April 30, 2015

協想のためのポリフォニー and about TIME OF OTHERS exhibition

(for English scroll down please!)
wall_text


現在、東京都現代美術館にて開催中の「他人の時間」展に「THE WAY I HEAR, B.S.ライマン 第五章 協想のためのポリフォニー」という新作の「サウンドインスタレーション」を出品してます。
この作品は、明治初期に日本政府に招聘され来日し日本全国の地下資源を調査したアメリカ人地質学者・鉱山技師であるB.S.ライマンが夕張川流域で行った調査に関するリサーチを題材にしたもので、昨年、第四章として発表した「独想のためのスコア」からの展開となるサウンドインスタレーションです。
作品を構成する「音源」は、日本語と英語のナレーション、幾つかのフィールドレコーディングなどを編集した音、2つのスクリーン上に展開する日本語と英語による字幕。耳から聴く音、ナレーションや字幕から想像する「音」による「ポリフォニー/多声音楽」です。

ちなみに「協想」という発想はもともと第四章の際に提示した「独想」というアイデアに通じるものですが、今回は印刷されたテキスト譜ではなく、インスタレーション全体を「想像のためのスコア」として捉え、同じ空間に同じスコアからそれぞれの想像を働かせる複数の人達がいるという前提で書きました。そういう時間・空間でどういう意識のレイヤーが生まれるのか、協想はあり得るのか、という点に関心を持ちつつ作りました。もしかすると特に干渉しないのかもしれませんが、その場合でも「併想」の様な状態があり得るのかもしれません。

「想像の音」で言うと、作中の要素はいろいろな資料に基づいているので「B.S.ライマンが聴いたかもしれない音風景」と言えるものになっていると思うのですが、ある場面を編集している時に「ライマンが想像しただろう音」というのが「きこえた」瞬間があり、これまで追ってきた想像するサウンドスケープというレイヤーから、誰かの想像を想像するという、もうひとつ聴覚的に深化した感覚を得ました。その「音」も作品に含まれています。

展示の詳細は以下の通り、まだまだ会期はありますのでお時間ある際に是非ご覧下さい!

「他人の時間 - Time Of Others」展@東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/timeofothers.html
展示期間:4月11日ー6月28日

尚、「他人の時間」展は大阪の国立国際美術館、シンガポール美術館、クイーンズランド近代美術館に巡回しますが、展示中の作品は今のところ都現美とクイーンズランドのみで展示予定です。
関連イベントとして、8月8日に国立国際美術館でレクチャー・パフォーマンス「想像のための幾つかのスコア」を行う予定です。また詳細決まり次第掲載します。

......

group exhibition "Time Of Others"

I went back to Japan for a little while to install my recent work for the exhibition at MOT, The Museum of Contemporary Art Tokyo. I am presenting a work titled "THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN, The 5th Movements Polyphony for Collective Imagination". It is based on the research I have been doing over the past 3 years about an American geologist/mine engineer who were hired by the Japanese government in late 19C and conducted an important geological survey. A continuous chapter from the one I exhibited in 2014; Score for solo imaginative listener. The new chapter consists of several narrations that you hear from wireless headphones, series of short Bilingual(EN/JP) texts on two screen, and edited field recordings and a few other sound. It is 2ch text-projection with stereo sound.

I named the piece as polyphony for "collective imagination" thinking that the installation would become sort of a "score" to inspire collective people in the exhibition space, inviting them into their own imaginary soundscape. I am curious how/whether their imaginations would resonate each other in the space or may be they would not? then becomes parallel imagination?

Speaking of imaginary hearing, I had a very interesting moment when I was editing one part of the text-film. I "heard" one sound that B.S.Lyman might have imagined. Based on different types of research, I am now able to imagine what was like to be there and what you might hear if you were there, but "imagining the imagination of other" was a new layer for me. I have tried to included this sound in the work.

The exhibition runs until the end of June, so if you are ever in Tokyo please visit and see/listen to the work!

"Time Of Others" @ The Museum of Contemporary Art Tokyo
http://www.mot-art-museum.jp/eng/exhibition/timeofothers.html
exhibition period: April 11th - June 28th
more about the exhibition > e-flux/announcement

* Although the exhibition will travel to 3 other museums, my installation is planned to be shown only in Tokyo and Brisbane. However, a lecture performance related to the work is going to take place in National Museum of Art Osaka on the 8th Aug!

-National Museum of Art, Osaka
25 July - 23 September 2015
*8th Aug - lecture performance "THE WAY I HEAR"

-Singapore Art Museum
November 19, 2015–February 28, 2016

-Queensland Art Gallery|Gallery of Modern Art, Brisbane
June 11–September 18, 2016

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