〜Fantasy Earth Blog〜

かつては「Fantasy Earth Zero」の日記がメインでしたが、現在は視聴してるアニメの感想やPSP関係ネタを中心としたチラ裏です。

放送終了のアニメ :うみねこのなく頃に

■タイトル一覧■
  • 『うみねこのなく頃に散 EP6 (エピソード6) 』感想 レビュー
  • ( 2010年01月02日 | Comment(6))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第13話 感想
  • ( 2009年09月24日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第12話 感想
  • ( 2009年09月17日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第11話 感想
  • ( 2009年09月10日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第10話 感想
  • ( 2009年09月03日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第9話 感想
  • ( 2009年08月27日 | Comment(0))

  • 『うみねこのなく頃に散 EP5 (エピソード5) 』感想 レビュー
  • ( 2009年08月22日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第8話 感想
  • ( 2009年08月20日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第7話 感想
  • ( 2009年08月13日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第6話 感想
  • ( 2009年08月06日 | Comment(2))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第5話 感想
  • ( 2009年07月30日 | Comment(2))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第4話 感想
  • ( 2009年07月23日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第3話 感想
  • ( 2009年07月16日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第2話 感想
  • ( 2009年07月09日 | Comment(0))

  • (アニメ) うみねこのなく頃に 第1話 感想
  • ( 2009年07月02日 | Comment(0))

カテゴリ: 放送終了のアニメ :うみねこのなく頃に

3
ブログネタ
エロゲ に参加中!
    P1010885


タイトル:『うみねこのなく頃に散 第六話 Dawn Of The Golden witch』
対応機種:Windows
ジャンル:サウンドノベル
発売日:2009年12月31日
制作:07th Expansion


ひっそり感想&レビューその15。(ネタバレ注意)
リンク先も含め、「?」な人は見ないことをお勧め。

今年のおみくじは”吉”だった。
小さいことに拘らず、全てにおおらかな気分で対応しなさい。
運を天にまかせる、と・・・(´ω`)

続きを読む

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


もうちょっと妹達に弄られていたような気もするけど、
ルシファーのサービスシーンは予想外すぎてわらたw


第13話 「EpisodeIII-II gambit」


ベアトリーチェについて語り合う兄弟たちを黙らせた”ローザの懺悔”
彼女が明かす真実、六軒島に実在した”ベアトリーチェ”とは?な13話。


原作の好きなシーンの一つでもある”若きローザとベアトのお茶会”
相変わらず駆け足展開&溜めが無いなことは否めないけど、前半を丸ごと使っただけに良かったと思う。映像のクオリティも高かった。

現実から逃げたくなったローザと、囚われの身であり”現実から遠ざかっていた”ベアト。
この二人のチグハグな会話と、そこから逃げ出そう(連れ出そう)という流れが、
個人的に凄く好きだったのだけど、その結果は見ての通り・・・。



このシーンは、何を意味しているのか。
ローザの告白は真実だったのか。上位ベアトらは、赤字で


・この六軒島に、19人以上は存在しない
・六軒島の中には、九羽鳥庵という隠し屋敷が実在する
・1967年の六軒島の隠し屋敷に、人間としてのベアトリーチェさまが存在した



と宣言している・・・。



今回の気になった点

・学生ローザきたああああああああああああ
・ベアトの声が白い
・金蔵オワタ・・・
・カノンだけ”ロノウェ”を知らない
・紗音が達観していて、カノンは・・・というのはヒントだろうか
・ルシファー雑魚すなぁ
・原作のルシファーを倒した後の絶望感はやばかったが・・・おぱーい
・服が肌蹴る=正体がバレる的な意味での敗北なのかな
・未練が正体?
・違和感を覚えていた”ロノウェの声”に馴れてしまった
・郷田のシーンの再現・・・”ホラー”すぎるw
・鯖バリアきたああああああああああああああああああああああああああああ
・師匠きたあああああああああああああああああああああああ
・ここで終わるのか(´ω`)




以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしているかもしれないため注意。



(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第13話 「Episode III-II gambit」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


まさかのロリベアト、若金蔵、若絵羽、若クラウス。


第12話 「EpisodeIII-? castling」


魔女側の圧勝だった”EP2”が終わり、今度は・・・なEP3の物語がスタート。


個人的には、親族会議のシーンが良かったな。
ほんの僅かだけど、アニメでは空気そのものだった”霧江さん”のチェス盤思考が
前面に出てきたのは好印象。中の人達が豪華なこともあり、緊張感の漂う雰囲気がこちらにも伝わってきた。ローザで〆たのも良い引きだったと思う


あとは、EP3の主役をどう調理するのかに期待。




今回の気になった点

・OPの師弟対決
・リアと一緒なわけだし、ベアトだよな
・まさか若い頃の金蔵達が見れるとは思わなかったw
・へそ噛んで死んじゃえばぁ!
・紗音と戦人
・知り合いの魔女( ^ω^)
・そうはさせませえええええええええええええええん 噴いたw
・ロノウェの声。自分の脳内では、もうちょっと低いイメージだった
・島には19人以上の人間が存在する!キリッ
・どう考えても、目を瞑らせる行為は怪しい
・大人達が揃うシーンはいいなぁ
・もしかしたら、若きローザも見れる?




