〜Fantasy Earth Blog〜

かつては「Fantasy Earth Zero」の日記がメインでしたが、現在は視聴してるアニメの感想やPSP関係ネタを中心としたチラ裏です。

放送終了のアニメ :荒川アンダーザブリッジ

■タイトル一覧■
  • B'z - 「C'mon」 購入チラ裏感想
  • ( 2011年07月29日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第13話 (最終回) 感想
  • ( 2010年12月27日 | Comment(0))

  • (アニメ) 輝きのタクト & 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第12話 感想
  • ( 2010年12月20日 | Comment(2))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第11話 感想
  • ( 2010年12月13日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第10話 感想
  • ( 2010年12月06日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第9話 感想
  • ( 2010年11月29日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第8話 感想
  • ( 2010年11月22日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第7話 感想
  • ( 2010年11月15日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第6話 感想
  • ( 2010年11月08日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第5話 感想
  • ( 2010年11月01日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー・ザ・ブリッジX2 第4話 感想
  • ( 2010年10月25日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー・ザ・ブリッジX2 第3話 感想
  • ( 2010年10月18日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー・ザ・ブリッジX2 第2話 感想
  • ( 2010年10月11日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダー・ザ・ブリッジX2 第1話 感想
  • ( 2010年10月04日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第13話 (最終回) 感想
  • ( 2010年06月28日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第12話 感想
  • ( 2010年06月21日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第11話 感想
  • ( 2010年06月14日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第10話 感想
  • ( 2010年06月07日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第9話 感想
  • ( 2010年05月31日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第8話 感想
  • ( 2010年05月24日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第7話 感想
  • ( 2010年05月17日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第6話 感想
  • ( 2010年05月10日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第5話 感想
  • ( 2010年05月03日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第4話 感想
  • ( 2010年04月26日 | Comment(2))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第3話 感想
  • ( 2010年04月19日 | Comment(0))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第2話 感想
  • ( 2010年04月12日 | Comment(2))

  • (アニメ) 荒川アンダーザブリッジ 第1話 感想
  • ( 2010年04月05日 | Comment(0))

カテゴリ: 放送終了のアニメ :荒川アンダーザブリッジ

ブログネタ
B'z part.6 に参加中!
B'z NEWアルバム 「C'mon」




荒川は7巻まで読んで自重していたのだけれど、実写映画化やらドラマ化やらで
「もうアニメの3期はないだろう・・・」と思い、昨日B'zのアルバムと一緒に8巻を購入してみた。

実写化についてはコメントし辛いけれど、二ノさん役の人が金髪じゃないのは正解かもしれない。
あのゴールデンコーンまで再現したら、役に合う女優の人も見つからないであろう(´ω`)



さて、「C'mon」の方は・・・今回はDVDに魅力が感じられなかったので通常盤を購入。
いつもの紙ケースが付属して、CDとブックレットは普通のプラケースに収納という仕様。



アルバムの内容に関しては、ACTIONの「光芒」やELEVENの「Raging River」ように、
一回聴いただけで一目惚れするような曲はなかったが、凄くまとまり感のあるアルバムだと思う。

最後が「ultra soul 2011」な点は賛否が分かれそうだけれども、
毎回ウルソで〆られる度に「え、ちょ、もう終わり?」と驚くほど時間が早く感じられる。それぐらい”通しで”聴きやすい。全く飽きない(´ω`)


B'zスレで使われていたテンプレを自分もチラ裏活用させてもらうと




◎ C'mon・・・今回のアルバムで最もギターソロが好きな曲。
- さよなら傷だらけの日々よ
◎ ひとしずくのアナタ ・・・従来のアルバムならばこれが一曲目って感じ。
- Homebound
- Don't Wanna Lie
○ DAREKA・・・落ち込んだ時に聞いたら元気になれそう
○ ボス ・・・7thに入ってそう。癖になる
○ Too Young・・・歌謡ロック万歳。サビが微妙にMVPっぽい
◎ ピルグリム・・・C'monに匹敵するぐらいメロディが好き。さすが
◎ ザ・マイスター ・・・一番ノリノリな曲。自分も懸命に生きます(´ω`)
◎ デッドエンド・・・イントロからリフまで、ギターが格好よすぎる
○ 命名・・・それっぽいドラマの主題歌に合いそう。歌詞が素晴らしい
- ultra soul 2011



・・・あえて△○◎で表現するのであればこうであるが、捨て曲なんてものは存在しない。

シングルは散々聴いているので除外しているけれども、
ドンワナのカップリングである「Homebound」はアルバムで聴いた方がしっくり来る感じ。
「飛ばしたい」という衝動に全く駆られない不思議である。


タイトルの「C'mon」はシングルでリリースされていても不思議じゃないぐらい格好いいし、
後半のピルグリム〜命名の流れが堪らない。特に「デッドエンド」の始まりは・・・ヤバイ。

「MONSTER」のイントロを聴いた時のようなwktk感がずっと継続されるというか・・・。
今回のアルバムで一番のお気に入りだや。もっと聴きこもうっと(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


これが”最終回”と言われると、少々物足りない感は否めないけれども、
いつも通りに終わったというか、最後まで安定して「荒川アンダー ザ ブリッジ」だったので、
特に言うことはなす。マリアさんに抱いていた印象も変わったし、面白かった(´ω`)




第13話 「13 BRIDGE×2」



>第13話 「13 BRIDGE×2」



これまでの積み重ねが感じられたリクと二ノさんの〆も良かったけれど、
今回で株を上げたのは”マリアさん”だろう。

彼女が王様ゲームに勝利することは規定路線だったから、
どんな”願いごと”を告げるのか、色んな意味で楽しみだった人は多いはず。
自分もその一人であった。


いつものマリアさんから想像できるようなネタで来るのか。
リク達を恐怖のどん底に突き落とすのか。

それとも、最終回らしいエピソードに仕上げてくるのか・・・。


結果的には、前者でもあり、後者でもあったわけだけれども、その当てはめ方がというか、
毒舌キャラのイメージしかなかったマリアさんに言わせたのが上手いと感じた。



「だって、今までの人生からじゃ考えられないぐらい・・・”今が幸せだもの”」


特に願いはなかったというマリアさん。なぜなら、今が幸せだから。


あの表情でこんなことを言われたらねぇ・・・。
リク達のように、自分を恥じて当然である・・・何故自分も・・・(;´ー`)


とまあ、彼らが赤面したのは”自分達にも思い当たる節”があるからだろう。

だって、リクの願いが事があんな小さいことだもの。
マリアさんのように今がそれだけ幸せというか、”楽しんでいる”ことの証明だよね。


荒川で生活しているメンバーは、各々が何らかの事情を経てやって来た。
今回は、マリアさんもその一人であることを実感させてくれる回だったと思う。

彼女へ抱いていた”ただの毒舌キャラ”的なイメージが大きく変わった(´ω`)



今回の気になった点

・輸血ってwww しかも、提供者はリクかよwww
・自ら名乗り出たのか。まあ、その考えに至るのは分かる・・・w
・完全に色々履き違えているぞ!?
・てら波○w
・マリアさんの目が・・・怖い(;´ー`)
・どんな時も私を助けてくれたのは神
・一応、ちゃんと信仰心を持っていたんだな
・すねえええええええええええええええええええええくううううう
・ハンデだ・・・!
・本当に音速レベル?w
・これは何のパロだろう(´ω`)?
・女帝が誕生してもうた・・・
・さむがりの羊さんのためにお洋服を作ってあげなさい
・本当に羊のために・・・マリアさん、常識人だった
・スキンヘッド二ノさん嫌ああああああああああああああああああ
・今がとても幸せだもの(´ω`)
・犬の生活って・・・RDRの牧場生活を思い出すな
・シスター早すぎわらた
・”暗い”ってレベルじゃないぞ(;´ー`)
・全部今までに愛した男の名前だもの・・・これは酷いwww
・は、白線流し?
・前にもこんな風に草舟を・・・
・この二ノさんの表情から連想するは、やはりそのシーンだよね(´ω`)
・EDは一期の曲? 2番?
・最後のイラストは原作者本人か。是非また会いたい



戦場で見た時から、考えられないぐらい変わったというマリアさん。
そんなマリアさんを見ている内にシスターも惚れてしまったのだろうか。

・・・いや、もう戦場で会った時からゾッコンだったんだっけ?
まあ、シスターがマリアさんラブなことに変わりはないから、別にいいや(;´ー`)



さて、2期も1期と変わらずに楽しめたから、特にチラ裏したいような不満はないのだが、
リクと親父の対決、金星関連の話はお預けされてしまったな・・・。

もしも”次が”あった時のために、リクと二ノさんのラブコメ要素を除き、
物語の核になりそうなネタはあえて暈したのだろうか・・・。



と、終始”荒川節”が全快のお話だったけれども、
リクと二ノさんの”初心な二人の成長”を中心に見守りつつ、ギャグの方も楽しめたし、
久々に”素直に笑える”アニメに出会えたと思う。

ここ最近忙しくて、家に帰ってもゲームする気力すらなかったり、
ブログの更新も定期ネタ以外は疎かであったり。そんな疲れ気味な時に見ると、元気を貰える作品。

小難しいことは考えず、頭を空っぽにして楽しめる。
これこそが本来の楽しみ方だよなぁ・・・と考えさせられました。


3期があるのかは分からないけれど、もしあるのであれば・・・。
「また会いたい」と思います(´ω`)


*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第13話 「13 BRIDGE×2」

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
第12話 「ガラス越しのキス」



昨日放送された「輝きのタクト」12話の感想は見送り。簡易的なチラ裏で(´ω`)

最後に”気になったミズノの台詞”について触れようとしたところで、
間違えてブラウザを閉じてしまい・・・アマガミ23話の時のようにブログの機能でバックアップしても、全ての文章が文字化け・・・。

ブラウザを閉じたことは100%自分に非があるのだけれど、
なぜ謎の文字列に化けてしまうのだろうか・・・。



と、振り返ってみれば、11話で感じたようなことが描かれた人妻回であったけれども、
人妻の素顔というか、別の表情が見れた点とシモーヌが可愛かったこと以外はなぁ。

相変わらず戦闘の尺が短かったり、”必殺パンチ”の凄さが全く伝わってこなかったりで、
幾つか不満も覚える話だったから、書き直す気力が湧いてこないや。

タクトが勝つのは規定路線だから良いとしても、せめて”vs幹部戦”の時ぐらいはさ・・・。
もうちょっと戦闘に尺を取ってもいいんじゃないかと思う。実に勿体無い(´ω`)





◆ 荒川アンダーザブリッジX2



第12話 「12 BRIDGE×2」



さて、ここからは「荒川アンダー ザ ブリッジX2」に移ろう。
今回もギャグ回だったから、大して書くことはないのだが・・・










12ブリッジ 




こんな”クロスカウンター”が炸裂するなんて・・・いったい誰が想像出来ただろうかw


シスターvsマリアさんは、どう見ても”マリアさんが圧勝”の図しか想像できないけれど、
それだと普通というか、いつも通り過ぎるよねぇ・・・。

たまにはシスターの威厳も見たいところであるし、対マリアさんにどう出るのか見物だな。
勝敗を次回に持ち越しておいて、”なあなあ”な展開にはならない・・・はず(´ω`)



今回の気になった点

・まさに”広がる輪”ってやつですね
・とても男気を感じる企画だ・・・!
・反応するところが星と同レベルなリク
・マリアさんの敬語いいな・・・
・ラスト侍は何を考えているんだろうか(;´ー`)
・ドラム缶いっぱいの・・・わらたw
・鳥類ぱねぇ・・・白線から出ていない!?
・兄貴ぱねぇ(´ω`)
・女の涙作戦じゃないだろうな・・・
・赤と緑で! 思い浮かび上がるのは、やはりキュウリというw
・なんという勝利。狙ったんじゃなくて天然かよw
・ラストサムライもガチンコ側
・ナチュラルに審判です
・凶器は一人一つまで・・・村長が決めたのだろうか?w
・シスターと組んでも、マリアさんには一方的に舐られるような・・・
・二ノさんクッキー・・・おやつはいいのねw
・・・・流石マリアさん(;´ー`)
・99%の下心って(´ω`)
・美容師の性・・・なるほどw
・無駄に壮大なBGMががが
・立つんだ、ジョーおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
・クロスカウンターぱねぇwww
・絵がまんま”ジョー”だけれど、いいのだろうかw
・確かにマリアさんが優勝した時のことを考えると・・・恐ろしい
・って、次回に持ち越しかよ(;´ー`)
・あっちは諦めたんだなってw
・シロさんのレッスンだと・・・
・こういうオナニー講義は本当に眠くなるよな・・・w
・私に恋をさせてくれないか?
・絵柄的に”少女漫画”の人・・・?



