2014年12月31日

2014年放送アニメを振り返る 「アニメアウォーズ」に参加してみた

ゼスティリアのアニメ、超絶プロローグだった・・・・。


と、ようやく仕事納めということで、今年もおちゃつさん主催の企画に参加させて頂くことに。
趣旨は変わりないそうなので、2014年に放送されたTVアニメの中から




~2014年アニメアウォーズ~

・〜2014年アニメアウォーズ〜
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 





上記に該当する作品を選ぶというシンプルなルール。
自分が今年視聴したアニメの中で最後まで見届けたのは(以下、アンケートからのコピペ)


・pupa
・桜Trick
・ノラガミ
・のうりん
・キルラキル
・鬼灯の冷徹
・ディーふらぐ
・凪のあすから
・となりの関くん
・咲 Saki 全国編
・Wake Up, Girls
・ゴールデンタイム
・スペース☆ダンディ
・サムライフラメンコ
・生徒会役員共
・はじめの一歩 Rising
・とある飛空士への恋歌
・バディ・コンプレックス
・ストライク・ザ・ブラッド
・ウィッチクラフトワークス
・銀の匙
・ガンダムビルドファイターズ
・世界征服 謀略のズヴィズダー
・いなり、こんこん、恋いろは
・ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル
・中二病でも恋がしたい! 戀


1~3月に完走したアニメ。正直ここに書かないと思い出せない作品の方が多い。
恐らく一番楽しめたのは「咲Saki」(1期)の再放送とダンディー。あとカガリさん(´ω`)



・ニセコイ
・蟲師 続章
・悪魔のリドル
・シドニアの騎士
・一週間フレンズ
・ブラック・ブレット
・犬神さんと猫山さん
・僕らはみんな河合荘
・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
・それでも世界は美しい
・極黒のブリュンヒルデ
・ノブナガ・ザ・フール
・デート・ア・ライブII
・ご注文はうさぎですか?
・メカクシティアクターズ
・ピンポン THE ANIMATION
・彼女がフラグをおられたら
・selector infected WIXOSS
・マンガ家さんとアシスタントさんと
・エスカ&ロジーのアトリエ 黄昏の空の錬金術士
・ブレイクブレイド


4~6月に完走したアニメ。ヒロインはニセコイが強かった印象だけれども、
物語として記憶に残ってるのはシドニアくらいだろうか。



・東京ESP
・ばらかもん
・ハナヤマタ
・RAIL WARS
・さばげぶっ!
・アオハライド
・グラスリップ
・ガンダムさん
・残響のテロル
・アルドノア・ゼロ
・月刊少女野崎くん
・六畳間の侵略者
・キャプテン・アース
・魔法科高校の劣等生
・ペルソナ4 ザ・ゴールデン
・東京喰種 トーキョーグール
・スペース☆ダンディ シーズン2
・人生相談テレビアニメーション「人生」
・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei!
・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
・花物語


7〜9月に完走したアニメ。最近の方だからまだまだ覚えている作品が多い。
まず、誰か止める人はいなかったのかとツッコミたいグラスリップ。

日常モノで安定して面白かった野崎君とばらかもん。
相変わらず自由なダンディー。最初から分割二期だと教えてくれよグール。
後半ガッカリのキャプテン・アース。お兄様過ぎて恐怖な劣等生。



・オオカミ少女と黒王子
・天体のメソッド
・アカメが斬る
・グリザイアの果実
・神撃のバハムート GENESIS
・異能バトルは日常系のなかで
・トリニティセブン
・大図書館の羊飼い
・デンキ街の本屋さん
・PSYCHO-PASS 2
・甘城ブリリアントパーク
・テラフォーマーズ
・selector infected WIXOSS
・旦那が何を言っているかわからない件
・失われた未来を求めて

以下、来期も放送される作品
・ダイヤのA
・七つの大罪
・暁のヨナ
・ガンダムビルドファイターズ トライ
・寄生獣 セイの格率
・SHIROBAKO
・四月は君の嘘
・ガンダム Gのレコンギスタ
・Fate/stay night Unlimited Blade Works (4月から)
・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞


10〜12月に放送したアニメ。月を跨ぐ作品はどれも楽しめているので、
それらを除くと・・・うーん・・・ダークホースだった「神撃のバハムート」だろうか。

流石ソーシャルマネーぱねぇっすなクオリティーであり、
特に前半のファンタジー世界を冒険してる感は良い雰囲気を出していたと思う。

あと作品自体は特に感想が湧いてこなかったけれども、
異能バトルと大図書館の女の子達が作画も安定していて可愛かったと思います。はい。


他にもしかしたら何か抜けてるかもしれないけれど、思い出せないということは以下略。









最優秀作品・・・「ガンダムビルドファイターズ」

ここ最近自分の中で「面白い」の基準が変わりつつあるけれども、
やっぱり一番は・・・「熱くなれるか否か」である。ビルドファイターズである。

子供の頃に大好きだった「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の記憶が蘇ってくるような。
夢と希望、そしてロマンが詰まっている。ガンダム好きには堪らない作品であった。



「遊びだからこそ、真剣になれる」


ガンダムではなく、あくまでガンプラであり。
本当に羨ましい世界過ぎて・・・このレイジの台詞を体現する第15話は神回だった。
そりゃあ、あんなシステムが存在したら年齢の枠を超えて大人もハマるわと。

だって、自分が作ったガンプラが戦うんですよ?動かせるんですよ?
wktkするに決まってるじゃないですか。卒業できませんよと。

その気持ちに凄く共感してしまった自分は駄目な大人だろうか。
ぶっちゃけ大人なんて図体がでかいだけで子供と大差なく、結局はその人間次第で・・・これ以上は怒られそうだから止めておこう。

ともかく、ガンプラって素晴らしい。遊びに真剣になれるって素晴らしい。
そんな童心に返れる。制作側からも愛が感じられてより素直に楽しめたや(´ω`)







特別賞・・・「スペース☆ダンディ」 

飛び飛びで見てる妖怪ウォッチか。カガリさんがツボなウィッチクラフトと悩んだ結果、
特別賞は・・・そのどちらでもなく・・・ダンディー・・・ダンディー・・・だろうか・・・。


スペース☆ダンディーとは宇宙のダンディーなのである・・・。


なんというか・・絶対にBDは売れないよなと。
それが分かっていてフリーダムに作ってる感じが逆にツボで面白かったという。

別に売れ線じゃないからと手を抜いてるわけではなくて。
確か結構有名どころな?色んな人達が脚本・絵コンテを担当していたはず。

その担当した人の回によって作風も変わるのだけれども、
基本的にはBBPであり。お馬鹿であり。ダンディーであり。

特にあの、ゲストキャラの中の人が神谷さんだった回がですね。やばいね。
もう勘違いロンリーナイトなんてレベルじゃないですよね。流石にあの展開は読めなかったw

いつもBBPな三人が真面目に、本当に・・・マジかよと。面白かったなぁw




キャラ部門(男性)・・・佐田恭也 (オオカミ少女と黒王子)

女性部門はいくらでも名前を挙げられるけれども、男性部門の方は・・・。
こうして振り返ってみると・・・特別印象に残るような主人公キャラはいないや(;´ー`)

逆の意味でならお兄様であるが、あれはお兄様よりも周囲に問題があると思うし・・・。


そんなわけで男性部門は・・・先週終わったばかりの「オオカミ少女と黒王子」から。
主人公(でいいんだろうか?)の佐田さんを挙げたいと思う。

ぶっちゃけ最初は、かな恵さん目当てで見始めたようなものであるが、
そのオオカミ少女が期待していたようなオオカミ少女じゃなくて。
声は好きでもキャラ的には弱く感じられてしまって。

にも関わらず・・・なぜこの作品を見続けられたのかと言うと・・・。
黒王子こと、イケメン佐田さんの変化が楽しめたからである。

原作が少女漫画でもコメディー要素が多い作品は面白いというか。
佐田さんがデレ始めてからというものの、本当にあのCMみたいな感じで決めますからね。
エリカさんをトキメかせますからね! 