以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしているかもしれないため注意。



(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第12話 「Episode III-I castling」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


ラ、ラムダが可愛いだと・・・。


第11話 「Episode II-VI back rank mate」


ん〜復習する分には問題ないのだけど・・・。
テンポが早いだけに、ネタバレを含まずにチラ裏するのは難しいな(;´ー`)




今回の気になった点


・シャノンバリアー。ジョージの反応が弱い
・ベアトの口の悪さぱねぇ
・源次の行方
・らめえええええええええええええええ・・・って(;´ー`)
・毎度のことだけど、マリアの顔芸が酷すぎる・・・
・戦人が屈服するのって、こんなに早かったっけ
・金蔵があああああああああああああああああああああ
・ついにきたローザ無双・・・!
・しかし、何かが抜けてる気がする(´ω`)
・この料理は放送しても大丈夫なんだろうか。微妙にリアルなのが・・・
・生首マリアはギャグにしか見えなかったw
・戦人復活までの間が短いなぁ
・ラムダが可愛いだと・・・!




以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしているかもしれないため注意。



(クリックで展開)

以上、何のまとまりもないチラ裏オシマイ(´ω`)
つうか、全部感情論だな(苦笑)



次回からは”EP3”か。早いものだ(´ω`)


*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第11話 「Episode II-VI back rank mate」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


予告は明日配信かよ(´ω`)


第10話 「Episode II-V accept」


なんというか、うん・・・郷田回? 中の人の演技もドンピシャだったと思う。
郷田が紗音を庇う演出は省かれていたけど、アニメの郷田じゃ仕方がないかな。



今回の気になった点

・南條と鯖の死。なぜはっきりと説明できなかったのか
・あの封筒は、本当に”置いてあった”のか?
・やっぱり、ローザは鋭いなぁ
・悪霊のことが本当なら、紗音が言及しないのはなぜ? あからさまに怪しいから?
・なぜマリアの手提げに?
・降参してしまった下位戦人
・うみねこのなく頃に
・しかし、信じないローザ
・夏妃の部屋へと向かった目的
・源次が屋敷に残った理由
・黄金は、最初からベアトのもの
・郷田達の前に現れたベアトは”制服ベアト”じゃない
・礼拝堂の扉は開けにくい?
・worldenddominatorきたあああああああああああ
・しかし、この状況で部屋の鍵をかけないって、不自然すぎやしないかw
・この悪魔の名前は何だっけ・・・





以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させていますが注意。



(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



次回でEP2も終わりかな。ローザの活躍に期待。


*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第10話 「Episode II-V accept」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


予告を素直に笑えたのは初めて。郷田ばろすw


第9話 「Episode II-IV skewer」


もうちっとメタ視点の掛け合いが盛り上がってくれると嬉しいのだけど、
何か戦人がいまいちだ・・・。


朱志香達が殺されたとされる部屋を施錠できるのは、
キーホルダーが付いている鍵と、各使用人達が所持している”マスターキー×5”のみ。

カノンのマスターキーとキーホルダー付き(朱志香の鍵)は密室状態の部屋の中にあったことから、ローザの”カノン”犯人説を打ち壊した戦人だったが、そうなると他の使用人達に疑いがかかる。けれど、戦人には身内の人間を疑うことが出来ない。

使用人達が犯人じゃないとしたら、誰がどうやって部屋の施錠を行ったのか?
ベアトは「魔法なら可能である」と煽るが、戦人は魔法の存在を否定している。
故にリザイン(投了)せざるを得ない・・・。



今回の気になった点

・くまー
・鍵は置かれていたよなぁ・・・。誰かが”置いた”ようには見えなかった
・鯖と郷田の顔がw
・カノンの死体だけないのは、どう考えても怪しいわけで
・ローザも、結構頭の回転がきれる?
・羊と狼。なつかすぃ
・しかし、アニメのローザは美人だなw
・この使用人達が休憩するシーンは好きだったが・・・
・血まみれカノンきたああああああああああああああああ
・紗音がすぐに気づいたのは
・痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛
・南條先生&鯖オワタ・・・
・蜘蛛が弱点といえば
・郷田無双




以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させていますが注意。



(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)






