〜Fantasy Earth Blog〜

かつては「Fantasy Earth Zero」の日記がメインでしたが、現在は視聴してるアニメの感想やPSP関係ネタを中心としたチラ裏です。

たまこまーけっと

■タイトル一覧■
  • たまこまーけっと 第8話 感想
  • ( 2013年02月28日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第7話 感想
  • ( 2013年02月21日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第6話 感想 & WA2 雑感
  • ( 2013年02月14日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第5話 感想 & WA2 雑感
  • ( 2013年02月07日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第4話 感想
  • ( 2013年01月31日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第3話 感想
  • ( 2013年01月24日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第2話 感想
  • ( 2013年01月17日 | Comment(0))

  • たまこまーけっと 第1話 感想
  • ( 2013年01月10日 | Comment(0))

カテゴリ: たまこまーけっと

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと



ライジング。アクション要素が向上する2周目は爽快かつ遊んでいて面白いけれども、
シナリオがイマイチ物足りないせいで、最初のボスを倒してもうイイや感が・・・。


じゃあ、次は・・・と、それなりのチラ裏感想を書くべく、
コンプリートした「WA2」をチマチマ再プレイしているのだけれど、
やっぱり追加エピソードで得られる達成感というか。カタルシスは堪らないなぁ。

先週購入した雪菜さんのアルバムも毎日聴いている。
もうドップリ「WA2」の世界に浸っています、はい(´ω`)




第8話  「ニワトリだとは言わせねぇ」 


















たまこまーけっと 第8話 ニワトリだとは言わせねぇ




さて、今週のたまこさんは。


前回ちょっと動きが合ったお后様探しの件に触れことなく。もう8話だというのに、
メインの話(?)は全く進んでいないような気がするけれども・・・正直に言おう・・・。

この作品で素直に笑えたのは今回が初めて。面白かった。



いやだって、どう見ても入らないだろうと。デラさんには無理だろうと。無謀だろうと。
それなのにお約束のお約束というか。期待通りのリアクションを見せてくれるんだから、笑ってしまうわ。

屋根を外して、あまりある肉がムニっと膨れ上がる瞬間とか・・・。
調子に乗って餅を食べ過ぎたツケが、たまこさんの好意に甘えていたツケやってきたなとw

デラの正体に関しては謎が積もるばかりであるけれども、
彼が中心になると”ギャグ”として見れるし楽しめる。これはこれでありかなと思う。


ただ・・・最初に書いたとおり、既に8話まで消化している。
このまま山なく谷もなく普通に終わりそうな予感がする・・・。

まあ、無理矢理シリアス持ってこられるよりは全然いいのだけれど(;´ー`)



今回の気になった点

・栗モチ食べたい
・そういえば、彼女は鳥アレルギーでした
・貢物。絶対に入らないだろう・・・w
・デラ如き! やっぱりはいらねぇwww
・「失敗です・・・」  この作品で一番笑えた瞬間かもしれないw
・チキンナゲットたかくね。でかいのかな
・不安になる呪文わらた
・鶏のもとって
・子供じゃないもん。不貞腐れても全く相手にされてない(´ω`)
・祖父さん世代故の発言だろうか。そう言われると・・・
・夏服じゃなくなっている?
・”あれは良い”理由に
・だからって、目の前で食べなくてもw
・凄く・・・いいぞ!
・木漏れ日のような表現
・スリッパの前に・・・やっぱり裸足?
・しかし、普通に学校に侵入しているぞ(;´ー`)
・先生、誤魔化されてますよ!
・しおりさんの前では元気になる
・ぬいぐるみと言えば
・そうか。たまこさん達にも後輩が居るんだ
・バードミントン酷いw 
・なぜにメイド服
・鳥が着れる服なんて(ry
・あんこさんも買い物には
・連絡なし。ちょいさんも”たまこまーけっと”の一員として流されつつある。楽しんでいますよね
・これ、下半身だけ引き締まったということ・・・?w
・次回予告。リバウンドしていませんか・・・? 揚げモチの方が太りそう(´ω`)