他に気になるのは、”皆の願い事”
特にマリアさんとラストサムライだな・・・この二人は何とも想像し難い(;´ー`)

リクや星、ピー子らは見ての通りだろうし、
村長は何だかんだ言って、河川敷の住人ことを考えてくれている・・・。

とまあ、あくまで ”王様ゲームの範囲内”だし、深く考える必要はないか。
注目すべきポイントは、やはり二ノさんの願いだろう。

最近リクへの接し方が大きく変わってきた彼女が書いた事とは・・・?


冒頭で描かれ映像のような可能性も大いにありえるが、リクと二ノさんが中心の物語だしなぁ。

アマゾネスという”一方通行な恋敵”が登場したことにより、
二ノさん⇒リクへの想いが明確になってきた。そこが2期の面白いところだと思うし、
〆に期待してしまうのは当然であろう。今回の願い事がどう活かされるのかに注目である。



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第12話 「12 BRIDGE×2」

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


アマゾネスは別に好きじゃないんだけれども、彼女が出張る回って・・・神回じゃないか!
(なぜか二ノさんの出番も増える的な意味で。)


第11話 「11 BRIDGE×2」



終始ギャグ回の場合、面白かろうと特にチラ裏したいと思うことはないんだけれども、
今回は非常にテンポが良かったし、日本の夏が最高過ぎてもうね・・・。

アマゾネスとイケメン星の恋も実ったし、実にハッピーな回であった( ^ω^)










二ノさんの浴衣



「その意見には完璧に同意だ! 星!」



突然の夏祭りから始まり・・・浴衣すばらすぃ


浴衣姿の二ノさん可愛すなぁと思わせておいて、
いつもの荒川っぽさを感じる「いただきます」の流れに繋げるんだから笑ってしまうわ。











二ノさんのビキニ



海の家で終わる・・・まさか”二ノさんマーメイド”が来るとは思わず。


あれが”投げキスとウィンク”の仕草だと気づくだなんて、流石恋人である。
全く分からなかっ(ry




しかし、アマゾネスがメイクを落とすことで”普通の女性”に化けるとはね(;´ー`)
完全にギャグキャラだと思っていただけに、予想外過ぎて吹いてしまったw



今回の気になった点

・祭りと言えば・・・浴衣気y他あああああああああああああああああああああああ
・全然大丈夫ですよ!?
・その意見には完璧に同意だ! 星!
・どう見てもが○が○くん
・「私とデートだ!!!」 二ノさんがはっきりと告げた!
・どちらかと言えば、君の方がタフネ(ry
・い、いただきます・・・流石です、二ノさん
・踊り星きめぇw
・一応、河童だもんな・・・w >炎にビビる
・誰も見てないファイヤーダンサー・・・(´ω`)
・(夜空の)星が凄く綺麗
・結構可愛いと思ったぜ・・・え?w
・あたりきたあああああああああああああああ
・ガリガリ様に認められた星
・着々とフラグを立てる星
・く、くさりかたびら
・何がしたいんだよ!おまえは!?
・二ノさんはお見通しである(´ω`)
・いざ星に移られると凹むリクw
・まさかの”スッピン美人”だと・・・(;´ー`)
・ビキニきたあああああああああああああああああああああああああああ
・なるほど、看板マーメイド
・あ、あれは”投げキッス”だったのか・・・w
・女の子といったって、いつもと同じ面子じゃ・・・この星、本気と書いてマジだw
・亀有病いやああああああああああああああああああああああ
・鳥肌があああああああああああああああああああああああ
・どこの落ち武者だよwww
・シスター、やっちゃった・・・w
・しかし、馬鹿3人組に合わせてくれただけだしな・・・カワイソス(´ω`)
・アマゾン最速グッバイ
・アマゾネスが守らなければならない物?
・あたり棒のくさりかたびら・・・これが完成するまでに何本消費したんだろう
・そして、全部ソーダー味なのか否か・・・!
・Cカップ天狗。こいつら、こんな名前だったっけ
・二ノさん、自分でメイクしたことはあるのかな
・どちらかというと、特殊メイクですね! >引力メイク
・あっちは諦めたんだなってw



金星に行くまでは、二ノさんの金星講義が続くんだろうか。

あとは、シルエット的にミサイルの可能性も否定できないが、
アマゾネスの守っている物が”ロケット”っぽかったのは伏線かな。

そうだとすれば、彼女が新キャラとして登場してきた理由も分かるのだけれど、
”裏”で村長が作らせていたり・・・だから、か弱いマッチョな見た目(´ω`)?

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


今週もギャグ回かつ、二ノさんの出番が少なかったから書くことは(ry なんだけれども、
OPから腹筋がやべぇ・・・不意打ちってレベルじゃないわwww


第10話 「10 BRIDGE×2」




第10話 「10 BRIDGE×2」




各々が好きなモノを煉ったにも関わらず、様になっているのが笑える。




さて・・・冒頭の”重量制限”とは何だったのか?と、
放送終了後になって気づくぐらい”筋肉な回”であったが、もうこれ別物だよね。
あの鉄仮面兄弟がこんな風にキャラ立ちするなんて・・・全く想像できなかったよw





今回の気になった点

・好きです 金星(´ω`)
・重量制限500kg
・流石マッスル・・・シスタぱねぇ
・oi、op遊びすぎだろwwwwwwww
・イチゴダイエット・・・逆に太るんじゃ
・二ノさんもイチゴが好きなのか
・あれ、シロさんはいかないんだっけ?
・リク蜂うぜぇw
・彼に借りたシャツをぶかぶかに・・・! 確かに来るシチュエーションであるw
・メス妖怪じゃないかとピー子は疑っていました
・シスター組み、逆に体重が増えただろうwww
・凄く”漢”です・・・
・こんにゃく・・・チョコ
・シロさんの本音ふいた
・何でこいつの身体だけそのままwww
・鬼の顔きたあああああああああああああああああああああああああああ
・ステラに喧嘩を売ったな・・・
・遺伝子とか、お前さり気無く何言ってんだよw
・シスターの笑顔だと・・・
・身体が大きくなることに比例して、微妙に声も変化させているのすげぇ!
・鉄男120%wwww
・意外と伸びたw
・感謝の気持ちを持って鍛えれば・・・あれは、もしかして(;´ー`)?
・もう、これ別のアニメなんですけどw
・流石シスター。ステラを元に戻す方法にわらた
・何、この弟子を見守る師匠の図
・ホーリーマッスルレボリューション・・・確かに革命であるがw
・愛をこめて・・・こねる!
・この丸いのは”金星”だろうか?
・OPのことですね。わかります
・ちょ、今回の絵はハガレンの人じゃないか

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


終始ギャグな回だったので、特にチラ裏することもないのだけれど、
気が付いたらエンディングを迎えていたでござる・・・の巻。時間が早く感じたわ(´ω`)


第9話 「9 BRIDGE×2」




第9話 「9 BRIDGE×2」



今回はこの脹れた二ノさんが可愛かったのと、村長の甲羅がだね・・・凄くツボであった。


あんな真面目な振る舞い&顔をしてさ・・・甲羅を外すんだぞ!?
ラストサムライが淹れた茶を・・・”その甲羅に移すんだぞ!?”

茶碗を甲羅代わりに装着して、「結構なお手前で」とか言うんだぞ!
ただの茶碗なはずなのに、背中からズレ落ちないんだぞ・・・!?



こんなお馬鹿なことをしているというに、当の村長は真面目な表情を崩さないものだから、
もうね・・・笑うしかないだろうと。リクの腕がピクピク震えている描写も堪らなかったw


今回の気になった点

・星は王子じゃないんだな・・・w
・シロさん宛ての荷物? 奥さんから?
・まて・・・島崎なにやってんだよwww
・何の競技ですか・・・(;´ー`)
・実は週2回・・・何時の間に
・・・・どこの鬼コーチだよw
・まじで!?!? わらた
・白線の大会だと
・莫大な価値ある物
・コーチにとって私は・・・5つ目の質問から答えよう
・だ、だぶる
・離婚届じゃないだと・・・なに、この出来た奥さん
・だから、シロさんもこんな真面目に白線を引いていたのか・・・w
・とまあ、島崎の恋は報われないと(;´ー`)
・まーたピー子の妄想か。
・と思ったら、違った。本当にドレスを着ているのか(´ω`)
・こまんたれ・・・?
・一応、”侍”ですもんね・・・w
・逆に金閣寺ってなんだw
・星とリクが協力しているだと
・ちょんまげ・・・ねーよw
・何でこっちを見ないで話すし( ^ω^)
・いとおかし。え、そういう意味なの?
・甲羅を外す・・・って、おいwwww 真面目な顔でやんなwwwww
・リクの腕がプルプルしている!
・亀有病再発してね?w
・ちょっとまって、もうエンディング?
・この積みあがっている石は・・・三途の川?
・新人いびりは尽き物です。この話で言いたい事はそれですか(´ω`)
・金星での呼吸の仕方。二ノ先生きたあああああああああああああああああ
・ちょっと、何を言っているのか分からないですね!
・ごめん、無理(´ω`)
・さんまとサツマイモ? 秋?
・村長のソロとか誰得だよ・・・w って、永井豪!?


ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2



カチュアの加入



やっと姉さんが復活したけれども・・・システム的に仕方が無いとはいえ、レベル10な罠。
新しく加入するキャラがほぼ弱い(=レベルが低い)ってのも斬新である(´ω`)




第8話 「8 BRIDGE×2」





にゅうせき!?