*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第9話 「Episode II-IV skewer」

4
ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
    うみねこのなくころに散 第五話 End of the Golden Witch



タイトル:『うみねこのなく頃に散 第五話 End of the Golden Witch』
対応機種:Windows
ジャンル:サウンドノベル
発売日:2009年8月16日
制作:07th Expansion


ひっそり感想&レビューその13。(ネタバレ注意)
リンク先も含め、「?」な人は見ないことをお勧め。

うみねこもamazonで買えれば楽なんだけれども(´ω`)

続きを読む

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


さて・・・今まで原作を知らずに見てきた人の内、何人が生き残るのやらw


第8話 「Episode II-III early week square」


カノンブレードは何度見ても吹いてしまうけど、アニメの朱志香は可愛いな。
ネタバレなしに語ると、今回はそれぐらいしか言えることがない(;´ー`)


メタ世界と下位世界。

メタ世界でベアトと戦っている”バトラ”は、前回のEP1を経験して生まれた存在であり、
いわば神(視聴者)の視点から、物語を観測している者。
つまり、下位世界(現状EP2)のバトラとは異なる存在である。
ループしているようで、ループしていないという話。


今回、初めて使われた魔女が放つ”赤き真実”
ただ事実であり、真実である。そして、証拠を示して立証する義務を負わない。



「生きていたかはさておき、6人は扉から入った」

「礼拝堂の鍵は”一本”しか存在しない。
礼拝堂の扉は、礼拝堂の鍵以外では”施錠も開錠も不可能”」

「真里亞に預けた封筒の中身は、確かに礼拝堂の鍵だった」



「真里亞の鞄は、楼座叔母さんが封筒を取り出すまで、誰も触れることが出来なかった」
(復唱拒否)


と、このように自分が不利になる可能性を含む事柄に対して、
魔女側に”赤”で語る義務は生じない。これも赤き真実のルール(´ω`)



前回の魔女を認めるシーンで礼拝堂に居たのは、ベアトを除くと”7人”
そして、殺された6人は、上記のシーンで礼拝堂に集まっていたメンバーでもある。

生存しているローザが怪しい云々は別として、遺体が置かれていた場所も”礼拝堂”

礼拝堂の扉は、マリアの鞄(の封筒の)中に隠されていた鍵でしか開くことができない。
その鍵は封筒に仕舞われていたのだから、ローザが事件発覚後に見つけるまでの間、
誰一人”礼拝堂”に入ることはできないはず。

それにも関わらず、6人は扉から礼拝堂に入ることができた
魔女が魔法を使ったからだよ。というのがベアトの主張。


魔女の存在を否定することが目的のバトラは、このベアトの主張を崩さなければならない。


「真里亞の鞄は、楼座叔母さんが封筒を取り出すまで、誰も触れることが出来なかった」
(ベアトは復唱拒否)


ベアトが赤字で復唱しなかったことから、戦人は↑の仮説を利用して、
人間にも”可能な説”を論じることが出来た。

それが正解か否かは別としても、魔法を否定すればいいというのが戦人の考え(´ω`)



今回の気になった点

・ハッピーマリア
・モザイクわらたw
・インゴット×3
・金蔵の遺言
・山羊の皆さんきたああああああああああ
・カノンブレードに辿り着くまでの展開が早いな
・いまだに名前と顔が一致しない >杭
・そして、カノンは消える・・・
・マリアの顔芸は台無しだな
・赤き真実。今後の演出に期待だ
・金蔵にあったというローザ





以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させてますが注意。







(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



とにかく、次回以降のローザの描写に期待。



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第8話 「Episode II-III early week square」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


映像で見ても、ローザぱねぇ・・・


第7話 「Episode II-II early queen move」



紗音とカノンだけではなく、親たちも”ベアトリーチェ”を認めてしまった。
認めざるを得なかった。その理由とは?

南條先生曰く、金蔵から”ベアトリーチェ”という愛人が居た事は聞いていた。
そして、その人物はとうの昔に亡くなっているはずだと。

にも関わらず、”右代宮家一同”の前に現れたベアトリーチェ。
・・・金蔵の願いが成就したことを示しているのだろうか。


マリアの顔芸は相変わらずだけど、ローザの人の母親っぷりがドンピシャだなw
これは、今後のローザ関係の話にも期待できそうな感じ。



今回の気になった点

・おうふくビンタぱねぇ
・源次、南條先生・・・全ての手配が済んだ。
・ジョージがネタキャラにしか(ry
・これをルドルフが聞いていたことに意味はあるのかね
・あずき島鯖
・上位もいいけど、赤字はどう表現するんだろう
・きもちわるいきもちわるいきもちわるいきもちわるい
・顔芸ひどす
・制服ベアト最高すなぁ
・郷田の料理がまた・・・(´ω`)
・紗音の抵抗、カノンの屈服
・そういや、悪魔の証明が使われて無いな
・キリエさんも認めた・・・大人たちは何を見せられたのか?