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと



今週のたまこさんは





第7話  「あの子がお嫁に行っちゃった」 


















たまこまーけっと 第7話




不思議とエロスを感じない・・・見事な”桃尻”でした。





幼いながらも立派な占い師。デラの飼い主的人物でもあるんだと思うけれど、
目的は王子のお妃探し。飛べない鳥が職務を果たさないせいで彼女も異国へ。

そのせいで色々と不安が・・・なんて勝手に脳内補完する必要もないか。
商店街の人々の温かさに触れて、チョイちゃんも・・・って話だったんだろうけれど、
そのまんまですよね。特に思うことはないかな(;´ー`)


たまこさんが何やらオーラーを発していたことから、島の掟やら仕来りやらが存在する。
それに従って王子のお妃候補を探している。でも、どう見ても・・・チョイちゃんは王子を好いているとしか。

王子も別に相手に拘りは無さそうに見えた。自分には、たまこさんが当て馬になり、
二人が幸せになるような終着点しか想像出来ないけれども、果たして・・・どうなることやら。



個人的に一番気になったのは、彼女がずっと”裸足”だったこと。
島国の大地とアスファルトでは全く違うと思うし、痛くないのかと。

そんなどうでもいいことが終始気になってしまったや(´ω`)


今回の気になった点

・飛べない鳥は(ry
・チョイならいいか・・・w
・占い師と王家の鳥。妹とかじゃないんだ
・南の島からどうやって。野暮なツッコミか
・裸足。どうみても惚れているがな(´ω`)
・か、かいせんだと。ここら辺はファンタジーなのだろうか。まさかのロボット?
・そんな100%バレる嘘をつくなよw
・餅を断られてしょんぼり
・”今日は”
・なんという桃尻
・ラブか?
・実る前に散る一方で・・・親父さん、早々に去ってしまった
・娘桜
・なんだろう。熱い湯に慣れていないのだろうか
・旅疲れでした
・王子に報告されるのは困るのね
・おまえは勝手に太っただけだ!w
・紅白餅。チョイちゃんまで太るのは嫌だぞ・・・w
・この香り? デラさんは気づいていたっけ?
・鶏というか、まん丸玉子ですよね。誰を指しているのか分からないけれど

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと



ハイペースに再開し始めたWA2。



MGRの発売日が今週(本当は来週)だと勘違いしていたばかりに。
モンモンもクリアしたし、次は・・・とハイペースに再開し始めたWA2。


CCを終えてからというものの”雪菜より”になりつつある自分としては、
攻略順を間違えたとしか思えないが、残すは”かずさ”ルートのみとなった。

不倶戴天の君へを経て・・・色々と言いたいこともある。
プレイ時間も90の大台に迫ろうとしている。

決して狙っていたわけじゃないが、偶然にも明日は2月14日である。
恐らくその日の内にコンプリート出来るんじゃないかと思うけれど・・・。


”小木曽家で俺を待っているのは二人だけ”


今日はそこで区切った。区切らざるを得なかった。


単に「たまこさんが始まりそうだったから」という理由からだけれど、
気が重いや・・・この気持ちを抱えたまま明日を乗り切らなければならないという罠・・・。

しかも乗り切った上で待ち受けているのが・・・うむ・・・。


6,7年前の話であるが、姉が彼氏を家に連れてきて。親に紹介して。
そこから交流を重ねた結果が現在であって。日々お世話になっている旦那さんであって。

そういう昔の記憶やら思い出やらとも重なったりして・・・もう、なんかね。
これはあくまでゲームだ。フィクションだ。そんなことは分かっているけれども、もうね・・・。

本当に気が重い。単純に春希とかずさを”悪”として捉えられれば、
どれだけ楽だろうか・・・そんなの無理だから辛い・・・どんな結末を迎えるのやら・・・。





第6話  「俺の背筋も凍ったぜ」 



















たまこまーけっと 第6話  俺の背筋も凍ったぜ



さて、たまこさんの方は・・・何か段々”鳥”が可愛く見えてきたぞ・・・。


「慣れ」というものは恐ろしいというべきか。今週の鳥は可愛かった・・・ように思う。
正直言うとそれ以外が頭に入ってこなかったのだけれど、ようやく話が動き出すのかな。

