◆公式HP 物語シリーズ 西尾維新アニメプロジェクト


オーディンスフィア ワルキューレ編クリア



金曜の深夜から始めた「オーディンスフィア (VITA版)」

約7時間ほどで最初のワルキューレ編をクリアしたのだけれども、
やっぱりヴァニラウェアのゲームは作り手の拘りを感じられて面白いや。

アンチャがプレイする映画だったら、このオーディンスフィアは・・・。
世界観に相応しいキャラクター達が格好いい&綺麗で引き込まれるというか。
絵本のような、童話のような世界を駆け巡ることが出来るRPGというか。

リメイクだからキャラの頭身は朧村正やドラクラよりデカイ。
でも、その辺はちゃんと上手く調整されており、VITA版でも全く問題なし。
元がPS2のゲームとは思えないくらい美麗な2Dの世界を堪能出来るのである。

アクション面も・・・基本的には前2作と同じでシンプルなんだけれども、
爽快感は凄く増している。通常攻撃以外にも使える技が豊富だから楽しい。

難易度ノーマルでも程よい匙加減で熱中できるし、
ちゃんとLv上げ&探索することに意味があるしでついついプレイしてしまうという。

チュートリアルはくどくない程度に親切。UIも見やすい。
処理オチも殆ど感じられない。更にPS2版をリマスターしただけのクラシックモードも搭載。

・・・これは面白い。面白いぞ。人に薦められるRPGだぞと。
PSPで初めて「ヴァルキリープロファイル」をプレイした時の高揚感に近いや(´ω`)



第2話 「こよみフラワー」









S(アニメ) 暦物語 第2話 



「・・・勿論、これまで通りにするのよ。」


さて、暦物語の方は・・・久々にロングなひたぎさんが見られて嬉しかった。まる。


やっぱりひたぎはロングの方が好きだなぁ。
ショートも可愛いが、ロングの方が彼女のキャラに合ってると思うというか。

完全に自分の好みの話なんだけれども、
元がロングだから「まよいマイマイ」で見せる可愛さにも繋がってですね!


と、今回の話はひたぎクラブの翌日。母の日よりも更に前。
つまり、まだ二人は恋人同士ではない。まだまだ毒舌が止まらなかった頃の話。

ひたぎが「あ・・・」とリアクションを見せたところが面白かったけれども、
他は描かれたまんまだから特に語ることは無いかな(;´ー`)

花の件は「なるほど・・・確かに」と納得出来たけれども、
それ以外にコメントしようがないや。ストーンと比べると黒歴史感も薄いし。
せっかくひたぎが登場したのだから、もう少し阿良々木君を弄って欲しかったところ。

でも、こういう小さな積み重ねが後の大きな出来事に繋がるのであろう。
その為の情報収集なのであろう。阿良々木君と忍野さんの些細なやり取りにも意味があるのであろう。

そう勝手に思いつつ、今回のチラ裏は〆よう。暦物語は時間的にも短いんだ。
今後は作中の阿良々木君達のように気軽に怪異談を楽もうと思う。




今回の気になった点

・ひたぎクラブの翌日。久々に見るロングなひたぎさんである
・あぁ、だから委員長と一緒に怪異を探していたのか
・バカ殿?お姫様なひたぎも見たかったです
・進撃の・・・阿良々木兵長w
・阿良々木君、思い出すのが遅くないか・・・w
・まぁ、確かに屋上に花束なんてあったら近づかないであろう
・上手い毒舌とか最高じゃないですか!
・またまた阿良々木君のせいだったというオチか。暦物語ですもんね(´ω`)
・EDは変わらないのね