今週は特にチラ裏することもないので手抜き。本番は次回からであろう。
予告からして”上位のバトラvsベアト”の描写も熱そうだし、楽しみだ。




*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第7話 「Episode II-II early queen move」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


予告のカノンが・・・(;´ー`)


第6話 「Episode II-I middle game」



EP1とは打って変わり、序盤から魔女”ベアトリーチェ”が登場。


紗音とジョージ@旅行→鏡割り→絵羽からの忠告→ベアトと紗音&カノン@家具
→朱志香と紗音@年頃の会話→朱志香とカノン@文化祭→ベアトとカノンで〆



といった流れで、バトラを含む”親族一同”が集まる前の出来事を描いた回。

原作の紗音とベアトがお茶するシーンは好きだったので、そこをカットせず、
アニメでも描写してくれたのは好印象。ベアトの表情の変わりっぷりも良かったと思う。


ベアトからの”友情の証”を受け取ったから、紗音とジョージは上手くいったのか。
それとも、単なる思い込み、暗示にすぎないのか。

どちらにせよ、その”証”を壊してしまった”カノン”には、
ベアトからの嫌がらせが待ってるとしか思えないわけだが・・・(´ω`)



今回の気になった点

・肖像画カワタ
・富竹フラッシュ・・・このシーンだけを見ると、別の時代にも思える( ^ω^)
・絵羽の人うめぇ
・鏡を割る=封印が解かれる。ベタなネタではあるけれども
・ベアトは、紗音とカノンにしか見えない?
・紗音とは普通に会話し、お茶もできる
・家具から人間になった証
・カノンの背が大きく見える件
・メリケンはともかく、ここら辺も時代設定が曖昧だよな(;´ー`)
・文化祭の唄って、こんなのだったっけ・・・まあ、どうでもいいやw
・朱志香のことを考えて、カノンなりに出した結論なんだろうけど
・恋の種
・ベアトの表情が堪らん
・ブレザーベアトきたああああああああああああああああ





以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させてますが注意。






(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



というわけで、次回も楽しみだ。



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第6話 「Episode II-I middle game」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


お茶会もアニメでやるんだな。
まあ、当然といえば、当然か(´ω`)


第5話 「Episode I-V fool's mate」


ようやく明かされた”碑文”の内容



懐かしき、故郷を貫く鮎の川。
黄金郷を目指す者よ、これを下りて鍵を探せ。

川を下れば、やがて里あり。
その里にて二人が口にし岸を探れ。
そこに黄金郷への鍵が眠る。

鍵を手にせし者は、以下に従いて黄金郷へ旅立つべし。

第一の晩に、鍵の選びし六人を生贄に捧げよ。
第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け。
第三の晩に、残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ。
第四の晩に、頭を抉りて殺せ。
第五の晩に、胸を抉りて殺せ。
第六の晩に、腹を抉りて殺せ。
第七の晩に、膝を抉りて殺せ。
第八の晩に、足を抉りて殺せ。
第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。
第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう。



夏妃死亡から、マリアの手紙、そして、お茶会。
ベアトの声が自分の脳内で再生されていたモノと全く違ったことを除けば、
今まで一番良い出来だったと思う。原作に準拠してるという意味では。


この時の不可解な行動は、やはり”夏妃”が玄関へと向かったこと。
マリアがいうには「手紙を読んで〜」とのことだが、その手紙はマリア以外
誰も見ていない。ジョージが確認したように、床にも落ちていなかった。
仮にバトラ達が気づかなかっただけだとしても、一体何が書かれていたのか?

玄関に出向くことで”ベアト”に会える云々が書かれていたが、
子供達を危険に晒してしまうことを考慮して、夏妃は一人で立ち向かった?
でも、それだったら前もって宣言しそうな気もするが・・・。


本編終了後に見ることができる”お茶会”
EP1を改めて振り返る”単なるおまけ”的な内容だと思っていたら、
魔女”ベアトリーチェ”が出現して、バトラを除いた人物が次々と・・・(;´ー`)
この置いてけぼり感は、原作プレイ時のことを思い出せる再現度だったと思うw



今回の気になった点

・19人目がいないとしたら、マリアにしか犯行は不可能
・でも、これが子供に出来るとは思えないわけで・・・
・あまり重要な要素ではないと思うが、手紙はどこに
・なんか、マリアの顔がおかしくね・・・?
・朱志香のアングル、狙いすぎだろw
・ベアトきたああああああああああああああああああああああああああああ
・が、何か声のイメージが違う・・・まあ、そのうち慣れるか(´ω`)
・バトラというより、プレーヤーに話しかけてるとも捉えられるが・・・
・朱志香のライブシーンやるのかよ(;´ー`)