「たまこまーけっと」が「たまこまーけっと」であることはよーーーく分かったから、
いい加減動きも欲しいところ。鳥の存在意義に触れてほしいところである。

奴だけでは埒が明かないから、予告の彼女がやってくるという流れなのだろうか。
少しだけ姿を拝見できたけれども、褐色少女ということで・・・とりあえず、普通に可愛い子な印象である。


次回はそんな彼女の役割に期待したいや。一応海の向こうからやって来る存在なわけだし、
たまこさん達の反応も楽しみたいところ。その辺は素直な気持ちで見れるはず(´ω`)



今回の気になった点

・奇奇怪怪なのは(ry
・やはり違和感を覚える夏服。
・鳥がコップを持っている・・・今更か(´ω`)
・一匹だけビビリすぎだろうw
・回覧板を届けさせられる鳥
・カツオのタタキ美味しそう
・どこの大根女優(ry
・アフロにチョコボならぬ、ひよこ。いつもいたっけ?
・コロッケも食う鳥・・・w
・こんな学園祭チックのお化け屋敷で・・・というのは野暮なツッコミか
・鳥の人の声が一番怖かった!
・全部ふつうのことでした
・怖いというより”可愛い”だろう
・あ、いつもこうだから冷静だったのねw
・最後まで登場しなかったモチゾウ
・オレンジジュース?
・鳥の人、人。親近感を覚える呼び方
・これが火の玉というには流石に無理があるだろう・・・w
・誰がこっちに来る? 裸足。褐色。可愛いぞ
・まるで島からそのまま飛び出してきたようであるが、鳥と違って”飛べる”わけじゃないもんなぁ

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと


ホワイトアルバム2 プレイ中・・・



エクバやモンモンをプレイしたりで進められなかった「WHITE ALBUM2」を再開。
何とか来週のMGR発売までには終わらせたいと思っているのだけれど・・・。


たまこの時に何度かチラ裏しているけれども、結末。
CCの流れのままに雪菜エンドに辿り着いて。攻略順をミスったかなぁと悩みつつも、
あそこから雪菜以外と添い遂げるのは酷だろうと。

そんな思いを抱えながら読み進めていたから、
綺麗過ぎながらも自分には受け入れられる結末であった。


そして、次はラスト”かずさ”。キャラ的には雪菜よりも好みだと言えるだけれど、
どうやら選択肢をミスったらしく・・・もう凄く・・・もやもやする。モヤモヤする。

またか。またなのか。またよりによってあの日なのかと。
これが噂の○○ルートですか・・・そうですか・・・回想モードの名前が・・・(´ω`)



第5話  「一夜を共に過ごしたぜ」 



















たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」 



さて、「たまこまーけっと」の方は・・・モチゾウのかあちゃん?が可愛かった。


ミドリさんは・・・何なんだろう。たまこを取られたくない?
今の関係を、空間を壊されたくない?

一瞬彼女達のことを”あれ、中学生だったっけ?”と勘違いしまったが、
高校生だよね・・・うーむ・・・モチゾウには「頑張れ!」と素直に言えるのだけれど・・・。


実はミドリさん、モチゾウが・・・という秘めた思いから来る行動だとしたらまだ理解出来るが、
本当にたまこたまこの想いから来る妨害だったんだとしたら・・・少し引いてしまう。

これだけ”日常”を強調している作品なのだから、
そんなガチな展開は訪れないと思うけれど、自分としては反応に困ってしまう。
友達思いによる行動だとしても、正直「なんだこいつ」と思ってしまったし。

あくまで現時点での話であるが、ほんわかした気持ちでは見守れなかったや。



と、今回はそんな険悪な仲の二人がちょっと近づいた。
仲良くなった(?)というところがポイントなのだろうか。

相変わらずたまこを中心に動いているけれども、肝心の本人は蚊帳の外という(;´ー`)




