July 31, 2015

想像のための幾つかのスコア and upcoming lecture-performance!

mamoru150127_002
image: performance view: "THE WAY I HEAR/Several Scores for Imagination" 2015.Jan.27th, Tokyo

(Please scroll down for English)

現在、大阪の国立国際美術館にて開催中のグループ展「他人の時間」の関連イヴェンととして、私が各地で取材進行中の幾つかのリサーチプロジェクトを「想像のための幾つかのスコア」として紹介しつつ、来場者との「協想」、現代音楽フルート奏者の木埜下大祐氏とのことばと音の重なりによる”ポリフォニック”なセッションを織り交ぜたレクチャー・パフォーマンスを行います。
国立国際美術館で同時開催中の「ウォルフガング・ティルマンス」展や同エリア(徒歩圏内!)で開催中の堂島ビエンナーレにお越しの方はどうぞこちらも合わせてご覧下さい!

.....
レクチャー・パフォーマンス
「THE WAY I HEAR/想像のための幾つかのスコア」

出演:mamoru(テキスト、トーク)、木埜下大祐(フルート、トーク)
会場:国立国際美術館、地下1階講堂
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55 TEL:06-6447-4680(代))
日時:2015年8月8日(土)14:00 - 16:00(休憩あり)
入場:無料、先着130名 ※10:00から整理券を配布

音響:小松音響研究所
撮影:NOET PHOTO VISUALS
主催:国立国際美術館
協力:YUKA TSURUNO GALLERY、アジア同時代音楽協会(ADOK)

ー幾つかのスコアー

「アルノルデゥス・モンターヌスとアンドレアス・ベークマン」
現在オランダに長期で滞在しつつ展開中の17世紀アムステルダムにて出版された西洋初の体系的な日本書誌を著したオランダ人、また同時代にオランダ東インド会社に従軍した画家にまつわるリサーチより。

「B.S.ライマン」(>関連リサーチ記事)
明治初期、日本政府に招聘され北海道にて地質調査を行い日本初の近代的な地質図を作ったアメリカ人地質学者・鉱山技師ベンジャミン・スミス・ライマンにまつわるリサーチより。大阪でのパフォーマンスに先立ち、東京都現代美術館における「他人の時間」展にて発表した、字幕、ナレーション、音源による新作映像の紹介など。

「風を知るために」(>関連リサーチ記事
古今、東西、人文、科学を越えて人類のイマジネーションをかき立ててきた風。実際にパラグライダーやヨットを体験取材したり、いろいろなロケーションでの風見パフォーマンス、大気について考察した科学者達や、歴史に残る風を調べるなどしている長期継続中のフィールドワークより。特に今回は「風を知る人」として現代音楽フルート奏者の木埜下氏をパフォーマーとして迎える。

.................

Lecture Performance

"THE WAY I HEAR / Scores for Collective Imaginations"

performer: mamoru(text, talk), Daisuke Kino-shita(flute, talk)
date: 8th, August 2015, 14:00 - 16:00 (with intermission)
venue: The National Museum of Art, Osaka
admission: free, register at the reception from 10:00 -

sound: Komatsu Sound Lab.
photo: NOET PHOTO VISUALS
organised: The National Museum of Art, Osaka
special thanks: YUKA TSURUNO GALLERY, Asian Contemporary Music Society (ADOK)

.....

Dear readers!
Here is an INVITATION to my upcoming lecture-performance! As a part of "TIME OF OTHERS" exhibition now taking place at The National Museum, Osaka, the lecture-performance will include several projects that I have been working on as I briefly introduce below. I am very much excited to work with DAISUKE-Kinoshita, an excellent Japanese flute player and composer, who will be performing "polyphonic-talk" with me. He will also introduce special techniques of wind-instruments in relation to my WIND STUDY.

-about the "Scores for Collective Imagination"-

"Arnoldus Montanus and Andries Beeckman"
17C Dutch writer, Arnoldus Montanus was the author of "Atlas Japannensis being remarkable addresses by way of Embassy from the East India Company of the United Provinces, to the Emperor of Japan", so-called first Western book of Japanese Historical account and a painter who was his contemporary and went around East Indies as a soldier of Dutch East Indies(VOC).

"B.S.Lyman" (>related posts)
It is based on the research I have been doing over the past 3 years about an American geologist/mine engineer who were hired by the Japanese government in late 19C and conducted an important geological survey and made the first modernised geological map in Japanese history. I will introduce the work I presenting at the Museum of Contemporary Art Tokyo, titled "THE WAY I HEAR, B.S.LYMAN, The 5th Movements Polyphony for Collective Imagination". It is 2ch bilingual text-projection with bilingual narration and some field recording.

"WIND STUDY"(>related posts)
It is a fascinating borderless-timeless subject of curiosity and I have indulged into the subject for years; trying out sailing and paragliding, learning science of it, visiting windy locations, researching stories/myths and wind that changed the history. I am so pleased to have an opportunity to invite Daisuke Kino-shita again after the performance we did in earlier this year as a "wind player". He will tell/play us about his thoughts around wind instruments!

この記事へのコメント

1. Posted by halulun3   August 09, 2015 20:24
5 昨日の国立国際美術館でのパーフォーマンス、とても興味深く、貴重な体験となりました。
会場に無い音が溢れたり、突然ポリフォニックな状況に惑わされたり。
いろんな展覧会で作品の前で音や言葉、匂いや味を想像しながら鑑賞していたので、響感しました。
2. Posted by mamoru   October 12, 2015 06:48
halulun3さん

コメント下さっていたのにいまごろ気づきました!レスが遅れて大変申し訳ありませんでした。コメントが非公開設定になっていた?せいなのか、よくわかりませんが、メールでのお知らせもなかったもので。。。パフォーマンス楽しんでくださったようで良かったです。次回は今のところ決まっていませんが、また是非いらしてください!

> 昨日の国立国際美術館でのパーフォーマンス、とても興味深く、貴重な体験となりました。
> 会場に無い音が溢れたり、突然ポリフォニックな状況に惑わされたり。
> いろんな展覧会で作品の前で音や言葉、匂いや味を想像しながら鑑賞していたので、響感しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