以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させてますが注意。






(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



さて、次回からの”EP2”はどういった反響を受けるのか。
いまから楽しみでしかたないw




*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第5話 「Episode I-V fool's mate」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


予告は、あれでいいのか・・・?(;´ー`)



第4話 「Episode I-IV blunder」



第1の晩に殺された人物 顔面がぐちゃぐちゃor半壊
・蔵臼(右代宮家長男 ジェシカの父親)
・留弗夫 (次男 バトラの父親)
・霧江  (↑の妻)
・楼座  (次女 マリアの母親)
・紗音  (使用人)
・郷田  (使用人)


第2の晩に殺された人物 額に何かが刺されている
・絵羽  (長女 ジョージの母親)
・秀吉  (↑の夫 婿養子)


第3の晩に殺された人物 NEW
・金蔵  (右代宮当主)
・源次  (使用人のトップ)
・熊沢  (使用人)
・嘉音  (使用人)
・南條  (金蔵専属の主治医。友人)



ようやく明かされた”碑文”の内容



懐かしき、故郷を貫く鮎の川。
黄金郷を目指す者よ、これを下りて鍵を探せ。

川を下れば、やがて里あり。
その里にて二人が口にし岸を探れ。
そこに黄金郷への鍵が眠る。

鍵を手にせし者は、以下に従いて黄金郷へ旅立つべし。

第一の晩に、鍵の選びし六人を生贄に捧げよ。
第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け。
第三の晩に、残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ。
第四の晩に、頭を抉りて殺せ。
第五の晩に、胸を抉りて殺せ。
第六の晩に、腹を抉りて殺せ。
第七の晩に、膝を抉りて殺せ。
第八の晩に、足を抉りて殺せ。
第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。
第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう。




第3の宴が終了。
碑文を見ればわかることだけど、この通りに進行されてるのは、第三の晩までなんだよな。
4〜8までの内容は、金蔵→カノン→源次+鯖+南條と連続で行われている。

このことから、碑文の内容にさえ沿っていれば”順番”はどうでもいいのか。
それとも、犯人に何らかの理由(時間に余裕がなかった?等)があり、急いだ?


しかし、朱志香の「あと3人〜」という発言が出るまで、
”カノン”が死んだことに気がつかなかったや。誰一人、気にかけてないし・・・。
朱志香と南條先生が戻ってきた時の”空気”で察しろということなのか(;´ー`)



今回の気になった点

・ジョージネタにされすぎだろ・・・w
・マリアをうぜえええええええええと思わせる演出には成功してると思うが
・顔芸を繰り返しすぎだろ
・笑い声ktkr
・わざわざ語りかけていたことから、カノンは”犯人”の眼星がついていたのか?
・ルーレットの”0”が示していることは
・”頭を抉りて殺せ”→金蔵の死体を見ても、分かり辛いような
・知れ渡ってる事とはいえ、誰でもいいから”朱志香の喘息”に触れてやれよ
・ベアトリーチェと再会を望んでいるはずの”金蔵”が、なぜあの蠍のやつを?
・源次が部屋の鍵を抜き取っていた理由は
・鯖缶・・・準備が良すぎないかw
・あの手紙は誰にでも置くことが可能。でも、犯人が一人だとすると難しい・・・
・↑誰にも気づかれないという保障はない。
・むしろ、バトラ達を金蔵の書斎から出させるための罠に思える
・マリアが”3人”もの大人を殺害できるとは考え難い
・でも、バトラ達4人にはアリバイがある・・・。
・予告ひでぇ・・・(苦笑)
・ベアトきたああああああああああああああああああ




やっぱり、一番気になるところは第3の”手紙”のシーン。
内容はともかく、誰が置いたのか? 置くチャンスは誰にでもあるといえるが、
誰にも怪しまれず”一人”で行動するのは、さすがに無理だろう。

だから、夏妃は”後ろ”にいた四人を疑った。
前にいた子供三人も反論しなかった。身内を疑いたくない”バトラ”も、
皆を納得させるような異論を唱えることはできなかった。

源次、熊沢、南條、マリア。
この4人は、誰一人「自分じゃない!」と犯行を否定しなかった。
ベアトリーチェの崇拝しているマリアはともかく、他の3人。
特に”南條”が反論しなかったところをみると、否定できない何かがあった?
単純に”夏妃”を刺激しない方がいいと思ったから?