今回の気になった点

・もちぞうの母ちゃん・・・姉ちゃん? 一番かわいいぞ
・野外プールでした
・水に濡れてもボサボサ
・ふーん・・・?
・というか、もう夏なのか。素麺
・ベッドの付近に飾ってあったら踏んでしまいそう
・まるでボールのような弾力である(´ω`)
・花屋の店主が美しすぎる・・・ですと? だが、男だ。じゃ(ry
・すいかばー!
・いまどきの小学生は日焼け止めを・・・昼寝気持ちよさそう
・なに、この桃色の制服。まさかの夏服(;´ー`)?
・鳥の持ち込みは禁(ry
・ラジオ体操第2
・違う相手に届くというお約束ではなかった
・なんというヤキモチならぬ焼餅。本当にファイヤーするとは(;´ー`)
・たまこさん、コンタクトだったんだ
・猫にびびる鳥!
・小4からの付き合い。
・オレの勝手だと思います
・クラスが違うのに結構一緒に行動出来ているという
・やっぱりほくろが気になる
・共食いわらたw
・母ちゃんなのか、姉ちゃんなのか。たまことの絡みはないのかな
・V.I.P.
・なに、このテヘペロ〆

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと


true tears BD-BOXげっつ



スタンダート版「true tears」のBD-BOXげっつ。


火曜日に届いて。とりあえず第1巻だけ開封したのだけれども、久々に視聴してみたら・・・。
まあ・・・眞一郎のご機嫌伺いに懸命なママン、比呂美さん(特に5話)が可愛く見えること見えること。

何だろう。単純にどういう作品なのかを知っているからだろうか。
TVの時とは少々違う視点で見れて楽しいや。

調べてみたら、放映時から5年の月日が・・・って、まじか。ACTIONと一緒なのか。
そりゃあ、色々と自分の方も変わる罠。あれから5年かぁ・・・(;´ー`)



第4話  「小さな恋、咲いちゃった」 




















たまこまーけっと 第4話  「小さな恋、咲いちゃった」




さて、「たまこまーけっと」の方は・・・どうやら向こうの彼だったらしい。


完全に活発そうな子の方であると勘違いしてしまったけれども、
あんこさんの初々しい恋を描いて何を見せたかったのだろう。

妹に触発されて、鈍感な姉も徐々に・・・って感じの流れになるのだろうか。


たまこのキャラ的にそれは・・・それで普通すぎてどうなんだって思ってしまう。
とりあえず、彼女が海の向こうとどう繋がるのかにだけ注目し続けよう。

今週はあんこが可愛かったけれど、本当にそこだけしか印象に残らなかった(´ω`)



今回の気になった点

・かあちゃん・・・ばあちゃん・・・
・馬鹿ってレベルじゃ(ry
・互いにちっちゃいくせに(´ω`)
・あれでいつもと同じくらいらしい。というか、そのケツで頭の上に(ry
・登校の時間に? 商店街の営業はやくね?
・ちゃんとコロッケを貰っているし
・一瞬で看過した友人達
・あんこにも手伝わせているんだ
・ぱりすらぶ
・あっても意味ないのかよw
・全200曲って・・・色んな意味ですげぇ(;´ー`)
・いつの間にたまこ呼び
・金色の鳥わらた
・素直に花屋の手伝いをするという。良い子ちゃんである
・”こんなに可愛いのに” こうして人は成長するわけですね!
・晴れ姿を見せる前に倒れてしまったのかい。駄目じゃん(´ω`)
・女友達じゃなくて彼らが来てくれたという。空気を読んでくれたのだろうか
・その反応・・・あんこさん、分かりやすすぎだろう・・・w
・それじゃ臭いが充満するぞ・・・付くぞ・・・
・活発そうな子じゃなくて、めがねの子の方だったのね
・あ、あんもないとのお土産。まあ、何が貰えたって嬉しいか。
・湯船にも浸かる鳥。向こう育ちだから熱さに強いのかな

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと


積んでいたPS3版「WHITE ALBUM2」を攻略中



積んでいたPS3版「WHITE ALBUM2」を攻略中なう。

ノーマル⇒千晶⇒千晶⇒intro2周目⇒小春⇒麻理さんと終わったので
あとはメインディッシュであろう”かずさと雪菜”の話を進めればコンプリートだろうか。

と、先週ここでチラ裏したけれども・・・終わる気がしません。


この前クリアしたVITAのFateも結構なボリュームであったが、
WA2はそれ以上だや。本当の意味で笑顔が戻って良かったなぁと思っていたら・・・そう来ますか、と。

