも黙っていないだろう。

もちろん主人公の方も話せるはずがない。
彼女が死んで、ゾンビになって。自分の家に居候している。いったい誰が信じるだろうか。
バレたらバレたらであれなわけであるし、どちらにせよ話すことは出来ないであろう。

責任を取ると約束した以上は・・・ってのが本筋になるのかなぁ。



と、それはさておき。本当に蘇ってしまった”れあさん”
完全に自分が生まれ変わったと信じているから、もう父親の言葉に惑わされることもない。躊躇なく拒絶した。

故に親父さんが・・・ってのは最初に書いてしまったか。

お嬢様可愛いから許されるあざとさ。天然っぷり。そこは相変わらず健在していた。
だが、何気ない台詞や言葉からも見えてくる”生命”が失われたという現実は切ない。


前者も後者も楽しめるという意味では面白い作品だと思うけれども、
うーん・・・どうするんだろう。

前述した通り、自分は後者の方ばかりに目がいってしまうや(;´ー`)


同じように蘇った猫”バーブ”の今後が色々と鍵を握ってそうな予感がするけれど、
”普通の女の子”としての生活を体験出来れば、れあさんも満足するのかね。


「普通の女の子としての経験を全てさせてください」


今は解放感の方が強くても・・・。
そこを埋めてあげるのが主人公の役目なのは分かるけれど・・・。



今回の気になった点

・鮮血ってレベルじゃ
・という夢じゃ・・・ありませんでしたとさ
・「どうしてこうなった・・・」 遅すぎる疑問
・最近のホストクラブは
・凄く広いバスルーム
・このヒトが理事長であり、妻でいられる理由。何かありそう
・ふ・・・る・・・や・・・いやいや、あんたが(ry
・執事?は喜んでるし
・自分の傷口を縫う体験とか・・・れあさんは”笑顔”というのがまた(;´ー`)
・瞳孔が開いてるから? 瞳が赤い
・これはどこのなまり
・色々と無防備すぎる
・そういやバーブの問題も解決してない
・アジサイの葉を食べたから瞳が?
・ゾンビ関係なしに萌えてるじゃないですか。いや、可愛いのは分かるが(´ω`)
・”責任とってくれるんですよね” れあさんのノリは軽いけれど”重い”
・普通・・・いったい何を想像したのやら。あ、彼にとってはゾンビっ娘=だからか
・この子供っぽい人形はやつじゃ。何て名前の映画だっけ
・ゾンビ化して凄いバカ力を発揮?
・キスじゃなくて捕食しようとしてたり
・なぜに川がリアル・・・実写?
・携帯電話を所持してない
・そこですよねぇ
・「きもっ!」 なんというバッドタイミング
・ゾンビパーカー
・勝手に人様の家でシャワーを(ry
・熱さも冷たさも分からない。今はいいかもしれないが
・なんというパイズ(ry
・「”きよ”だが」 おいwww
・動物の内臓を鍋で
・れあさんはイチイチ・・・あざとい!
・確かに自然現象だが・・・怖いわ(;´ー`)
・そこであじさいの葉ですね。分かります
・次回予告。腹が脹れれば肉体的にも蘇生したり?









さんかれあ 第4話 ゾンビっ娘 萌えシチュエーション



とりあえず、れあ達が気づくまでは素直にゾンビっ娘萌えシチュエーションを楽しむとしよう。今週も続きが気になるという意味でも面白かった。

ここまでれあさんのことを中心に描いてきたのだから、次は主人公の出番だろうと思う。彼にも何か魅力を感じられるようなepisodeが見られるといいな。