アニメを見て改めて思ったけど、あの封筒を置くチャンスは”夏妃”にもあるよな・・・。
自分で机の上に置き、(前の子供には)さも発見したように見せかけ、後ろの4人を銃で脅す。
マリアは黄金の郷のことを信じてるから、殺されるのを怖がらない&指摘しなかったとかで。
あまりEP1の”夏妃”は疑いたくないんだけど、怪しいといっちゃ怪しいよなぁ・・・。



以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させてますが注意。


(クリックで展開)

チラ裏オシマイ(´ω`)



ともかく、次回はいよいよ”ベアト”が登場するみたいだから楽しみだ。



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第4話 「Episode I-IV blunder」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


予告わらた ジョージwwwww



第3話 「Episode I-III dubious move」


第1の晩に殺された人物 顔面がぐちゃぐちゃor半壊
・蔵臼(右代宮家長男 ジェシカの父親)
・留弗夫 (次男 バトラの父親)
・霧江  (↑の妻)
・楼座  (次女 マリアの母親)
・紗音  (使用人)
・郷田  (使用人)


第2の晩に殺された人物 NEW 額に何かを刺されている
・絵羽  (長女 ジョージの母親)
・秀吉  (↑の夫 婿養子)




第1の晩が終わり、第2の晩が・・・。
大勢の親族が殺されたことに対しての憂愁というか、戸惑いというか。
テンポが早くて、そういった心情があまり伝わってこなかったけど、
それ以外の演出は悪くなかったんじゃないだろうか。使用人vsバトラ@台所や、
原作にはなかった”絵羽のレシート”に突っ込む件などは、うみねこの雰囲気が出ていたと思う。



今回の気になった点

・目がね光りすぎ
・笑顔だったか・・・? 涙の意味は・・・
・郷田のおっさんが殺されたから、熊沢の婆さん食事の準備を(´ω`)
・ジェシカがジョージにいいいいいいいいいいいい
・今回のマリアの顔芸は、不気味&ムカツク度がぐーーんと上がって悪くなかった。
・きひひひっ!・・・やっぱり、2話の顔芸は余計だったと思う。
・絵羽の人がイチイチえろい
・この時点で、なぜ絵羽が(財産の全てを)独占できると考えたのか?
・遺言が残されていない場合、孫が代襲相続人になるはずだよな・・・。
・実質”大人”は自分だけだから、遺産の管理が可能=独占できるってことなのか
・そもそも、現在とこの時代とでは、法律や風習が違う可能性もあるか、
・犯人が鍵を戻した理由は?
・ベアトリーチェ様は既にいるんですよ うあああああああああああああ
・だが、バトラはさそりのお守りを身につけてなかった。
・故に魔女の存在を信じない。
・犯人は”魔女”の仕業だと思わせたい。19人目がいると思い込ませたい
・金蔵がいなくなったのは何時?
・なぜレシートを挟んだりしたのか? 絵羽は金蔵がいないことを確信していた?
・いいわよ! 撃っちゃえばぁ?
・ジョージが絵羽を庇わないのは(´ω`)?
・coreきたああああ
・バトラの突っ込みは最もである。原作プレイ時、誰もが思ったことかと
・ベアトからのメッセージ?
・・・・秀吉が死んでるように見えないw
・鯖鯖鯖おぱーい




「いまや、右代宮家の財産は”全て私のモノ!”」


今回は、見事な”絵羽”回だったと思う。
中の人の演技が上手すぎである(´ω`)


とまあ、その絵羽もリタイアしてしまったわけだが、この時の状況は、


・与えられた自室で、夫の秀吉と二人きり
・TVはつけっぱなし、シャワーの水が出っぱなし
・中から”鍵+チェーン”がかけられていた
・確認した人物→使用人”源次”と”カノン”
・チェーンを破壊したのは、カノン
・第一発見者は、カノンと熊沢の二人



部屋の鍵は”マスターキー”を使えば誰にでも開けること(閉めること)が可能だけど、
今回は”チェーン”もかけられていた。
チェーンは中からしか外せないだろうし、所謂”密室”といえる状況での殺人。
つまり、人間にはできない!魔女の仕業!ベアトリーチェは存在する!


と、精神的に追い込まれた人間なら思ってしまうかもしれないが、
魔女=19人目の存在を否定しているバトラだったら、どう考えるだろうか。


このトリックが暴けたことで、魔女の存在を否定する材料以外にはならないと思うけど、
人間にも可能な犯行だと主張するには、まずチェーンが疑わしいよね。
万が一に備えて、絵羽達がかけたとも考えられるけど、殺人犯からすれば、
チェーンがかけられていた=”密室”=人間には不可能と強調させたいわけだから、
この密室状態をどうやって作り出したのか、又は密室状態から如何にして殺したのか、
密室状態のまま”部屋を出た”のかを考えなければならない。
チェス盤をひっくり返せば、答えは見えてくる?