そして、時には笑えるイケメンっぷりも見せてくれる。
今まで黙っていても寄って来た女性陣とは異なり、エリカさんに対しては自分から・・・。

その不器用加減がまた面白くて和ませてもらったやw





キャラ部門(女性)・・・セイバー (Fate/stay night Unlimited Blade Works)


「今更セイバーって・・・」と思われるのを百も承知で・・・セイバーさんです(;´ー`)
Unlimited Blade Worksなのにセイバーさんなのです。誰か一人に絞るならセイバーs(ry


正直最近クリアしたホロウの補正も否めないんだけれど、
格好いいと可愛いを併せ持つキャラって反則ですよねと。

こういう属性のキャラは他にも多くの作品に登場してると思うし、
セイバーさんに限った話じゃないが、それでも・・・と言いたい。可愛いと。

食事のシーンとか、アニメならではと言える「動く可愛さ」が存分に発揮されていると思う。セイバーさん可愛(ry


恐らく・・・物語の前半だからだろうか。UBWとはいえ、
やはりセイバーさんも魅力的に描かないとシロウの心情に近づけない。

シロウにとって藤ねえが大事なのは分かる。
でも、セイバーは・・・という部分。セイバーさん可愛い。
美しいと魅了されたところから始まって何が悪いんだと。

だから守りたい。力になりたいと考えて何が・・・2期はよはよ(´ω`)





◆OP部門
光るなら (四月は君の嘘)
ビバナミダ (スペース☆ダンディ)
楽園の翼 (グリザイアの果実)
divine intervention (ウィッチクラフトワークス)
いつかの、いくつかのきみとのせかい (僕らはみんな河合荘)




歌に関しては毎年複数選んでいるので今年も。OPは映像も含めて上記の5曲を選出。
個人的な基準を挙げるならば・・・つい口ずさみたくなるような曲である。


まず一番目は、四月は君の嘘の主題歌「光るなら」
初めてOPで聞いた瞬間から引き込まれるメロディーに加えて、
あの情熱的な映像が流れるのだから・・・反則である。


「あ、このアニメは絶対に面白いわ」


と思ってしまったくらい。内容を一切知らないのに。
「君だよ、君なんだよ」が好きすぎでCDも購入してしまった。

出来ればクールを跨いでも変わらないで欲しいけれど、
次はもっと・・・と期待してしまう自分もいる。楽しみだや。


他はオサレ感があふれ出ている「ビバナミダ」
ダンディーと言ったらこれですよねと。これが流れないと始まらない!

「楽園の翼」は・・・あの飛び立つ感じのイントロが堪らない。
単純に作品に凄く合っていたように思う。これがOPじゃなかったら視聴を続けていなかったかもしれない。 >グリザイア

「divine intervention」と「いつかの、いくつかのきみとのせかい」は同じアーティストであるが、
この人達は作品に合わせて作る(ってる?)のが上手いと思う。

前者はカガリさんの疾走感ある映像にとてもマッチしていたし、
後者の方はキラキラ輝く優しい曲調に包まれる感じが好きでしたとさ。





◆ED部門
ウィッチ☆アクティビティ  (ウィッチクラフトワークス)
Gの閃光 (ガンダム Gのレコンギスタ)


EDは上記2曲をチョイス。他にも好きな曲はあったと思うけれども、
この2曲の印象が強すぎてパッと挙げられないや(;´ー`)


「ウィッチ☆アクティビティ」は言うまでもないであろう。
EDの映像が可愛い&話が進むに連れて変化するのも細かくて面白かったし、
何よりあの中毒性のある独特のメロディーがですね。しばらく頭から離れなかったやw

テクノ系?ダンス?音楽は好きだけれども詳しくない自分。
どのジャンルに近いのか分からないが、アニソンならではの曲で楽しめた。

そんなウィッチ☆アクティビティが今時(?)のアニソンだとすれば、
「Gの閃光」は・・・昔ながらの爽やかなアニソンというか。

シンプルなのに印象に残る歌詞、それに合わせるかのような優しいメロディー。
これがまた・・・困った事に頭から離れないんですよ。

正直最初は「なに、この昔ながらの曲・・・」みたいな。
とても失礼なことを思ったんだけれども、気づけば口ずさむようになりましたからね!