入籍・・・ならぬ、”(牛)乳席”な図( ^ω^)


これまでは、”リク⇒二ノさん”の心情が多く描かれていたけれども、
今回は二ノさん⇒リクという珍しい描写が見られて満足だや。


天狗達の催眠攻撃連発に対して、途中でイラ壁しそうになったのは秘密であるが、
二ノさんが”自分から”デートに誘い、リクを待っている間の仕草は可愛らしかったと思う。








二ノさん、天使すぎる・・・




「リクも喘息持ちで身体が弱くてな・・・”だから、リクは私が守ってやるんだ”」


二ノさんの可愛さもあり、放送を見た時は物凄く惹きこまれたのだけれども、
改めて振り返ってみると・・・二ノさんが”リクのことをどう想っているのか”がよく分かるな。

自分の秘密を明かした時といい、二ノさん的には守ってあげたい対象なのだろう。
で、稀にリクが男気を見せるのがまた良いバランスを生み出していると。

今回は実に二ノさんな回であったが、アマゾネスを絡めたギャグの連発から、
このシーンへの繋がりが実に素晴らしい。二ノさんマジ天使(´ω`)




しかし、アマゾネスのポジションが”二ノさんのライバル??”とは思わなかったや。
確かに”リクに胸キュン”していた描写はあったけれども、あれがガチだとは・・・w



今回の気になった点

・君は、掴んでくれるだろうか(´ω`)
・このありえない女子高生ボイスは・・・!?
・黒船わらた
・なぜリクのメアドを知っている・・・
・見た目のごつさについwwww
・あれ、ピラニアだったのかw
・天狗達も居たのか
・まさかの二ノさんのライバル・・・?
・催眠術自重(´ω`)
・☆の目がない。防具ってw
・どう見ても華奢じゃないです
・リクの目がきもいw
・弁当じゃねええええええええええええええええええ
・二ノさんがフリーズしてたじゃないか・・・
・おま、超食うっての!
・オーパーツを万引き・・・
・1時・・・1時・・・7時(´ω`)
・アマゾンの市役所って、どこに在るんだよwww
・にゅう・・・せき・・・伝わっていないw
・つうか、アマゾネスが服を着たのは、これが初めてだったり
・ナイスボディーw あと百発だ(´ω`)
・戦闘民族w
・私の方がこれぐらーーーーーい大きいぞ!!!
・亀有病再発わらた
・ブルースター!
・高さに換算すると・・・!
・体弱いのはリアルなの!?
・だから、リクは私が守ってやるんだ!
・何で春場所なんだw
・星、
・増えたところで二ノさん一人に勝てないんだよおおおおおおおおおおおおおお
・二ノさんと乳席きたああああああああああああああああああああ
・び、びりー・・・w
・一発芸飽きたし。次からは別のネタになるのかな?
・人面野菜、怖すぎるわ(;´ー`)



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第8話 「8 BRIDGE×2」

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


今週は終始ギャグ回だったので、特にチラ裏することもないのだけれど、
一応、”二ノさんの故郷”の話題が続いており・・・



第7話 「7 BRIDGE×2」






亀有亀有!!!!



「亀有! 亀有! 亀有! 亀有! 亀有! 亀有!」



字が合っているのかは分からないが、これは・・・











7 BRIDGE



「医者を・・・(後にこの心の病は”亀有病”と名づけられましたとさ)」



( ^ω^)・・・女性陣の眩しい笑顔が一瞬で沈むという、素晴らしい光景である。


「亀有!」と叫んでいる最後の方とか、もう完全にラリってるだろうw
地味に”シロさんとシスター”は7日間の拷問を耐えられていたし、吹いたわwww



今回の気になった点

・こんな真昼間から飲んでいるとは・・・子供の喧嘩である( ^ω^)
・1週間前かよw
・なぜに島崎が
・頬がこけているうううううううううううう
・ほんと、男には理解できないな・・・
・ステラも巨大化すれば・・・と思った矢先。ピー子の顔芸こえーよ(;´ー`)
・あ、シロさんが居るからか
・いや、外れてますよね・・・!
・プロペラwwww じゃなくて、ファンwwwwww
・島崎も壊れてきたでござる。エリートのレッテルが・・・(´ω`)
・再検査かわいそす・・・村長が普通に心配しているしw
・いつもと違うジャージの二ノさんきたあああああああああああああああああああ
・ちょ、シスターまでもが妄想を
・持病が治りつつある?
・星うぜえええええええええええええええええええええええ
・口元の米粒がムカつくわw
・二ノさんは純粋だから・・・また泣かしたな!
・た、たいきけん・・・一応、話は繋がっている(;´ー`)
・「なぜだ?」 シスタぱねぇっす
・絶対無理!
・エヴォリミットを思い出すなぁ
・そのままs(r
・さすが女性陣である
・と思いきや、マリアさん・・・w
・新芽か・・・? これは酷いオチw
・どうみても女河童である
・シロさん、白線が引けないことを耐えられるのか?
・すげぇレアでござるな・・・!
・確かに付き合ってくれたわけだし・・・w って、もう終わり
・地味に”金星へ”と近づいているなぁ
・男達の挽歌・・・ラリってるってレベルじゃねーぞwwwwwww
・あのマリアさんですら沈黙している件
・亀有病・・・提供自重( ^ω^)




さて、ギャグ回ながらも”金星の話”に繋がっていたわけだが、
まさかこれ、本当に金星へ行くことになるのだろうか?

二ノさんは本気なわけだし、たとえ二ノさんロケットがパチモンで飛ばなかったとしても、
裏事情を知っている村長辺りがサラリと”ガチのシャトル”を用意してきそうで・・・(;´ー`)


とまあ、何の比喩なんだろうなぁと思いつつ、
本当に金星へと趣き、リクが二ノさんの両親に会ったら、
それはそれで”面白そうじゃないか?”と続きが気になるのでしたとさ。

巻数少ないみたいだし、原作を買ってみようかな(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


ロッテ、日本一おめでとう!
これでようやくオフに突入かー。各球団の新しい情報が楽しみだなぁ


第6話 「6 BRIDGE×2」


実際に二ノさんが金星人、未知なる領域からやってきた存在でも驚かないけれど、
両親に会いたがっている、家に帰りたいと思っていることは確かなんだよね・・・。
(というより、帰らなければならない?)


そうなると、二ノさんはなぜ”河川敷”に住み着いたのか?という疑問が再浮上するわけだが、本当のところはどうなんだろう?

”家庭の事情で”だとか、勝手に勘ぐっていたけれども、
荒川の住人と暮らしている内に、本物の家族が恋しくなったのかな(´ω`)


星が荒川にやって来た時の回想から考えると、
二ノさんは相当な時間は河川敷で過ごしているよね。

これまで、彼女が皆に愛されている描写は沢山あったけれど、そう考えると、
やはり村長が気遣って・・・二ノさんも実際に良い子で・・・って感じなのだろうか。



二ノさんにとっては、荒川の皆も”家族同然”
だから、両親には会いたいが、皆と別れたくないという気持ちも交差していた。

そして、住人という枠を超えた”恋人”なる存在も加わる・・・。。



「お前と離れたくなくなるなんて・・・そんなことは分からなかった。
早く言わなきゃと思うのに、お前との暮らしを終わりにしたくなくて。

・・・わがままだな。ごめんな。」



始まりが”ほんの思いつき”だったのは、誰が見ても分かることだが、
二人の”恋人”というただのイメージが”本物”に近づいていく過程は良かったから、
この二ノさんの台詞は何ともいえなかったや。

リクが直ぐに言葉を返せなかったのも印象的であり、二ノさんが流した自覚のない涙・・・。
次の”力強いシーン”に活きたと思う(´ω`)


と、両親に会いたい。でも、リクとは離れたくない。荒川の皆とも別れるのは嫌。
そんな二ノさんがとった行動は・・・









二ノさんからのプロポーズ?



「・・・だから、リクルート。
私と一緒に、金星に来てくれないか。絶対幸せにする!」



お、男らしい台詞・・・!


リクが本気の答えを告げるのかと思いきや、まさかの逆プロポーズ。
流石二ノさんというべきか、荒川というべきか・・・笑ってしまったわ。


リクからの言葉も聞きたかったのだけれど、そのまま二ノさんの男気に流され、
”星の登場で我に返る”辺りが実に荒川らしいw



今回の気になった点

・まさか星の”重ね撮り”が活きるとは思わなかったwww
・久々の親父。あの子の価値・・・?
・村長・・・じゃなくて、偉い人きたああああああああああああああああ
・「じゃないと・・・殺すよ?」
・・・・どえらい忠告である(;´ー`)
・ちょっと、村長。そのテープ・・・いよいよだ?
・土足かつ、上履き・・・( ^ω^)
・意味の無さ過ぎる行動はしない。つまり、これにも意味が・・・?
・踏ませろ!?
・ついにこの日が来たか・・・二ノさんの両親。あのシーンの二人なのだろうか
・どこのくのいちだよ・・・w
・デストラップきたああああああああああああああああああああああああああ
・シロさん、なぜスーツ姿
・ラブトラップわらたw
・私のハートをお前に預けたい
・リクが来る前から”河川敷を出ていく”ことは決まっていた
・電波の音・・・確かに昔のTVからは聞こえたな(´ω`)
・リクとは離れたくない。でも、金星に帰りたい。両親にも会いたい・・・
・二ノさんの涙
・って、逆プロポーズ!?
・(二ノさん、本気で言っている)
・・・・金星人のイメージって、こんなのだっけ?w 
・THE・未知との遭遇
・関東関係なくねwww つうか、濃い薄いが分かるのかよw
・なんという乙女の瞳w
・喜びの表現ですか!
・ロケットの型番か 知っておきたいのか
・ひとでえええええええええええええええええええええええええええ・・・「え”」
・相変わらず皆から愛されている二ノさんであるが、俺のロマン飛行が・・・
・芽が伸びちゃうだと
・喜びのあまり、星とシロさんをノックアウトw
・ドキュメント・オブ・ヴィーナス
・巨匠は来なくて・・・と思ったけど、この二ノさん可愛い
・二ノさん、どんだけ潜っていたんだ・・・?
・EDがリアル星じゃなくなった! クレヨンちっく
・KY星( ^ω^)
・真っ黒すぐる・・・(;´ー`)
・久々マリアさん




ラフ画 二ノさん



さて、皆で金星に行くということで合意して、二ノさんが抱えていた悩みの一つは解決したが・・・。


まだ肝心の両親が登場していないとはいえ、二ノさんは秘密を曝け出してくれた。
となれば、今度はリクの番であろう。

あの親父があっさり”金星行き”を見逃すとは思えないし、
当分というか、最後の方までこのネタを引っ張りそうな気もする。


ミスチルの歌じゃないが、高ければ高い壁の方が、登った時は気持ち良い。
二ノさんとの仲が更に深まったリクが、親父とどう向き合っていくのか・・・。

今後の二ノさんとの関係も含めて、見物である(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


アマゾネスって、もう出てこないのかしら


第5話 「5 BRIDGE×2」



第5話 二ノさん アシスタント



「フィッシング・クレイジー・・・二ノ平」



この”上手いんだか、下手なんだか”何とも言い難い画力・・・実に二ノさんらしい(´ω`)


今週もオールギャグで面白かったけれども、特に気になるようなことはないかな。
こういう回は何も考えないで見るに限る・・・ということで手抜きチラ裏。


ぶっちゃけ、鳥&蜂カップルはあまり好きじゃ(ry



今回の気になった点

・隊長再来
・何でこいつがいるんだよw
・村長が名前をつけないだと・・・?
・巨匠
・賄賂に弱すぎ・・・( ^ω^)
・新しい住人を拒むリクに共感してしまうのは・・・
・しかし、期待しているリクさん・・・わらたw
・プロなんですよね
・星とはまた違う形の逃避だろうか
・くわばらぽてち・・・? 誰?
・リクさんへw
・wikipedia(´ω`)?
・マジカルツインズぴーなっつ・・・大きなお友達兼子供向け?
・二ノ平・・・凡人には理解できないお・・・
・どすこい侍かっけぇ
・社会人として!
・何か良い話っぽく〆られてるー!?
・これは何のオマージュなんだ・・・リクだけ可愛そうw
・盛り上がり過ぎてファンタスティック・・・よくあることだと思います
・ぽてちオワタ・・・何かリアルにありそうなネタで・・・・(;´ー`)
・そういや、星は巨匠に絡まなかったな
・そんな盛り上がりはなかったわよ(´ω`)
・愛ある”脳内補正”・・・ではないよなw
・女王蜂・・・音楽が壮大すぐる
・こういう時だけ意気投合な二人w
・蜂が蜂に刺されるわけがない!
・若燕・・・声が格好良すぎだろうw
・伝説の鳥・・・組長の女・・・
・極道の女北アああああああああああああああああああああ
・そっくりな奴・・・リクは分かっているのかな( ^ω^)
・羽なんてあったっけ・・・?
・あ、やっぱり無かったよね・・・w 
・二ノさんきたあああああああああああああああああああああ
・言った覚えのないツッコミきたあああああああああああああああ
・なぜに喪黒・・・?
・恐怖のキョーちゃんと並んで、あのアニメは個人的トラウマである・・・
・シスターが一番似ているがな(´ω`)
・おい、星のハーレムとか(ry

