◆公式HP 物語シリーズ 西尾維新アニメプロジェクト



なぜにナッシングなんだろう。



第11話 「こよみナッシング」










(アニメ) 暦物語 第11話 こよみナッシング」



何だかプリンのシーンが一番印象に残った第11話であるが、
あそこは重要でも何でもない・・・カレンちゃんが面白かっただけであり(;´ー`)


と、今回は影縫さんが登場したことで若干空気が引き締まった。
阿良々木君が謎の銃を持ち出した時はどうしようかと思ったけれども、
あそこで少し抜けた雰囲気を演出してからの・・・影縫さんは居なくなってしまったという不安が残るオチ。

てっきり阿良々木君がぶっ飛ばされるものだとばかりに思っていたから、
しばし訪れた無言の時間に「・・・???」とリアルに首を傾げてしまったや。


単純に来なかったのか。阿良々木君の言葉通り、居なくなってしまったのか。
「一発入れられたら」というのは影縫さん也の別れの挨拶だったのか。
忍野さんみたいに去った・・・と考えるとしっくり来るような。

しかし、余接さんを預けていくというのは・・・。
色んな意味が込められているような気がしてならない。

影縫さんの「あちらさん」という台詞が気になったけれども、
憑物語の後で敵対するような相手は・・・うむ・・・。

いよいよ扇ちゃん?それともガエンさん?もしくは今後登場する新キャラ?
余接さんを傍に置くことで・・・ガエンさんは該当しないか・・・。


なんだろう・・・阿良々木君を監視&あちらさんの魔の手から保護。
ちょっと今からヤバイ奴をやりにいくから余接さんは預ける。うむ・・・うむ・・・うむ・・・。

過去の話を思い出そうとすると色々ごっちゃ混ぜになってしまい・・・。
かといって、改めて見直す時間の余裕もないので・・・。

うむ・・・素直に「続く」らしい次回を待ちたいと思う(´ω`)



今回の気になった点

・あちらさん?どちらさん?正弦さんの件は解決したよね・・・。
・そういうことらしい
・なぜ知ってる!?w
・踏まれてるのではなく、乗られているという
・余接さんの正体。ツクモガミ以外の何かだとすれば
・プリンプリンですな(´ω`)
・今更ながらカレンちゃん、お馬鹿だ・・・w
・人形モードの余接さん可愛い。すっかり月火ちゃんのお気に入りである
・ど、どーなつ銃。どう見ても玩具であるが・・・性能はいかに
・どら焼きを餌にドラえもんを釣ってるみたいだな・・・w
・影縫さんがいない・・・? 最後に「続く」と表示されたのは初めてな気がする