大阪府東大阪市の「サウンド21 ブログ」 メルセデスベンツ、BMW

大阪府東大阪市にあるカーオーディオプロショップ 「サウンド21」 のブログです。車本来の役割を重視し純正デザインや機能を極力崩さないシステム提案を心がけています。特にメルセデスベンツ、BMW、MINIを中心とする輸入車のシステムプランを中心にご紹介させて頂きます。カーオーディオはもちろん、カーナビ、リアモニターの取付、カーセキュリティなどご相談ください。

2007年04月

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか、今日は前半の最終日らしく高速は大渋滞みたいですね。こんな時こそカーオーディオで渋滞を楽しみましょう。



アルパインの話題のデッキiDA-X001をステージアに取り付けしました。

ida-x001






なんとナカミチCD−700兇帆箸濆腓錣擦任后この組み合わせはなかなかないでしょう。

ipodを走行中使いたいという事だけで購入された贅沢仕様です。

画面がとても大きくて曲目やアーティスト名が分かりやすく表示されています。
また、センタージョグダイヤルがとても使いやすく曲目やアーティストも結構楽に探せました。


ナカミチのCD700にあわせてイルミネーションはアンバーに変えました。
CD700と並べても思ったより違和感もなく、時代の流れを感じるこの組み合わせもいいですね。

メカを持たないデッキiDA-X001、こんな使い方もありですね。


サウンド21藤原

S−UP賞サウンドアップ







サウンドアップvol28が発売されいつもお世話になっているIさんのE87がサウンドアップ賞を頂きました。

たしか前車(チェイサー)でも獲得したIさん、2度目の受賞です。おめでとうございます。

前車とは違ったシステムで受賞はうれしいですね。

サウンドアップは店頭でもご覧になれますので見に来てください。

(表紙はバイオリン奏者 寺井尚子さんです)

ストリームストリームSW







ホンダストリームです。

シート下にサブウーハーTBE−SW77を入れました。

シート下にサブウーハーはスペース効率と音の面で理想的ですね。
小型ですが良くよく鳴ってくれます。


サウンド21藤原

ランエボX






先日4月26日、三菱自動車がプレスリリースを行い次期ランエボ名称が

『LANCER EVOLUTION X(ランサー エボリューション テン)』

に決定しましたね。徐々に発売時期が近づいてきました。

三菱自動車、今秋発売新型セダンの車名を『GALANT FORTIS』、
新型4WDスポーツセダンを『LANCER EVOLUTION X』に決定


発売を心待ちにしている方も多いのでは?
楽しみです。

(まずはカーセキュリティーから・・・ですね)


サウンド21藤原

LS460






レクサスLS460にテレビキャンセラー、ナビコントローラーを付けました。
一度取り付けしたことがあるので1時間前後で取り付け可能です。

レクサスのディーラーはアフターパーツの取り付けに厳しい店が多いらしく、当店にもよくご相談に来られます。まずデッキの交換は無理ですが、理解のあるディーラーによってはスピーカーやアンプの追加は可能です。
当店ではMM−1やデジコア808のシステムをお勧めしている事が多いです。

また、最近ではカロッツェリアのAXM−P01など各社純正のシステムを生かしたシステム設計を考えた商品を開発していますので今後はレクサスでもHiFiオーディオがもっと楽しめるようになると思います。



このLS460はオプションでフリップダウンモニター、地デジが付いていました。このクラスになると純正でもかなり豪華ですね。


サウンド21藤原

皆さんこんにちは、昨晩は久々に仕事が遅くなり更新を断念しました。

もう今日からゴールデンウィークで11連休なんて方もいるのでは。サウンド21は5月2日(水)まで営業していますので遊びに来てください。


W210






以前にもご紹介しましたW210です。
非常にセンス良く乗っておられます。

今回はユピテルの新型レーダーZ106CiとETCを取り付けしました。

W210レーダー






人気のZ106Ciはディスプレイが大きくこの取り付けが難題でしたが、メーター内に収めました。一部隠れるところはありますが走行に支障はございません。

視認性も良く安全です。

アンテナ類は全て隠して取り付けしました。

今回の商品は、レーダースコープを新搭載しています。


W210ETC






ETCは助手席グローブBOXに収めました。
フタをすると見えません。



サウンド21ではレーダー、ETCなどの取り付けの美しさにもこだわっています。


サウンド21藤原

↑このページのトップヘ