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


今週はギャグ回だったので、特に気になることはないのだけれども、


第4話 「4 BRIDGE×2」



制服二ノさん




「リク、私の出番はまだか? とりあえず””服””は着たんだが」



このシーンを見れただけで4話には価値があるな・・・つまり・・・


リク視点では、バラの花が浮かび上がるほどの姿であったと・・・。


と、リクのテンションがあがるのも納得である。制服二ノさん可愛す(´ω`)




とまあ、前半の映画編は大いに笑わさせてもらった。
あれでマリアさんも居たら文句なしだったけれど、各キャラの個性が良く出ていたと思う。
撮影開始から上映まで、リクに同調してしまったや。面白すぎるw



他気になったのは、なぜリクの趣味が”ショートフィルムを撮ること”だったのかと、
村長は本当に”坂本竜馬”になりたくて、あんなにノリノリだったのか。
いつもならば、ピー子には優しいはずなのに・・・。


例え映画であろうと、ピー子の想いを受け止めるわけにはいかない。


という村長なりの意思表示だったのだろうか・・・と、意味のなさそうなことを考えつつ〆(´ω`)



今回の気になった点

・ピー子・・・の妄想( ^ω^)?
・タクト君、うれしそう・・・♯
・え、映画の脚本だったのか・・・w
・きゃめらをまわしますぞ・・・! 気持ちがわかるって、おいw
・この監督、ノリノリである
・ショートフィルムを撮るのが趣味だった
・どんな乙女げーだよwwww
・さすがビリー
・みんな主役の顔わらた
・制服二ノさん北アああああああああああああああああああああああああ
・おっさんの制服姿はいらん!
・二ノさんに演技が出来るのか・・・? ちょっとだけライトニングさんっぽいw
・美味しいナスには棘があるから・・・
・友人www シスターは無駄に似合ってるぞw
・ピー子さん、凄く少女漫画顔である
・村長の目が赤く燃えている(´ω`)
・坂本竜馬役に相応しいのは俺だあああああああああああああああああああああああ
・これは酷いオチだな・・・w
・高井が編集したってだけで不安が・・・
・二ノさんだけかと思えば、地味にラストサムライも平常心w
・肝試し・・・? じゃなくてお化け屋敷。毎年恒例?
・客はいないのかよw
・星はねずみ男っぽいな
・シスターも信じない!
・何が見えているんだ・・・(;´ー`)
・リク、本当に苦手なのか?
・こなきステラってか・・・やっぱりw
・シロさん危ねぇ(;´ー`)
・てら貞子w
・くちゃくちゃうぜぇw
・一つ目小僧が一番怖いな(´ω`)
・幽霊二ノさんも可愛す
・リクが母親のことをしゃべるかね
・リクが親父っぽく・・・そういうオチかw
・もう終わり? あっという間だなぁ・・・
・高井・・・出オチってレベルじゃ(´ω`)
・エンド絵もすばらすぃ




考えてみれば、ピー子の恋もリク達と同時進行なんだよな。
前回のTVドラマも顔負けの二人を見ていれば、居ても立っても居られなくなるのも無理ないか。脚本自体は実に乙女チックであったが、ピー子の目にはそう映ったというわけだろう。


そう思うと、やっぱりマリアさんが登場しなかったのは勿体無い気がする。
いつも毒舌な彼女のリアクションも見たかったなぁ・・・。


とまあ、ピー子の片道通行な恋愛にも注目したいと思う(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


今週はシリアス良し、ギャグ良し、
後半の何とも言えない雰囲気と、実に自分好みの回であったけれども、


「まだ早かった・・・ってことかねぇ」


って、いったい何が詰っているテープなんだろう・・・凄く気になる・・・。



第3話 「3 BRIDGE×2」



第3話 「3 BRIDGE×2」




リクの部屋が二ノさん色に染まっていたのは想定の範囲内としても、
あのカセットデッキとテープも部屋に持ち込まれていたということは、やはり



「私は怒ってもないし、悲しくもないんだ。
それにテープの内容なんて、完全に覚えてしまっている。

だから、全部オマエに言わなきゃと思うのに、
言ったらオマエは私から離れていってしまうような気がして・・・怖いんだ」




リクに聞かれることを恐れていたからだよね・・・。


二ノさんも、リクが思っていたように”自分のことをもっと知ってもらいたい”気持ちはあった。けれど、距離を縮めることよりも、今の関係を失ってしまう恐怖の方が勝り、打ち明けることが出来なかったと・・・。


あのテープに何が秘められているのかは分からない。
自分が思っているよりもシリアスな要素かもしれないし、荒川ならではのネタ要素かもしれない。

確実なのは、あの二ノさんが”リクを失うかもしれない”という感情を抱くようなこと・・・。



とまあ、今回良かったのは、二ノさんの秘密に触れられたことよりも、
二人がお互いの気持ちに素直になれたというか、気づけたことだと思う。








第3話 「3 BRIDGE×2」 その2



「俺は確かに”ずっと一緒に居る”と言ったはずで・・・。
でも、その言葉は結局”二ノさんに届いていなかった”ということに・・・。

・・・俺はようやく、気づいたんだ」




ぶっちゃけ、傍から見れば”おままごと”のような関係であるが、
当の本人達は”真剣”なわけで・・・単に経験値が少ないだけの話であって・・・。



恋人であるつもりが、本当の意味でその域に達していなかったリク。
本当の意味で心を開けていなかった二ノさん。

それは、当然と言えば当然のことであるけれども、
ある意味”二人の距離が縮まっている証拠”でもあると思う。


リクとしては、二ノさんにそんな想いをさせてしまっていたこと、
そして、それに”今の今まで気づけなかった”自分の不甲斐なさに対しての


「二ノさん、ごめんなさい」


なんだろう。あの涙だって、最後まで二ノさんが気をつかってくれたことに、
”気づけた”からこそ、流れた涙だと思う。




マリアさんが「他人に借りを作ったら・・・」と口にした時、俯く仕草を見せた二ノさん。
こういうところにも、その”怖い”という感情が隠されているように思えたが、リクがはっきりと


「いや、なんか喘息じゃなくて・・・もしかしたら、
新しい病気なのかもしれないんですが、二ノさんのそういう顔を見たり、
思い出したりすると、胃だか心臓が裂けそうに痛むんですよ!

だから、”笑ってくれる”までは帰れないんです!」




本意を告げたことで、二ノさんの警戒心が解けた・・・その瞬間が非常に良かったな。
くさい演出かもしないけれど、”だが、それがいい”という。


冒頭で描かれていた”ドア”が開かれる日も、そう遠くはないであろう(´ω`)



今回の気になった点

・君のノックを待つ
・結局、元に戻ったのかw
・く、くんせい・・・教会の地下に保存・・・
・このテープ、幾つあるんだ
・カセットデッキなのに、型番はDVD8160?
・だって、気になるんだもん
・金星王女様
・二ノさんのことをもっと知りたくて
・ジャージを被って威嚇・・・か、かわいい・・・
・思いっきり怒らせてしまったようです(´ω`)
・鴉を操っただと・・・!
・久々の毒舌きたあああああああああああああああああああ
・その通り過ぎる・・・w
・二ノさんのことなら、どんなことでも受け止められますから・・・!
・・・・村長は全てを知っているのか(´ω`)
・おま、そこで逃げちゃ駄目だろう
・って、ほしいいいいいいいいいいいいいいいいいいい ねーよwwwwwww 
・まさかのマリアさんのサービスショット
・横綱って・・・w
・ステラも髪をおろしていると可愛いな
・最終目標わらた
・ひゃ、百回ですか・・・
・俺の秘密テープを・・・星レベルじゃないか(;´ー`)
・新しいバトンの持ち方・・・わらたw
・そう、”一つの借り”から始まったことであるが・・・今更過ぎる恋の病!
・怒ってもないし、悲しくもない・・・怖いんだ
・このテープには、二ノさんが”完全に覚えてしまっている”ほどの内容が・・・?
・おう、普通のラブコメっぽい。外野の影が妙な雰囲気を醸し出しているけれどw
・しかし、このEDの映像はシュールである
・村長だけじゃなくて、シスターも知っている?つうか、星への天罰はなし(´ω`)?
・ちょ、アシスタントw
・え、今のが脱皮・・・?w






第3話 「3 BRIDGE×2」 その3




しかし、この威嚇二ノさんは可愛かったな。
後半とのギャップが何ともいえないw



SERA@らくblog さん。
荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第3話 「3 BRIDGE×2」

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


今回も面白かったが、アマゾネス一味の目的はいったい・・・。
なぜあの格好で女子高生なのか・・・声の使いわけに吹いたわw



第2話 「2 BRIDGE×2」




第2話「2 BRIDGE×2」




あのガリガリ様=宝は”フェイク”らしいけれども、
村長達は、本当にアマゾネスの存在を知らないのだろうか?

リクが突っ込んだ通り「お前ら・・・!」な連中だしなぁ・・・w
いやでも、リクをあんな可愛そうな目で見ていたということは・・・二ノさんも加わっていたし・・・やはり本当に知らなかったのか・・・。


村長達が知らない河の下の住人。
どこまでが本気なのか分からないアマゾンの住人。

河を賭けて、対立でもするのかね・・・全く読めん(´ω`)




もう一人の新キャラに関しては、新たな住人として加わらないっぽいのでちょっと安心した。
正直微妙臭が半端なくて(ry


けれど、新たな住人じゃなければ、彼は何のために登場したのだろう?
電波なネタのため? それだったら、別に今のキャラだけでも十分描けるよね。


と考えてみても何にも思い浮かばない・・・金星への拘り・・・やはり二ノさんのためか?



