大阪府東大阪市の「サウンド21 ブログ」 メルセデスベンツ、BMW

大阪府東大阪市にあるカーオーディオプロショップ 「サウンド21」 のブログです。車本来の役割を重視し純正デザインや機能を極力崩さないシステム提案を心がけています。特にメルセデスベンツ、BMW、MINIを中心とする輸入車のシステムプランを中心にご紹介させて頂きます。カーオーディオはもちろん、カーナビ、リアモニターの取付、カーセキュリティなどご相談ください。

2010年10月

セレナ

いつもお世話になっていますセレナにお乗りのお客様です。


発売当初から気になられていたハイエンドプロセッサー「BEWITHSTATE」ですが、先日の試聴会にて実際に聴いて頂き想像以上の完成度でしたので、今回思い切ってシステムアップして頂きました。


セレナ シート下 ステート

今回贅沢にも左右独立でBEWITHSTATEを2台ご購入頂き、助手席シート下には左チャンネル用のBEWITHSTATEとR−107S722Sエディションが2台とリア用アンプを設置しています。

セレナ 722Sエディション

センターコンソールを製作し、右チャンネル用のBEWITHSTATE(アンプの下に設置)と、R−107S722Sエディションを3台設置しています。


セレナ センターコンソール

蓋をすれば荷物置きにも使用可能です。



セレナ MM−1

もちろんMM−1も設置しています。ミラーリンクケーブルにてダイレクトにステートに接続します。

サイバーナビからの音声も全て入力し、いろんな楽しみ方が出来るシステムになりました。



セレナ フロントドア

スピーカーはフロントにソニックデザインのシステム77タイプRと、運転席シート下にTBM-SW77を設置しています。


全てのユニットをシート下と新設したセンターコンソールに収める事で、配線関係が短くなり音にも良い影響が出ます。


さすがにオペアンプ「BS02」を1台で6機も載せているだけあって今までのプロセッサーとは一線を画す音となりました。非常にクオリティーの高さを感じるシステムになり、お客様にも喜んで頂けました。

早速次のシステムアップ、レギュレーターの設置を考えておられました。

今後ともよろしくお願いいたします。


サウンド21 藤原








セレナ

いつもお世話になっているセレナにお乗りのお客様です。

今回はBEWITHSTATEの取付をさせて頂いたのですが、前回当ブログでご紹介させていただいてからも、色々と作業させて頂きましたのでご紹介させて頂きます。


セレナ トランク

前回トランクにBEWITHのR−107S、722SエディションとR−70Aを取付させていただきましたが、見えない位置ではありますが、アンプの下にBEWITHSTATEを追加させていただきました。

今回はサイバーナビからアナログでフロント、リア、サブウーハーの信号を入力し、BEWITHSTATEで調整して鳴らしています。

この接続方法なら、サイバーナビのフェーダーや5.1chシアター再生にも対応し、しかもサイバーナビをはるかに超える細かい調整とクオリティーを楽しめます。


セレナ ステート ディスプレイ

BEWITHSTATEの操作用にミニモニターを設置しました。

ボリュームやプリセットの切り替えが可能です。


セレナ フロントドア

フロントドアはTBE−1877Biからユニット−N70Fにグレードアップして頂きました。


音の厚みと、解像度、全ての部分でクオリティーが上がりました。


セレナ イカリング

LEDチューンも楽しまれています。

写真ではわかりにくいですが、イカリングを装着させて頂きました。

最近街中でもよく見るようになったイカリングですが、あえて積極的にはお勧めしていなかったのですが、お客様の強いご希望によりチャレンジさせて頂きました。

また、ウインカーランプやメーター類のLED打ち替えまで徹底的にさせていただきました。


BEWITHSTATEの音質は、聴いてすぐにわかるのどの違いを感じられ、とても喜んでいただきました。


今後ともどうぞよろしくお願いします。


サウンド21 藤原

↑このページのトップヘ