以下は、ネタバレ、又はネタバレを促す、今後の展開を含むようなチラ裏をしてしまうかもしれないため、該当箇所は反転させてますが注意。






(クリックで展開)




*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第3話 「Episode I-III dubious move」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


マリアの顔芸が・・・(;´ー`)
しれっとした表情で読ませたほうが、不気味な感じが増すと思うのだけど。


第2話 「Episode I-II first move」



[BD]うみねこのなく頃に コレクターズエディション<Blu-ray 初回限定版>Note.01(仮)
◆TVアニメ「うみねこのなく頃に」コレクターズエディション<Blu-ray 初回限定版>Note.01



黄金の魔女”ベアトリーチェ”が傘を借してくれたと主張するマリア。
そのマリアは傘だけではなく、”ベアトリーチェからの手紙”も受け取っていた。
手紙の封筒には、右代宮の片翼の鷲が模様されており、普通の封筒とはモノが違う。
それに加え、当主である”金蔵”しか所持していない封蝋が使われていたのだから、
この手紙が「本物なのか・・・?」と大人達が驚くのも無理はない。


その手紙の内容は



六軒島へようこそ、右代宮家の皆様方。私は、金蔵さまにお仕えしております、
当家顧問錬金術師のベアトリーチェと申します。
長年に亘り、ご契約に従いお仕えしてまいりましたが、本日、金蔵さまより、
その契約の終了を宣告されました。よって、本日を持ちまして、
当家顧問錬金術師のお役目を終了させていただくことを、
どうかご了承くださいませ。

さて、ここで皆様に契約の一部をご説明しなければなりません。
私、ベアトリーチェは金蔵さまにある条件と共に莫大な黄金の貸与をいたしました。
その条件とは、契約終了時に黄金の全てを返還すること。
そして利息として、右代宮家の全てを頂戴できるというものです。

しかし金蔵さまは、皆様に富と名誉を残す機会を設けるため、
特別な条項を追加されました。その条項が満たされた時に限り、
私は黄金と利子を回収する権利を永遠に失います。


・特別条項
隠された契約の黄金を暴いた者が現れた時、
ベアトリーチェはこの権利を全て永遠に放棄しなければならない。
つまり、皆様の内の誰か一人でも特別条項を満たしたなら、
すでに回収した分も含めて全てお返しいたします。

なお、右代宮本家の家督を受け継いだことを示す”右代宮家当主の指輪”
お預かりさせていただきました。封印の蝋燭にてそれを、ご確認くださいませ。

黄金在り処は、肖像画の下に碑文にて示されいます。
これを暴く権利は”誰にでもあります”
黄金の隠し場所を暴けたなら、私は全てをお返しするでしょう。
それでは、金蔵さまとの知恵比べにて存分にお楽しみくださいませ。
今宵が知的かつ、優雅な夜になるよう、心よりお祈りいたしております。


黄金の魔女 ベアトリーチェ



ようするに、隠された黄金の隠し場所を見つけなければ、
右代宮家が所有する財産の全てが、”ベアトリーチェ”なる存在に
奪われてしまうということ。肝心の碑文の内容は、次回触れられると思うからで省き。


そんなわけで第一の晩が終わったわけだけど、
泣き叫ぶ朱志香とそれを必死で止める夏妃さんのシーンは良かったな。
中の人の演技が上手かったのもあって、”悲劇”っぽさがうまく演出されていたと思う。

それに比べて、バトラと秀吉のおっさんは・・・(;´ー`)
なんつうか、驚く順序がオカシイヨ。脚本の問題?

秀吉のおっさんに関しては、すごくわざとらしいよなw
あのわざとらしさ=驚いてるフリ=演技だということを、暗に示してるとでもいうんだろうか。


今回の気になった点

・黄金の魔女 ベアトリーチェ
・マリアのスイッチ入った・・・が、微妙
・手紙について、もうちょっと(大人達から)ツッコミがあってもいい気がする
・キリエさんきたああああああああああああああああああああああああ
・チェス盤をひっくり返す=自分達と相手側を入れ替える
・相手側の立場になって考えてみる
・ベアトリーチェは、本当に存在するのか
・留弗夫(バトラの親父)は、なぜ”自分が”殺されると思ったのか
・黄金は存在する?
・夏妃さん、美人すぎじゃねw
・今夜のお客様は特別だ
・朱志香の絶対領域
・だめだ・・・ジョージのシーンは吹くwww
・ちゃんとクロスワードやってるしw
・ドアノブ
・悪戯・・・ちと分かり辛いな
・夏妃さんの胸に秘められた想い
・これが、TVアニメとして放映できる”グロ表現”の限界だろうか・・・
・第一の晩に殺された想われる人数は”6人” 
・指輪・・・(´ω`)
・やっぱり、原作のBGM・効果音はいいな