村長と星はふざけていたけれども、二ノさんは彼を(一応)歓迎していた。
金星のことを語り合える者として、二ノさんなりのコミュニケーションを。

しかし、彼はその歓迎を受け入れることが出来ず、雑魚敵の如く去っていってしまった・・・。


彼が去ったことに関して、少なからずショックを受けた二ノさんは、
金星のことで再びナーバスに・・・そこをリクが・・・ちょっと無理やり過ぎるかね(;´ー`)


でも、二ノさんが同志に会いたがっていたのは、1期の時も描かれていたし、
やはりその辺りのフラグを再確認する上でのイベントとしか・・・。



まあ、まだまだまだまだまだまだ引っ張るネタだろうし、今考えなくてもいいか。
前回のチラ裏でもちょっと触れたけれど、素直に明かされるべき時を待ちながら楽しもうっと。



今回の気になった点

・何が待っているんだろう
・と天狗(´ω`)?
・見てもよく分からない!
・どこら辺がアマゾンw
・秘宝・・・神の力・・・がりがり君!!!
・冷凍庫じゃねw
・埼玉のローカルネタだったのか・・・なるほど・・・w
・アマゾネスは女なんだよな・・・
・大丈夫なのかよwww
・この女子高生は・・・無理があるw
・ふ、吹き矢
・うまい○も埼玉生まれなんだ
・野球二ノさん可愛す
・まあ、小松菜でも噛め
・なぜ頬を染めたし・・・次にリクと会った時はやばそうw
・どっちのアマゾネスが本物だよw
・ボスって・・・アマゾネスじゃないのか
・村長達が本当にアマゾネスのことを知らないんだとしたら、それはそれで咲が気になるな
・金星人のアジトだと
・橋の上に人が・・・新キャラ増え過ぎじゃね(;´ー`)
・またあの子供か( ^ω^)
・知らない!だが、知っている!
・やべぇ、こいつはやべぇ・・・何か聴いたが事あるようなBGM。元ネタなんだろう
・何でヒモの歌w
・電波には電波を・・・え、まじで!
・村長、ノリがいいよなw
・金星パワーぱねぇ・・・金星ジャンプってw
・プロペラ二ノさん(´ω`)
・外野www
・「誰が一人だって・・・?」 お前らwwww
・どこの安西先生(ry
・おま、シスターだけはガチで信じていたというw
・どこから魚を・・・!
・一応、二ノさんなりの歓迎なメインディッシュだという
・こいつは、なんのために出て来たんだ(´ω`)
・実写の☆だと・・・そういや、先週はEDが無かったんだっけ
・天狗の人、全員同じだったの(;´ー`)
・一発芸復活きたー
・ちょ、このオチは予想できなかったwww
・ED絵素晴らすぃ



とりあえず、二ノさんの謎はおいて置くとして・・・。
次回以降は”アマゾネスと橋の下の住人の絡み”に期待しておくか。


本当にアマゾネスの存在を知らないんだとしたら、それはそれで面白いというか、
会った時の反応が気になるよね。星とシスターなんかは特に笑えそうw

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジX2


相変わらず二ノさん可愛すなぁ



第1話 「1 BRIDGE×2」


荒川アンダーザブリッジX2 第1話



昨日の日曜深夜より、荒川の2期が放送開始。

1期は”リクの過去”が物語の軸になっていたので、
この「ブリッジ×ブリッジ」では、二ノさんの過去に焦点が当たるのかもしれない。

リクの家族の件と合わせて、今後も描かれそうな感じがするし、
今回二ノさんが見ていた夢は、その始まりを意味しているんじゃないかなと思う。




ギャグの方は、星や村長の存在を懐かしく思いつつ、
最後はシロさんが”全てを持っていった”わけだけれども、
例の新キャラはどう関わってくるんだろう・・・。


橋の下の住人も”個性のある人物”ばかりではあるが、
あのアマゾネスは・・・一人だけ”次元”が違うんじゃないですかね・・・w

リクの反応が全てを物語っていると思うけれど、どう見ても別の世界から(ry



とまあ、彼女(でいいのだろう?)にはステラが”漢”化した時なみの衝撃を受けたが、
1期ラストの”地下基地?”がどんな役割を果たすのやら・・・(;´ー`)



今回の気になった点

・ど、どんな夢を見ていたんですか
・なるほど、新キャラはエイリアンなのか(´ω`)
・マルドゥック・スクランブル?
・グングン・・・もっと触れてごらん・・・
・109話・・・ということは、一期から継続かw
・二ノさんを泣かしたな・・・!!!
・随分楽しそうな顔をして・・・星顔( ^ω^)
・このパロは・・・何曜日に放送されていた洋画劇場だっけ
・トレードされました・・・同棲オチなわけがないか(´ω`)
・少しは進歩・・・確かに
・星きめえええええええええええええええええええw
・村長に届けるためのトマト・・・じゃなかった
・二ノさん家に入った事がなかった星
・・・・甲羅w もう隠す気ゼロだろうw
・そこが”台所”なのかw SD絵も可愛いな
・上等な布。二ノさんの私物だよな・・・
・やっぱり、どこかのお嬢様だったのかな・・・
・二ノさんの寝相ぱねぇw
・何だかんだ言って、やはり”リク”を求めて・・・と思いたい(´ω`)
・ベットの引き出しの寝心地・・・ぼのぼののあれを思い出すw
・野球二ノさん
・いやいや、レノンてw
・エイリアン北アあああああああああああああああああああああ
・このアマゾネス、本当の正体は何なんだろう(;´ー`)
・どなどな二ノさん
・シロさんが全力だと・・・
・水陸両用ぱねぇ
・ちょ、リクに票が入ってない
・ラインカーのカスタマイズだと・・・!
・石灰切れわろた
・俺を誰だと思ってやがる!
・星、フラグたてんなw
・蟹雲
・飽きた河童w
・シスター・・・
・星に星をかける・・・無敵星( ^ω^)
・目立ちたかったのかw >シロさん
・ほら、生魚だ(´ω`)
・また夢・・・?
・スペースシャトル?に乗っている・・・”二ノさん一家”?
・心のどこかで”家族に会いたいと思っている”部分が”夢”に現れた・・・のかな
・それとも、二ノさんの理想の家庭があんな感じだとか・・・違うか(;´ー`)





荒川アンダーザブリッジ 二ノさんの家族?




二ノさん一家が”金星人”なのかは置いておくとして・・・。
こうしてみると、やはり二ノさんは良いところのお嬢様なんだろうか。

リクがプレゼントしたドレスをさらっと着こなしていたり、
今回ベットの引き出しに収納されていた衣服・・・。


二ノさんはどんな悩みを抱えて、この荒川にやってきたのか・・・やはりそこがポイントか(´ω`)


*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第1話 「1 BRIDGE×2」

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


これ、本当に分割2期だったんだ。
終始楽しめたし、それはそれで期待してしまうけれど、最後の地下?は伏線・・・?w


第13話 「13 BRIDGE」


荒川 13話 父親との思い出



荒川の子供達が憧れる・・・リクが何とかしてあげようと頑張る・・・。

それは理解できるのだが、なぜここにきて”遊園地”なんだろう?と思っていたら、
なるほど・・・リクに”父親との思い出”を思い出させるためでもあったんだな。


リクが連れてってもらえた場所は、恐らくデパートの屋上的な空間だよね。
普段厳しい父親が遊んでくれたという”貴重な思い出”のはずなのに、記憶の片隅に寄せられていたのは・・・。

やはり、それだけ”親父は厳しかった”ということだろうか(;´ー`)


でも、なぜあんな場所に連れていってもらえたのだろう。
親父の様子がちょっと変だったし、何かあったっぽいのは間違いなさそうだ。
リクが忘れていたのも、その影響だったり? 未だ謎な母親関係のこと?

・・・・2期へ繋がる話としか思えないや。


ともあれ、今回もギャグが切れていて面白かった&二ノさんが可愛かったので満足(´ω`)


今回の気になった点

・え、最終回なのに、この人達と触れ合う?
・寝癖ぱねぇす(;´ー`)
・ストーカー星!
・寝癖が酷い理由の8割は、強風のせいじゃ・・・w
・ラストサムライの仕事は”散髪”( ^ω^)
・今まで避けていたのかw わらた
・さむらいぶるー
・”ちょんまげ”にされるんじゃないか・・・誰もが思う罠
・ピー子さんが何を言っているのか分からない
・え、星も切るの?
・き、気を遣わせてすみません
・モノマネ・・・全く分からないぜよ・・・
・一瞬星の顔が!
・ちょ、刀で散髪
・なぜシスターと・・・やはりこういうオチかw
・この二人は・・・今までに喋る機会はあったっけ?
・オウムと女王蜂・・・こいつも着ぐるみ(;´ー`)?
・うん、関わらない方がよろしい
・遊園地
・行った事が無くても調べれば・・・このPC、ネットに繋がってないのかな
・これがマスコットキャラ・・・不気味すぎるわw
・確かに子供に弄られるのが役目だな(´ω`)
・馬がモノホンなのは見えみえであったが、さすがに回らなかったか
・SW3Dきたああああああああああああああああ
・絶叫って、そっちの絶叫かよw
・風船二ノさん
・親父との思い出・・・なぜ忘れていたのだろう
・なぜデパートの屋上なんかに連れてきたんだろう
・しかし、今でもこういう”遊び場”ってあるのかな
・私と、皆と・・・思い出を作ろう!
・二ノ姫きたあああああああああああああああああ
・ちょ、オチwww
・え、何この”一人だけ別の次元から来た”みたいなキャラは・・・
・どうみても”続く”終わり方だもんなぁ >2期
・最後は原作者?



これで荒川も終わり・・・と言っても、今回の話は、内容の8割がギャグだったので、
特別チラ裏するようなこともないけれど、どうせ2期をやるなら、なるべく”早い時期に”放送してもらいたいなぁ。


リクと二ノさんの関係が進展。謎のベールに包まれている二ノさんの過去。
リクと親父の話。まだまだいるっぽい荒川の住人達。荒川の危機再び?な地下っぽい描写。


中でも気になるのは・・・やはり最後の引きか。

どう見ても別次元のキャラにしか思えなかったが、あのキャラも本編に関わってくるのだろうか。荒川の住人達は普通に対応しそうだから、リクの反応だけが楽しみであるw

ブログネタ
声優・マンガ・アニメなどの情報やイベントの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


尼で注文していた”ABのブルーレイ”の発送を知らせるメールが届いていた。
どうやら、今日の朝に発送作業が完了したらしい。

新規カットがあるわけでもなさそうだし、恐らく1巻以降は買わないと思うけれど、
尼でも”映像関連の商品”は、高確率でフラゲ日に届くんだなぁ。



第12話 「12 BRIDGE」



他人に借りを作るべからず




やはり”親子は親子”であるの図。
変なところでも自信溢れる様とか、特に・・・w



しかし、謎の人物の関与によって”荒川存続の危機”を乗り越えてしまった以上、
最終回はどうするんだろう(;´ー`)


リクはこの危機を乗り越えて、親父とも向き合える。
それが最後の〆だとばかりに思っていたから、今回の展開は意外であった。

二ノさんと親父が語り合うシーンは、良い雰囲気だったし、
リクが”流れ星”と化してさえいなければ、親父が今まで見ようとしなかった
”息子の成長”を垣間見て、「もうしばらく様子を見てみるか・・・」的なオチになっていた気もする。


まあ、親父の”秘書に探らせる”という呟きには、
似たような意味合いが含まれているのかもしれないけれど(´ω`)


今回の気になった点

・怖いものぐらい誰にだってある!
・おばけ・・・w
・星に願いを・・・流れ星( ^ω^)
・心得た!
・一つより二つ・・・言葉だけ聞くと美しいw
・ここにずっと、皆で居られますように
・え、本当に叶ったの・・・?w
・mobキャラの癖に・・・電話番やるな
・ひ、ひろし改め村長の暗躍?
・知らないほうがよかろうよ
・何となく、橋の下で”自由が通る”理由が分かった気がする・・・
・リクの仕業だと勘違いしているのかな
・その頃河川敷では・・・荒川流星群わらた
・なぜパンツ丸出しだし・・・あ、1話のリクかw
・ちょ、二ノさん
・他人に借りを作るべからず
・滅多に見られるものじゃないぞ!
・こうしてみると・・・少しだけあの人に似ている?
・私もお腹いっぱいになる(´ω`)
・自分に出来なかったこと
・あー・・・せっかくいいの雰囲気が・・・(;´ー`)
・二ノさんの台詞自体は良いのにw
・クッキーが・・・!
・マリアさん、ノリノリすぎる・・・w
・やっぱり、シスターは良い人だな
・マスクから他人の匂いがする( ^ω^)
・プロペラ二ノさん
・シロさん・・・w
・設定したきり、一度も鳴らなかったメロディー
・母親はもう亡くなっているのだろうか?
・かつ丼コースです!
・あ、やっぱり二ノさんには扱えないw
・おぉ・・・!
・それでも・・・ずっと二ノさんと一緒に居ます!
・リク、一生分の勇気
・そうだな。ずっと一緒に居ような
・心のままに演じるんだ
・コン・チェオ・・・鳥?
・どっちにしろ知らねぇw
・調べてみたら、”掌サイズの鹿”
・こんな鹿がいるなんて、初めて知ったや(;´ー`)
・イケメンシスター



何だかんだビビリつつも、最後の最後で”勇気”を振り絞ることが出来たリク。
それが親父の目に留まることはなかったけれども、その代わりに”二ノさんだけが・・・”


という演出が、何とも言えないニヤニヤ感を誘って良かったと思う。

高井の時と同じように”二ノさんの存在”が、息子を変えたと認識させた。
あのシーンで親父は何を思ったのだろう? 奥さんのことだろうか?