解放されているデジタルノベル、ボイスドラマは麻理さんの後に全て消化済みだけれど、
そのままの流れで進めているせいか激しく攻略順をミスった気がしてならない。

先に彼女よりも、先に彼女の方が・・・うーむ・・・(´ω`)



第3話  「クールなあの子にあっちっち」 




















たまこまーけっと 第3話 クールなあの子にあっちっち




さて、「たまこまーけっと」の方は・・・一人の女の子が振り絞った勇気。
”ありがとう”を口にだして伝えるって大切ですよねと。


今回も見たまんまのお話だったので特に思うことはないが、
その分気楽に見れた印象である。あと、やっと鳥の存在に慣れてきた。

彼がどうこうしようと”こういうキャラ付け”だと脳内で処理出来るように。
これは大きい。でかい。恐らく最終回まで居候するんだろうし、ここいらで受け入れられないと・・・流石にキツイであろう。

相変わらずギャグ部分には反応に困るところもあるけれど、
流れるままに”たまこ達の日常”を見守っていくことにしよう。

そこ自体は見ていて苦に感じないので、最後まで付き合えるんじゃないかなと思う。



今回の気になった点

・良い感じって・・・w
・ナイスキャッチ(´ω`)?
・たまこと違うということは・・・ミドリさんとたまぞうが同じクラスだったり?
・しかしホクロを強調するなぁ
・廊下側から名前順に着席じゃないんだ
・定規?
・直角が大好きらしい
・なぜ壊れたロッカーがそのまんま
・本人には内緒? 自覚なし?
・飛べない鳥は(ry その2
・たまこの人柄もあるとはいえ、相変わらずフレンドリーな商店街の人々である
・一瞬でぶちゃんのイスに見えたw
・庭に桜?
・意外とあっさり受け入れられたカルボナーラ
・一緒に作ったあんこさん可愛い。しかし、逆に料理の腕をふるうとは
・たまこも眼鏡
・飴に餅に・・・何かポッキーに見える・・・
・今更だが着ているジャージが違う
・そういえば、高校の時は家庭訪問が無かったような。先生も周るのが大変だからかな
・つきまといすぎだし。肯定わらた
・ここでコーヒーを頂くのがお約束になるのだろうか
・おーけーおーけー(´ω`)

◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと


WHITE ALBUM2 麻理さんルートクリア



積んでいたPS3版「WHITE ALBUM2」を攻略中なう。

ノーマル⇒千晶ノーマル⇒千晶⇒intro2周目⇒小春⇒麻理さんと終わったので
あとはメインディッシュであろう”かずさと雪菜”の話を進めればコンプリートだろうか。


しかし、麻理さんの可愛さは半端なかった。年上のキャリアウーマンであのキャラである。
前にクリアしたのが小春ルートな影響もあるかもしれないけれど、恋愛ドラマ的な面白さも感じられたし、何度悶えそうになったことか分からないや(´ω`)





第2話  「恋の花咲くバレンタイン」 























たまこまーけっと 第2話 ハゲテナイ!