以下、今後明かされる”ネタバレ”も含むチラ裏。
一応、該当する箇所は反転させてますが注意。


まず、(バトラ視点)は信用することを前提として。

EP4により、(ゲーム開始時点で、金蔵は既に亡くなっている=南条先生らは怪しい)ことが確定してるから、(金蔵のシーン)は全部あれ。
そのことを踏まえると、(夏妃さんが金蔵の部屋を訪れるシーン)は、
何ともいえないよなぁ・・・。あれが(彼女の妄想、もしくは頭痛による幻覚、もしくは過去に実際にあった事
だったとしても、(彼女なりの右代宮への想い)が伝わってくるよね。
そんな(夏妃さんは、犯人であってほしくない内の一人)だけど、
過去に色々ありそうだし、(ガァプの存在)を考えると・・・。


個人的に”EP1”で一番気になるのは、今回のアニメ”第2話”でも描かれていた、
留弗夫が”自分が殺される”とバトラらに告白した経緯。
物語的には重要じゃないかもしれけど、
TIPSの”彼には不運を嘆く権利がある”が示す意味)とは?

この台詞が冗談・嘘の類ではないとして考えると、
親族会議中に何かがおきた? 黄金の隠し場所に気づいた?
EP3の絵羽達のように、碑文の謎を解いた)?

家族に話しておきたいことは(バトラの出生の謎)の可能性が高そうだけど、
まあ、全ては来月発売の解答編で、か(´ω`)




*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第2話 「Episode I-II first move」

ブログネタ
うみねこのなく頃に に参加中!
■うみねこのなく頃に


本当は”土曜@TVK”で見た後にチラ裏しようと思っていましたが
この”うみねこ”は、複数の動画配信サイトで即配信(1週間の間だけ無料)
されるみたいなので、配信サイトを利用して視聴することにしました。
最速の千葉テレビも映るといえば映るんだけど、
我が家では”アナログ”の方しか受信できず・・・(´ω`)


第1話 「Episode I-I opening」


うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 1
◆うみねこのなく頃に Episode1:Legend of the golden witch 1



原作はエピソード4までプレイ済み。
改めて”1”から振り返るという意味では、アニメもいいかもしれない。
ネタバレを見ると楽しみが薄れる作品だから、ネタバレ的なことに触れるつもりはないけど、
そもそも”解答編”が未発売なので、真相は誰も知らないという。



今回の気になった点

・ちょ、富・・・じゃなくて、じょうじイケメンすぎるwwwww
・金蔵ktkr
・キリエさんは少佐の人か
・シャノンとバトラのあれはカットかw
・大人の話し合い(´ω`)
・なつひさんぱねぇ
・家政婦は見た・・・!
・黄金伝説
・可愛いマリアなんて、マリアじゃ・・・
・光り輝く蝶を見ると、ペルソナのおっさんを連想してしまう
・さあ、始めよう。私とお前の奇跡の宴を!
・なに、このED(;´ー`)



1話ってことで、殆どキャラの紹介だけで終わってしまった。
今回、少し触れられた”魔女の伝説”に挑むのは、2話以降かな、
ちなみに自分は”ベアトリーチェ”の存在を信じてる派です。

ローザ親子の関係は、なかなかに複雑なんだけれども、
”マリア”を放置したことを悔やみ、中庭へと戻ったローザ&バトラ達。
雨の中、雨具を持たせずに子供を放置するなんて、普通の親ならしないだろう。
もしかしたら、身体を冷やして”風邪”を引いてしまうかもしれない。
体調を崩してしまうかもしれない。倒れてしまうかもしれない。

それなのに、私はなんてことを・・・。そんな思いから、ローザはマリアを探したはずだ。
バトラ達にも協力してもらい、マリアを見つけることが出来た。
身体に異常もなく、無事な様子。マリアは落ち着きを取り戻し、泣き止んでいた。


「傘を持っていたとは、用意がいいな。マリア」

「うー、貸してもらった!」

「え? 貸してもらったって・・・誰に?」


「ベアトリーチェ!」


(´ω`)・・・


”傘を持ってなかった”はずのマリアに傘を渡した人物。
マリアが嘘をつくとは思えないし、その人物が”ベアトリーチェ”と名乗ったことは、
事実なんだろうと思う。

問題は、誰が何の目的で”ベアトリーチェ”と名乗ったのか。
それとも、本当に”伝説の魔女”ベアトリーチェが現れたのか?


ストーリー概要で触れられている”六軒島大量殺人事件”の幕開けである(´ω`)




*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
うみねこのなく頃に 第1話 「Episode I-I opening」

このページのトップヘ