今まで”母親”について触れる描写は全くないし、
授業参観の時も親父が・・・というところから察すると、リクが物心つく前に別れているのかな。
それで、自分の息子を語る二ノさんの姿を見て・・・昔を思い出したとか(´ω`)


と、何か毎回同じことを言っている気もするが、
今回の二ノさんは、所々に凛々しさを醸し出していて可愛かったや。


*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
荒川アンダーザブリッジ 第12話 「12 BRIDGE」

ブログネタ
声優・マンガ・アニメなどの情報やイベントの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


いよいよ2010 E3のイベントが開幕。
初陣をきったのがNatal改め、「Kinect」の発表イベントであったが、
先ほどそのPVを眺めてみたところ・・・ゲーム以外の部分には目新しさを感じた(´ω`)


水曜は休みだから、任天堂とソニーの両カンファレンスをリアルタイムで見れると思うけれど、明日は普通に出勤なため、火曜のEA、UBI、Activisionはちょっと無理だな・・・。

まあその分、今日2:30からの”マイクロソフトの発表”に期待しておくとしよう。
勿論・・・肩叩きとか、色んな意味で。



第11話 「11 BRIDGE」



荒川 11BRIDGE



「私は・・・”お前”と、皆と・・・ここに一緒に居たいんだ!
恋人のお願いをかなえてくれ リク」




二ノさん可愛いよ二ノさん。


ほぼ繋ぎ回と言える内容であったけれど、なんというか、仕事的な繋がりを除けば、
リクがこれ程までに”誰かから”必要とされたのは、初めてなんじゃないかな。
しかも、それが(一応)”恋人”ときたもんだ。

その思いに応えたのは、勿論自分自身が”荒川”に馴染み、
この場所を気に入ってしまった節もある。皆の居場所を守りたいという気持ちもある。

でも、一番の理由はやはり”二ノさんの願い”だから。
自分と一緒に居たいと言ってくれた恋人の・・・!


いつもはボケーっとしている二ノさんが、ここまで感情を露にする理由。

彼女もまた色々抱えるものがあって、この場所にたどり着いた。
その諸事情は、以前も書いた通り、二ノさんが話してくれるまで触れる気はないけれど、
荒川は自分の居場所であり、大切な場所。察するに、きっと星のように救われたのだと思うんだ。

そして、ここは”リクに出会えた場所”でもある。
リクにしてみれば、二ノさんに出会えた場所である。

この出会いによって、二人は良い方向へと、確実に変わってきているけれど、
特に二ノさんは、荒川の住人も認めている。その事実が”嬉しい”、喜ばしいと。
・・・まさに自分と同じ心境という(´ω`)


とまあ、だからこそ、今回”二人”がやけに目立って見えたのだと思う。
一瞬で復活するリクと二ノさんにニヤニヤしてしまうのであったw


今回の気になった点

・君のもとへ・・・!
・あれ、微妙に前回と台詞が変わっているような・・・
・・・・星、空気よめw
・余所者といっても、結構な月日が経っているんだよね?
・最終兵器ってw
・勝てる企画であると!
・なに、その着ぐるみ。全然ファンシーじゃ(ry
・おま、その姿で声をかけたのか(;´ー`)
・何の秒数ですか!
・おつかれさんわろたw
・リクにくりそつ
・ちょwww
・なんで巨大化してるのw
・仮死状態
・・・・顔を忘れました。
・二ノさんに”一日で”忘れられていた頃を思い出せば・・・( ^ω^)
・親父vs息子はじまた
・この高井をパパ・・・
・さすがにリクもひいているなw
・二ノさんが高井にいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
・結局、魚は食わせるのかw
・さり気にマリアさんが居た
・水路から進入されたら、ひとたまりもない・・・!
・・・・え、ロケット発射台? リクが教師を始めた回の繋がり? 金星(´ω`)?
・市ノ宮の恐ろしさ
・・・・いや、これは親父の仕業じゃw
・待ちうけ二ノさん
・そういや、母親の方は登場しないな。
・一度もかけたことがないのか・・・(´ω`)
・核より怖い・・・
・村長、どこいった
・なに、このオチw
・鉄仮面兄弟、すっかり調教されておる・・・



二ノさんがパワーを与えて、リクが立ち上がる。
そして、乗ってきたところで、再び”親父の壁”が・・・。

てっきり”高井”は敵にまわるものだとばかりに思っていたが、
それ以外はテンプレ通りの流れ。

”市ノ宮”という巨大な枠から外れて、リクが初めて経験すること。
如何にして親父に認めてもらうのか。または、親父がリクの事を認めるのか。

個人的には、その過程が楽しみだ(´ω`)



*トラックバック送信先
SERA@らくblog さん。
荒川アンダーザブリッジ 第11話 「11 BRIDGE」

ブログネタ
声優・マンガ・アニメなどの情報やイベントの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ



村長が”輝いていた”以外は、特別面白いと言える回ではなかったのだが・・・。
なぜだか、放送時間があっという間に感じられてしまう不思議(´ω`)


第10話 「10 BRIDGE」




マリアさん




お偉いさんからの反感を買いそうなマリアさんの発言であったが・・・堪らん( ^ω^)


今回は”村長回”

そう思えるぐらい”村長の出番が多かった”けれども、
彼を使ったギャグはどうなんだろう・・・今回のは、あまりキレが感じられなかったや。

でもまあ、星と同じで”居るだけで笑える”からいいがw
二ノさんの最後の台詞は、彼女の過去と繋がっていそうな気がするけれど、
それは”二ノさんが話してくれるまで”は、置いておくとしよう。



前々回、思わせぶりな登場で場を沸かせた”リクの親父”の狙い。
考えてみれば、テンプレと言えるほどに”読め読めな行為”であった。
この危機的状況をひっくり返せるのか? リクを”試している”ようにも取れる。

一番印象的だったのは、やはり”誰よりも”リクが慌てていたこと。
自分の親父が・・・という事から負い目を感じているせいもあるだろうけれど、
それを考慮しても、彼が一番”荒川の危機”を心配しているように思えた。

言い方を変えれば、ここの生活に”順応”しているだけとも言えるし、
彼自身も否定していたが、村長にはバレバレなのだ(´ω`)


彼にとって、橋の下が”それだけ大切な場所”になりつつある。
それが今回で”確信”できた。なんたって、二ノさんも居るしね(´ω`)


彼女の最後の台詞が、リクにパワーを与えてくれそうな予感。



今回の気になった点

・しかし、いい部屋だな おい
・ひっつきすぎだろうwww
・どんな恩だ(;´ー`)
・そもそも河童じゃ(ry
・確かに・・・村長にだけ敬語
・毎年恒例とな
・おはし( ^ω^)
・何、このBGMw
・だまされているよ!!!
・お、親父ktkr
・うお、橋の下を・・・この手の作品ではテンプレか
・核か!?
・すっかり”橋の下”の住人だな。誰よりも心配しているという(´ω`) >リク
・まほう?・・・おいwww
・かっぱけっかい! またの名を”漬物”!
・・・・シロさん(´ω`)
・マリアさんきたああああああああああああああああああ
・公僕・・・この手の作品では、細かいことは気にしない( ^ω^)
・まだ入札前
・・・・私は嫌だ! 追い出されり、離れ離れになるのはもう嫌だ!
・一応、これが本筋なのかな
・DJコンドルさん・・・って、終わりかよw

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


エヴォリミットとニーア設定資料集



先日購入した”エヴォリミット”をプレイ中。いきなりBadEndを迎えて凹み中。
まだ個別ルートにすら入っていないというか、話が盛り上がってきたところで・・・。

何がいけなかったのかさっぱりだ(´ω`)



第9話 「9 BRIDGE」



星が出会った”運命の人” それは・・・!







ショートカット 二ノさん



「お前は”月”じゃないな・・・ピカピカの”1等星”だろう!図星だろう!」



・・・いや、これは星が二ノさんに惚れるのも無理ないわ。


二ノさんが荒川の住人に可愛がられているわけである。
星が(二ノさんを)振り向かせようと必死だった理由にも納得した(´ω`)


と、巨大化ステラには”色んな意味で”気迫や気合いを感じたり、
今回も前半、後半ともに楽しめた。マリアさんがステラに勝つのは当然としても、
その件が良かったと思う。マリアさんの人とか、あれはドンピシャ役すぎるだろうw


後半の”星の話”は・・・どうなんだろう。
あのコンビニのシーン等は、「どうせ妄想だろう?w」と思っていたのが本音だけれど、
星がリクとの会話で嘘を言っているようには見えなかったんだよなぁ・・・。

何せ”リアルにありそうな話”だ。
本当に歌いたい歌は”別にある”けれど、今は仕方がない。やれることをやろう。
でも、何時かは・・・! みたいな(´ω`)


そんな悩ましい時期に”二ノさん”と出会い、本当の自分を解放できるようになった。
それが彼の幸せなのかは本人次第だと思うが、まあ”幸せ”なのだろう・・・w


オリ○ンにランクインしていたとか、いい○もに出ていたとか、
エル○スが友人だとか・・・本当のようで”嘘っぽい”話は、どう捉えるべきだろうか。
深読みすると色々妄想できそうだけれど、この作品にその必要があるのかは判断し難い。
ただのギャグ演出とも思えなくもないし・・・。

とまあ、自分の中では、星の過去の栄光=事実かつギャグとして保留しておこう(´ω`)



今回の気になった点

・ひとでwww
・スポッ!
・じゃがいもwwwwwwwwwwwwww
・・・・素敵なデザインだ(´ω`)
・いや、戦争が起こりそうw
・ステラって、こういう喋りだっけ
・そっちのマリアじゃないw
・星いいいいいいいいいいいいいいいいいいい
・姉貴って、おまえw
・正確には違うが、ともぐいwarata
・マリアに軽く舐られるステラの図が見たいぞ( ^ω^)
・ちょwwww
・この巨大化も北斗ネタ? 画力が半端ないけど、全然わからん・・・
・というか、シスターが見ているのにいいのだろうかw >ステラ
・なに、このBGM
・やべぇ、マリアさんの声が堪らん
・え、二人の間にそんな逸話が!
・星が”流れ星”に
・最強タッグの誕生・・・こんなオチになるとは(;´ー`)
・え、星=実はイケメンなの・・・?
・っていうか、普通にコンビニを利用しているのか?w
・どこのホラーだ(;´ー`)
・マスクに決まっているだろ!
・ギャルのすっぴんw
・オリコンだと・・・?
・本当だったら、結構金をもってるんじゃ
・月じゃねーかw
・4年前?の二ノさん北アあああああああああああああああああああああああ
・酷い歌詞である・・・w
・あ、だから”星”なのね・・・(´ω`)
・いいともー! だと・・・?
・エルビスって・・・何だかネタ臭くなってきた件
・いや、実は星の正体が”本当の意味で星”だったりすることを意味していたり・・・
・え、もう終わり?
・何か怖いのが!
・お前が仕込んだのかよw
・ショートなニノさんもいいなぁ
・なんかどこかで見覚えのある図



星のせいで忘れていたが、今回はリクの親父さんに出番がなかったな。
前回の思わせぶりな演出がどう繋がってくるのやら(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


やべぇ、神回すぐるw


第8話 「8 BRIDGE」



リクの部下達がこうも絡んでくるとは。
前回登場した時は、”まともな人間が「初めて」くるー?”と気になっていたけど、
荒川の住人に負けないぐらい濃かったわ。特に”高井と星が通じ合うシーン”は、
その前後の描写も含めて、個人的に壷w






荒川 ファーストキス!



