・・・あいみょん、いいよね



・・・あいみょん、いいよね。


今年の1月?2月?くらいからだろうか。あいみょんがマイブームでして。
ほぼほぼ音楽はあいみょんしか聞いてないレベルでエンドレスしている。

個人的には低さもある歌声が凄く好きなんだけれども、
Reebokとのコラボ曲である「GOOD NIGHT BABY」のPVを見て良いなと思ったのがきっかけである。










アイドル系に占領されてしまった音楽番組は見る気がしないものだから
最近の流行り曲にも疎い。B'zのお二人が出演する時のMステくらいしか見ない。
そんな自分でも「あいみょん」の名前には聞き覚えがあり・・・。

そうだ、けもなれ(獣になれない私たち)の主題歌を歌っていた子だと。
あれはガッキーを目当てで録画していたようなものだったけれども、
あの主題歌はドラマに合っていて良かったよなと。好きだったなと。

ふと、そんな記憶が蘇ってきて。
この2曲が入ってるアルバムが新しく発売されるらしい。買ってみようかな?
からの予約&購入・・・他の曲もいいぞ・・・夢追いベンガルめっちゃよくね?

そこからyoutubeの公式チャンネルで昔の曲を漁ってみてたりして、
メジャーデビュー曲の「生きていたんだよな」がとてもツボにはまり。
1stアルバムも買って、インディーズ時代のアルバムにも手をだして・・・。

何か高校生くらいの時に戻ったような気分を味わってましたとさ(´ω`)











どうやらあいみょんのファン層は今どきの若い子達だけではなく、
30代前半くらいの男性も多いらしくて・・・何か凄い分かるなと。
そんな同世代の人達にも「あいみょん、いいよね」と言いたい!

たぶんバックに付いてる人達も優秀なのだろうか。
自分が音楽にハマっていた90年代、2000年代前半くらいの音楽が蘇ってくる感じ。
そういう音を作るのが上手いなと。そして「生きていたんだよな」のような曲も作れてしまうという。

個人的には後者の路線というか。
ハルノヒのカップリング「鯉」みたいな変化球的な曲も続けてくれたら嬉しいのだけれども、今後のあいみょんに活躍に期待であると。


・・・冒頭から激しく脱線である(´ω`)














映画『空の青さを知る人よ』をみてきた



そんなわけで・・・。

あいみょんが主題歌及びED曲を書き下ろした『空の青さを知る人よ』を見てきた。
平日休みの特権を活かして、台風が来る前の午前中に。

しかし、公開初日にこの天候は運が無さ過ぎて同情してしまう。
案の定ガラガラのガラガラだった。そのぶんとても集中して観ること出来てよかった。
とてもよかったと思うことにしよう(;´ー`)


と、映画を見ての感想は・・・自分ももう少し真面目に生きてみようかなと。
そんな風に思える映画だったというか・・・なんだろう。
あの花よりもターゲットの年齢層を上げた感じだろうか。

あの花は序盤が凄く好きで、ここさけはイマイチピンと来なくて。
この空青は・・・とてもしっくりきた自分である。
中の人達の演技も違和感なくて、というか普通に上手くて。
プロである声優が演じてるようでピッタリであった

ストーリーは“世界”と戦うだとか。
そういう作風の作品ではなく、いわゆる青春物である。
いつものマリー節は抑え目であり、最後まで描きたいことが一貫していた印象。
故に見やすくて、台詞が無くても伝わるものもあって。無難にまとまっていて面白かった。

TVアニメでありがちなgdgd引き延ばす要素もないし、
観ていてストレスを感じる部分が全くなかったもの。
あいみょんの歌もマッチしていたし、気持ちよく映画館を出られたや。










と、自分自身と年齢の近い慎之介やおねえちゃんの目線。
若いあおいとしんのの目線、4人の視点から物語を楽しむことが出来てですね・・・。

露骨にお涙頂戴はなく、自然な感じであり。
ただ最近自分は本当に涙もろいから・・・ちょっとしたシーンでもう(ry

冒頭の数十分で物語の結末は見えてしまう。
見えてしまうのであるが、やっぱり・・・青春系を描くのが凄く上手いや。
その辺は流石としか言いようがない。時間は流れていくのである。

思春期で難しい部分もあるあおい、そのお姉ちゃんであるあかね。
あおいの憧れであり、お姉ちゃんの恋人しんの。そして慎之介。

色んな思いが交差して、各々の気持ちが感じ取ることが出来て。
そして割と身近に感じられる部分もあるから共感できたりして。

個人的には、やっぱり・・・お姉ちゃんかな。

しんのと慎之介もいいんだけれども、
あのお姉ちゃんだからこそ幸せになってほしいと。温ったけいなぁ!と。
あおいとお姉ちゃんの思い出が蘇る終盤は本当にズルい。ずるい。

あとは・・・欲を言えば”音楽祭”まで見たかった。
最後にあおいの晴れ姿を(+団吉さんもw)見たかったや(小説では描かれてるらしい?)

不満を覚えたのはそこくらいだろうか。
最後に若干物足りなさを感じた以外は素直に楽しめた。
物語にも浸れた。円盤が出たら買うだろうと思う。

あいみょんの歌も合っていて良かったし、しばらく空青と葵のエンドレスであろう。
俺得な「空の青さを知る人よ 」でしたとさ(´ω`)