もはや、これが聞きたいが為にレコンギスタを見てるんじゃないかと。
元気のGは、始まりのGなんですよ(´ω`)







以上、個人的「2014年アニメアウォーズ」でした。

来期は・・・課金していた時代は思い出したくない。
でも、アニメ化は楽しみな「アイドルマスターシンデレラガールズ」

色んな意味で注目の的。大型建造への憎しみは忘れない「艦隊これくしょん」
原作者の丸戸さんが脚本担当の「冴えカノ」

あとは、日常枠っぽいシャフトの「幸腹グラフィティ」辺りに期待したいや。



以下、昨年と同文なコピペ手抜き。


深夜アニメも数打てば当たる。そんな大量生産の時代。
視聴する本数が増えたことによるマンネリ感もあり、ここのチラ裏の方も色々と手抜きになってるのは否めません。

しかし、“素直に面白い!”と言いたくなる作品に出会えた時は・・・嬉しいもので。
自然と(無駄に)長文になるものであり。文才もボキャブラリーもないのに。

やっぱり感情をぶつけたくなるような作品は面白い。
でも、ただ人が死ねばいい。殺せばいい。謎だったらいいって話じゃないですよ?と。


と、自分が楽しめたものであれば、ジャンルは特に関係ない。
気にしない。今年視聴したもの(来年も続く作品は含まず)で言えば、


・鬼灯の冷徹
・スペース☆ダンディ
・ウィッチクラフトワークス
・銀の匙
・僕らはみんな河合荘
・ガンダムビルドファイターズ
・ニセコイ
・シドニアの騎士
・ピンポン THE ANIMATION
・ブレイクブレイド
・ばらかもん
・月刊少女野崎くん
・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
・咲saki (再放送)
・グリザイアの果実



原作が漫画のモノばかり・・・(;´ー`)?

などの作品は割と素直に楽しめたんじゃないかと思います。
2015年もそんなアニメに出会えることを期待しつつ、この記事も〆



*トラックバック送信先
おちゃつのちょっとマイルドなblogさん。
2014年アニメアウォーズ!


soul_mu at 00:58│Comments(1)TrackBack(0)その他アニメ | レビュー関係

2008.10/27 ちょっとテスト設置


*コメントありがとうございます。現在”承認後、反映”をテスト中です。

基本的に記事に関連する内容であれば批評であろう何であろうと歓迎致しますが、閲覧して下さってる方からのご指摘もあり、改めて注意事項を設けることに決めました。

下記に該当する場合は断りなく削除させて頂く可能性がございますので、ご理解とご協力をお願い致します。



・こちらが不快及び不適切な内容だと判断した場合。
・アニメに関するネタバレ。作品の核心的内容、これから明かされる事柄。本当に嫌なのでご協力お願いします。
 (例外:公式HPに掲載されているような事。こちらが原作を知っている作品やオリジナルアニメの先を予想&妄想)



詳しくは◆当ブログのコメント欄に関して (注意事項)にて。
なお、一度に投稿出来る文字数は制限されております。ご注意を。


この記事へのコメント

1. Posted by おちゃつ   2015年01月09日 23:10
そうるますたーさんこんばんは!
お礼訪問がすっかりおそくなってしまいすみません。

スペースダンディは三枚目なコメディとして楽しかったですね〜。でも視聴前のイメージではあんな作品だとは思ってませんでしたw

今年の作品もどんどん始まってますが、また良作に出会えますよう願いたいですね。
ではでは、参加ありがとうございました!
またよろしくお願いします〜。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 


トラックバックURL


*スパム防止のため、言及リンクが確認出来ない場合は受信できません。