初挨拶北アあああああああああああああああああああああああああああ


行為にいたるまでの”二ノさんのムッとした表情”も最高であった(´ω`)


しかし、星はさ・・・お馬鹿だよね( ^ω^)
リクはともかく、二ノさんの性格は知っているはずなのに、あんな風に煽ってさ・・・w

まあ、リクを弄るのに夢中だったんだろうけれど、読め読めの展開ながら、
彼が”ヒトデ”になる瞬間は笑うしかないw


秘書の高井も良いキャラしていたが、いくら秘書と言えども、
ここまでリクに入れ込む理由は何なんだろう?という疑問は、最後の描写で納得した。

親父が用意した人間等ではなかったけれど、所謂”教育係”的な存在だったんだろう。
あのリクがあんなにも心を開いていたし、今回の芝居も全て高井のために行ったようなものだよね。


そして、高井にとっても、リクは息子のような存在だった。
何年もの間、ずっと見守っていたわけだし。

二ノさんとの関係はともかく、リクが本当に大事な人を見つけたと理解して、
親の涙を見せて、最後は格好良く退散した姿が何とも言えなかったけれども、
”もう一人の秘書の報告”が良い意味で台無しにしてくれたわ・・・w


どう見ても、ラスボス的な存在としか思えない親父。
この作品にどんなシリアスを絡めてくるのか。
それとも、これまでのギャグテイストを貫くのか。見物である(´ω`)




今回の気になった点

・子供ながらの反抗か(´ω`)
・でも、何気に自家用車で送り迎えって、子供想いな気もする
・GTOの内山田にしか見えないw
・なんという嘘w
・シスターでけぇ
・なるほど。そういう理由から、この三人を・・・って、まずいだろうw
・3、300万(;´ー`)
・マリアさんのSっぷりが堪らん・・・
・なんだ、紙か( ^ω^)
・シロさんがまさかの当たり。元リーマン設定覚えていなかったから、驚いたわw
・おや、女性秘書の表情が!
・ちょ、この流れで村長と星は危険wwwwwww
・星なにやってるんだよw
・二ノさんが可愛すぎる
・恋人だ!
・シロさんは、シスターと同じぐらい話せる人だな
・なぜそこで高井に擦り寄るw
・・・・え、なにこの朝のライフスタイル( ^ω^)
・ほもだちすなぁ・・・
・星、自分から見に行って自爆www
・中学生に小学生・・・的確かもしれない
・星と高井が通じ合ったw
・おま、そんな風に煽ったら二ノさんがだな・・・
・挨拶北アあああああああああああああああああああああああ
・星ざまああああああああああああああ
・リクって21才だったのか 既出だっけ?
・人間は1人の時が一番強い
・結婚なんかバカな契約・・・この時のリクは・・・小学生(;´ー`)?
・ヒトデwwwwwwwwww
・リクも壊れた( ^ω^)
・ちょ、シスターw 皆から愛されているよなぁ>二ノさん
・今更だけ、この梯子の高さがヤバイことに気づいた
・親父の刺客は、こっちの女だったのか
・おい・・・あんな格好良く去っておきながらwwww
・一応、自分の息子だもんな・・・利用価値があろうと、これは見たくないわw
・葉巻かと思いきや、河童の大好物(ry



あー、テンポも良くて面白かった。笑えた。爆笑した。
これまでの話と比べても、間違いなく”1”と言える回だったや。次回も楽しみ(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


確実に変化して、距離も縮まっている二人であるが・・・今回は終始笑えたw


第7話 「7 BRIDGE」



荒川 二ノさん




星のライブとリクの授業が重なった時、二ノさんはどちらを選ぶのか?


そんな星の問いに対して、容赦なくというか、素直に「授業」と即答した二ノさん。
興味が持てないことではつまらないだろうとリクにアドバイスしつつ、


「・・・そりゃあ、お前。”恋人のお前に”興味があるからだろ」


と、星のライブよりも”リクの授業”を選んだ理由を答える二ノさん。


ここら辺の件は、星の玉砕っぷりに笑いつつ、相変わらず真っ直ぐな二ノさんと、
それに赤面するリクがもうね(ry 二ノさんの可愛いっぷりも半端なかったや。


リク一人で”気づけた”んじゃなくて、”二人で”というのが今回のポイントであろう。
もし二ノさんがいなかったら、リクは途中で挫折していた、投げ出していたかもしれない。
そう考えると、二ノさんがあの場に居たことは大きかったのだ。


・・・まあ、当然の如く”途中で寝ていた”描写もあったけど、
そのギャップが良いのである(´ω`)


今回の気になった点

・鯨のように・・・ってか
・本当に先生をやるのか
・常識・・・( ^ω^)
・それは規律w
・そのケジメは(ry
・星の顔がうぜーw
・なんだよ、村長も一緒に受けるのかと期待したのに(´ω`)
・俺のライブとリクの授業・・・どちらを選ぶ
・授業(即答)
・星ざまぁああああああああああああああwww
・今回の二ノさんは可愛いすぎるな・・・
・仮面に磁石がくっつくということは
・この兄弟もなかなかに電波だの
・最大の敵が北アああああああああああああああああああああああ
・どこから突っ込めばいいのやら・・・w
・おま、二ノさんのロケットを・・・!
・あれ、もしや交ざりたいだけ?
・歳相応になったり、あっちの人になったり、大変だな・・・w
・ロケットなミサイル
・シスターなら大丈夫だと分かっているはずのに、リクのリアクション( ^ω^)
・ドジっ子ってレベルじゃ(ry
・リクだけじゃなくて、他の住民にも被害が及んでいるところがポイントだなw
・もうあんたしかいないの!
・め、めんきょを取りたいだと・・・?
・今まで何人轢いたんだよ!?
・髪の毛とかどうするんだよ、とリクのように思っていたら・・・
・落ち武者吹いたwwwwwwwwwww
・これは地毛なのだろうか・・・w
・”非常識”だとは認識しているのか
・こうしてみると、リクとP子のカップリングに見える(;´ー`)
・すっかり”橋の下”に染まってしまい・・・常識ってなんだ?
・ここで会社の人間がやってくるとは。初めてまともな人間が登場?
・二ノさんの一発芸きたああああああああああああああ
・こ、これは・・・喰われてしまったというのがオチ?w
・まさかの菊之助の人。絵柄が随分と変わった気がする(´ω`)



後半のP子のキャラもなかなかだったが、それ以上に村長がだな・・・。
あの”落ち武者”は反則だわ。P子とリク、二人の反応の違いが面白かったw


しかし、あれかな。村長はP子の想いに気づきながらも、毎度こうやって接しているのかな。
今のところ(彼女の想いに)応えるつもりはないけれど、傷つけたくもないと。

この手の組み合わせ、カップリングではよくあるパターンだけれど、
荒川に関しては”テンプレ”がそのまま当てはまるとも思えないな・・・w


ともあれ、次回も楽しみだ。深く考えないで見れるから面白い(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


半年ってガチなんだろうか? 時間経過はどうなっているんだろう


第6話 「6 BRIDGE」


ハンター 二ノ



意外とスタイルの良い二ノさんであった



この作品にラブコメ要素以外の難しいことは望んでいないので、
今日みたいな回は手抜きチラ裏。



今回の気になった点

・星の頭のあれは・・・帽子?w
・星の歌
・どこから突っ込めばいいのやら・・・本当に寒いぞ(;´ー`)
・二ノさん、本当に聴き入っていたのだろうか
・ひーもひもひもひーもひも
・思いつかなくて当然です
・二ノさんのスク水姿だと・・・!
・おい、子供×2!!!
・潜水・・・?
・これ、秒単位じゃなくて”分”だよね・・・(;´ー`)
・頭のせいで沈むんじゃ・・・とお決まりのオチであったw
・二ノさん可愛すなぁ リクのことをよく見ているよね
・ヒモ兄からリクさんにランクアップ!
・なんという茹で立て村長
・村長は、割と話せる人だと思うが・・・アレ=バカ
・治ったのかよw
・常識ある星とか、星じゃない・・・
・金星人じゃない二ノさんなんて
・リクさん、良い悪顔
・この計画、ステラの相手が面倒そうであるw




リクがどんなことを仕事にするのかなぁと見ていたのだけれど、
教え方が上手い、分かりやすいというのは凄く良いことだよね。
自分なんかは、昔から下手なことを自覚しているので、こういった人らを羨ましく思う。


このままヒモで終わるのか。本当に河川敷で学校を開くのか。
まずは”子供から・・・”と悪い笑みを浮かべていたリクだが、ステラが最難関の相手な気がしてならないw

ブログネタ
アニメ・漫画最新情報 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


タイトルなんて自分で考えなさい!


第5話 「5 BRIDGE」


川の主と二ノさん



二ノさん可愛すなぁ。


終始ギャグギャグギャグの回だったから、
特にチラ裏することはないけれど、これまでの話で一番”キレ”を感じた気がする。
各キャラの特徴が把握出来てきたからかもしれないが、最初から最後まで面白かった。


なかでも、最も注視してしまうのは、やはり・・・”星”だろう。
あの存在自体がギャグのキャラが、”キリッ!”という表情を見せるだけで(ry



今回の気になった点

・タイトルなんて自分で考えなさい!
・この人、歌もうたえるのか
・シスターを運ぶための荷台だとは・・・( ^ω^)
・なに、このほっぺw
・またも女性な新キャラ
・見た目は可愛いが、何か声と顔が一致していないような・・・
・そんなバナナあああああああああああああああああああ
・どうでもいいけど、なぜあんなに皮が突っ立てているんだw
・出前の蕎麦にも意味があるのかと思ったら、そんなことはなかった
・ピー子・・・ペテン師・・・二ノさんとリクを間違えた?
・この子が野菜を育てている。橋の下の全てを賄っている・・・
・ゴールデンコーン!
・ピーマン! これは良い笑顔
・借りを作れないとはいえ、リクがKYすぎるw
・そして、なぜか叩かれる二ノさん(´ω`)
・”きゅうり”といえば・・・?
・え?村長? え?村長? まさかの村長Loveキャラ?
・あ、皿に水やりたいのか!
・さすがロリコン
・おい、ひろし! いいのかよ、そんなんで!
・呂布ふいたwwwwwwww
・あ、それが狙いだったのかw
・カタコトな日本語もわざとなんだろうか(´ω`)
・(済)ってw
・あいつが狙っているのは”ファザー”の座だ!
・川の主ぱねぇ 次の日は嵐だろうw
・ひもひもひも・・・ひも!
・初公開なマジギレ顔。一応、超超超がつくほどの”エリート”だもんな・・・w
・今無理に作った設定wwww
・さりげなく新キャラの自己紹介。この二人は、まだ登場していないよな
・シロさん・・・
・なぜこんな夢を・・・って、星wwwww
・ライブって、河川敷内じゃないよね
・何時も迎えにいってる( ^ω^)
・リクもリクで対抗すんなw
・ラブレターがやぶれたー・・・シスターに大ダメージ!
・・・・村長とラストサムライ?




さて、リクが「ひもひもひも!」と言われたまま黙っていられるとは思えないし、
どんなことを”仕事”・・・でいいのだろうか。

星との対決は、あくまで負けず嫌いの性格から来る流れだろうから、
それとは別に”仕事”なるものを河川敷の住人たちに見せつける!