さて、「たまこまーけっと」の方は・・・まだハg(ry


今回一番面白かったのは、間違いなくこのシーンであろう。
たまこさんがあんな表情を浮かべるとは。まさか毒を吐くとは。しかも親父に対して・・・w

意外に意外。いやまあ、家族であり、仲の良い親子だからこそだろうけれども、
1話で受けた印象からは想像出来ない光景だっただけに素直に笑ってしまったや。



他は・・・商店街もバレンタイン一色となり、めでたしめでたしということで。
特に感想が思い浮かばず。NHKで放送したら小さい子供に受けるんじゃないかなと思う。



今回の気になった点

・一緒に寝ているだと・・・5時起き
・あんこ餅汁・・・
・もうやだこの鳥
・ひまわりの種?
・何を揉みながら(ry
・コロッケ好きね。確かに揚げたて美味しい
・豆腐屋・・・おばちゃんかと思ったw
・糸電話。これは公認であろう
・おまえ飛べるだろうw
・このメガネの人が
・反応に困るコント。鳥に操られでもしているのかと(;´ー`)
・ピンクだと変な意味で・・・(´ω`)
・映画研究会所属らしい
・初めて毒を吐いたたまこさん。
・一応枝毛気にしているんだ。ぼさ(ry
・緊張するとこの顔になるのか・・・w
・とんかちとんかち
・しかしほくろが気になる
・ミドリちゃんはもちぞうに・・・?
・れこーど。また実在しているようなものを?
・ガンタみたいな親父・・・w
・めがねめがね
・紳士な鳥らしい
・どうなっちゃってるのってレベルじゃ(ry
・キュウイとマンゴー。そういえば、さっきも言っていました。彼と鳥は別人でFAか
・え、まさかのミドリちゃん⇒たまこ?
・スカート長いな(´ω`)
・もちぞうは貰えなかったのかな・・・たまこに意識されてないのは言うまでもないけれど
・男から。これはこれでありだよね
・チョコレートハウス・・・?

ブログネタ
アニメの感想 に参加中!
◆公式HP TVアニメ たまこまーけっと



PS3 ホワイトアルバム2 プレイ中




Fateのトロフィーをコンプリートしたので、次は・・・と。
この「WHITE ALBUM2」をちまちま再開し始めたのだが・・・面白い。面白い。

といっても、まだclosing chapterに到達してから数時間といったところなんだけれども、
Fateとはまた違う意味で”選択肢に悩んでしまう”という。


恋愛メインのギャルゲーをプレイするのは久々であるが、色んな意味で濃そうだや。
やっぱりこの人が描くシナリオは凄く読みやすい(´ω`)




第1話  「あの娘はかわいいもち屋の娘」 
























たまこまーけっと 第1話 あの娘はかわいいもち屋の娘



さて、京アニの新作アニメ「たまこまーけっと」の方は。
パッと見の印象は、NHKの朝ドラのような。そんな世界観。空気だけ感じれば温かいような。

冒頭からタイトル「たまこまーけっと」の由縁を見せ付けてくれたけれども、
明らかに一人・・・一匹・・・異質な存在が混じっており・・・あれも主軸になるであろうことは・・・どう料理するんだろう・・・。




とりあえず第1話を見た自分が言えることは「明日、豆大福が売れそう」だなと。
いや、餅に関しては素直に・・・凄く美味しそうに見えたもので。

かわいいもち屋の娘。彼女はどういう人物なのか。人柄。人付き合い。人間関係。
普段どんな生活を送っているのか。その日常が読み取れる第1話だったと思う。

結構時間の経過が早いのか。鳥の存在を受け入れる過程が早く感じられたけれども、
ギャグと受けとめるべきなのか。またはファンタジーも絡めるのか・・・まあそういう作品なのだろう。

登場人物が全員女性でただキャッキャしていくわけじゃないみたいだし、
個人的には”ほのぼのアニメ”として楽しめそうである。

何も考えていないようで、ちゃんとした目的を持っている。夢を持っている。
そんな主人公ならば素直に応援したい(´ω`)



今回の気になった点

・開始からけい(ry
・北白川たまこ
・OPが超綺麗。曲は
・なぜに男性の声・・・花屋のお姉さん?
・鳥さん可愛くない(´ω`)
・本屋に寄った目的はそれかw
・ひろし・・・! ライバル餅屋
・首元ホクロ?
・この鳥の声は・・・何かデジャブを感じる
・餅はまずくない!
・あえて銭湯ですか(´ω`)
・もちぞう・・・外見に反して、たまことはお似合いそうな幼馴染(?)
・鳥を投げることには躊躇しないのね・・・w
・プラレール?
・体育館。何とも自由だが・・・大福食べたくなってきた
・もうこの奇妙な存在・・・鳥を受け入れているたまこさん
・「私は餅屋の娘だからね」
・母親。曲を探している。
・特濃みるく
・鳥用の餌・・・?
・大晦日。太りすぎだろうw
・あんこも可愛いと思います。姉妹の仲がよろしいことで
・もちぞうも店番
・飛べない鳥は(ry 
・皆して今年は渡しましょう? 元旦が誕生日?
・出たのを食ったでござる・・・
・大晦日の方だったか。なるほど、皆忙しいから。
・これが海を越えた先の光景・・・? この彼のお妃様を探しているだろうか。彼自身が鳥?
・みんなタレ眉
・EDを歌っているのもたまこの人
・次回予告。あっという間にバレンタイン?

このページのトップヘ