◆公式HP ちはやふる3


積みゲーが加速する・・・11月の終わり



積みゲーが加速する・・・。

P5Rはトロコンして何だかんだ100時間以上遊んだけれども、
クリアした満足感と同時に若干モヤモヤが・・・。

新キャラのかすみは正統派後輩キャラでストライクだったが、
仲間になるのはかなり遅くて・・・ストーリーにもP4Gのマリーほど絡まず・・・。

明智は、とある層に人気が出たからと無印をぶっ壊すような改変がされなかった点は良かったと思う。


と、3学期が追加されたことでコープやステUPの攻略にかなり余裕ができたし、
ゲーム自体のテンポも向上したことでとても遊びやすくなっている。

まさに理想の完全版とも言えるクオリティに仕上がってる。
個人的にはラストバトルが盛り上がり、ホワイトデーのイベントも見られて。
終わりよければ全て良しとエンディングムービーを迎えたところで・・・「ん?」みたいな。

あれは何なんだろう。大人の事情?
何であんな素っ気無いんだろう。

無印と比べてED曲もイマイチだったし、本当に腑に落ちない(;´ー`)



第9話 「くだけてものをおもふころかな」 



さて、ちはやふるの方は・・・。

やっとやっと千早が修学旅行を満喫する気になってくれて。
そこにほっとしつつ、相変わらずかなちゃんが可愛くて。
かるた以外のところでも面白さが戻ってきた。

ずっと「おいおい千早さん、気持ちは分かるが・・・」って感じだったし、
あのまま友達の想いを蔑ろにしていたら・・・良かったや(´ω`)

そんな最中・・・惜しくも太一は予選落ち。
新と戦って“勝ちたかった” やっぱりそんな思いもあったんだ・・・。

また運命戦で負けてしまって。
悔しくてもどこにもぶつけられない。

からの・・・原田先生。原田先生である。
今回は間違いなく原田先生回であった。









(アニメ) ちはやふる3 第9話 「くだけてものをおもふころかな」




「わかってくるから・・・中盤以降は“準備”する。
読まれない札は相手に送っておく。運命戦に備えて。

・・・まつ毛くん、読まれない札は永遠に読まれない。」



かるただって勝負の世界である。ぶっちゃけ100%なんてないだろう。
ただ、それでも・・・45年という重みを原田先生は見せつけてくれて・・・。

なんか本当にその言葉通りのように思えてしまった。
読まれない札があるんだと。運命戦は運命じゃないんだと。

太一に教えた通り、運命戦に備えていた先生は勝利した。
太一の前で、太一が負けた相手に・・・かっこよすですがな!

努力の積み重ねでここまで上がってきた太一にとって、
今回の原田先生の言葉とその背中は・・・来るものがあったであろう。
あんな風に泣いていた太一はかなりレアじゃないかなと思う。


と、先生の勝ち星は太一だけの「希望」ではなく、
歳を重ねた大人達の希望にもなるという。熱いですわ。

そんな原田先生が決勝で当たる相手は・・・あの須藤さん。
クイーンの方はあの二人、西は西で新vs村尾さんの師弟対決。

メインに描かれるのは新になりそうな予感がするけれども、
どの試合も盛り上がること間違いなし。来週も楽しみだ。



今回の気になった点

・そういう意味なのでは
・うそつき
・そうだよ、修学旅行にきたんだよ!・・・よかった(´ω`)
・かなちゃんかわいい
・若いころってw
・しのぶれど
・なんと千早さんが太一の想いに気付いた!?
・まだ攻守の切り替えに慣れない? ちは取られてしまった・・・
・またしても運命戦・・・
・この姿勢が膝に来るのかな
・中盤以降準備する
・弟子の前で先生かっこよす。オジさん達の希望になってる!
・坪口さんはダメだったか・・・まさかの先生vs須藤さんという
・それ、名人から貰ったやつでは(ry
・詩暢ちゃんの友達に・・・千早はよ・・・
・ほっとする新さん
・東と西、どちらの決勝戦もみたいぞ!



そういえば、ちはやふるのBDも12月に出るんだっけ。

一応1と2と集めているので3も上下巻買いたいところである。
d払い20%のキャンペーンとかに上手く被せられないかな。
どうせならお得に買いたいや(´ω`)