その”見せつける”ものが何なのか。色んな意味で楽しみである(´ω`)

ブログネタ
声優・マンガ・アニメなどの情報やイベントの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


前半はリクと二ノさんが中心で、後半はこれまで通りという、今回の構成はいいなぁ。


第4話 「4 BRIDGE」


正直、前半のデートのギャグは


「この二人、だれと戦っているんだろう・・・(;´ー`)」


と思うような描写ばかりだったけれど、〆はとても良かった。


なぜ二ノさんが”ドレス”を着こなせたのか?

リクはジャージ姿の彼女しか見たことがないわけであり、
このような疑問を浮かべるのは当然だろう。自分だって気になる。

しかし、リクに問われた二ノさんは「私は、今も昔も”金星人”だ」と答えを拒んだ。
暗に”聞かないでくれ”といっているようなものであろう。
彼女にとって、リクはまだ”自分を”打ち明けられるような存在に至らないと・・・(´ω`)

河川敷から出たがらない理由にも何かがあるはず。
それが”あの笹船”とリンクしているように感じたのは、自分だけじゃないと思うけれど、
今回のちょっとした行動





二ノさん



「こんな”些細なきっかけ”で動くんです。あいつ、太平洋までいけますよ!」


リクは、本当の意味で”彼女の心”を揺らがすことが出来たわけだ。
ほんの些細なきっかけ。それが”リクとの出会い”であったら素敵だよね。

でも、本当、人なんてそんなもんなんだよな。
そういう運命の人と出会ったら、本当に変われるんだよ。

と、今後の二ノさんの変化が非常に楽しみである(´ω`)


「”海”にはいけなかったな・・・」


あんな悲しげな表情を見せられたら、誰だって川に飛び込むだろう?

でも、リクが”二ノさんに気に入られようとして”だとか、
そういった心情からではなく、素直な気持ちから・・・という点が好感を抱けたところである。
口では”恋人として”と言っていたが、恋人の”笑顔”を見たいと思うのは至極当然だし(´ω`)


これが星だったら、きっと・・・だもの。
まあ、彼はそういうキャラとしてのイメージしか思い浮かばないだけだがw


今回の気になった点

・あのバイブル、どんな漫画だったんだよ・・・(;´ー`)
・お姫様抱っこ・・・!?
・と、二ノさんの照れる顔を期待していたら・・・斜め上すぎるw
・なぜドレスを着ることができたのか? 当然の疑問だよな
・あれやだ、何このタブーに触れた空気・・・
・今も昔も金星人
・・・・海にはいけなかったな
・けど、恋人としてやるべき仕事は一つだ・・・!
・さすがにこの雰囲気に村長は出てこないか・・・w
・二ノさんの本気で驚いたような顔
・・・・あぁ    ああああああああああああああああ
・夕日です( ^ω^)
・ひらがなで書けば変わらない
・この新キャラは・・・シスターが面倒を見ていた子・・・
・どう見ても裏表が激しそ(ry
・こいつらwwww 青春風の逃走にわらた
・しかし、何を要求するのかと思ったら”タイマン”かよw
・シスターが持てない物をリクが・・・?
・河川敷牧場ってw
・この人は、前回のCパートにいた?
・二酸化炭素を吸って、酸素を生み出す・・・え?
・しかも、セルティの人
・・・・大丈夫じゃないです
・ドSですか・・・(;´ー`)
・まさかのシスターの想い人?
・すまん
・女装癖? あ・・・シスター・・・あ、そういうことか・・・w
・リクのリアクションwww
・シスターじゃこうなるから、リクを一緒に連れてきた?
・このマリアとシスター好き好きであるステラの絡みは・・・絶対にあるだろうなw
  



マリア



次回以降、リクにどう絡んでくるのかが楽しみだけれども、
自分なら”5秒でノックアウト”されているレベル・・・(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


やべぇ・・・


第3話 「3 BRIDGE」



荒川アンダーザブリッジ 星



星うぜえええええええええええええええええええええええええ


というか、こいつの名前は”星”でいいのか(´ω`)

星のネタ自体は、特別面白いとは思わなかったけれども、
リクとシスターが星星星星交互に言うものだから、終始”星(笑)”状態だったわw




今回の気になった点

・寝起き二ノさん。またここ
・あ、この場所は・・・別荘を改造していたのか(´ω`)
・見ていた星!
・村長と子供
・泣いていたのか、星w
・3けたん
・全部”返す”とか、どんだけ・・・w 確かに”借り”になるがw
・借りを作れない故の苦悩だな
・これは素晴らしい資料ですね( ^ω^)
・一発芸じゃありません!
・早くニーアやりたい・・・
・”デートを知らない”・・・そうきたか!
・封鎖するのかよw
・なぜに首相と食事・・・(;´ー`)
・良い、楽しい。 え、まじで・・・?
・星の顔が100パターン!
・あぁ、そういうオチ・・・苦笑
・首相はいらないだろうw
・河川敷から出るのは嫌 重力が、ほら・・・私は金星人だし
・二ノさんが金星の話を持ち出す時は・・・二ノさんにまた一歩近づいたの
・じゃあ、金(ry 言うと思ったw
・なぜかドレスを着れた二ノさん
・何でこの”ドレス姿”をアップで映さないのかと小一時間・・・!
・村長が頂点
・誰、この女性
・おい、それ村長の正体じゃ(ry
・ラストサムライ・・・
・あ、二ノさんの「ゴメンネ」の札には意味があったんだ
・星つまんねw
・帰ってこなかった・・・
  



荒川アンダーザブリッジ 二ノさん



二ノさん可愛いよ二ノさん


村長の出番が少なかったので、ギャグ面は少々物足りなかったけれど、
僅かながら”二人の距離が縮まった”、また一歩進んだことがよく分かる3話でしたとさ。

距離・・・というより、二人とも”成長している”といった方がいいのかもしれない(´ω`)

ブログネタ
最近見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


今期の当たりはこれだなー。
終わりまでの時間が、とても早く感じる。


第2話 「2 BRIDGE」



荒川アンダーザブリッジ 二ノさん



皆のアイドルを奪ったリクの図(´ω`)


なんというか・・・天然だからなのか”金星人”だからなのか。
二ノさんの何とも言えない可愛いさと優しさ+野暮ったい声の組み合わせが、
個人的にどんぴしゃ過ぎてヤバイ。



今回一番笑えたのは、やはり”歓迎会”のシーンかな。
2話でこんなにキャラが増えるんだったら、以降更に住人が追加されそうだけれど、
普通っぽいおっさんに


「ついておいで、君の歓迎会だ。仲良くやっていこうじゃないか」



と招待されたリクが



「何か”いい人”みたいだな。俺の”オアシス”になりそうな・・・予感。
 歓迎会は”借り”には入らないよな・・・♪

 とりあえず、上手くやっていけs」




とプラスに解釈するほど喜ぶのも束の間、河川敷の人々というのは・・・・






荒川アンダーザブリッジの住人




お、おう・・・


シスターのキャラも濃かったが、スターフェイスを見るだけで笑いが(ry
だって、星だよ。星! あのリクの一瞬の間と”真顔”が堪らんw



さて、二ノさんとの距離が若干縮まり、他の河川敷の人達とも交わった事で
更に賑やかな展開になりそうだけれど、次回も楽しみだ。




今回の気になった点

・何か可愛いOPだな。一応、ラブコメでもあるからだろうか
・なぜに”翼をください”?
・・・・いいのかよw
・川の下なのに・・・どういう仕組みになっているんだろう
・あ、妄想の部屋だったり?
・二ノさんと二人っきり
・最初から”可愛い”がな(´ω`)
・どこのうぶな中学生カップルだよw
・返事が返ってきそうな(ry 噴いた
・と、とんぼですか
・ドラム缶きたあああああああああああああああああああああああああ
・おい、眼がかくれてないぞ!
・水着オチかと思ったら、タオルでした
・ミッションコンプリート!
・さり気なく酷いことを言っているなw
・リクを調理するのかと思った・・・w しかし、クレンザー( ^ω^)
・ニノさん可愛すなぁ
・チボデーの人?
・え、こんなに住人が?
・と思ったら、人間じゃなかったお・・・リクの一瞬の間にわらた
・ラインカー懐かしい
・その遊び、やったわw
・もしかして、二ノさんは結構まともなほうなんじゃ
・立派な教会・・・って、ちょwwwシスターwwwww
・餌付けw
・頭に素敵なお花が咲いております
・大丈夫じゃねーよ!
・スネオヘアー
  


ギャグといえギャグなのだが、時折優しさを感じるようなリクと二ノさんの絡みがグッド(´ω`)
ここら辺は”ラブコメ”要素といってよさそうである。

ギャグと合わせて、今後もこういう描写が増えていくといいなぁ。

ブログネタ
今週見たアニメの感想 に参加中!
◆ 荒川アンダーザブリッジ


ギャグアニメということで、簡易なチラ裏になってしまうけれども、
こんなギャグ全快のアニメを見たのは久々な気がするw


第1話 「BRIDGE」


なんというか、こんな状況を受け入れつつあるリクルートwという名の主人公も、
十分に”電波”の素質がありそうだが・・・



「でも、何だか安心した。ニノさんも割と”普通な人”な気がする。
 これならお互い理解しあって・・・あ、ニノさん。おやすみな・・・」





荒川アンダーザブリッジ そこかよw


「おやすみ」


・・・( ^ω^)


見ている誰もが突っ込んだと思うけれど、そこかよwww
確かに暖かいかもしれないが・・・w


自称全てが揃っていた男に、金星人の彼女。そして、謎の河童ひろし。
一応、ラブコメでもあるらしいので、ギャグ描写に加えて、
ここからどんな恋愛模様が繰り広げられるるのか楽しみ(´ω`)


今回の気になった点

・いきなり狩られるサラリーマン
・この声は・・・ライトニングさんの人? 思わぬ収穫
・俺熱がりなんで!
・1歳のころの借り・・・ゲップをって、わらた
・どんな子供だよw
・工事中・・・( ^ω^)
・え、2話?
・膝枕・・・!
・採った割には、川に戻すというw
・家・・・? いーえ
・なんかライトっぽい黒さだなw
・ほーむれすな金星人
・金星人は川で・・・
・欲しい物があると人を助けるのか? グサグサ
・借りを作ると喘息に・・・理不尽すぐるw
・私に恋をさせてくれないか
・もう3話
・2-3 仙石な枕・・・
・別荘ぱねぇw
・村長・・・村
・緑色だあああああああああああああああああああああああああ
・河童な村長がひろしの人が合いすぎな件w
・チャックwww
・私が金星人なのと・・・つまり・・・(´ω`)
・村長、細っw
・全然そんな流れじゃ(ry
・あ、やっべwww
・一回で何話までやるんだよw
・ニノさん・・・じゃなくて、二ノ三?
・リクルート噴いた
・布のは”布”でした!
・私の恋人だろう?
・新聞紙ならたくさんある・・・二ノさん・・・
・って、オチwww
・良かったじゃないか。私が幸せで
・良い生活・・・なのか?w
・割と普通な・・・( ^ω^)
・ここで実写w



正直、最初は微妙臭が半端なかったのだけれども、
河童なひろしの人が出てきた途端に笑いが(ry

二ノさんは、あのキャラと声が個人的にツボだし、ギャグのテンポも非常に良かった。
少なくとも、自分は次回も見たいと思えたし、1話としての掴みも上々なのではないだろうか。


たまには、こういうアニメもいいかもしれない・・・ということで、次も楽しみだ。

このページのトップヘ